鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

母子家庭は子供の性格にどう影響するのか

      2018/08/24

母子家庭は子供の性格にどう影響するのか

離婚する女性が増加傾向にあります。

母子家庭になって子供を育てていくにあたり

子供の性格に影響はあるのでしょうか?

今回は、母子家庭における子供の性格について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

重曹を置くだけでなぜ消臭できるの?計り知れない重曹パワー !

お掃除の定番アイテムの一つになっている重曹。テレビや雑誌、コ...

目がゴロゴロする時の対処方法!

ふとした瞬間に目がゴロゴロすることありませんか?目にゴミが入...

作るのが楽しい料理なら盛り上がりもUP!鉄板料理はコレ!

料理は女性がやるものという認識が薄れてきている昨今ですが、料...

ポリエステル素材の洗濯方法は?ドライクリーニングに出すべき?

ポリエステル素材の洗濯はどのようにされていますか?扱いやすく...

エビ水槽の掃除の仕方 !

エビに限らず、どんな生き物でも水槽で飼育している以上は水槽の...

「シワアイロン 顔用」とは?使い方やおすすめなどについて !

シワアイロンと聞いて一番に思い浮かぶのは衣服に使うアイロンか...

日帰り登山であったら便利なおすすめグッズをご紹介!

登山専門店をのぞいてみると様々なメーカーから登山につかえる便...

ブレーカーが頻繁に落ちるようになった!原因と対策は?

ついうっかり電気を使いすぎると落ちてしまうブレーカー。夜の暗...

余ったシチューやカレーの保存方法とリメイク料理!

小さな子供からお年寄りまで、幅広い年代層の人に人気のあるメニ...

男だって自分で作る楽しい料理!

最近は男性でも料理を作る方が増えてますよね。ある調査によると...

トイレ掃除はどこからすると効果的なのか?!

みなさんはトイレ掃除、どこから掃除していますか?実はトイレに...

観葉植物でおしゃれ部屋を作る! 初心者向けの種類と方法!

つい人を呼びたくなるような、自慢したいほどおしゃれな部屋って...

色々な作業に音楽を聴いて集中する方法!

作業ってなかなか長くできるものではないですよね。数十分・数時...

猫と死別。悲しくても最後の挨拶をしましょう。

かつてはペットといえば犬が代表格でしたが、最近では飼われてい...

腹痛、しかも激痛・吐き気もある。どんなことが考えられる?

「おなかが痛い」という経験は誰しもあるはずです。食当たりかも...

癒しを与えてくれるメダカ。その産卵時期はいつ?

かつては小川によく見かけられたメダカですが、今ではその姿を見...

点滴でできたむくみを簡単に解消する方法!

点滴を受けた後に、むくみができて、体が重くなったりしたことは...

郵便局に転居届を!一人暮しの第一歩

家を出て一人暮しを始めるのは不安と期待が入り混じっているので...

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

スポンサーリンク


母子家庭の増加

厚生労働省の全国母子世帯等調査では、母子世帯が二〇一一年に推計約百二十三万七千七百世帯と一九八三年に比べ約一・七倍に増えました。父子世帯数は二十二万三千三百世帯で、八三年に比べ33%増加しました。世帯の定義が違うものの、国勢調査でも同様の傾向です。

ひとり親になった理由では、母子、父子世帯ともに離婚によるものが増加しています。一一年は母子世帯では80・8%、父子世帯では74・3%を占めていました。

一方、最近の離婚件数、離婚率(人口あたり)は〇二年をピークに、一〇年まで低下傾向にあります。しかし、有配偶者の離婚の状況(有配偶離婚率)を年齢別に見ると、男女ともに二十九歳以下の離婚率が一九八〇年以降、急速に上昇しています。

引用元-−-東京新聞Tokyo web

貧困化する母子家庭

男女それぞれに年齢層別に貧困率を推計してみると,ほとんどの年齢層で,男性よりも女性の貧困率が高く,その差は高齢期になると更に拡大する傾向にある(第23図)。世帯類型別では,高齢者や勤労世代の単身世帯で貧困率が高く,中でも女性の方が厳しい状況にある。また母子世帯で貧困率が高く,その影響が母子世帯の子どもにも見られる

引用元-−-内閣府

母子家庭の子供の特徴

どういった理由で母子家庭に至ったのか(離婚・未婚・死別)など様々です。その背景によって子供の心のキズや悩みなども多少違ってはくるものですが、少なからずショックを受けていたり悲しい思いをしているものです。

子供は親が思っている以上に敏感で繊細なので、母子家庭であるという事で、いろんな事を我慢したり、母親に心配をかけまいと頑張ってしまいます。

父親がいない分、母親に異常に甘えベッタリになる子もいますし、悲しい・寂しいという思いを怒りの感情で爆発させ、周囲に攻撃的になる子もいます。

周囲から、母子家庭である事を同情されるのが嫌だと感じている子も少なくありません。

どのような子供に育ちやすいか

人間関係は壊れやすいもの、みんな自分から離れていくなどの思いを持って育ってしまう事もあります。人間関係に不安が強くなってしまうという事です。

父親がいないというコンプレックスを抱える事もあります。

しかしネガティブな事ばかりでなく我慢強い思いやりのある子に育つ事もあります。悲しい・寂しい思いをしている分、人に優しくなれたり助けようとする気持ちが強くなります。

引用元-−-mamari

子供の性格は家庭環境に左右される

家庭での「しつけ」というは、家庭でそれぞれあり、
こうなってほしいという理想像があると思います。

それに近づけるために、良いことは褒めて習慣化するように仕向け、
悪いことは叱って習慣化しないようにします。

そうすることで、親の望む子供へと近づけていくことができます。

こんな親のしつけが子供の性格を変える!!

子供は親の言う事に従うべきだと考え、しつけを厳しく行う親の場合
消極的で、温和な子供が育ちやすいです。しかし、社会にちゃんと適応します。

子供にかまい過ぎで神経質な親の場合
いつまでも自分の事が出来ず、大人に頼り、臆病になりやすいです。

保護的な親の場合
親切で思慮深くなるといわれますが、社会性が弱い傾向があります。

子供を甘やかす親の場合
子供がわがままになり、神経質になりやすいです。

意思が弱く何も言えない親の場合
子供が神経質で、乱暴な性格になりやすいです。

子供に興味を持っていない親の場合
感受性に欠け、冷酷で乱暴で、情緒不安定になりやすいです。

冷酷な態度をとる親の場合
子供は、神経質になりやすく、また孤立的になりやすいです。

民主的な態度の親の場合
子供が自分で考え自発性、自主性が大きく好ましい性格になりやすいです。

このように、家庭環境では親の態度が子供に与える影響というものは、
非常に大きく、育児態度が神経質になりすぎてもいけないですし、
疎かになっても精神的に情緒不安定な子供ができやすいので注意が必要です。

引用元-−-イクブロ

理想的な性格にするには

平等な態度の母親
自分の考えを一方的に押し付けるのではなく、子供の意見にも耳を傾け、
子どもの感情や考えを理解しながら生活をつくっていこうとする母親もいます。
こういう態度で育てられた子どもは、理想的な子どもに育ちます。

引用元-−-家庭環境と子供と、時々オカン

まとめ

なんらかの理由で母子家庭になってしまった時、子供を育てていくのは大変なことだと思います。
変わらない態度で子供を愛し接してあげたらきっと素晴らしい大人になってくれるのではないでしょうか。

引用元-−-

twitterの反応


https://twitter.com/KyounoRingo/status/439047117328220161

 - 子育て 子供 教育

ページ
上部へ