鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

三大栄養素 糖質・脂質・タンパク質とカロリーの関係

      2017/09/28

三大栄養素 糖質・脂質・タンパク質とカロリーの関係

人間が生きていくために必要とされる栄養素。中でも糖質・脂質・タンパク質は三大栄養素と呼ばれ体を動かす力として活躍してくれます。ダイエットや体質改善時に気になる各々のこととカロリーについて調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

生理予定日を過ぎて妊娠検査薬は使える?陰性と陽性の判断は

妊娠を希望していると妊娠しているかどうか早く妊娠検査薬を使い...

母子家庭で子供がアルバイトする場合の注意点は何?

父子家庭よりも母子家庭の方が多い理由は、離婚により母親が親権...

病院で「大切な証明書」である診断書がもらえない

誰だって好きで風邪をこじらせたり、精神面を患ったりしているワ...

男性用スカートは民族衣装だけ?おしゃれなの履き方と体験談

男性がスカートを履くとおかしい?伝統衣装のキルトスカートは男...

人が死ぬ前に感じる予感や予兆の3パターン

知ってる人が死ぬかもしれないといった予感や死ぬ直前の予兆を知...

親の介護が必要になったら姉妹の場合どうしたらいい?

自分も年をとりますが、当然親も年をとります。いずれは親の介護...

落ち込んだ時に聴くだけで実現?恋が叶う音楽?!

「○○の曲を聴いたら両思いになれる!」とか「○○の曲を着信音...

住所の丁目の漢字の部分「郵便」と「公的文書」は違う

「町丁名」って聞いたことありますか?住所の丁目の部分が漢数字...

「住所の構造には意味がある」住所の丁目と番地と号

住所を書く時に省略していることってありませんか?例えば○丁目...

基本は『家族で移動』本籍地の転籍と住所の地番と番地

本籍地は転籍自由で国内どこに置いても問題がありません。ただし...

「遠方のサイトのない店で買い物」現金の郵送を着払いで?

買い物を通販でする時、店が送料を負担してくれる場合があります...

犬用ステロイド注射の副作用&注意点と病気に対する効果

犬の病気治療などに使われるステロイド注射。どんな効果があって...

灼熱の金魚注意報?!水槽の水温を下げるにはどうしたらいい?

暑い夏、涼しげな水の中で気持ちよく泳いでいるかと思えばわが家...

極寒の金魚注意報?!水槽の水温はヒーターで調節した方が?

金魚は冬になると冬眠をするので、それに備えるため秋はエサをし...

『迷う転籍』本籍と住所が違うと手間取る手続き〜

就職すると同時に県外に転出した人の場合、本籍地を就職先の県に...

仮病・アリバイ工作厳禁!一週間入院する病気には何がある?

病気で入院や手術をしなければならないことは、誰にでも起こり得...

がま口、長財布を買い替えよう!人気のブランドは?!

がま口や長財布、二つ折り財布といろいろあるけれど、新年に今ま...

NHK契約を拒否したい!持家に来る勧誘員撃退法

持家にやってくるNHKのしつこい勧誘で、そろそろ契約しなけれ...

スポンサーリンク


カロリーって?糖質・脂質・タンパク質のカロリーは?

弁当のカロリー表示、おやつのカロリー表示、減量中はなにかと「カロリー」が気になるものです。ところで、普段何気なく使っている「カロリー」という言葉、皆さんはその意味をご存知でしょうか。

● カロリーは食物が持つエネルギーの単位
カロリーとは、食物が持つエネルギーを現す単位のことを指します。食物が持つエネルギーは、密閉容器の中で燃やした時に、発生した熱量によって水の温度が何度上昇するかで示されます。ちなみに1カロリーとは1gの水の温度を、1度上昇させるために必要なエネルギーで、栄養学では通常この1,000倍のキロカロリー(kcal)を基本単位としています。

引用元-体脂肪ナビ.com | ところで、カロリーっていったい何?

摂取カロリーとは食べ物によって、体内に入ってくるエネルギーです。食べ物の中でカロリーを持つのは、「炭水化物」、「たんぱく質」、「脂肪」の3つだけです。
それぞれのカロリーは
「炭水化物」のカロリー: 1グラムあたり4Kcal
「たんぱく質」のカロリー:1グラムあたり4Kcal
「脂肪」のカロリー:   1グラムあたり9Kcal

つまり炭水化物を1グラム食べるのと脂肪を1グラム食べるのとでは体内に蓄積されるエネルギーが違うということです。

引用元-摂取カロリーとは?

摂取すべきカロリー

一般的な成人の摂取カロリーの目安は、だいたい1800kcal〜2200kcal前後です。
しかしこれは目安であって、男女によっても違いますし、年代によっても違います。

年齢を重ねるほど、体内の代謝は悪くなるので、基礎代謝量は減ってしまいます。ということは、摂取するカロリーも少なくていいわけです。また女性より男性の方がカラダも臓器も大きいため、基礎代謝量は高くなります。
これに加えてよくカラダを動かす量によって異なる消費カロリーを足したものが、その人の1日の摂取カロリーの目安になります。

以下、男女、年代、労働(生活環境)の違いによる摂取カロリー目安です。

■ 男女別、年代別、労働別の摂取カロリーの目安
軽い:  デスクワーク、家にいる主婦など
中程度: 立ち仕事や営業
やや重い:1日1時間程度運動する人、農業、漁業などのをしている人
重い:  1日1〜2時間激しい運動をする人。建設業・宅配業など

女性
   軽い   中程度  やや重い 重い
20代 1800kcal 2000kcal 2400kcal 2800kcal
30代 1750kcal 2000kcal 2350kcal 2750kcal
40代 1700kcal 1950kcal 2300kcal 2700kcal

男性
   軽い   中程度  やや重い 重い
20代 2250kcal 2550kcal 3050kcal 3550kcal
30代 2200kcal 2500kcal 3000kcal 3500kcal
40代 2150kcal 2400kcal 2900kcal 3400kcal

引用元-成人の1日の必要摂取カロリーは!?

糖質・脂質・タンパク質の役割

糖質の役割

主な働きは以下のようなものです。

・脳・神経系に対する、速効性の高いエネルギー源になる
・筋肉の運動や体温を維持する
・体内に貯蔵される(グリコーゲンに形を変える)
・体内を循環してエネルギーを供給する

また、熱や力の元になっている糖質は、グリコーゲン・グルコースなどの一部が体構成素としても役立っています。また、ペクチンなどの難消化性多糖類(食物繊維)が便秘の予防に、そして血中コレストロールの低下作用などが認められています。

引用元-糖質の役割:栄養管理をマスター!

脂質(脂肪)

脂質はエネルギー源として使われる他に、細胞膜・血液・ホルモンなどの原料となり、ビタミンA・D・Eなどの脂溶性ビタミンの吸収を助ける役割があり、肌や頭皮の健康にかかわっています。
しかし、脂質は摂り過ぎの傾向にあります、即効性のエネルギーである糖質と違い、脂質はある程度蓄えのきくエネルギー源ですので、摂りすぎた分は主に脂肪になります。
脂肪=肥るというイメージの方が多いと思いますが、必須アミノ酸と並ぶ発育成長および健康維持に欠かせない体組織構成物質として、5大栄養素のひとつに数えられています。
脂肪の中には、体内で合成されない「必須脂肪酸」というものがあり、リノール酸は最も重要な必須脂肪酸で、特に幼児の成長・発育に重要な働きをします。
また脂肪酸は、血圧や血液凝固、炎症や他の体の機能のコントロールを助けます。

引用元-栄養 | 脂質(脂肪) その成分と働き特徴

タンパク質とは?

タンパク質は筋肉や臓器などをつくっている構成成分になります。人間にとって、なくてはならない栄養素です。
肉・魚介類・豆類・卵などに多く含まれています。
タンパク質の多くはアミノ酸から成っており、炭素・水素・酸素・窒素で構成されています。

また、タンパク質の役割には以下のようなものがあります。
・筋肉や内臓をつくる
・ホルモン・酵素などの材料になる
・病気に対する抵抗力をつける

引用元-タンパク質とは?:栄養管理をマスター!

糖質・脂質・タンパク質、理想の摂取割合

糖質

体を動かすために必要な糖質は、3大栄養素の中で最もたくさん摂る必要があります。
食事の中で糖質が占める割合の目安は大体50〜55%くらい。

ごく普通の生活をしている人なら50%あるいはそれを少し下回るくらいに、運動による消費カロリーが多い人の場合は55%くらいにすると良いでしょう。

低インシュリンダイエットのような方法に取り組んでいる人の場合は標準より少なくする必要がありますが、減らし過ぎると体が疲れやすくなったり筋肉が落ちたりするので、過度な制限は禁物です。

タンパク質

筋肉や内臓の材料となるタンパク質は、糖質の次に量が必要な栄養素です。

現在の体を維持する事が目的なら、食事の中に占める割合は約20%程度。
激しい筋力トレーニングなどを行っている人の場合は30%程度
が目安になるでしょう。

※なお、筋トレを行っている人のパーセンテージが普通の人の2倍とならないのは、アスリート場合、食事の全体量が普通の人よりも多くなるからです。

脂質

脂質はどちらかというと敬遠されがちな栄養素ですが、一定量は必ず摂るべきです。

体を維持すればよいという場合は25%程度、ダイエットを行っていたり体脂肪の少ない体スポーツ選手のような体を目指している人は20%以下が目安になると思います。

引用元-糖質・タンパク質・脂質の理想割合 | 肉体改造研究所(筋トレ&ダイエット)

ダイエットするならば…カロリー制限vs糖質制限

【糖質制限が向いている人】
・積極的に運動をしたいわけではない
・仕事が忙しく、日常的に運動をする時間が取れない
・食べる量を減らすのは苦痛。満足するまで食べたい
・炭水化物がダメなら肉や野菜を楽しもう!と頭を切りかえられる
・タンパク質の摂取量を考慮した食生活ができる

【カロリー制限が向いている人】
・運動が大好き
・運動をする時間があり、習慣にしている
・食事量が少なくても気にならない
・仮に依存症だとしても炭水化物は絶対に減らしたくない

引用元-「糖質制限VSカロリー制限」あなたに向いているのはどっち?(2/3) – mimot.(ミモット)

カロリー制限は、食べ慣れた炭水化物を主食にしたままでいいメリットがありますが、食事毎に血糖値が大幅に上がり、インスリンが大量に追加分泌されます。脂肪が増えやすく、運動しても減りにくい状態なので、かなり食べる量を減らし、それなりの強度の運動を習慣にできなければ、効果がありません。

もともと小食で、たくさん食べたり、間食したりしなくても気にならず、なおかつ体を動かすのが大好きで、時間もある人であれば、カロリー制限も苦にならないでしょうね。

一方で糖質制限は、インスリンの分泌量が少なくなるので、基本的に運動の必要がありません。運動があまり好きではない人や、運動する時間が取れない人に向いています。

引用元-「糖質制限VSカロリー制限」あなたに向いているのはどっち?(2/3) – mimot.(ミモット)

まとめ

生活習慣病という言葉が定着した現代、自身の体について注目しだす年齢は若年層へと広まっています。見た目だけをよくするためにダイエットに励む方も多いかもしれませんが、摂取する栄養素の特徴や役割をよく理解し、無理のない健全な手段を選択することが重要ですね。

twitterの反応


https://twitter.com/2_bien/status/622202284567465984

 - 健康・病気

ページ
上部へ