鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

ワインテイスティングでの色の表現って?!

      2017/09/12

ワインテイスティングでの色の表現って?!

ワインソムリエやワインアドバイザーなどの資格取得を目指している方にとって大事なことのひとつに、ワインテイスティングにおいての色の表現方法が挙げられるのではないでしょうか。ワインは色によって熟成具合や品質などもわかることもあり、飲まずとも色の表現方法によってもその味わいを伝えることもできるかと思います。ということで、ワインテイスティングにおける色の表現方法について調べてみました!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

生理予定日を過ぎて妊娠検査薬は使える?陰性と陽性の判断は

妊娠を希望していると妊娠しているかどうか早く妊娠検査薬を使い...

母子家庭で子供がアルバイトする場合の注意点は何?

父子家庭よりも母子家庭の方が多い理由は、離婚により母親が親権...

病院で「大切な証明書」である診断書がもらえない

誰だって好きで風邪をこじらせたり、精神面を患ったりしているワ...

男性用スカートは民族衣装だけ?おしゃれなの履き方と体験談

男性がスカートを履くとおかしい?伝統衣装のキルトスカートは男...

人が死ぬ前に感じる予感や予兆の3パターン

知ってる人が死ぬかもしれないといった予感や死ぬ直前の予兆を知...

親の介護が必要になったら姉妹の場合どうしたらいい?

自分も年をとりますが、当然親も年をとります。いずれは親の介護...

落ち込んだ時に聴くだけで実現?恋が叶う音楽?!

「○○の曲を聴いたら両思いになれる!」とか「○○の曲を着信音...

住所の丁目の漢字の部分「郵便」と「公的文書」は違う

「町丁名」って聞いたことありますか?住所の丁目の部分が漢数字...

「住所の構造には意味がある」住所の丁目と番地と号

住所を書く時に省略していることってありませんか?例えば○丁目...

基本は『家族で移動』本籍地の転籍と住所の地番と番地

本籍地は転籍自由で国内どこに置いても問題がありません。ただし...

「遠方のサイトのない店で買い物」現金の郵送を着払いで?

買い物を通販でする時、店が送料を負担してくれる場合があります...

犬用ステロイド注射の副作用&注意点と病気に対する効果

犬の病気治療などに使われるステロイド注射。どんな効果があって...

灼熱の金魚注意報?!水槽の水温を下げるにはどうしたらいい?

暑い夏、涼しげな水の中で気持ちよく泳いでいるかと思えばわが家...

極寒の金魚注意報?!水槽の水温はヒーターで調節した方が?

金魚は冬になると冬眠をするので、それに備えるため秋はエサをし...

『迷う転籍』本籍と住所が違うと手間取る手続き〜

就職すると同時に県外に転出した人の場合、本籍地を就職先の県に...

仮病・アリバイ工作厳禁!一週間入院する病気には何がある?

病気で入院や手術をしなければならないことは、誰にでも起こり得...

がま口、長財布を買い替えよう!人気のブランドは?!

がま口や長財布、二つ折り財布といろいろあるけれど、新年に今ま...

NHK契約を拒否したい!持家に来る勧誘員撃退法

持家にやってくるNHKのしつこい勧誘で、そろそろ契約しなけれ...

スポンサーリンク


赤ワインの色について

ワインは、宝石店の言葉を、香りは香水店の言葉を使いなさいと言われることがあります。
ワインの赤は、ルビーやガーネット、白は、ゴールドやトパーズ、琥珀などです。
でも、宝石の色って意外とあいまいで、はっきりわからないケースがあります。
ワインテイスティングにおいては、あいまいなワインの色を表現するのに「〜がかった」「〜を帯びた」という言葉で色の方向性を伝えるようにします。
このワインの色のニュアンスを表現するには、グラスの縁の部分を見て伝えます。
おおよそ、ワインの年齢も判ってきたりします。

赤ワインも、赤いバラと同じように経年変化していきます。
若いワインは濃い赤紫色であり、熟成していくとだんだんとワインの色が薄くなってきます。

☆赤ワインの色の経年変化

紫 ⇒ ルビー色 ⇒ 赤 ⇒ガーネット色 ⇒レンガ色

このように、熟成していく時間とともに色が変わってきます。
鮮やかな紫色から、だんだんと茶色のニュアンスを出しながら、変わっていきます。
これは、植物が枯れていく様に似ています。最終的に、枯葉、土になるということです。
なので、ワインの色をみることで、熟成が進んだワインなのか、若いワインなのかを推測することができます。

引用元-赤ワインの色について

ワインの外観の見方

白いテーブルか、テーブルの上に白い紙を置き、ワイングラスに4分の1程度の量のワインを注ぎます。
ワインの香りを確認するときにグラスを大きく回転させるので、そのときにワインがこぼれないような量にしておく必要があります。
グラスにワインを注いだら、グラスの脚の下を親指と人差し指でつまむようにして持ち、グラスを45度ぐらいに傾けてワインの色を観察します。

外観の見方には3つのポイントがあります。

まず1つめのポイントは、ワインの色の濃淡です。
葡萄の品種によってワインの色合いは異なりますが、赤ワインの場合は色の濃淡でワインの質が分かります。
色が濃ければ濃いほど、渋み成分であるタンニンや色素成分であるアントシアニンが多く含まれた良質のワインであることを示しています。
その反対に色が薄い場合は、時間をかけずに醸造されたり、完全には熟しきれていない葡萄を使用してつくられた、あまり質の良くないワインだと言うことができます。

2つめのポイントは、ワインの清澄度です。 ワインが澄んでいればいるほど新鮮で、濁りがある場合は劣化が考えられます。

3つめのポイントは、ワインの粘度です。 ワイングラスを軽く回して、グラスの内壁に残ったワインが下に流れ落ちる様子を観察します。
この流れ落ちるワインのしずくを、ワインの「足」や「涙」と表現します。
ワインのしずくが早く流れ落ちる場合は、ワインの粘度が低いことを示しており、その反対にゆっくり流れ落ちる場合は、アルコールやグリセリンなどのエキス分を多く含み、長期熟成に耐える良質のワインであることを示しています。

引用元-ワインのテイスティング方法「ワインの香り、色、味の見方」【スペインワインっていいね!おすすめの楽しみ方や基礎知識など】

〜ボディ、ワインの重さについて

フルボディ
ボディの種類の中で、最も濃厚な味わいを持ち、コクがあって重厚な印象を与える種類のワインをフルボディとしています。
もともとは英語圏の「full-bodeid」からきている言葉で、人間の体がその例にたとえられています。
その中でもフルボディは「豊満」「肉付きの良い」といった表現が用いられ、口に含んだ際に膨らみがあり、広がりのある味わいをもった赤ワインがフルボディと表現されます。
スポーツ選手でたとえるならば、ラグビー選手のようなガッチリとしたマッチョ系のワインです。

ライトボディ
フルボディとは反対に、「軽さ」「薄め」といった表現に使われるのがこのライトボディです。
渋みやコクが軽いために飲みやすいものが多く、赤ワインが苦手な方や、飲み始めの方におすすめなのがこのライトボディとなります。
ライトボディのワインには低価格帯のものや、アルコール度数が低いものが多くなっています。
そのため安物のワインと判断されることがありますが、実際には上質なライトボディのワインも存在しています。
スポーツ選手にたとえると、マラソン選手などのような細くスリムなタイプと言えるでしょう。

ミディアムボディ
ミディアムボディは、フルボディとライトボディの中間に位置するもので、軽すぎず重すぎない、それでいてほどよいコクがあり、バランスがとれたワインとなっています。
そのためどんな料理にも合わせやすい万能タイプのワインと言えるでしょう。
スポーツ選手ではサッカー選手やテニス選手、中量級のボクシングなどのほどよい筋肉質な細マッチョ系と言えるでしょう。

引用元-フルボディやライトボディなどワインの重さについて | ワイン専門ページ | ピントル

ワインの色の濃さの表現

赤ワインは、最初は、色素が凝縮している状態のため色が濃く、経年変化、熟成によって、色素が落ちてくるので、色が薄くなってきます。

白ワインは、これとは反対に、最初が一番色が薄く、酸化の影響をうけて、だんだんと、黄色、茶色系の色が増えていきます。そのため、だんだんと色が濃くなっていくのです。

特に赤ワインにおいては、もう一つ重要な判断材料となります。
色が濃いってことは、様々な成分が凝縮しているということです。
産地、年、作り方が同じワインで色が濃い方が、値段が高くなります。
色が濃いっていうことは、水っぽくなく、味わいが豊かなワインが期待でき、たくさんの日を受けているので、良質なワインということが言えます。
そのため、やや薄い色、うっすらとしたといった表現をした場合、あまり良いワインではないということを表現していることにも繋がってしまいます。
でもあまり濃すぎても、口当たりがどろどろして良いワインとは言えないので色が濃すぎてもあまりよくありません。

☆色の濃淡の表現
弱々しい ⇒ ほのかな ⇒ 淡い ⇒ 薄い
強い ⇒ 濃い ⇒ 力強い ⇒ 濃密な ⇒ 深い ⇒ 暗い ⇒ 黒い

このような言葉をよく使います。
また、程度を表現するのに
・わずかな
・かなり
・たいへん
という言葉を加えるといっそう良いです。

引用元-ワインテイスティング | ワインソムリエ試験の勉強法

ワインの微妙な色に関する表現

ワインの微妙な色、味、香りを言葉で表現するのは大変難しいが、ワインの専門家ソムリエは、それらの言葉を非常に豊富に持っている。
ワインを手軽に楽しむ側としても、ワインの素晴らしさを表現するために、それら豊かな言葉の数々をぜひ知っておきたい。

引用元-ワイン・ことはじめ: テイスティングの豊かな表現

[色に関する表現]
■赤ワインの色(若い順)と対応するワインの銘柄例
紫色  ボージョレ、若いブルゴーニュ
赤紫色  カオール(フランス・南西地方)
ルビー色  若いボルドー
赤色(スカーレット色)  日本のワイン
深紅色(ガーネット色)  バローロ(イタリア・ピエモンテ州〉
赤茶色(レンガ色)  ブルゴーニュ
赤褐色(マホガニー色)  かなり熟成したボルドー
茶褐色  かなり熟成したブルゴーニュ

※退化:褐色

■白ワインの色(若い順)と対応するワインの銘柄例
緑色がかった麦わら色  ミュスカデ(フランス・ロワール地方)
淡い黄色  グラーヴ(フランス・ボルドー地方)
深みのある黄色  熟成したブルゴーニュ
黄金色  ソーテルヌ(フランス・ボルドー地方)
茶色を含む黄金色  卜ロッケンベーレンアウスレーゼ

※退化:黄褐色

■ロゼワインの色(若い順)と対応するワインの銘柄例
桜色  アンジュー(フランス・ロワール地方〉
オレンジ色  タヴェル(フランス・コート・デュ・ローヌ地方)
玉ねぎの皮の色  バンドール(フランス・プロヴァンス地方〉

※退化:過度のオレンジ色

引用元-ワイン・ことはじめ: テイスティングの豊かな表現

ルビーか?ガーネットか?

赤ワインの色を表現するとき、ルビーといういべきかガーネットと いうべきか悩んだことはありませんか。
私もそれぞれの宝石のサンプルの写 真を見せていただいたことがありますが、実物は暗い色をしたルビーもあれば明るい色調のガーネットもあるので、余計混乱してしまいます。
それぞれの色調の特徴については、岡本真理恵氏はその著書「ワイン・テイスティングを楽しく」の中で
「ルビー=ピンクを濃くしたような明るい赤」
「ガーネット=オレンジ系の黒っぽい赤」
とワインの世界では一応了解されている、と述べています。
なんとなく、典型的な例として、ブルゴーニュの特に村名クラスの場合 ルビーを使うことが多く、凝縮したボルドーの場合は通常 ガーネットを使うことが多いように思います。
まあ、実際にはお互いの境界線はあいまいであり、テイスティングする人の基準に よって違ってくるのは致し方ないところです。

引用元-TIPS

まとめ

多くのワインを味わうと共に色彩学も学ぶとよいかも知れません♪

twitterの反応


https://twitter.com/aaaaaaaaiilaaaa/status/800298194982707200

 - 趣味 エンターテイメント

ページ
上部へ