鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

猫の手術の麻酔って、とても危険なことがある

      2017/09/12

猫の手術の麻酔って、とても危険なことがある

飼い猫の病気って、とても心配ですよね。

ペットの猫の麻酔についてご存知ですか?

シャンプーするために動物病院に連れて行っただけなのに、

麻酔で死んでしまったケースもあります。

今回は、猫の手術の麻酔について調べました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

重曹を置くだけでなぜ消臭できるの?計り知れない重曹パワー !

お掃除の定番アイテムの一つになっている重曹。テレビや雑誌、コ...

目がゴロゴロする時の対処方法!

ふとした瞬間に目がゴロゴロすることありませんか?目にゴミが入...

作るのが楽しい料理なら盛り上がりもUP!鉄板料理はコレ!

料理は女性がやるものという認識が薄れてきている昨今ですが、料...

ポリエステル素材の洗濯方法は?ドライクリーニングに出すべき?

ポリエステル素材の洗濯はどのようにされていますか?扱いやすく...

エビ水槽の掃除の仕方 !

エビに限らず、どんな生き物でも水槽で飼育している以上は水槽の...

「シワアイロン 顔用」とは?使い方やおすすめなどについて !

シワアイロンと聞いて一番に思い浮かぶのは衣服に使うアイロンか...

日帰り登山であったら便利なおすすめグッズをご紹介!

登山専門店をのぞいてみると様々なメーカーから登山につかえる便...

ブレーカーが頻繁に落ちるようになった!原因と対策は?

ついうっかり電気を使いすぎると落ちてしまうブレーカー。夜の暗...

余ったシチューやカレーの保存方法とリメイク料理!

小さな子供からお年寄りまで、幅広い年代層の人に人気のあるメニ...

男だって自分で作る楽しい料理!

最近は男性でも料理を作る方が増えてますよね。ある調査によると...

トイレ掃除はどこからすると効果的なのか?!

みなさんはトイレ掃除、どこから掃除していますか?実はトイレに...

観葉植物でおしゃれ部屋を作る! 初心者向けの種類と方法!

つい人を呼びたくなるような、自慢したいほどおしゃれな部屋って...

色々な作業に音楽を聴いて集中する方法!

作業ってなかなか長くできるものではないですよね。数十分・数時...

猫と死別。悲しくても最後の挨拶をしましょう。

かつてはペットといえば犬が代表格でしたが、最近では飼われてい...

腹痛、しかも激痛・吐き気もある。どんなことが考えられる?

「おなかが痛い」という経験は誰しもあるはずです。食当たりかも...

癒しを与えてくれるメダカ。その産卵時期はいつ?

かつては小川によく見かけられたメダカですが、今ではその姿を見...

点滴でできたむくみを簡単に解消する方法!

点滴を受けた後に、むくみができて、体が重くなったりしたことは...

郵便局に転居届を!一人暮しの第一歩

家を出て一人暮しを始めるのは不安と期待が入り混じっているので...

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

スポンサーリンク


 

どんな時に麻酔を使うの?

麻酔は大きく分けると、局所麻酔と全身麻酔があります。局所麻酔をかける場合のほとんどはその場でできる程度の手術(皮膚の縫合や、皮膚にできた小さな腫瘍の切除など)また、高齢犬などで全身麻酔をかけるとリスクが高くなるような場合も、可能であれば局所麻酔で処置することもあります。
一方、全身麻酔の多くは外科手術のために使いますが、その他にもCTやMRI、造影など、動いてはいけない検査目的の時や、歯石取りや抜歯など無麻酔では痛みに耐えられないような時の処置にも使います。

引用元-−-ペットクリニックドットコム

麻酔って危険なの?

使用する麻酔薬にはたくさんの種類があります。その中で、もしその子に合わない麻酔薬を使ってしまうと麻酔中に副作用が起きることがあります。その副作用とは心拍数が少なくなったり、呼吸が抑制されたり、血圧が低くなったりすることです。この状態が続くと命に危険性を及ぼす場合もあります。
健康な若い子においては体にもともと予備機能があるため、副作用により呼吸や循環機能が多少低下しても麻酔に耐えることができます。しかし年をとっていたり病気などで予備機能が低下している子では、それだけ麻酔をかけるときに一緒にリスクも伴います。
よってどんな時でも、年齢や体質、既往症や術式を考えてその子に最も合った麻酔薬を選び、副作用ができる限り起こらないようにすることがとても重要になります。

引用元-−-ペットクリニックドットコム

シャンプーするだけのつもりだったのに

猫をシャンプーをさせようと、動物病院へ連れて行きました。
(私自身が連れて行ったのではなく、祖母が行きました)。

そこでのシャンプーは2回目だったのですが、前回暴れたため、麻酔を使用すると言われたそうです。
猫は暴れるので、麻酔をするのは普通だと言われ納得した祖母は猫を預けました。

シャンプーが終わり、猫を迎えに行き帰ってくると、猫は麻酔がとっくに切れているはずなのに後ろ両足をひきずって歩き、糞尿のコントロールもできないようで汚してしまうので これはおかしいという事になり、私と祖母で動物病院に行きました。

麻酔アレルギーとの事で、薬をうって入院になりました。
そして翌朝、、麻酔の影響で大動脈血栓症という病気になってしまったと告げられました。

昼過ぎには猫は天国へ行ってしまいました。つい、、先程の、ことです。

なぜ、このようなことになってしまったのか・・。

引用元-−-教えて!goo

ちなみに、シャンプーのときに麻酔しなければいけないくらいの暴れる猫の場合、自宅でシャンプーをしたほうがいい場合もあります。
人間がケガしたりしますけれど、 猫にとって自宅でシャンプー後すぐくつろげる、往復のストレスがないなどのプラスがあります。

猫の場合、あまりに暴れる場合は、無理にシャンプーをしなくてもいいかもしれませんね. . .
ブラッシングやコーミング、また、濡れタオルや蒸しタオルでふくなどで対応するなど。
一生お風呂に入れなかったという知り合いもおりました。
前にいた猫は、もうそれはそれは暴れて、大声で叫んで、シャンプーをするのは一苦労でしたが、そういう猫の場合、排泄物がべったりたくさんついてしまったとか、そういうためにお風呂、という感じでした。

引用元-−-教えて!goo

友達の猫ちゃんが避妊手術で、病院で最初に言われたそうです。まれに、猫ちゃんに麻酔で亡くなる事もありますが、いいですか?と 聞かれたそうです。
どうなるか解らないと言われたので、他の動物病院に行きました。
最初に麻酔があうかどうか、血液検査があるみたいです。検査をしないで麻酔をした病院は絶対にダメです。
自分を責めないで下さいね。麻酔アレルギーはあります。

引用元-−-教えて!goo

 

麻酔‐猫へのリスク・ノラネコの場合

手術をするときは、言うまでもなく、麻酔を使用しなければいけません。
“猫へのリスク”のほとんどは、麻酔から来るものです。
ノラネコの手術において、麻酔のリスクは、飼育猫に麻酔をかけるときよりも高いものになります。

麻酔は、相手の意識と痛みを無くす目的で行われますが、「興奮している動物には麻酔が効きにくい」という面を持っています。
人に触られ慣れ、動物病院にも慣れている子は、動物病院に来ても、興奮度はそこまで高くなりにくいですが、「人に触られ慣れておらず、いきなり捕まえられ、見知らぬ所に連れてこられて、何をされるのかと極度の恐怖状態にある」猫は、病院に来た時点で、すでに麻酔が効きにくく、痛みに対して過敏な状態になっています。

麻酔が効いておらず、痛みに反応する状態では、体にメスを入れることはできません。
通常量で麻酔の効きが悪い場合は、当然麻酔の用量を増やさざるを得ないこともあります。
すると、麻酔が効かないから、麻酔を増やしていって・・としていると、突然麻酔が効きすぎて血圧が下がり、心拍が低下し・・、という可能性もなくはありません。

引用元-−-にほんまつ動物病院

品種別による麻酔リスク

短頭種では換気不全から発熱しやすいので体温のモニターと酸素化が必要になることがあります。
メイクーンは遺伝的に心筋症体質である可能性があるため、術前の心臓検査が必要です。ペルシャ系では腎臓がデリケートな場合があり、術後腎不全防止のための補液が重要です。
シンガプ—ラなどの細身で小型の品種の場合、低体温や低血圧への注意が必要になります。
興奮や緊張が強い品種(ロシアンブルーなど)やナイーブな性格の猫の場合、鎮痛剤や鎮静剤が効きづらい傾向があります。

引用元-−-緑の森動物病院

まとめ

猫の種類によっても麻酔のリスクが違うとか。病院によるところが大きい気もします。相談して、納得するまで病院を変えて対処しましょう。

引用元-−-

twitterの反応


https://twitter.com/y7hrfghdryucat/status/607883249910554625


https://twitter.com/y7hrfghdryucat/status/596234009115435008
https://twitter.com/nmuribot/status/593038742413148160″

 - 動物 植物 ペット

ページ
上部へ