鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

犬用ステロイド注射の副作用&注意点と病気に対する効果

      2017/09/12

犬用ステロイド注射の副作用&注意点と病気に対する効果

犬の病気治療などに使われるステロイド注射。どんな効果があって、副作用という危険性は無いのか?気になるステロイドの事を分かりやすく解説しています。犬の癌・椎間板ヘルニアに対するステロイドの効果も合わせて紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ブレーカーが頻繁に落ちるようになった!原因と対策は?

ついうっかり電気を使いすぎると落ちてしまうブレーカー。夜の暗...

余ったシチューやカレーの保存方法とリメイク料理!

小さな子供からお年寄りまで、幅広い年代層の人に人気のあるメニ...

男だって自分で作る楽しい料理!

最近は男性でも料理を作る方が増えてますよね。ある調査によると...

トイレ掃除はどこからすると効果的なのか?!

みなさんはトイレ掃除、どこから掃除していますか?実はトイレに...

観葉植物でおしゃれ部屋を作る! 初心者向けの種類と方法!

つい人を呼びたくなるような、自慢したいほどおしゃれな部屋って...

色々な作業に音楽を聴いて集中する方法!

作業ってなかなか長くできるものではないですよね。数十分・数時...

猫と死別。悲しくても最後の挨拶をしましょう。

かつてはペットといえば犬が代表格でしたが、最近では飼われてい...

腹痛、しかも激痛・吐き気もある。どんなことが考えられる?

「おなかが痛い」という経験は誰しもあるはずです。食当たりかも...

癒しを与えてくれるメダカ。その産卵時期はいつ?

かつては小川によく見かけられたメダカですが、今ではその姿を見...

点滴でできたむくみを簡単に解消する方法!

点滴を受けた後に、むくみができて、体が重くなったりしたことは...

郵便局に転居届を!一人暮しの第一歩

家を出て一人暮しを始めるのは不安と期待が入り混じっているので...

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

生理予定日を過ぎて妊娠検査薬は使える?陰性と陽性の判断は

妊娠を希望していると妊娠しているかどうか早く妊娠検査薬を使い...

母子家庭で子供がアルバイトする場合の注意点は何?

父子家庭よりも母子家庭の方が多い理由は、離婚により母親が親権...

病院で「大切な証明書」である診断書がもらえない

誰だって好きで風邪をこじらせたり、精神面を患ったりしているワ...

男性用スカートは民族衣装だけ?おしゃれなの履き方と体験談

男性がスカートを履くとおかしい?伝統衣装のキルトスカートは男...

人が死ぬ前に感じる予感や予兆の3パターン

知ってる人が死ぬかもしれないといった予感や死ぬ直前の予兆を知...

親の介護が必要になったら姉妹の場合どうしたらいい?

自分も年をとりますが、当然親も年をとります。いずれは親の介護...

落ち込んだ時に聴くだけで実現?恋が叶う音楽?!

「○○の曲を聴いたら両思いになれる!」とか「○○の曲を着信音...

スポンサーリンク


犬用ステロイド注射の利点

ステロイドは、あくまでも通称です。獣医さんでもらうステロイドの大半が「副腎皮質ホルモン」というものです。その名のとおり、腎臓のそばにある副腎という臓器でつくられるホルモン(微量で効果をもつ化学物質のこと)。
副腎で作られたステロイドは、体のなかでいろいろな働きをしています。
✔︎体のなかで起きる炎症をおさえる
✔︎体にエネルギーを取るように指令する
✔︎異常な免疫反応をおさえる
健康な犬は、体内の副腎でつくられる天然のステロイドで上手に体をコントロールしているわけですね。

引用元-犬とってステロイドは副作用が心配な薬!?上手に使えば素晴らしい効果が!(健康・医療)

ステロイドはもともと体の中で作られるものを人間が人工的に作っているだけです。薬として飲んでも作用は同じなので、けして飲んで毒になるということはありません。
獣医師の診断と判断のもと、キチンと量と回数を守って飲ませれば、治療の役に立つ薬だということを理解していただきたいと思います。

引用元-犬とってステロイドは副作用が心配な薬!?上手に使えば素晴らしい効果が!(健康・医療)

ステロイド注射の副作用は大丈夫?

9歳の♂シェルティを飼っています。
外耳炎になってしまい、治療のため5日前と、昨日ステロイド注射をしてもらいました。
よく、ステロイドの副作用に多飲多尿を聞きますが、副作用はしばらくは続くものなのでしょうか?

引用元-犬のステロイド治療、副作用について教えてください – 犬 締切済 | 教えて!goo

効用だけがあって副作用がない薬は存在しません。
ステロイド投与によって「多飲多尿」になることはよくあることなので、あまり心配はないでしょう。これに併せて、食欲増進や下痢が続くこともありますが、こうしたことはステロイドの種類や強度を変えることで、ほとんどが解決できますので、獣医さんに相談なさってください。(*あまりにひどい場合は、なるべく早く獣医さんに連絡を・・・)
長期(数ヶ月)に渡って使用した場合は「ステロイド皮膚症」「副腎皮質機能の低下」といった深刻な副作用を引き起こす心配がありますが、一般的な外耳炎であれば、あまり強度の高いものは使用しませんし、ヘタに中断するとリバウンド(Rebound effect)によって一気にぶり返すこともありますので、決してご自身の判断で治療を中断などされないようにお願いします。

引用元-犬のステロイド治療、副作用について教えてください – 犬 締切済 | 教えて!goo

ステロイドの副作用として言われているのは短期間では、多飲多尿(のどの渇き)・食欲増加・吐き気・下痢・浅速呼吸・不穏状態・まれに胃潰瘍。(長期間の使用では、脱毛・筋肉の衰え・肝臓障害・行動の変化など)ウチは飲み薬なんですが、コレは基本的に24時間で代謝されると説明して貰っています。影響が消えるまでには+αという程度で理解しています。
ウチのコギも多尿が激しくて、勢い余って、しょっちゅうトイレトレイからはみ出してます。薬を使っている間は仕方ないと割り切って、とにかく水とトイレはマメにチェック。トイレトレイの下に更にペットシートを敷き詰めてはみ出し対策しています。ですから多飲多尿の症状については、ステロイドの副作用と考えていて良いと思います。医者ではないので断言はできませんけど。

引用元-犬のステロイド治療、副作用について教えてください – 犬 締切済 | 教えて!goo

ステロイドを心配しすぎる犬の飼い主へ

私は40年間この仕事をしています。その間、ステロイドを使用した症例はそれこそ、天文学的数字になります。
その中で、あきらかにステロイドの副作用で死亡した症例はたった2例しかありません。2例とも10歳くらいから、しつこい口内炎を起こして食欲がなくなった例で、あらゆる薬剤に反応せず、唯一ステロイドにのみ反応して食べられるようになる、大変やっかいな症例でした。この2例は何れも15歳で化膿性膵臓炎(ステロイドの副作用と思われます)を起こして死亡しましたが、最後まで十分な食欲があり、飼い主さんも大いに満足していました。
要するに、この程度なのです。 少し前のテレビで、もっともらしい顔をした医者がペットが媒介する人間の病気について述べたあとで、あたかも、ペットは人間の健康にとって有害である、と思わせてしまうような発言をしていましたが(この問題については、また稿を改めて述べます)、ステロイド有害説もこれと同じで、ささやかなマイナス面を捉えて、その他の圧倒的に大きなよい部分を殺してしまう愚を犯している、といってよいでしょう。特に近代獣医学は、人間の医学の物まねから発達してきた部分が多すぎたために、このような、非現実的なミスを容認してしまった訳ですね。ステロイドを処方されている犬・猫の飼い主さん、ご心配なく。決して危うい使い方はしませんから、安心してくださいね。

引用元-ステロイド剤|袋井動物病院

癌の犬にステロイドはなんの為?

痛みと言っても色々な痛みがあります。その痛みの種類で、薬を考えるというのと、あと、薬の種類による使いやすさで若干変わります。癌の肺転移がある場合、癌のまわりに炎症が起き、これにより呼吸がしにくくなったり、痛みが生じたりすることが多いので、痛みを直接取ると言うよりも、その炎症を取ることで痛みや苦しさが取れると言ってもいいです。
また、炎症を取る力は、非ステロイド薬よりもステロイドは強いです。ただ、ステロイドという薬は、炎症を抑える作用以外にも、免疫を抑制し抵抗力を落としたり、そのものがホルモン剤がゆえにそのホルモンの過剰症、つまり多飲多尿などの症状が出てきます。簡単に言えば、炎症を抑えるだけの作用だけを考えるならステロイドの方が明らかに効く。ただ、余計な副作用がいくつかある。ゆえに、炎症を抑える作用は若干弱くても、副作用が少ない非ステロイド系の薬を使う、これが回答でしょうか。
ゆえに、非ステロイド系の薬を飲ませても、痛みや苦しさが取れていないのなら、ステロイドを使うことを考えてもいいかもしれません。ただ、どちらにしても最終的には薬では抑えられない場合も来ると思います。

引用元-獣医さんに。癌の愛犬にステロイドを使うのは? – 癌末期の愛… – Yahoo!知恵袋

犬の椎間板ヘルニアに対するステロイドはどんな効果?

ステロイドには、炎症を抑えることと神経の麻痺を改善させる効能があります。椎間板ヘルニアの治療には、飛び出した椎間板によって圧迫された脊髄や神経の炎症を改善させ、痛みを和らげてくれます。
ただ、ステロイドを長期に渡って服用すると血の巡りが悪くなったり、自然治癒力を妨げて免疫力が低下するなどの副作用があります。また、多飲多食や肝機能の低下も見られることがあります。このように、ステロイドには様々な副作用があるため、基本的にステロイドによる治療は、1週間という短期間に限定して行われます。

引用元-犬がヘルニアになった!ステロイド治療は本当に必要?

薬の服用による治療は、非ステロイド系消炎鎮痛剤やステロイドなどの薬を使用します。薬の服用と同時に、ケージレストによる安静が必須です。
ケージレストは、トイレなどに出すとき以外は、ケージの中に入れて、犬が動き回らないようにするのが目的です。ケージレストを守れなければ、犬は一生歩けなくなってしまう場合もあるようです。
薬で痛みを抑えた後は、温浴などの温熱療法が行われます。温熱療法では、血行促進効果があります。薬の服用による治療は、手術による治療よりも再発率が高く、3頭に1頭は再発していると言われています。また、薬による副作用が出る場合もあるようです。

引用元-犬がヘルニアになった!ステロイド治療は本当に必要?

まとめ

大切な愛犬が病気になり、獣医さんから治療を受けるに知っておけば安心してお願いすることが出来る情報ですね。用法容量を守ったステロイド注射で、愛犬の苦痛が和らぐ事でしょう。

twitterの反応


https://twitter.com/fuyuzuan/status/813012682525655040


https://twitter.com/satoh_fumiyasu/status/791292602385506304


https://twitter.com/inuji_inu/status/698225604517347328

 - 動物 植物 ペット

ページ
上部へ