鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

もしものため知っておきたい!障害年金の受給できる期間は?

      2017/09/12

もしものため知っておきたい!障害年金の受給できる期間は?

年金といえば、リタイアし老後の生活のためにもらうものというイメージがありますが、将来なにが起こるか分かりません。けがや心筋梗塞、脳卒中、がんなどの病気で、障害年金を受給するケースもあるかもしれません。障害年金が、老齢年金と大きく違っているのは受給期間があることだそうです。そこで今回は、障害年金の受給期間について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

生理予定日を過ぎて妊娠検査薬は使える?陰性と陽性の判断は

妊娠を希望していると妊娠しているかどうか早く妊娠検査薬を使い...

母子家庭で子供がアルバイトする場合の注意点は何?

父子家庭よりも母子家庭の方が多い理由は、離婚により母親が親権...

病院で「大切な証明書」である診断書がもらえない

誰だって好きで風邪をこじらせたり、精神面を患ったりしているワ...

男性用スカートは民族衣装だけ?おしゃれなの履き方と体験談

男性がスカートを履くとおかしい?伝統衣装のキルトスカートは男...

人が死ぬ前に感じる予感や予兆の3パターン

知ってる人が死ぬかもしれないといった予感や死ぬ直前の予兆を知...

親の介護が必要になったら姉妹の場合どうしたらいい?

自分も年をとりますが、当然親も年をとります。いずれは親の介護...

落ち込んだ時に聴くだけで実現?恋が叶う音楽?!

「○○の曲を聴いたら両思いになれる!」とか「○○の曲を着信音...

住所の丁目の漢字の部分「郵便」と「公的文書」は違う

「町丁名」って聞いたことありますか?住所の丁目の部分が漢数字...

「住所の構造には意味がある」住所の丁目と番地と号

住所を書く時に省略していることってありませんか?例えば○丁目...

基本は『家族で移動』本籍地の転籍と住所の地番と番地

本籍地は転籍自由で国内どこに置いても問題がありません。ただし...

「遠方のサイトのない店で買い物」現金の郵送を着払いで?

買い物を通販でする時、店が送料を負担してくれる場合があります...

犬用ステロイド注射の副作用&注意点と病気に対する効果

犬の病気治療などに使われるステロイド注射。どんな効果があって...

灼熱の金魚注意報?!水槽の水温を下げるにはどうしたらいい?

暑い夏、涼しげな水の中で気持ちよく泳いでいるかと思えばわが家...

極寒の金魚注意報?!水槽の水温はヒーターで調節した方が?

金魚は冬になると冬眠をするので、それに備えるため秋はエサをし...

『迷う転籍』本籍と住所が違うと手間取る手続き〜

就職すると同時に県外に転出した人の場合、本籍地を就職先の県に...

仮病・アリバイ工作厳禁!一週間入院する病気には何がある?

病気で入院や手術をしなければならないことは、誰にでも起こり得...

がま口、長財布を買い替えよう!人気のブランドは?!

がま口や長財布、二つ折り財布といろいろあるけれど、新年に今ま...

NHK契約を拒否したい!持家に来る勧誘員撃退法

持家にやってくるNHKのしつこい勧誘で、そろそろ契約しなけれ...

スポンサーリンク


障害年金は病気やけがなどで障害が生じたときに支給される

20歳以上のすべての国民が加入を義務づけられている「公的年金」。公的年金には、自営業や主婦、学生などが加入する「国民年金」、サラリーマンが加入する「厚生年金」、公務員等が加入する「共済年金」があり、だれもが、いずれかの公的年金に加入することになっています。
年金というと、老後の生活を支える「老齢年金」がすぐに思い浮かびますが、現役世代にとっても、不慮のけがや病気などで障害の状態になったとき、家計の支え手が亡くなったときなどに、「障害年金」「遺族年金」が支給されるなど、”人生のもしも”を支える重要な社会保障制度です。ここでは、「障害年金」について詳しく紹介しましょう。
「障害年金」は、私たちが病気やけがなどによって障害の状態になったとき、生活を支えるものとして支給されます。「障害の状態」とは、視覚障害や聴覚障害、肢体不自由などの障害だけでなく、がんや糖尿病、心疾患、呼吸器疾患などの内部疾患により、長期療養が必要で仕事や生活が著しく制限を受ける状態になったときなども含まれます。また、障害手帳をもっていない場合でも、障害年金を受けることができます。

引用元-障害年金の制度をご存じですか?がんや糖尿病、心疾患、呼吸器疾患など内部疾患の方も対象です:政府広報オンライン

障害年金は加入していた年金制度で種類が違う

障害年金は、初診日に加入していた年金制度で障害年金の種類が違い、障害基礎年金・障害厚生年金・(旧)障害共済年金の3種類があります。

① 年金の制度と加入者の違い
・ 国民年金; 厚生年金や共済年金に加入していない20歳以上60歳未満の方。自営業者、パート、アルバイト、学生、配偶者の扶養になっている方(主婦、主夫)など。
・ 厚生年金; 民間企業に勤める方、共済年金加入者でご本人のみ加入(扶養の配偶者は厚生年金ではなく、国民年金のみ加入)。
・ 共済年金; 公務員や私立学校職員が加入する共済組合員の方、ご本人のみ(扶養配偶者は厚生年金と同じ)。

注; 20歳前に初診日のある方で年金非加入の場合、保険料を納付していなくても障害基礎年金の受給対象となります。20歳前に厚生年金や共済年金に加入していた場合、障害年金の請求資格があります。

引用元-障害年金とは?基本知識をわかり易く、ていねいにご説明します。

障害年金は受給できる期間が決まっている

障害年金は原則として、期限のある「有期年金」です。
そのため、あらかじめ決められた時期が来ると年金機構から書類が送付され提出を求められます。それがいわゆる「更新」(実際は更新という言葉はありませんが)で、障害状態確認届を提出する手続きです。

引用元-障害年金の受給期間と障害状態確認届提出とは?|障害年金申請のための基礎知識や事例を解説|障害ねんきんナビ

障害年金のほとんどは受給できる期間があらかじめ決められています。期間は「1年から5年」の間で、これは等級を認定するときに一緒に決められます。そのため人によって異なります。
傾向として、精神の障害は比較的短い傾向にあり1年から3年、肢体の離断、人工透析やペースメーカー装着肢体の障害は(もちろん状態や理由によりますが)長くなる傾向にあります。より固定性の高い障害であると考えていると思われます。

引用元-障害年金の受給期間と障害状態確認届提出とは?|障害年金申請のための基礎知識や事例を解説|障害ねんきんナビ

年金証書に支給期間が書いてありませんが?

質問
先日、障害年金を申請して、障害厚生年金の2級を受給することができました。
でも、ここで一つ疑問が浮かびました。
一度、年金の支給決定が決まると、ずっと障害年金を受取り続けることができるのですか?
日本年金機構から送付された年金証書には、どこを見ても年金の支給期間が書いてありませんでした。

答え
支給期間が書いてありませんし、仮にも年金という名前がつくぐらいですからずっと受給できるかと思っちゃいますよね。
原則的に障害年金は、一度支給の決定を受けると「障害の状態」にある限り支給され続けます。
しかし障害の程度というのは、時間の経過とともに変化したりもしますよね。
基本的に精神系の障害による障害年金は「有期認定」とされ、一定期間が経過した度に「障害状態確認届」を提出し、障害の状態について日本年金機構による審査を受ける必要があります。
障害状態確認届の提出により、障害の状態が軽快したと判断されれば障害年金の支給が停止されてしまうことがありますし、下位の等級に減額改定されることもあります。

引用元-障害年金の受給期間について | 多摩・八王子 障害年金相談センター

障害年金は支給停止になることもある

障害年金は一度認定を受けると「障害状態」である限りは支給され続けます。
ですから一度請求をして障害年金の受給権者となると、その後就労(厚生年金保険被保険者になって就労)したとしても支給停止にはなりません。これは「就労=障害状態でない」とはならないためで、障害認定基準に就労できる場合は支給しない、という制限はありませんし、それでは障害者の就労意欲を奪うことにつながります。
ですので認定によって認められた期間はいくつかの例外を除いて完走できます
しかし障害の程度(重さ)というのは、時間の経過によって変化しうるものです。
これは「障害が良くなる」というときにも同じことが言えるため、基本的に障害年金は有期年金として認定されます。その期間の経過後には、障害状態が続いているかどうかの確認があります。それが障害状態確認届の提出です。この提出を要しない、いわゆる「永久認定」とされる方はほとんどいません。(例えば70歳以上で人工透析している方は平成23年から永久認定とされました)
ですので、障害状態確認届が送られている以上、誰にでも支給停止の可能性はあります。これは知的障害や身体の麻痺など、比較的、障害の固定性が高いと思われる障害においても同様です。

引用元-障害年金が支給停止になった!そんな時の対応方法。|障害年金申請のための基礎知識や事例を解説|障害ねんきんナビ

障害年金を受給・継続した人の例

私は去年と今年、二度継続申請しました。
手続きは二度とも同じで、誕生月の前月に年金機構から診断書が届きます。その診断書を誕生月になったら主治医に記入してもらい年金機構へ送ります。診断書を書いてもらうのに別途お金がかかります(私は3150円でした)
私の場合誕生月が七月で、八月までは年金を受けることができ、10月以降継続されるかが心配でした。継続されるかの通知は次回年金支給日の数日前でした。ですから審議される期間は3ヶ月ぐらいですね。
本当に年金支給日ギリギリで通知が届きます。その間不安はありますが、電話で年金機構へ問合せても結果を聞くことは出来ません。

引用元-障害年金の延長にはどのくらいの期間かかりますか? – 現在、精… – Yahoo!知恵袋

まとめ

いかがでしたか?障害年金は、もしもの時の生活を支えてくれる社会保障制度。ただ支給の際には、20歳以上は各年金制度に加入し一定の保険料を納付していることが条件であることも分かりました。

twitterの反応


https://twitter.com/daimonji_hayato/status/759168253830635520


https://twitter.com/mrmt0226/status/257121540854919169

 - 仕事 経済

ページ
上部へ