鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

天才は努力するから才能が伸びるの?

      2017/09/12

天才は努力するから才能が伸びるの?

芸術系の国際コンクールで、最近日本人の若い方達の上位入選が目立ってきました。

天才肌の方が国際舞台で活躍する機会が以前より増えていますよね。

もともと、小さな頃から才能が突出していた方々だと推察しますが….

今日は天才の様に才能のある人と努力についてまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ブレーカーが頻繁に落ちるようになった!原因と対策は?

ついうっかり電気を使いすぎると落ちてしまうブレーカー。夜の暗...

余ったシチューやカレーの保存方法とリメイク料理!

小さな子供からお年寄りまで、幅広い年代層の人に人気のあるメニ...

男だって自分で作る楽しい料理!

最近は男性でも料理を作る方が増えてますよね。ある調査によると...

トイレ掃除はどこからすると効果的なのか?!

みなさんはトイレ掃除、どこから掃除していますか?実はトイレに...

観葉植物でおしゃれ部屋を作る! 初心者向けの種類と方法!

つい人を呼びたくなるような、自慢したいほどおしゃれな部屋って...

色々な作業に音楽を聴いて集中する方法!

作業ってなかなか長くできるものではないですよね。数十分・数時...

猫と死別。悲しくても最後の挨拶をしましょう。

かつてはペットといえば犬が代表格でしたが、最近では飼われてい...

腹痛、しかも激痛・吐き気もある。どんなことが考えられる?

「おなかが痛い」という経験は誰しもあるはずです。食当たりかも...

癒しを与えてくれるメダカ。その産卵時期はいつ?

かつては小川によく見かけられたメダカですが、今ではその姿を見...

点滴でできたむくみを簡単に解消する方法!

点滴を受けた後に、むくみができて、体が重くなったりしたことは...

郵便局に転居届を!一人暮しの第一歩

家を出て一人暮しを始めるのは不安と期待が入り混じっているので...

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

生理予定日を過ぎて妊娠検査薬は使える?陰性と陽性の判断は

妊娠を希望していると妊娠しているかどうか早く妊娠検査薬を使い...

母子家庭で子供がアルバイトする場合の注意点は何?

父子家庭よりも母子家庭の方が多い理由は、離婚により母親が親権...

病院で「大切な証明書」である診断書がもらえない

誰だって好きで風邪をこじらせたり、精神面を患ったりしているワ...

男性用スカートは民族衣装だけ?おしゃれなの履き方と体験談

男性がスカートを履くとおかしい?伝統衣装のキルトスカートは男...

人が死ぬ前に感じる予感や予兆の3パターン

知ってる人が死ぬかもしれないといった予感や死ぬ直前の予兆を知...

親の介護が必要になったら姉妹の場合どうしたらいい?

自分も年をとりますが、当然親も年をとります。いずれは親の介護...

落ち込んだ時に聴くだけで実現?恋が叶う音楽?!

「○○の曲を聴いたら両思いになれる!」とか「○○の曲を着信音...

スポンサーリンク


 

天才の成り立ち

一般に見られる天才のステレオタイプとして規律と型にはまった知識を身に付けることを要求される学校教育では、単に学業成績に秀でた秀才と、斬新な着眼力や独創性を発揮する天才とは、皮肉にも相反する傾向があるというものがあるが、寧ろ例外であることが多い。ただし学問的分野での天才肌の児童は、深い理解に伴う疑問や批判精神が湧き出ることから、扱い難い生徒として教師に敬遠されることもある。だが多くは義務教育課程の成績は優秀で著名な大学に入学し、飛び級する者も多く、幼少時からの学校教育の秀才かつ学者として大成した天才が多い。

天才は、同じ事項をマスターしたときの理解の深さでは、秀才タイプを圧倒的に凌駕する才能を発揮する。しかし、その特異性ゆえに周囲からのいじめも受けやすく、自らの才能を恥じて潰してしまうケースもある。

引用元-−-Wikipedia

報われない天才

非常識な感性のため一旦夢中になると常軌を逸して猛突突進してしまい健康を省みないで容易に病死、或いは実質的自殺行為に至ってしまう、といった一部破滅型天才の宿命という事情も絡む。幼少時に周囲からは変人扱いされる問題児で、しかも一般に感受性が豊かであるが故に傷付き易い。家庭人としては様々なケースがあり、型破りな奇人であるにもかかわらず理解ある配偶者に恵まれ家庭人として平穏な生活を送る者、婚姻を繰り返して子孫を沢山残す者、私生活では犯罪的性行為に異常な情熱を注ぐ反面ロマン主義の詩や音楽に傑出した才能を発揮し、一方で理想社会探究の志に燃え共産主義と近代教育思想の嚆矢となったジャン=ジャック・ルソーのような偏執病の天才、大学生時代に一目ぼれした女性を生涯、想い続けて死んだウィリアム・ローワン・ハミルトンも一例として挙げられる。要するに、天才とは、非常識で型破りな変人で、本人や周囲の者は不幸ではあるが、人類にとっては幸運にも、たまたま彼等の秀でた才能が社会に発揮された人物といえる。もちろん、必ずしも天才の全てが奇人・変人で夭折するというわけではなく、ゲーテのように天才でありながらバランスのとれた良識に恵まれたために晩年まで活躍し傑出した業績を残す者もいる。

引用元-−-Wikipedia

どこまでが遺伝?

人間の遺伝子に書き込まれている遺伝情報を全て解読する「ヒトゲノム計画」が完了した現在でも、たとえば「数学が得意になる遺伝子」や「英語が得意になる遺伝子」が発見されているというわけではない。東京大学大学院教授で、分子生物学者の石浦章一氏がこう説明する。

「仮に、数学が得意な父親と苦手な母親の間に、数学が得意な息子が生まれたとしましょう。でも、コンピュータを使ってこの一家の遺伝子を詳細に調べても、父親と息子にあって母親にない遺伝子というのは、意外と見つからないんです。

これは、頭のよさが数百、数千というたくさんの遺伝子の組み合わせによって決まるせいだと考えられます。ですから、特定の遺伝子が原因で起こる病気などと比べれば、後天的な要因も大きいのではないでしょうか。

むしろ、一つのことをじっと考え続ける持続力や集中力などの能力が遺伝することの方が、学業には関係しているのかもしれません」

たとえ知能そのものが完璧に遺伝するわけではないにしても、「辛抱強く勉強する才能」まで遺伝で決まってしまうのだとしたら?結局のところ、それすら持たない凡人には、逆転の余地はないのだろうか。

「芸術的才能は後天的なもの、つまり練習でなんとかなる。例えば、何年か音楽の勉強をした後では、脳の中の音を処理する部分が広がるということがわかっています。音痴の家系というのもまず見当たりません。

それに、発想力も遺伝では決まらないといえるでしょう。一般的に、20~30代でピークを迎え、だんだんと衰えてゆくような能力は後天的に鍛えられるものだと考えられます」(石浦氏)

事実、絶対音感は才能のあるなしにかかわらず、6~8歳頃までの訓練によって身につくか否かが決まるという。日本人には「勉強は努力、芸術は才能」というステレオタイプも根強い。だが専門家たちの意見を総合すると、どうやらこれは正反対?「勉強は才能、芸術は努力」と言ったほうが、遺伝的には実情に近いようである。

引用元-−-現代ビジネス

才能がなければ努力はムダ?

身を削る思いで努力をすれば、いつかは目標を達成できる、なんて思っていないだろうか。そんなのはただの理想論であり、現実には努力や練習よりも“才能”がものを言うことが、新たな研究により明らかになった。

米ミシガン州立大学の心理学教授ザック・ハンブリック氏によれば、チェスなどのゲームや楽器の分野においては、どんなに練習をしても、生まれ持った才能がなければ上達には限界があるそう。チェスのプレイヤーとミュージシャンを対象にした14の調査を分析した今回の研究では、これらの人々の日々の練習量とその技量に注目したところ、練習によりスキルアップしたといえる人は全体の3分の1しかいないことが判明。残りの3分の2は、知識や天性の才能、そして何歳のときにチェスまたは楽器を始めたかが技術に反映されていたという。

引用元-−-IRORIO

 

何のために努力するの?

「努力」というのは「報酬を得るための苦行」と考えている人が多いから、このズレが生じるのだ。報酬に興味のない人を動かすことは出来ない。

「いい大学、いい会社に入るために勉強しろ」という言葉も一緒だ。今の時代、「努力」は「報酬」を約束してはくれない。だから、最近では「別に努力なんてしなくいていいんじゃない?」「働かなくてもいいんじゃない?」という人が出てきているのだろう。

従って、「報酬」を努力の理由にする事はできない。というより、本当は「努力する理由は報酬を受け取れるから」では無いのだ。

では、なぜ努力するのか?答えはカンタンだ。実は、努力する人は、「努力しないと耐えられないから、そうしている」のだ。

もちろん、努力は辛い。しかし、直感に反するかも知れないが、明らかに「努力をしている方がラク」である。

それは人間が「無為」「ヒマ」に耐えられないからだ。人生は常に不安である。何もすることがない、何もしていない、というのはその不安と正面から戦わないといけない。お金を持っていて、生活に何一つ不自由がないように見える人も、最終的には病の恐怖、死の恐怖と戦わなくてはいけない。

何かに没頭することが、精神の安定にとって重要であることは、間違いない。

引用元-−-THE HUFFINGTON POST

努力を意識しない

天才である人は、努力をして才能を伸ばそうと思ったりはしていないと思われます。ただ、それを行うことが楽しく、辛いとか努力しているとは感じていないのではないでしょうか?。しかし、努力することで才能を伸ばすことが可能です。この場合、努力はつらいと感じるかも知れません。しかし、その辛さがやはり楽しいものなのではないでしょうか?。そこで、努力と天才の関係について見ますと天才自身は、才能を伸ばすとか、努力をしていると感じていないことになります。他の者から見ると、努力をしているように見えるため、努力は、天才を作るなどと考えられているものと思われます。

才能は、各人がその人にしか出来ないものに気付くかどうかによって花開くものではないでしょうか?。したがって、本人が楽しくやれる仕事や遊びや、趣味と言ったものへの出会いが天才を作るように思われます。よく天才と言われる人は、ある点に秀でている(ある点について注意力が増し、ブラッシュアップされている)ともいえるように思われます。だから、自分の才能に早く気付くことが大切なのだと思います。

引用元-−-努力と天才の関係

まとめ

いかがですか?幼少期から才能の芽を出す人は育った環境にかなり作用されますし、その方が努力を続け天才と呼ばれる人となるといったケースはやはり努力の賜物ですよね。努力する才能があったとも考えられます。
何かと競争社会と言われがちな現代社会。努力を努力と思わず前進できると良いですね。

引用元-−-

twitterの反応


https://twitter.com/akitomusic/status/573723961093058561


https://twitter.com/hanekawameigen/status/573674876197715968


https://twitter.com/shina_masaru/status/572489066031132673

 - 学問 勉強 サイエンス

ページ
上部へ