鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

ナイロンが良い?ポリエステルが良い?その違いを知りたい。

      2017/09/12

ナイロンが良い?ポリエステルが良い?その違いを知りたい。

スプリングコートや、ジャケット。

素材を見るとポリエステルやナイロンが多いですよね。

今回はその違いをフォーカスしました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ブレーカーが頻繁に落ちるようになった!原因と対策は?

ついうっかり電気を使いすぎると落ちてしまうブレーカー。夜の暗...

余ったシチューやカレーの保存方法とリメイク料理!

小さな子供からお年寄りまで、幅広い年代層の人に人気のあるメニ...

男だって自分で作る楽しい料理!

最近は男性でも料理を作る方が増えてますよね。ある調査によると...

トイレ掃除はどこからすると効果的なのか?!

みなさんはトイレ掃除、どこから掃除していますか?実はトイレに...

観葉植物でおしゃれ部屋を作る! 初心者向けの種類と方法!

つい人を呼びたくなるような、自慢したいほどおしゃれな部屋って...

色々な作業に音楽を聴いて集中する方法!

作業ってなかなか長くできるものではないですよね。数十分・数時...

猫と死別。悲しくても最後の挨拶をしましょう。

かつてはペットといえば犬が代表格でしたが、最近では飼われてい...

腹痛、しかも激痛・吐き気もある。どんなことが考えられる?

「おなかが痛い」という経験は誰しもあるはずです。食当たりかも...

癒しを与えてくれるメダカ。その産卵時期はいつ?

かつては小川によく見かけられたメダカですが、今ではその姿を見...

点滴でできたむくみを簡単に解消する方法!

点滴を受けた後に、むくみができて、体が重くなったりしたことは...

郵便局に転居届を!一人暮しの第一歩

家を出て一人暮しを始めるのは不安と期待が入り混じっているので...

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

生理予定日を過ぎて妊娠検査薬は使える?陰性と陽性の判断は

妊娠を希望していると妊娠しているかどうか早く妊娠検査薬を使い...

母子家庭で子供がアルバイトする場合の注意点は何?

父子家庭よりも母子家庭の方が多い理由は、離婚により母親が親権...

病院で「大切な証明書」である診断書がもらえない

誰だって好きで風邪をこじらせたり、精神面を患ったりしているワ...

男性用スカートは民族衣装だけ?おしゃれなの履き方と体験談

男性がスカートを履くとおかしい?伝統衣装のキルトスカートは男...

人が死ぬ前に感じる予感や予兆の3パターン

知ってる人が死ぬかもしれないといった予感や死ぬ直前の予兆を知...

親の介護が必要になったら姉妹の場合どうしたらいい?

自分も年をとりますが、当然親も年をとります。いずれは親の介護...

落ち込んだ時に聴くだけで実現?恋が叶う音楽?!

「○○の曲を聴いたら両思いになれる!」とか「○○の曲を着信音...

スポンサーリンク


 

ナイロンとポリエステルの違いを教えてください(Q&A)

両方とも原料は「石油」です。

ナイロンはアメリカのデュポン社の研究員により開発され、
デュポン社で商品化されました。
合成繊維としては最も早く当時は「石炭と空気と水」から作られた
ナイロンは「くもの糸より細く、絹よりも美しく、鋼鉄より強い」
といわれ、合成繊維時代の幕開けとなりました。

ポリエステルはナイロンに次ぐ強度があります。
耐摩耗・耐久性にすぐれています。
シワの回復力が良いです。
油・カビ・虫などに影響されません。
ナイロンやアクリルと比べると耐熱性が高いです。
ただし欠点は、毛玉が出来やすい、静電気がおこる。

引用元-−-Yahoo!Japan 知恵袋

ナイロンとポリエステル・吸水性はどう違う?

ポリエステルとナイロン、吸水性、吸湿性や速乾性はどちらが上か

スポーツウェアや登山などに用いるベースレイヤーと呼ばれるインナーウェアなどは、吸水性があって、速乾性も求められる代表的な用途ですが、この場合、吸水性と吸湿性は異なるものとして扱われます。

人の皮膚は常に呼吸していますが、一見汗をかいていないように見えても、皮膚の表面からは水蒸気になった「汗」を放出しています。運動をしたり、気温が高くなってくれば液体の汗が出てきますが、それ以外にもこの水蒸気状態のものが出ているため、インナーウェアには吸水性のほか吸湿性が求められることになります。

ナイロンのほうがポリエステルよりも吸水性は高くなります。また、吸湿性についてもナイロンよりもポリエステルのほうが低くなります。速乾性については、ポリエステルのほうが高くなります。

ポリエステルはもともとほとんど吸水性がありませんが、親水性化合物を練り込むことで、吸水性を化学的に付与することができます。また、繊維の形状に「異形断面」や「微多孔構造」を採用することで、毛細管現象が起きることで、天然繊維を上回る吸水性や、速乾性を付与することができます。こうした高機能繊維として使われているポリエステルと、汎用のポリエステルは異なるということを念頭に置いておく必要があります。

高機能繊維としては、吸湿性と放湿性を向上させた「改質ナイロン」と吸水性を向上させた「異形断面形状ポリエステル」とを混ぜた製品も出てきています。

引用元-−-「砥石」と「研削・研磨」の総合情報サイト。

ナイロンとポリエステル・重さ、温度、摩耗

ポリエステルとナイロン、軽さはどちらが軽いか

両者とも軽い材料ですが、厳密に言うのであれば、ナイロンのほうが軽い材料となります。登山用のザックなどで大型のものになると、グラム単位で重量を調整することがありますが、こうした場合はナイロン系素材に若干優れています。ただ、両者とも比重は1を超えていますので、水には浮きません。

ポリエステルとナイロン、耐熱温度はどちらが上か

汎用のナイロンとポリエステルを比較すると、ポリエステルが若干耐熱温度が高く、上は140℃から160℃前後まで耐えられるタイプのものもありますが、ナイロンでも耐熱性を強化したアラミド繊維のような500℃近くまで耐えられるものもあります。一般的なナイロンとポリエステルを比較した場合は、耐熱性についてはポリエステルのほうが高いと言えます。

ポリエステルとナイロン、磨耗にはどちらが強いか

ナイロンは磨耗に対して無類の強さを発揮する素材です。このため、ナイロン繊維で作られた布材が、耐磨耗性を要求される製品に使われています。ポリエステルも磨耗には強いですが、この項目ではナイロンに軍配が上がります。

引用元-−-「砥石」と「研削・研磨」の総合情報サイト。

 

ナイロンとポリエステル特徴

ナイロン

ナイロンは化学繊維の中でも長い歴史をもっているものの一つで、衣料用からインテリア用、産業資材用などあらゆる用途に使用されています。

ナイロンは他の合成繊維に比べて摩耗や折曲げに対して強く、しなやかな感触をもっていることが大きな特長といえます。このため薄くて軽く柔軟性に富んだ織物や編物を作ることができます。さらに染色しやすいなどの特長もあり、近年衣料用の新しい素材開発が盛んに行われています。

ナイロンはフィラメントがほとんどで、非常に細いものから極めて太いものまであり、スポーツウェアやランジェリー、パンティストッキングなどの衣料分野、カーペットなどのインテリア分野、さらには漁網、ロープ、タイヤコードなど産業資材分野にも広く使用されています。

特徴

非常に強い繊維の一つです。摩耗や折り曲げなどに対しても非常に丈夫です。
1.比重は1.14で生糸の80%、綿の70%という軽さです。
2.水にぬれてもほとんど水を吸わないので早く乾き、洗濯が簡単です。
3.弾力性に富み、しわになりにくい。
4.熱可そ性があり適正なセットをすると、伸び縮みしたり、形くずれすることはほとんどありません。
5.薬品、油に強く、海水にもおかされません。
6.カビ、虫の害を受けません。

ポリエステル

ポリエステルは化学繊維の中で一番多量に生産されており、その生産量は年々増え続けています。ポリエステルは非常に強く、しわになりにくく、吸湿性が少なく、熱可そ性があり、酸やアルカリに強いという特長をもっています。

特徴

1.非常に強いせんいの一つで、ぬれても強さは変わりません。磨耗に対しても同様です。また合成繊維の中では比較的熱に強いせんいです。
2.長時間日光にさらしても強さはほとんど変わりまぜん。
3.吸湿性が少ないので洗濯しても伸び縮みせず、すぐ乾きます。
4.熱可そ性があり、伸び縮みしたり、形くずれすることはほとんどありません。
5.薬品に強く、虫、かびの害を受けません。

引用元-−-DAIICHI SEIMO

最近は、ポリエステルに代わって来た?

ラベンハムのキルティングジャケットは、エリザベス女王に仕えていた女官が、馬用の毛布(ホースラグ)をキルティング加工したナイロンでつくったのが始まりだそうだ。
それを馬のオーナー諸氏が自分の乗馬服も「これで作れ」となったのだとか。
英国王室御用達となり、今では世界中に愛用者がいるという。
(英国王室御用達についてはまたいずれ書こうと思う)

さて、近年このラベンハムのキルティングジャケットの様子がおかしい。
表地がポリエステル製のものが主流となりつつあるのだ。
BEAMSやユナイテッドアローズ等のセレクトショップで売られているものは、ほぼポリエステルに移行したといっていい。

ナイロン製とポリエステル製とを見分けるのは至極簡単で、ポリエステル製の方はあわせ部分のボタン周りが襟元から裾へ、そしてサイドベンツを通って背中でぶつかるまで、一周すべてがコーデュロイとなっている。
ポケットのトリミングもコーデュロイだ。
ナイロンのほうは同部分すべてがナイロン製である。
自分が所有しているのはナイロンのほうで、ポリエステルに比べて多少硬い。

ここで、どちらがいいかを考えてみる。
肌触りは大した違いはない。
では、「コーデュロイを多用したポリエステルのほうが得か?」というとそんなことはない。
素材としての価格はナイロンのほうが高く、事実プラダ等の高級品もナイロンを使用している。
それにナイロンのほうが素材としての強度と保温性が上だ。
元々の出が、ホースラグで、それをアレンジした乗馬服が祖。
アウトドアに短を発するということで、ますますナイロンのほうが素性が宜しい。

では、なぜラベンハムはポリエステル製を世に放ったのか?
実は数年前から異常な人気を見せたラベンハムに対し、先述のセレクトショップが相次いで別注を掛けた。
自身のショップのオリジナルデザイン、オリジナルカラーと覇権を競うように。
しかし、ナイロンのトリミングテープが5色しか存在しないために定番のレギュラーカラー以外を作れないのでした...。

そこで登場したのがポリエステル。
加工性に優れ、発色も自在なポリエステル清華増えていったというわけ。
最近ではピンクだの水色だのと、目を疑うようなカラーが存在している。

笑えるのが、海外ではナイロンモデルしか存在しない。
なぜなら、先に述べたように素材としての性能がナイロンのほうが上だから。
欧米人は合理的に出来てるんですね!

ということで、ラベンハムはナイロン製に限ると断言しておきます。
まぁ、化学繊維のほかにいまではウールだのなんだのっていっぱいあるから、本当はどうでも良いんだけどね...。

引用元-−-瞬間★差楽部

まとめ

ナイロンもポリエステルも非常に便利な繊維ですよね。ポリエステルは吸湿性が少ないものの他の素材を入れ込むことによって補うことができるのならば怖いものなし。

引用元-−-

twitterの反応


https://twitter.com/9ripara/status/156027337186607104

 - 学問 勉強 サイエンス

ページ
上部へ