鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

足のむくみの原因と、その解消方は?!

      2017/09/12

足のむくみの原因と、その解消方は?!

足のむくみの原因は、様々あるとは思いますが、

気になりますよね。

大病にならないうちに解消したいですね。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

生理予定日を過ぎて妊娠検査薬は使える?陰性と陽性の判断は

妊娠を希望していると妊娠しているかどうか早く妊娠検査薬を使い...

母子家庭で子供がアルバイトする場合の注意点は何?

父子家庭よりも母子家庭の方が多い理由は、離婚により母親が親権...

病院で「大切な証明書」である診断書がもらえない

誰だって好きで風邪をこじらせたり、精神面を患ったりしているワ...

男性用スカートは民族衣装だけ?おしゃれなの履き方と体験談

男性がスカートを履くとおかしい?伝統衣装のキルトスカートは男...

人が死ぬ前に感じる予感や予兆の3パターン

知ってる人が死ぬかもしれないといった予感や死ぬ直前の予兆を知...

親の介護が必要になったら姉妹の場合どうしたらいい?

自分も年をとりますが、当然親も年をとります。いずれは親の介護...

落ち込んだ時に聴くだけで実現?恋が叶う音楽?!

「○○の曲を聴いたら両思いになれる!」とか「○○の曲を着信音...

住所の丁目の漢字の部分「郵便」と「公的文書」は違う

「町丁名」って聞いたことありますか?住所の丁目の部分が漢数字...

「住所の構造には意味がある」住所の丁目と番地と号

住所を書く時に省略していることってありませんか?例えば○丁目...

基本は『家族で移動』本籍地の転籍と住所の地番と番地

本籍地は転籍自由で国内どこに置いても問題がありません。ただし...

「遠方のサイトのない店で買い物」現金の郵送を着払いで?

買い物を通販でする時、店が送料を負担してくれる場合があります...

犬用ステロイド注射の副作用&注意点と病気に対する効果

犬の病気治療などに使われるステロイド注射。どんな効果があって...

灼熱の金魚注意報?!水槽の水温を下げるにはどうしたらいい?

暑い夏、涼しげな水の中で気持ちよく泳いでいるかと思えばわが家...

極寒の金魚注意報?!水槽の水温はヒーターで調節した方が?

金魚は冬になると冬眠をするので、それに備えるため秋はエサをし...

『迷う転籍』本籍と住所が違うと手間取る手続き〜

就職すると同時に県外に転出した人の場合、本籍地を就職先の県に...

仮病・アリバイ工作厳禁!一週間入院する病気には何がある?

病気で入院や手術をしなければならないことは、誰にでも起こり得...

がま口、長財布を買い替えよう!人気のブランドは?!

がま口や長財布、二つ折り財布といろいろあるけれど、新年に今ま...

NHK契約を拒否したい!持家に来る勧誘員撃退法

持家にやってくるNHKのしつこい勧誘で、そろそろ契約しなけれ...

スポンサーリンク


 

足のむくみの原因とは?

立ったままや座ったままの姿勢が長く続くと、足の筋ポンプは機能が低下し、そのために血液が心臓に向かって流れる血流は停滞します。また、血液自体の重量が静脈内にかかるため、静脈圧(静脈内の圧力)が上昇し、静脈が拡張した状態となり、静脈内の血液は下肢に溜まりやすくなります。

下肢で静脈還流が滞ると、下肢静脈内の圧力が上昇するため、血管内から血管外へ血液の血漿成分(水分)が浸み出て、細胞外に水分が貯留します。これが、下肢にむくみが起こる原因となります。

むくみが生ずると、末梢の静脈に炎症が引き起こしやすくなり、それが慢性化すると静脈の弁機能の低下も加わり、病態がさらに進行する原因となります。症状が重症化するほど完治が難しいため、初期での治療が重要です。
静脈の中で、下肢の静脈には他の部位の静脈と異なる大きな特徴があります。それは、重力に逆らって血液を押し上げ、心臓に血液を戻さなければならないということです。

この重力に逆らって血流を戻すためのポンプ機能は、「足」そのものに存在しています。歩いたり動いたりして、足を動かすと、足のふくらはぎの筋肉(腓腹筋やひらめ筋)が収縮しますが、これが、下肢の血液を心臓に戻す流れを促進します。足はこのポンプ機能のため「第2の心臓」といわれる程、血液を循環させるための重要な役割をはたしています。また、下肢の静脈には、血流が重力によって逆流することなく心臓に戻るように静脈弁があり、血液を心臓に戻す循環を助けています。

この下肢の静脈の流れが正常に働かなくなると血流は滞り、「静脈還流障害」が引き起こされ、足のむくみやだるさ、足の重さなど足の不調の原因となります。

引用元-−-エスエス製薬 足のむくみの原因とは?

解消法 体を冷やさない

むくみ予防として、「冷やさないこと」と「老廃物を溜め込まない」ことも大切です。まず「冷やさない」ということは、どなたでもお分かりかと思いますが、冷えは血流を悪くしますので、その結果、足に溜まった血液や水分が循環しにくくなりますので、結果的に足のむくみにつながります。

足元を冷やさない工夫を

夏場のエアコンの冷風は、部屋の下部に溜まりますので、思った以上に足の冷えにつながります。仕事でディスクワークが多い女性などは、冷風が直接足に当たらないようにするなどの工夫することも、足のむくみを解消するためのポイントです。寒い冬は説明するまでもなく、足先から冷えてきますので、厚めの靴下やストール、ストッキングなどに工夫が必要となります。
利尿作用を高め老廃物を排出する

「老廃物を溜め込まない」ことも大切です。一般的に水分の摂り過ぎがむくみの原因となりますが、逆に水分が不足してもむくみを起こします。ある程度身体を動かしたら十分な水分を取り、利尿作用を高めることで老廃物を排出できるような体質にしておかなければなりません。

利尿作用を高め老廃物を排出する

「老廃物を溜め込まない」ことも大切です。一般的に水分の摂り過ぎがむくみの原因となりますが、逆に水分が不足してもむくみを起こします。ある程度身体を動かしたら十分な水分を取り、利尿作用を高めることで老廃物を排出できるような体質にしておかなければなりません。

引用元-−-足のむくみ解消法

解消法 水分補給、老廃物の排出、減塩

「老廃物をため込まない」ために、血液やリンパ液の流れを阻害するような姿勢や生活習慣は避けましょう。
特に同じ姿勢による血行不良での足のむくみ解消のためには、足先やふくらはぎを、座ったままの状態でも常に動かすよう意識することが大切です。

足のむくみ解消のためには、十分な水分を取り、たくさんお小水を排出し、老廃物を排出出来るような体質にしておくことが必要です。

それから、足のむくみ解消には、適度な運動も必要です。
例えば、ウォーキングをしてみたり、積極的に動いてみると良いと思います。

また、塩分を控えることも大切です。
インスタント食品、加工食品の摂取を控えるだけでも足のむくみ解消に繋がります。
塩分を取り過ぎると足のむくみを進行させてしまいます。
塩分の代わりに酢や香辛料などを利用して味付けしても良いかもしれません。

引用元-−-足のむくみ解消の秘訣

むくみを治そう。5分でできる!血行をよくする運動

日常生活でできること

一番冷え性に効き、血行をよくするのは、ウォーキングです。時間があったら、少しでも多く歩くようにしましょう。なかなか時間がないなら、階段を利用する機会を増やしたり、いつもより歩くスピードを上げてみましょう。
簡単に始められる運動
床に座って、足を真っ直ぐ伸ばします
つま先を伸ばしたり、上にそらしたりします×10回
つま先を内側に回します×10回
外側に回します×10回
足の指をぎゅっと縮めて、思い切り開きます×10回
片方の足を曲げて、足の親指と人差し指の間を手の親指で押していきます×2往復
足の裏の左右の真ん中辺りを、上から両手の親指で押していきます×2往復
これを両足ともします。

これをできれば、お風呂上りにするだけで、だいぶ足の血行がよくなってきます。

冷え性で注意すべきこと
冷え性はつま先をあったかくすることも大切ですが、腰周りや骨盤の辺りの血行をよくする必要もあります。仕事の合間などに、腰回しをしてみたり、前屈や後ろ反りをすることでも、体が温まります。

ハイヒールには注意。
また、ハイヒールも、足や腰に負担がかかり、血の流れが悪くなってきます。ちょっと重くなるかもしれませんが、近くの駅までは、スニーカーで歩くなど、足に負担をかけない生活について、考えるようにしましょう。

おわりに
部屋をあったかくしても、体の芯は冷えている・・・。そんなことがないように、足や体の血行をよくすることで、少しでも生活を快適に過ごせるように、応援しています。

引用元-−-今日からできる!冷え性対策プログラム

 

血液をサラサラにする栄養

サラサラ血液は、美と健康をキープするための基本です。
血液は体中をかけめぐり、すみずみまで酸素と栄養素を運んでくれます。

理想的な血液は水の約4〜5倍の粘着性で、血管内をさらさらと流れますが、 血液がスムースに流れないドロドロ血液は、脳梗塞、心筋梗塞、動脈硬化という恐ろしい病気の引き金になります。
また、血液は身体のあらゆる組織を養っているため、肌の様々なトラブル、冷えやむくみ、セルライトなどドロドロ血液が原因となって、美容にも大きく影響します。

青背の魚に多く含まれるDHA・EPAは、血管を丈夫にし、血液の循環を促しどろどろ血を防止し、血栓ができるのを防ぎます。コレステロール値を下げ、血圧を正常に保つタウリンは、心臓や肝臓の機能を強化することでも知られています。

アリシンやイソチオシアネートの硫黄化合物にはコレステロール値や血糖値を下げたり、血圧を安定させたり、血液の凝固を予防する働きがあります。
さらに、血行をよくして血栓を予防するアリシンは、体内でビタミンB1と結合し、糖質をエネルギーに変える働きをサポートし、代謝を高め、ダイエットにも効果的です。

引用元-−-きれいにネット

twitterの反応

https://twitter.com/kawaiitukuru1/status/564004532716195840


https://twitter.com/minamotoayano/status/563937269501816832
https://twitter.com/girls_fashinfo/status/582682691524427776


https://twitter.com/risou_biashi/status/578181007968366592
https://twitter.com/4Dsfidfiskfds/status/576909125386268672

 - 健康・病気

ページ
上部へ