鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

1歳半健診で言葉の遅れを指摘された…発達障害?

      2019/12/15

1歳半健診で言葉の遅れを指摘された…発達障害?

1歳未満の健診は、体の発達の確認が主ですが、1歳半健診からは言葉やコミュニケーションなど、心の発達にも重点を置かれます。初めて再検査や要観察を言われて戸惑う親御さんも多いことでしょう。そこで、気になる1歳半ごろの言葉の発達について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

重曹を置くだけでなぜ消臭できるの?計り知れない重曹パワー !

お掃除の定番アイテムの一つになっている重曹。テレビや雑誌、コ...

目がゴロゴロする時の対処方法!

ふとした瞬間に目がゴロゴロすることありませんか?目にゴミが入...

作るのが楽しい料理なら盛り上がりもUP!鉄板料理はコレ!

料理は女性がやるものという認識が薄れてきている昨今ですが、料...

ポリエステル素材の洗濯方法は?ドライクリーニングに出すべき?

ポリエステル素材の洗濯はどのようにされていますか?扱いやすく...

エビ水槽の掃除の仕方 !

エビに限らず、どんな生き物でも水槽で飼育している以上は水槽の...

「シワアイロン 顔用」とは?使い方やおすすめなどについて !

シワアイロンと聞いて一番に思い浮かぶのは衣服に使うアイロンか...

日帰り登山であったら便利なおすすめグッズをご紹介!

登山専門店をのぞいてみると様々なメーカーから登山につかえる便...

ブレーカーが頻繁に落ちるようになった!原因と対策は?

ついうっかり電気を使いすぎると落ちてしまうブレーカー。夜の暗...

余ったシチューやカレーの保存方法とリメイク料理!

小さな子供からお年寄りまで、幅広い年代層の人に人気のあるメニ...

男だって自分で作る楽しい料理!

最近は男性でも料理を作る方が増えてますよね。ある調査によると...

トイレ掃除はどこからすると効果的なのか?!

みなさんはトイレ掃除、どこから掃除していますか?実はトイレに...

観葉植物でおしゃれ部屋を作る! 初心者向けの種類と方法!

つい人を呼びたくなるような、自慢したいほどおしゃれな部屋って...

色々な作業に音楽を聴いて集中する方法!

作業ってなかなか長くできるものではないですよね。数十分・数時...

猫と死別。悲しくても最後の挨拶をしましょう。

かつてはペットといえば犬が代表格でしたが、最近では飼われてい...

腹痛、しかも激痛・吐き気もある。どんなことが考えられる?

「おなかが痛い」という経験は誰しもあるはずです。食当たりかも...

癒しを与えてくれるメダカ。その産卵時期はいつ?

かつては小川によく見かけられたメダカですが、今ではその姿を見...

点滴でできたむくみを簡単に解消する方法!

点滴を受けた後に、むくみができて、体が重くなったりしたことは...

郵便局に転居届を!一人暮しの第一歩

家を出て一人暮しを始めるのは不安と期待が入り混じっているので...

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

スポンサーリンク


1歳半健診では、体と心の発達を診ている

「1歳半検診って厳しいらしい」と聞いたことはありませんか?それまでの体の発達を調べる検診と違い、1歳半検診では心の発達もしっかりとチェックします。要再検査、要観察となる子供が、それまでの検診よりも増えるため、「厳しい」という情報が出回ったのかもしれません。

引用元-【1歳半検診の内容】指差し/積み木で何をみてる?検査項目とその目的 – マーミー

1. 身体面の発達・健康状態のチェック

身長、体重、頭囲、胸囲、大泉門(頭頂部にある頭蓋骨のつなぎ目)の塞がりの有無、胸とお腹の聴診・触診、視力・聴力検査、歯科検診(歯の本数や虫歯・かみ合わせなどのチェック)、歩き方のチェックなどがあります。自治体によっては、歯のフッ素塗布(有料)や歯磨き指導・栄養指導などが追加されることもあります。

2. 精神面の発達のチェック

言葉がどのくらい理解できているか・手指はどのくらい発達しているかなどをチェックします。具体的には、簡単なイラストを見せつつ「ワンワンはどれ?」「ブーブーはどれ?」と聞いて指差しをさせる、積み木を何個か積ませる、絵本のページめくりをさせる、他の人のマネをするかどうかを見るなどの方法でチェックします。

3. 問診

あらかじめ配布された用紙に普段の様子(1日の生活リズム、食事・おやつの内容、遊び、歯磨きの様子など)について記入しておき、当日はこの用紙をもとに保健師との簡単な面談が行われます。

引用元-1歳半検診の内容まとめ!積み木・指さし・言葉のチェック項目とは? – こそだてハック

1歳児の言葉が遅れるのは障害のせい?

ことばの発達が遅れる要因
晩生(おくて)タイプではないのに、ことばがしゃべれない場合は次のような問題が考えられます。
(1)子どもの能力に問題はないが、言語環境に問題がある場合
(2)聴力障害や発声・発語器官に問題がある場合
(3)発達障害などの障害をもつ場合

※(1)の場合は環境が改善されると、よくなります。

引用元-“毎日の生活”がことばを育む|赤ちゃん&子育てインフォ

「言葉が出ない」というのは、「何かの障害のせい」なのでしょうか?
 
結論から言えば、「必ずしもそうとは言えない」ということになりそうです。確かに知能や情緒の発達に何かしらの困難を抱えていて「言葉の出ない障害」を持つお子さんもいらっしゃいます。
 
一方で、家族の構成や性格(極端に恥ずかしがり屋など)の条件が重なって、「言葉が出にくい」ということもあるからです。再検査を勧められた=障害という判断ではありません。
 
発達には個人差があります。

引用元-一歳半検診でひっかかることとは?言葉が遅いと再検査を勧められた時は|子育てマガジン[コズレ]

言葉の遅れ+こんな行動があるときは要注意

ただまれに、早期に手を打った方がよいと思われるケースもあります。単に言葉の遅れだけではなく、それと同時に、下のような「気になる様子」が日常的・継続的に見られるような場合です。

・目(視線)をなかなか合わせてくれない。
・表情の変化が乏しく、いつもかたい表情をしている。笑顔がほとんど見られないが、逆に、泣くような場面でも笑っている。
・いつも不機嫌な感じがする。よくかんしゃくを起こす。
・ママとの遊びに誘ってもなかなか乗ってきてくれず、一人遊びばかりしている。
・友達と遊ぶ時期になっても、まったく友達に近づこうとしない。
・あまり甘えてきてくれない。
・何を考えているのか、気持ちがつかみにくい。
・こだわりが強い(戸の開け閉め、水遊び、物を一列に並べるなどの遊びを、いつまででもやっていて、やめさせようとするとパニックになる、など)。
・オウム返し(こちらが言ったことを、そのまま意味もなく繰り返す)が多い。。
・車の名前や、コマーシャルなど、会話のやりとりとは離れた特定の言葉ばかり繰り返す。
・ころんだり、怒られたりしたような時も、ほとんど泣くことがない。
・いつもうろうろと落ち着きがない。

引用元-言葉の発達が遅れているみたい

1歳児の言葉の発達のために、親ができることはある?

わかるのが先で、言えるのはあと

親ごさんたちは日頃、赤ちゃんのことばがいくつ出るかという「言えることば」にとらわれがちですが、ことばの発達には「わかるのが先で言えるのはあと」という法則があります。言えることばは氷山にたとえると水面上にあらわれた部分で、水面下の「わかることば」に支えられています。ですから、まず体験や経験を通して「わかることば」を増やしていくことが大切です。

引用元-“毎日の生活”がことばを育む|赤ちゃん&子育てインフォ

言葉が出始めたばかりの赤ちゃん(1歳児)への声かけにはコツがあります。
それは、「ゆっくり話すこと」「その子が理解できるレベルで、新情報も得られるように話しかけること」、「大事なことは繰り返すこと」「歌など、耳に入ってきやすい形にすること」です。

引用元-幼児の言葉を伸ばすコツ―お子さんの言葉が遅いとお悩みのママ必見

また言葉を話すためには筋肉の発達も大事です。体を大きく動かすことで指先や口といった細かい動きをする筋肉も発達していきます。家族みんなで公園に出かけて思いっきり遊ぶのもいいですね。

引用元-子供の言葉の発達が遅いと気付いたら…親がやるべきことは? | そっか~(人´∀`)

1歳半健診で言葉の遅れが気になる親御さんへ

もしも早期発見で、お子さんの発達を促すような療育が受けられるのであれば、それはお子さんのためになるものです。再検査に拒否反応を示すのではなく、客観的に成長を見てもらえるいい機会だと思ってください。

引用元-1歳6ヵ月検診でひっかかってしまった!言葉の遅れが再検査のきっかけになる | ハグー!

子どものことばの遅れを指摘されたお母さん、お父さんへ

最後に、言語聴覚士・松下淳子さんからのメッセージです。

・「ことばだけでなく、全体を見てあげましょう!」
ことばはゆっくりだけれど、お絵かきが得意、運動が得意、音楽が好きなど、その子が持っている力に目を向けて、伸ばしていきましょう。

・「親以外の人のサポートをうまく借りて、子どもの成長を見守っていきましょう!」
お母さんだけで、夫婦だけで悩まず、地域の人、子育て支援の場、専門家など、色々な人の目・視点で、子どもの育ちを見守っていきましょう。

・「子どもが属する社会で楽しく居心地良く暮らしていくために、専門家の知恵を借りましょう!」
ことばがけや生活習慣のちょっとしたコツや工夫で、ことばでのやり取りが不十分な子どもとのコミュニケーションがぐんと楽になり、親子で楽しくなれる場合も多いものです。そのために、ぜひ専門家を活用してください。

引用元-療育センターで受けられる子どものことばの発達支援 [乳児育児] All About

まとめ

再検査や要観察と言われると、障害の可能性に不安になるかもしれません。多くの場合は、子供の成長にに伴い自然に言葉が増えるものです。たとえ障害があっても、適切な療育を受けることで改善を望めるそうです。心配しすぎず、子供に寄り添った子育てをしたいものですね。。

twitterの反応


https://twitter.com/miikun_lm/status/594868044477804544

 - 子育て 子供 教育

ページ
上部へ