鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

「気になる?ビリルビンを測定」新生児の目が黄色い場合

      2019/12/15

「気になる?ビリルビンを測定」新生児の目が黄色い場合

赤ちゃんの肌や白目が黄色くなる新生児黄疸は、生後まもない赤ちゃんに現れる症状のひとつ。新生児黄疸は心配のいらないものから、治療が必要なものまで症状はさまざまです。今回は、新生児の目に現れる黄色い症状である黄疸を中心に調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

重曹を置くだけでなぜ消臭できるの?計り知れない重曹パワー !

お掃除の定番アイテムの一つになっている重曹。テレビや雑誌、コ...

目がゴロゴロする時の対処方法!

ふとした瞬間に目がゴロゴロすることありませんか?目にゴミが入...

作るのが楽しい料理なら盛り上がりもUP!鉄板料理はコレ!

料理は女性がやるものという認識が薄れてきている昨今ですが、料...

ポリエステル素材の洗濯方法は?ドライクリーニングに出すべき?

ポリエステル素材の洗濯はどのようにされていますか?扱いやすく...

エビ水槽の掃除の仕方 !

エビに限らず、どんな生き物でも水槽で飼育している以上は水槽の...

「シワアイロン 顔用」とは?使い方やおすすめなどについて !

シワアイロンと聞いて一番に思い浮かぶのは衣服に使うアイロンか...

日帰り登山であったら便利なおすすめグッズをご紹介!

登山専門店をのぞいてみると様々なメーカーから登山につかえる便...

ブレーカーが頻繁に落ちるようになった!原因と対策は?

ついうっかり電気を使いすぎると落ちてしまうブレーカー。夜の暗...

余ったシチューやカレーの保存方法とリメイク料理!

小さな子供からお年寄りまで、幅広い年代層の人に人気のあるメニ...

男だって自分で作る楽しい料理!

最近は男性でも料理を作る方が増えてますよね。ある調査によると...

トイレ掃除はどこからすると効果的なのか?!

みなさんはトイレ掃除、どこから掃除していますか?実はトイレに...

観葉植物でおしゃれ部屋を作る! 初心者向けの種類と方法!

つい人を呼びたくなるような、自慢したいほどおしゃれな部屋って...

色々な作業に音楽を聴いて集中する方法!

作業ってなかなか長くできるものではないですよね。数十分・数時...

猫と死別。悲しくても最後の挨拶をしましょう。

かつてはペットといえば犬が代表格でしたが、最近では飼われてい...

腹痛、しかも激痛・吐き気もある。どんなことが考えられる?

「おなかが痛い」という経験は誰しもあるはずです。食当たりかも...

癒しを与えてくれるメダカ。その産卵時期はいつ?

かつては小川によく見かけられたメダカですが、今ではその姿を見...

点滴でできたむくみを簡単に解消する方法!

点滴を受けた後に、むくみができて、体が重くなったりしたことは...

郵便局に転居届を!一人暮しの第一歩

家を出て一人暮しを始めるのは不安と期待が入り混じっているので...

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

スポンサーリンク


新生児の目が黄色い|黄疸症状

黄疸とは、「ビルビリン(黄色色素)」と呼ばれる物質が肌や粘膜に沈着し、皮膚や白目が黄色みを帯びて見える現象のことを指します。
その中でも、新生児黄疸に次いで2番目に多く見られる母乳性黄疸は、完全母乳育児で育てられた新生児に起こりやすい、良性の黄疸のことです。
母乳性黄疸は、病気ではなく、赤ちゃんが順調に成長してくれているという証拠です。そのため、症状が見られても過度に心配する必要はありません。

引用元-母乳性黄疸とは?症状・診断方法・治療法まとめ | Conobie[コノビー]

赤血球を分解する時にビリルビンという物質が発生しますが、このビリルビンを分解する働きも新生児は弱いために、白目や皮膚が黄色くなる新生児黄疸が起こります。
通常新生児黄疸は、生後2週間くらいで治ってくるのが目安です。もし、2週間以上経っても治らない場合は、お母さんの母乳が関係している可能性があります。

引用元-新生児黄疸で赤ちゃんの白目が黄色いのはいつまで?原因は母乳? – ワクワクログ

だいたい、2週間程度で治る新生児黄疸ですが、場合によってはそれよりも長い期間治らない場合があります。
その原因のひとつとして考えられるのが、母乳性黄疸です。
お母さんの母乳の中には、ビリルビンの分解をする肝臓の働きを弱める作用があるために、新生児黄疸が長く続いてしまうことがあるのです。
長く続くといっても、だいたい1ヶ月くらいで治ります。

引用元-新生児黄疸で赤ちゃんの白目が黄色いのはいつまで?原因は母乳? – ワクワクログ

新生児の目が黄色い…黄疸の症状は?|赤血球

黄疸の症状として多いのが、白目や肌が黄色くなることです。赤ちゃんの白目は、通常は透き通るような白色で、やや青みがかっています。
しかし黄疸の症状が出ると、白目がくすんで黄色みがかって見えます。

赤ちゃんは、ママのお腹の中にいるときには、胎盤を通して酸素を体内に供給しています。
でもその方法は、肺呼吸で酸素を体内に取り入れるよりも効率が悪いため、赤ちゃんは血液中の赤血球を多くしてそれを補っています。
そのため、赤ちゃんは赤血球が多い状態で生まれてきますが、生まれると肺呼吸になるため赤血球をたくさん分解します。そして赤血球を分解するときに、黄色い色素である「ビリルビン」が出ます。そのため、肌や白目が黄色く見えるのです。
ビリルビンは、肝臓を通しておしっこなどといっしょに体外へ排出されますが、生まれたばかりの赤ちゃんの肝臓は未発達のためうまく処理することができません。
そのため、ビリルビンが体内に蓄積され、高ビリルビン血症という状態になります。

引用元-新生児黄疸の症状や原因と治療法は 注意すべき点と受診の目安|cuta [キュータ]

新生児の目が黄色いのは病気か生理現象

新生児の黄疸が生理的なものか、病的なものかを見分けるために、経皮的ビリルビン検査と呼ばれる方法で皮膚の上からビリルビン濃度を測定します。
生理的な新生児黄疸であれば、血液中のビリルビンの数値が13mg/dl前後になったあと、新生児のビリルビン正常値である5mg/dl以下まで徐々に下がります。
しかし、血液中のビリルビンの値が15mg/dl以上(2500g以下の低出生体重児は12mg/dl以上)を超え続ける場合には病的な黄疸が疑われるので、血液を採取して詳しい検査をして診断されます。
また、生後24時間以内に見た目で確認できるほどの黄疸が現れたり、生後2週間を過ぎても治まらないと、治療が必要になる場合もあります。

引用元-新生児黄疸とは?数値の基準値は?黄疸には種類があるの? – こそだてハック

生理的な新生児黄疸なら治療の必要はありません。
しかし病的黄疸の可能性があり、血液中のビリルビンの値が15mg/dlを超えている場合は、核黄疸になる恐れもあるのでビリルビン値を下げる治療が行われます。

引用元-新生児黄疸とは?数値の基準値は?黄疸には種類があるの? – こそだてハック

新生児の目が黄色い|対策「光線治療」

高ビリルビン血症と診断された場合は、赤ちゃんにアイマスクをし、保育器の中にいれて、特殊な波長の緑色のライトの光をあてます。この光をあてることで、ビリルビンを水に溶けやすくすることが『光線治療』の狙いです。

黄疸の症状が深刻な場合は、生後2〜7日目であっても高ビリルビン血症と医師が判断して光線療法を実施します。
1日で効果が出ることもありますが、まだ生後まもなく長時間光を当て続ける体力も備わっていないので、数日に分けてビリルビン値が正常値に戻るまで光を当てるあることもあります。

引用元-新生児黄疸の症状・長引く原因と光線治療などの費用は? – マーミー

治療は光線治療と交換輸血・ガンマグロブリンの点滴がありますが、交換輸血はよほど重症な場合です。
たいていは光線治療といって、赤ちゃんの皮膚に青または緑の光をあてるだけです。
病院によって産科ではなく小児科で治療することもあります。
治療の機械は、ビリベットやビリソフトといって赤ちゃんのベッドに設置してお母さんと同室しながら治療できるものもあります。
新生児室で上下光線といって、日焼けサロンのようなベッドで治療する場合もあります。できるだけ多くの面積の皮膚が光に当たるように裸にしますが、光は目や睾丸に直接あたるとよくないので、アイマスクとおむつをしっかりつけます。

引用元-新生児黄疸の原因と治療 | 赤ちゃんようこそ.com

新生児の黄疸|3種類

1. 新生児黄疸
新生児の実に80%が発症する黄疸です。
これは、赤ちゃんが生まれてきて肝臓が未発達のためにビリルビンという黄疸の原因となる色素を分解しきれずに黄疸を発症してしまうもので、体の働きが活発になってくれば自然と治ります。
大体一週間程度で治まると言われています。
治療も必要ないのですが、黄疸が強く出ている赤ちゃんには光線治療という黄疸を下げるための処置を行う場合があります。

2. 母乳性黄疸
母乳で赤ちゃんを育てている場合、母乳に含まれる成分が肝臓の働きを抑制してしまうことがあります。
ビリルビンを処理するのは肝臓の役目なので肝臓がうまく働かないと黄疸を発症します。
こちらは数週間から2か月程度続くといわれています。
特に治療は必要ないのですが、心配な方は黄疸を下げるために赤ちゃんに与える母乳量を減らして、粉ミルクなどを増やすようにすると黄疸を下げる効果があります。

3. 肝細胞障害による黄疸
黄疸が一か月経っても引かない場合に疑うべきことです。
母乳性黄疸が最大2か月程度長引くことを考えると、その可能性も十分にあり得るのですが、赤ちゃんの場合の肝機能障害は最悪脳出血を起こしてしまうことがあるので、一か月経った時点で黄疸が引かないようなら医師に相談してみるべきでしょう。
この黄疸は病気に処置を施さない限り下がらないためかならず治療を受けてください。

引用元-黄疸はいつまで続く?知っておきたい赤ちゃんの黄疸3種類!

まとめ

胎児の時期は、ビリルビンの代謝は胎盤を介して、母親の肝臓において行われていたものが、出生と同時に自分自身の肝臓で行わなくてはなりません。しかし、生後しばらくは新生児のビリルビン代謝経路は未熟な状態にあるためほとんどの新生児には黄疸が発現します。出産前の知識として知っておくのが無難でしょう。

twitterの反応

 - 健康 美容

ページ
上部へ