鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

50代から始める輝く女性の恋愛

      2017/09/12

50代から始める輝く女性の恋愛

最近は美魔女なんていう言葉も生まれて、輝きが増しているのが50代女性。まだまだ女ざかりを楽しむためには恋愛だって大事な要素。仕事一筋で生きてきたあなたもちょっと肩の力を抜いて恋愛、楽しんでみませんか!輝く女性の恋愛についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

猫と死別。悲しくても最後の挨拶をしましょう。

かつてはペットといえば犬が代表格でしたが、最近では飼われてい...

腹痛、しかも激痛・吐き気もある。どんなことが考えられる?

「おなかが痛い」という経験は誰しもあるはずです。食当たりかも...

癒しを与えてくれるメダカ。その産卵時期はいつ?

かつては小川によく見かけられたメダカですが、今ではその姿を見...

点滴でできたむくみを簡単に解消する方法!

点滴を受けた後に、むくみができて、体が重くなったりしたことは...

郵便局に転居届を!一人暮しの第一歩

家を出て一人暮しを始めるのは不安と期待が入り混じっているので...

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

生理予定日を過ぎて妊娠検査薬は使える?陰性と陽性の判断は

妊娠を希望していると妊娠しているかどうか早く妊娠検査薬を使い...

母子家庭で子供がアルバイトする場合の注意点は何?

父子家庭よりも母子家庭の方が多い理由は、離婚により母親が親権...

病院で「大切な証明書」である診断書がもらえない

誰だって好きで風邪をこじらせたり、精神面を患ったりしているワ...

男性用スカートは民族衣装だけ?おしゃれなの履き方と体験談

男性がスカートを履くとおかしい?伝統衣装のキルトスカートは男...

人が死ぬ前に感じる予感や予兆の3パターン

知ってる人が死ぬかもしれないといった予感や死ぬ直前の予兆を知...

親の介護が必要になったら姉妹の場合どうしたらいい?

自分も年をとりますが、当然親も年をとります。いずれは親の介護...

落ち込んだ時に聴くだけで実現?恋が叶う音楽?!

「○○の曲を聴いたら両思いになれる!」とか「○○の曲を着信音...

住所の丁目の漢字の部分「郵便」と「公的文書」は違う

「町丁名」って聞いたことありますか?住所の丁目の部分が漢数字...

「住所の構造には意味がある」住所の丁目と番地と号

住所を書く時に省略していることってありませんか?例えば○丁目...

基本は『家族で移動』本籍地の転籍と住所の地番と番地

本籍地は転籍自由で国内どこに置いても問題がありません。ただし...

「遠方のサイトのない店で買い物」現金の郵送を着払いで?

買い物を通販でする時、店が送料を負担してくれる場合があります...

犬用ステロイド注射の副作用&注意点と病気に対する効果

犬の病気治療などに使われるステロイド注射。どんな効果があって...

灼熱の金魚注意報?!水槽の水温を下げるにはどうしたらいい?

暑い夏、涼しげな水の中で気持ちよく泳いでいるかと思えばわが家...

スポンサーリンク


50代女性はまだまだ恋愛現役世代

50代だったら会社員だとしたらまだ定年退職まではあります。働いている男女は若い。しかし、自分はもう歳だからといつも思っている人はそれに限りません。会社で50代の男女がいたら恋愛に発展することもあります。
 
既婚者同士だとしても、片方が独身だとしても恋愛をするのです!好きになってしまったらしょうがないじゃない? そこで終わりにするかどうかの問題なんです。
 
独身同志だったらめでたしめでたしなんですがね。既婚者も恋愛の対象になってしまう事はあるんですよ。お互いが意識するから女性は女性ホルモンがうなぎのぼり。男性だって今までよりも身綺麗にするようになります。
 
そうすると言う事は気持ちも何もかも現役。50代の恋愛は危険なにおい50代の恋愛は危険?
 
それくらいの年齢だと色々な経験をしてきていますね。もし、自分に付き合っている人がいたとして目の前にまた自分の好みの人が出てきたり・・・奥さんがいるけど、素敵な人が現れて相手も自分に好意があるのがわかってしまったら?若いことと違ってこれは最後の恋愛になるかもしれないと。
 
浮気をしてしまう!
 
世の中にどんなに目の前に素敵な異性が現れたって自分には結婚している人又は交際している人がいたら絶対に目もくれない人もいます。本当はそんな人と結婚すると幸せになります。初めての浮気が本気にならないようにしないとね!
 
と、言うよりも浮気はだめなんですよね。50代はまだまだ恋愛はしたいし、そんな男女は何もかも現役なのです。
 

引用元-50代はまだまだ恋愛したいのは現役の女と男だから!

50歳以上の女性の恋愛観

週刊朝日が50歳以上の男女1000人を対象に「恋愛実態」に関するウェブアンケートを実施したところ、多くの女性が“ときめき=肉体関係”ととらえていないことがわかった。「高齢者の性」は巷で騒がれるよりプラトニックさが求められているようだ。

回答したのは全国の男女1000人(内訳は各500人ずつ)で、年代別では50代が67.1%を占め、それ以外は60代以上だった。既婚者は8割に上っている。

「今、恋をしているか」という設問に対して、女性の11%が「はい」と答えている。このうち既婚者だけをみると、「夫以外に(も)恋をしている」のは51%。夫を含めた恋愛対象者とのセックスの有無は42.6%が「していない」と答えた。

一方、「恋をしている相手とセックスしたいと思うか」については、女性の46.8%、男性の9.6%が「したいと思わない」と回答し、性別で考え方が大きく違っていた。

また、50歳からの恋愛にもっとも大切なものを7項目から選んでももらったところ「セックスの相性」を挙げた人は女性1.4%、男性9.6%。なお、この質問でいちばん多かった選択肢は男女ともに「思いやり」だった。

引用元-50歳以上男女に「恋愛」調査 「セックスしたいと思うか」の答えは? 〈週刊朝日〉|dot.ドット 朝日新聞出版

50代でもモテる女性とは

品と艶があって落ち着いている

年をとればそれ相応の魅力が自然に出てくるはずですよね。女優の黒木瞳さんなどがその良い例でしょう。彼女は若い人には決して出せない、落ち着いた品のある魅力を持ち、エロスさえ感じさせる艶感も出ています。

見た目の若さを追うのはもちろん悪いことではありませんが、それが過度だと男性は引いてしまうものですし、過度に若作りした50代を選ぶより、もっと年下の女性を選べるわけですから、抵抗むなしく競争には負けてしまうわけです。

疲れた雰囲気がない

女性も50代にまでなれば、それまで家庭や会社でため込んだストレスがモロに顔に出ることとなり、全体的に疲れたような暗いオーラが出てしまうものです。

これが出てしまうともうアウトで、寄ってくる男性は皆無になってしまうでしょう。ですので日々の生活を充実させ、暗い雰囲気を出さないことが重要になってきます。若さはその場しのぎのメイクやエステでは手に入らないわけです。

適度に自分に自信がある

モテない50代の典型ともいえるのが、自分自身の見た目やキャリアに過度の自信を持ち、若い人にも負けないと思い込んでいるタイプの人です。このタイプは周りから必ず痛い目で見られていますし、絶対にモテるようなことはありません。

でも逆に、自分に自信がなさ過ぎて、ただのおばさんだからと何もかも諦めてしまうようでは話になりません。若い人にはかなわないけど、自分はまだまだやれると適度な自信を持つことも大切になってくるわけです。

引用元-50代でモテる女性の条件はこれだけ!中高年の恋愛事情を徹底解説!

更年期の恋愛は女性ホルモンを刺激する特効薬

まさに更年期待った只中の、辛い時期。それが50代です。

更年期障害の症状に加え、体の老化もはじまりますから、心身ともに疲れてしまっていることでしょう。そんな50代の更年期女性にお勧めしたいのが、「趣味」を通じて男性と触れ合うことです。

50代になってくると、男性にも同じような体の不調や更年期が訪れます。そうした、同じ悩みを共有できるコミュニティーに参加するなど、自身の今の心境を知らない相手に吐露するだけでも心が軽くなるもの。

趣味がなくて・・・そうした方は、これから見つけてみてはいかでしょう?

外にでるのも辛い、というのであれば自宅でもパソコンを通じてコミュニケーションをとることも可能です。その中で知り合った男性で気になる人がいれば、一度ご飯を一緒にするだけでも充分な気分転換になり、女性ホルモンも活発化します。

「まだ体は動かせるけれど、どこで男性と出会えるのか分からない」そんな方に是非おすすめしたのが「社交ダンス」です。

激しい運動ではないので、50代でも充分に楽しむことができるでしょう。その上、男性と肌と肌を合わせて踊る社交ダンスは、前述の「オキシトシン」分泌にも嬉しい効果が。

プロの社交ダンサーでも、パートナーと結ばれる率は非常に高く、その中から愛の芽が芽生えるかもしれませんよ。

引用元-40代・50代でも恋愛したい!更年期の恋愛で女性ホルモンが増える?

50代女性の恋愛にセックスは必要?

お互いをパートナーとして結びつける手段となるものですし、それがなくなってしまえば自然と交際も解消という話につながりかねません。

もちろんそうしたセックスの重要さは、歳をとった50代の男女にとっても変わらないもので、お互いが求めあうのであればそうすることが一番でしょう。そこにためらいや恥じらいなど一切必要ありません。

しかしながら一方、もしくは両方がセックスを必要としないという精神状態ならどうでしょうか。

無理に性交渉を行う必要はない?

女性は50代に入ってくると、女性ホルモンの一部の分泌が少なくなっていき、閉経に向けた準備をしていくことになります。これは性欲の減退といった形で精神的にも現れ、やがては身体的に性交渉を行うことができなくなるわけです。

このような状況下で無理な性交渉を行ってしまうと、デリケートゾーンに重大な損傷を作ってしまう可能性がありますし、そのような行為はやめておいたほうが賢明です。

ですから自分の体を守るためにも、男性からの要求があっても無理はしないことが重要なのです。

50代女性が安全に性交渉を行う方法

しかしながら、たとえ体が閉経に向かっていても相手と性交渉を持ちたいと思うこともあるでしょう。そうした時にはローションなどを使って潤いを補い、デリケートゾーンを保護することが大切になります。

これさえ忘れなければ、危険なことはほとんどないといえるでしょう。

引用元-50代女性の恋愛にセックスは必要?恋と性の関係を徹底解説!

まとめ

いくつになっても恋愛って素敵なものです。見た目だけでなく内側からも輝く素敵な女性になるために、もう一度恋愛現役宣言してみませんか。

twitterの反応


https://twitter.com/lakulkupo503/status/702816789797871616


https://twitter.com/knugw/status/695609044602474496


https://twitter.com/darakkuma_sleep/status/684039734826385408

 - 恋愛

ページ
上部へ