鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

唇が荒れて血が止まらない・・早く止める方法が知りたい!

      2019/10/02

唇が荒れて血が止まらない・・早く止める方法が知りたい!

唇の荒れがどうしても治らず、唇から出血してしまうことはありませんか?いつまでも血が止まらない、痛みがあったりすると、辛いですよね。今回は、荒れた唇の治し方、出血した時の止め方を調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

重曹を置くだけでなぜ消臭できるの?計り知れない重曹パワー !

お掃除の定番アイテムの一つになっている重曹。テレビや雑誌、コ...

目がゴロゴロする時の対処方法!

ふとした瞬間に目がゴロゴロすることありませんか?目にゴミが入...

作るのが楽しい料理なら盛り上がりもUP!鉄板料理はコレ!

料理は女性がやるものという認識が薄れてきている昨今ですが、料...

ポリエステル素材の洗濯方法は?ドライクリーニングに出すべき?

ポリエステル素材の洗濯はどのようにされていますか?扱いやすく...

エビ水槽の掃除の仕方 !

エビに限らず、どんな生き物でも水槽で飼育している以上は水槽の...

「シワアイロン 顔用」とは?使い方やおすすめなどについて !

シワアイロンと聞いて一番に思い浮かぶのは衣服に使うアイロンか...

日帰り登山であったら便利なおすすめグッズをご紹介!

登山専門店をのぞいてみると様々なメーカーから登山につかえる便...

ブレーカーが頻繁に落ちるようになった!原因と対策は?

ついうっかり電気を使いすぎると落ちてしまうブレーカー。夜の暗...

余ったシチューやカレーの保存方法とリメイク料理!

小さな子供からお年寄りまで、幅広い年代層の人に人気のあるメニ...

男だって自分で作る楽しい料理!

最近は男性でも料理を作る方が増えてますよね。ある調査によると...

トイレ掃除はどこからすると効果的なのか?!

みなさんはトイレ掃除、どこから掃除していますか?実はトイレに...

観葉植物でおしゃれ部屋を作る! 初心者向けの種類と方法!

つい人を呼びたくなるような、自慢したいほどおしゃれな部屋って...

色々な作業に音楽を聴いて集中する方法!

作業ってなかなか長くできるものではないですよね。数十分・数時...

猫と死別。悲しくても最後の挨拶をしましょう。

かつてはペットといえば犬が代表格でしたが、最近では飼われてい...

腹痛、しかも激痛・吐き気もある。どんなことが考えられる?

「おなかが痛い」という経験は誰しもあるはずです。食当たりかも...

癒しを与えてくれるメダカ。その産卵時期はいつ?

かつては小川によく見かけられたメダカですが、今ではその姿を見...

点滴でできたむくみを簡単に解消する方法!

点滴を受けた後に、むくみができて、体が重くなったりしたことは...

郵便局に転居届を!一人暮しの第一歩

家を出て一人暮しを始めるのは不安と期待が入り混じっているので...

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

スポンサーリンク


荒れやすい唇、原因は何?

乾燥
唇が荒れる主な原因としては乾燥です。
私たちの皮膚には、刺激から皮膚を守ってくれる「角質層」という層がありますが、唇はその角質層がとても薄く、また、皮脂腺や汗腺がないため、「皮脂膜」によって潤いを保つという事が出来ず、常に水分が蒸発してカサカサしやすい状態です。

引用元-唇が荒れる原因は5つ!乾燥以外の意外な落とし穴に注意!

唇の汚れ
唇の不要な汚れも荒れを引き起こす原因の一つとなります。
特に辛い・酸っぱいなど刺激の強い食べ物や香辛料は、唇に付着したままだと刺激が強く荒れを引き起こします。
リップメイクをきちんと落とさずにいると、メイクの油分が紫外線によって変色してくすんだり色素沈着したりの原因となります。

引用元-唇が荒れる原因は5つ!乾燥以外の意外な落とし穴に注意!

胃腸の荒れ
実は胃と唇は深く関係しており、唇は胃腸の状態によって荒れる事もあります。
胃の状態が悪いと唇に影響してくる事があります。
上唇は胃の、下唇は腸の状態を表していると言われていますが、胃が弱っていると体全体の抵抗力が落ち、唇が刺激を受けた時に荒れやすく唇のケアをいくらしても荒れてしまう原因は胃が荒れているせい、という方も多いです。

引用元-唇が荒れる原因は5つ!乾燥以外の意外な落とし穴に注意!

唇の皮むけで出血が止まらない。早く止める方法は?

唇の皮がむけて出血が止まらない場合、すぐに出血を止める必要がありますね。
それには、血が出ているところにハンカチかガーゼを当てて強く押すと、出血が止まります。
皮がむけたところを上から押さえつけるので、全然痛くありませんでした。
それで、私の場合、最悪でも10分もあれば出血が止まりましたよ。
ティッシュで押さえつけていた時もあったんですが、そうするとティッシュが唇にくっついてしまい取れなくなることがありました。
どうしてもハンカチやガーゼがない場合やハンカチを汚したくない場合などは、ティッシュでも仕方がないと思います。
ただ、ティッシュが唇に付いた場合、はがすのが大変でしたし、唇のティッシュが付いたままだとさすがに恥ずかしいですよね。
そういったことがある、ということを頭に入れておいたほうがいいですよ。

ただ、これは一時的な対処法にすぎません。
唇の皮がむけやすく、出血しやすい状態には変わりがないんです。
一時的に出血を止めることを優先的に行う必要はありますが、それと同時に唇の皮がむけにくくすることも大切です。

引用元-唇の皮がむけて出血が止まらない!?すぐに止める方法と予防法は?

唇の皮がむけて出血しやすい唇、荒れを予防する方法は?

◎こまめにリップ・美容液を塗る
当たり前のことですが、意外とできないのです。
このコツなのですが、リップや美容液は複数持って、いつでも手が届くようにすると対策できます。
例えば、化粧ポーチに1つ、洗面所に1つ、デスクに1つ、ポケットに1つ・・・このようにしておくと、気がついたときにいつでも塗れます。
先に申し上げたように、唇は皮脂膜がないので、すぐに乾いてしまいます。飲み物を飲んでも、脂分は取れてしまいますので、何度も何度も塗りなおして欲しいのです。

◎紫外線を避ける
実は、紫外線によるダメージも唇の乾燥・荒れの原因の一つ。
リップクリームや美容液でもUV効果があるものを選び、紫外線対策をすることをおすすめします。

◎ビタミンB2を補う
食品やサプリメントでビタミンB2を積極的に摂ってください。
ビタミンB2は皮膚や粘膜の健康維持を助けるビタミンとして有名ですね。
レバー、うなぎ、納豆、玉子等に多く含まれています。

引用元-2月要注意 唇の乾燥・ひび割れ 対策&やってはいけない事 – 美肌総合研究所

唇の荒れ予防にはワセリンがおすすめ!

一般的に、軽度の唇の荒れにはリップクリームが効果的だと言われています。唇はターンオーバーの周期が短いので、リップクリームで保湿とUV対策をすれば、数日で治ることも多いのです。しかし、人によってはかえって唇への刺激になり、荒れが悪化することもあります。

そんな時、試してみてほしいのがワセリンです。実際、「色々なリップクリームを使ってだめだったけれど、ワセリンなら大丈夫!」という人が結構いらっしゃるのだそうです。特に、病院で処方されるワセリンの「プロペト」は大変粒子が細かく、低刺激で良いと言われています。

ただし「プロペトでなく、ドラッグストアで買えるワセリンで十分」という声もありますので、まずは手軽に入手できる方から試してみても良いでしょう。ワセリンには大きく分けて黄色ワセリンと白色ワセリンがありますが、唇の荒れ用としては、白色ワセリンが推奨されることが多いようです。

ワセリンは塗り広げるのではなく、指先でトントンと軽く叩くようにして、唇にのせましょう。寝る前には、少し多めにつけると良いそうです。また、ワセリンをつけてからラップで唇を覆うのもお勧めです。こうすると唇の荒れでむけた皮を、ふやかして取ることもできます。

引用元-唇の荒れにワセリン | 唇が荒れる原因と対策方法

唇の止まらない出血、病気の可能性も

口唇炎
口唇炎では、唇や口周りに湿疹や皮膚炎などが発生します。口唇炎は、体調不良や刺激物に接触した事などが原因で発生するようで、唇が赤く腫れあがって痛みを伴います。
口唇炎には、接触性口唇炎、アトピー性口唇炎、剥離性口唇炎などさまざまなタイプがあり小中学生に多く見られ舌なめずり皮膚炎なども口唇炎の一種です。子供の場合は、唇に出来たできものが気持ち悪い為、何度も舐めてしまう為悪化してしまう事が多いようです。
口唇炎の場合、ほとんどの場合自然に回復するので特別な治療は行わなくても大丈夫だとは言われていますが、あまりに症状が長引いたり悪化しても放置しておくのは危険です。
症状が悪化する原因に思い当たるものがあれば、使用は控えるようにしましょう。例えば接触性口唇炎の場合はリップクリームや口紅の使用によって発生する事もあるので、完治するまでは控えた方が良いでしょう。使用を中止した後は保湿剤などで唇をケアしてあげる事も大切です。病院で診察してもらう場合には、医師からステロイド剤などを処方してもらいましょう。

引用元-【唇のできもの原因と対処法】危険な病気が潜んでる!?早めの診断で未然に防ごう!|WELQ [ウェルク]

まとめ

唇が出血する病気として、ここでは代表的な口唇炎をご案内しましたが、唇の病気として考えられるものは他にもあるようです。出血が頻発する、痛みやかゆみがひどい、血の止まりが悪いというような症状があるようであれば、一度皮膚科を受診することをおすすめします。

twitterの反応

https://twitter.com/nuko31902/status/798190855110598656


https://twitter.com/doemuken/status/684900416295833600

 - 健康 美容

ページ
上部へ