鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

家庭環境で子供の性格は変わる?!

      2017/09/12

家庭環境で子供の性格は変わる?!

誰しも自分の子供を適当に育てようなんて思ってはいないはずです。現代では子育てに関する情報は溢れていますが、故にどれを信じて子育てをしたらよいのか不安になる方もいるかと思います。一生懸命に育てようとしている親ほど、子育ての知識を必要とし、家庭環境によって子供の性格に大きく影響を与えないように敏感になっているのではないでしょうか?良くも悪くも親との関係、家庭環境は子供の性格に影響を与えないはずはないと思いますが、一体どのような影響を与えるのでしょうか?子供の性格はどう変わるのでしょうか?調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

生理予定日を過ぎて妊娠検査薬は使える?陰性と陽性の判断は

妊娠を希望していると妊娠しているかどうか早く妊娠検査薬を使い...

母子家庭で子供がアルバイトする場合の注意点は何?

父子家庭よりも母子家庭の方が多い理由は、離婚により母親が親権...

病院で「大切な証明書」である診断書がもらえない

誰だって好きで風邪をこじらせたり、精神面を患ったりしているワ...

男性用スカートは民族衣装だけ?おしゃれなの履き方と体験談

男性がスカートを履くとおかしい?伝統衣装のキルトスカートは男...

人が死ぬ前に感じる予感や予兆の3パターン

知ってる人が死ぬかもしれないといった予感や死ぬ直前の予兆を知...

親の介護が必要になったら姉妹の場合どうしたらいい?

自分も年をとりますが、当然親も年をとります。いずれは親の介護...

落ち込んだ時に聴くだけで実現?恋が叶う音楽?!

「○○の曲を聴いたら両思いになれる!」とか「○○の曲を着信音...

住所の丁目の漢字の部分「郵便」と「公的文書」は違う

「町丁名」って聞いたことありますか?住所の丁目の部分が漢数字...

「住所の構造には意味がある」住所の丁目と番地と号

住所を書く時に省略していることってありませんか?例えば○丁目...

基本は『家族で移動』本籍地の転籍と住所の地番と番地

本籍地は転籍自由で国内どこに置いても問題がありません。ただし...

「遠方のサイトのない店で買い物」現金の郵送を着払いで?

買い物を通販でする時、店が送料を負担してくれる場合があります...

犬用ステロイド注射の副作用&注意点と病気に対する効果

犬の病気治療などに使われるステロイド注射。どんな効果があって...

灼熱の金魚注意報?!水槽の水温を下げるにはどうしたらいい?

暑い夏、涼しげな水の中で気持ちよく泳いでいるかと思えばわが家...

極寒の金魚注意報?!水槽の水温はヒーターで調節した方が?

金魚は冬になると冬眠をするので、それに備えるため秋はエサをし...

『迷う転籍』本籍と住所が違うと手間取る手続き〜

就職すると同時に県外に転出した人の場合、本籍地を就職先の県に...

仮病・アリバイ工作厳禁!一週間入院する病気には何がある?

病気で入院や手術をしなければならないことは、誰にでも起こり得...

がま口、長財布を買い替えよう!人気のブランドは?!

がま口や長財布、二つ折り財布といろいろあるけれど、新年に今ま...

NHK契約を拒否したい!持家に来る勧誘員撃退法

持家にやってくるNHKのしつこい勧誘で、そろそろ契約しなけれ...

スポンサーリンク


育て方で性格は変わる?(Q&A)

親が子供に対してフレンドリーにそだてるのと、親は子供より偉くて、親の言うことを聞きなさいと育てられた子供は性格がどう違ってきますか?
またその子供達が社会にでて社会人として会社で仕事をする上でどういうメリットデメリットが出てきますか?

引用元-親の育て方で子供の性格が変わることについて。 – 心理学 [締切済 – 2015/07/11] | 教えて!goo

私の経験では、フレンドリーというよりも、躾がきちんとされているかが大切だと思います。
最近の子供たちの親の中には、躾の意味がよく理解できない人もいます。
例えば、過保護は駄目な弱い人間を作ってしまいますが、過保護を愛情と誤解している親が少なくないように感じます。

引用元-親の育て方で子供の性格が変わることについて。 – 心理学 [締切済 – 2015/07/11] | 教えて!goo

実は、あまり難しく考える必要はありません。
子供だから、といって無闇にかわいがりすぎたり、逆に、あれこれいじって矯正しようとしたり、偏ってしまうのが一番良くない。
場面に応じて臨機応変に対応するのが理に適った育て方。
子供扱いせずに、大人として扱うということです。
悪いことをしたらガッツリ叱る。
フレンドリーにしたい場面では友人のように接する。
責任を持つべき事柄には責任を持たせる。
無理そうなことは逆に庇護してあげる。
要するに『メリハリをつけた育て方』が最も好ましい。
これに尽きます。
はっきり言って、子育てというのは、親自身の自分育てでもあるのです。
この認識が極めて大事。
束縛しすぎるのも、かわいがりすぎるのも、仕方ありませんが、どちらか一方だけしか経験しない(できない)子供は、
当然、性格に偏りが生じるでしょう。
親自身がバランスよい生活を目指すことで、子供も自然と、そのバンラス良さの影響を受けて育ちます。

引用元-親の育て方で子供の性格が変わることについて。 – 心理学 [締切済 – 2015/07/11] | 教えて!goo

環境と遺伝によって子供の性格は変わる?

環境と遺伝、それぞれ子どもの性格にどう影響する?!
遺伝や環境が子どもの性格にどのような影響を与えるのか。これについては多くの心理学者が研究をしてきました。
それらの研究結果によると、子どもの性格において核となる「気質」は遺伝によるところが多いとされています。
気質とは、他者や外界に対する基本的な行動パターンのことを指し、具体的には、
・活動性
・環境への順応性
・反応の強さ
・気分の質
などが掛け合わされています。親の気質が遺伝によって子どもに伝わるのです。
これは、ドイツ人心理学者であるアイゼンクによる、一卵性双生児と二卵性双生児を比較した研究でも明らかになりました。

環境が性格に与える影響
環境は子供の性格にどのような影響を与えるのかというと、性格の核となる「気質」を覆うようにして、環境による影響が肉付けされていきます。
生まれながらにしての気質は遺伝の影響が強く出ますが、産まれてからの環境や親との関係性などによって性格は徐々に形成されていくのです。
つまり、子供の性格は遺伝と環境(育て方)のどちらの影響も受けるということです。

引用元-子供の性格に悪影響でしかない親の行動7つ【環境・遺伝と心の関係】 – マーミー

タイプ別、親の態度と子供の性格

支配型
親が子どもを支配するような態度をとることが多いと、子どもは親の顔色をうかがうようになり、従順で服従的な態度を見せるようになりますが、一方で、自発的に自分で動くことができなくなり、消極的な性格になりやすくなります。

服従型
子どもの顔色をうかがいながら育児するような親の場合、子どもの言いなりになってしまいます。
ほしいものを言われるままに買い与えたり、遊ばせたいだけ遊ばせたりします。
このような親に育てられた子どもは、人に従わない、無責任、乱暴をふるう、不注意などの性格を見せることがあります。

保護型
必要以上に、子どもを守ろうという態度で接するのが、保護型の親の特徴です。
保護型の親に育てられた場合、子どもは危険に対して思慮深くなり、一方で親の保護から離れた場所に好奇心を見せることがあります。
また、常に守られているという安心感があるため、感情が安定しており、人に対して親切にすることができます。

拒否型
親が子どもを拒否するような冷淡な態度を取り続けていると、子どもは親から拒否されることで、不安や劣等感にさいなまれやすく、
神経質になりやすくなります。また、親の気をひこうとするあまり、落ち着きがなくなることがあります。
中には反社会的な行動を起こして、親の注意を自分に引きつけておこうとしたり、親の真似をして冷淡なふるまいを見せたりする子どももいます。

このような4つのタイプですが、支配型なら服従型に態度を寄せていくことで、保護型なら拒否型に態度を寄せていくことで、支配と服従、保護と拒否のバランスがとれ、理想の親子関係が築けるとされています。

引用元-子どもの性格は、親の態度で決まるって本当? 「サイモンズ式分類」|「マイナビウーマン」

家庭環境が子供に与える影響

家庭での「しつけ」というは、家庭でそれぞれあり、こうなってほしいという理想像があると思います。
それに近づけるために、良いことは褒めて習慣化するように仕向け、悪いことは叱って習慣化しないようにします。
そうすることで、親の望む子供へと近づけていくことができます。

こんな親のしつけが子供の性格を変える!!

子供は親の言う事に従うべきだと考え、しつけを厳しく行う親の場合
消極的で、温和な子供が育ちやすいです。しかし、社会にちゃんと適応します。

子供にかまい過ぎで神経質な親の場合
いつまでも自分の事が出来ず、大人に頼り、臆病になりやすいです。

保護的な親の場合
親切で思慮深くなるといわれますが、社会性が弱い傾向があります。

子供を甘やかす親の場合
子供がわがままになり、神経質になりやすいです。

意思が弱く何も言えない親の場合
子供が神経質で、乱暴な性格になりやすいです。

子供に興味を持っていない親の場合
感受性に欠け、冷酷で乱暴で、情緒不安定になりやすいです。

冷酷な態度をとる親の場合
子供は、神経質になりやすく、また孤立的になりやすいです。

民主的な態度の親の場合
子供が自分で考え自発性、自主性が大きく好ましい性格になりやすいです。

このように、家庭環境では親の態度が子供に与える影響というものは、非常に大きく、育児態度が神経質になりすぎてもいけないですし、疎かになっても精神的に情緒不安定な子供ができやすいので注意が必要です。

引用元-家庭環境で子供の性格が変わる?!-親が与える8つの影響-

傷ついた親の心が、子育てに影響

・メソメソする子供をみたときイライラする人もいるでしょう
・問題を自分で解決しようとしない子供をみるとイライラする人もいるでしょう
・食事を一生懸命に食べない子供にイライラする人もいるでしょう
・ちょっとした兄弟げんかでもイライラする人もいるでしょう
・家の中でゴロゴロしている様子にイライラする人もいるでしょう
これらはほんの一例です。
これらのように自分にイライラを生じさせるものは、実は、子供の頃に、
・自分の親からイライラとした感情をぶつけられていた状況
・親からイライラの感情をぶつけられるのを防ぐために注意深く我慢していたこと
と同じなのです。

親が子供に感情的になるとき、親の心の中では、目の前の状況に、親が自分にイライラした感情をぶつけてきた時と同じ雰囲気を感じ、親が自分に対してぶつけてくるイライラした感情を最体験し、自分の親をイライラさせるようなことをする自分の子供にイライラしてしまうのです。
優しい言葉を使うと「そんなことをしていると、また、私の親にイライラした感情をぶつけられるよ」と言っている感じですが、その気持が強すぎるため、「そんなことをするな!」と怒鳴ってしまうのです。

この状況を客観的に眺めれば、自分の子供を、自分の親から守ろうとしていると表現することができます。
やがて、その子供も、自分の親から自分を守る術を身につけていきます。
そして、自分の子供に、同じようなことをしてしまいます。
このようにして、イライラする状況は、親から子供、そして、更にその子供へと伝わっていきます。

引用元-傷ついた親の心が、どのように子育てに影響するのか – 子育てと解釈

まとめ

子育ては自分自身の子供時代と向き合う事なのかも知れませんね。

twitterの反応


https://twitter.com/myp0n_428/status/801613596824195073

 - 生活 暮らし 食

ページ
上部へ