鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

発達障害の子供も楽しく成長したい、迷惑なんて言わないで!

      2018/10/15

発達障害の子供も楽しく成長したい、迷惑なんて言わないで!

発達障害の子供を持つことになった親御さんの心中をお察しします。

障害がずっと続くなんて。心配この上ないと思います。

発達障害とは、普通と『ズレ』があるそうなのです。

その『ズレ』も様々で、周りの方々の感じ方も様々です。

今回は、発達障害の子供と迷惑について調べました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

猫と死別。悲しくても最後の挨拶をしましょう。

かつてはペットといえば犬が代表格でしたが、最近では飼われてい...

腹痛、しかも激痛・吐き気もある。どんなことが考えられる?

「おなかが痛い」という経験は誰しもあるはずです。食当たりかも...

癒しを与えてくれるメダカ。その産卵時期はいつ?

かつては小川によく見かけられたメダカですが、今ではその姿を見...

点滴でできたむくみを簡単に解消する方法!

点滴を受けた後に、むくみができて、体が重くなったりしたことは...

郵便局に転居届を!一人暮しの第一歩

家を出て一人暮しを始めるのは不安と期待が入り混じっているので...

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

生理予定日を過ぎて妊娠検査薬は使える?陰性と陽性の判断は

妊娠を希望していると妊娠しているかどうか早く妊娠検査薬を使い...

母子家庭で子供がアルバイトする場合の注意点は何?

父子家庭よりも母子家庭の方が多い理由は、離婚により母親が親権...

病院で「大切な証明書」である診断書がもらえない

誰だって好きで風邪をこじらせたり、精神面を患ったりしているワ...

男性用スカートは民族衣装だけ?おしゃれなの履き方と体験談

男性がスカートを履くとおかしい?伝統衣装のキルトスカートは男...

人が死ぬ前に感じる予感や予兆の3パターン

知ってる人が死ぬかもしれないといった予感や死ぬ直前の予兆を知...

親の介護が必要になったら姉妹の場合どうしたらいい?

自分も年をとりますが、当然親も年をとります。いずれは親の介護...

落ち込んだ時に聴くだけで実現?恋が叶う音楽?!

「○○の曲を聴いたら両思いになれる!」とか「○○の曲を着信音...

住所の丁目の漢字の部分「郵便」と「公的文書」は違う

「町丁名」って聞いたことありますか?住所の丁目の部分が漢数字...

「住所の構造には意味がある」住所の丁目と番地と号

住所を書く時に省略していることってありませんか?例えば○丁目...

基本は『家族で移動』本籍地の転籍と住所の地番と番地

本籍地は転籍自由で国内どこに置いても問題がありません。ただし...

「遠方のサイトのない店で買い物」現金の郵送を着払いで?

買い物を通販でする時、店が送料を負担してくれる場合があります...

犬用ステロイド注射の副作用&注意点と病気に対する効果

犬の病気治療などに使われるステロイド注射。どんな効果があって...

灼熱の金魚注意報?!水槽の水温を下げるにはどうしたらいい?

暑い夏、涼しげな水の中で気持ちよく泳いでいるかと思えばわが家...

スポンサーリンク


 

発達障害とは

発達障害とは、主に先天性の脳機能障害が原因となり、乳幼児期に生じる発達の遅れです。
精神障害や知能障害を伴う場合もあります。

発達障害は、症状の特徴によりいくつかに分類されますが、いくつかの発達障害を合併することもあります。
また、知的障害や精神障害が合併していることもあります。

引用元-−-発達障害療育の糸口

発達障害の原因は脳機能の障害とされていますが、なぜ脳機能障害が起こるのかということは、はっきりとしていません。
わが子の発達障害が発覚して、自分を責めてしまう母親もいますが、しつけや育て方、環境などが原因ではありません。
本人の怠慢などでもありません。

引用元-−-発達障害療育の糸口

発達障害の分類と特徴

発達障害の特徴は、先天性の障害だということ、障害は生涯にわたるということ、障害が発達の過程で(年齢とともに)現れてくるということが挙げられます。
発達障害は、発達障害者支援法により定義付けられ、主に広汎性発達障害・学習障害(LD)・注意欠陥多動性障害の3種類に分類されています。
自閉症やアスペルガー症候群は広汎性発達障害に含まれます。
同じ種類の発達障害であっても、症状はさまざまであり、症状は人によって異なります。

引用元-−-発達障害療育の糸口

発達障害の子供‐なんで普通のクラスに入りたいの?

障害児を普通のクラスに通わせてる親に聞きたい。

貴方達は人の迷惑を考えないのか? 自分の子供さえ良ければそれで良いのか?そもそも子供は普通の学校に通う事を望んでいるのか?

引用元-−-Yahoo!Japan知恵袋

私の長男は、現在の診断名は高機能自閉症ですが、 小学校入学前の検査ではLD(学習障害)と診断されていました。

小学校の入学では普通クラスで良いのか心配だったので相談したのですが、児童相談所の方の意見では「知能に遅れが無いので、障害児クラスでは物足りないでしょうね。
普通クラスでも、学業は劣るかもしれないですが、その子なりの成長を遂げます。大丈夫です。」と太鼓判を押されたので普通クラスに入学させました。

もちろん、長男にとっては良くても他の子が長男を嫌がるのではないか・・・
虐めに遭うのではないかと心配しましたが、 予想外の結果になりました。。
忘れ物を届けに学級へ行くと、皆が長男の事を慕ってくれて人気者になっている事が分かりました。
長男も学校が楽しいと言っていました。
私が長男の名前を呼ぶと、クラスの子達が笑顔で集まって長男の手を引いて私の所に連れて来てくれました。

参観日でも長男は、場面事の切り替えが難しく、教科書を出していなかったり授業中に小さな声で鼻歌を歌ったり手遊びをして先生の話を聞いていないので、言われたページを開いて居ない事も多々ありましたので手が掛かる事で隣の子達は、授業に集中出来なかったかもしれないです。
それでも、隣の女の子達が長男の世話を笑顔で手伝ってくれていましたし、そんな長男に対して不平や不満を言う子も親も一人も居ませんでした。
自分の事だけを考えず、当たり前の様に長男の世話をしてくれた クラスの子供達に心から感謝しましたし、その手伝ってくれる お子さんのご両親にも深く頭が下がる思いでした。

引用元-−-Yahoo!Japan知恵袋

 

発達障害の子供‐支援学級の方がいいの?

教育のプロである教員に相談されてみてください。

教室から飛び出したり授業妨害したり、乱暴な行動が無ければ学級会議に上がることはありません。
障害があるから問題となる行動があるのではありません。
何かしら困っているから問題になるような行動があるのです。

発達障害があっても通常級のほうが適しているお子さんもいます。
やはり支援学級の見学をして貴方のお子さんに向いているのか見られたほうが良いですよ。
授業内容も納得いくまで聞かれてください。

引用元-−-Yahoo!Japan知恵袋

グレーゾーンというのは発達障害がグレーゾーンなのか知的な面がグレーゾーンなのかでも違ってきますが息子の情緒支援学級で多いのが低学年は支援学級で過ごし、3?4年生で通常級へ戻っている児童です。
知的支援学級から通常級へ戻る児童もいます。

難しいのは通常級から支援級へ移籍する児童です。
学年が上がれば上がるほどお子さん自身が嫌がります。

通常級在籍にするか支援学級在籍にするか…
賭けみたいなところは実際あります。
直接学校の先生に相談されて決められたほうが良いですよ。
それと住まれている自治体や学校によって在籍できるかどうかの条件があったりしますから。

引用元-−-Yahoo!Japan知恵袋

発達障害は対応によって悪化することも

発達障害は遺伝的な要素が強いのですが、一卵性の兄弟でも100%ではなく、7割から9割程度の相関関係しかないと言うことは、逆に言えば、遺伝だけでなく別の要因も強く関係していると言うことを意味しています。
そして、その「別の要因」が、発達障害の増加に関係しているのでしょう。

幼い時からテレビばかり見せられて育った子、ゲームばかりやって育った子、大人との関わりが少なかった子、虐待されて育った子などは、遺伝的素質がなくても発達障害のような状態になる傾向が強いようです。
遺伝的素質を持った子の場合には、さらにそのような要因が強く影響を与えて、さらなる発達障害の悪化を招いているのだろうと思います。
その結果、発達障害が増えてきているように見えるのでしょう。

ただし、「育ち」によるものは早期に発見して育て方を変えれば、比較的簡単に正常に戻るようです。でも、当然のことながら「遺伝」によるものはそのままです。
でも、その場合でも周囲の大人がそのことに気付かず、そのまま成長すれば元に戻ることもなくなり、発達障害として状態が固定されることになります。

遺伝によるものの場合も、比較的早い時期から療育を始めれば、状態の悪化を抑えるこがもできます。そして、その療育で行っているのは、昔の子どもたちがやっていたような遊びであったり、信頼できる大人たちとの深い関わり合いです。
病院の治療のようなことをやるわけではありません。幼い子どもたちは「遊び」という形でないと刺激を吸収することが出来ないからです。
誰かから聞いた話ですが、そのことを理解できないあるお父さんが、その療育の現場を見て、「遊ばせるだけだったら来ている意味がない」と子どもを連れて帰ってしまったこともあったそうです。
ちなみに、日常的に多くの子どもたちと関わっている人はその「発達障害」について感覚的にお分かりでしょうが、基本的に我が子だけとしか関わっていない人には、その状態はなかなか理解できないと思います。

引用元-−-森へ行こう

まとめ

『発達障害』は、軽ければ「ユニーク」な子供で通ってしまうのではと思います。一番怖いのが、周りの人の偏見ですね。

引用元-−-

twitterの反応

https://twitter.com/yume_strawberry/status/610125958763294721
https://twitter.com/esora510dayo/status/602764386327887873

 - 人生 職業

ページ
上部へ