鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

高齢者の子宮からの出血について

      2018/04/03

高齢者の子宮からの出血について

高齢者でも不正出血が起こるのはなぜなのでしょうか?突然の出血にびっくりしてしまいますね。高齢者の不正出血の原因や、閉経後にも発症する子宮がんについて調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

重曹を置くだけでなぜ消臭できるの?計り知れない重曹パワー !

お掃除の定番アイテムの一つになっている重曹。テレビや雑誌、コ...

目がゴロゴロする時の対処方法!

ふとした瞬間に目がゴロゴロすることありませんか?目にゴミが入...

作るのが楽しい料理なら盛り上がりもUP!鉄板料理はコレ!

料理は女性がやるものという認識が薄れてきている昨今ですが、料...

ポリエステル素材の洗濯方法は?ドライクリーニングに出すべき?

ポリエステル素材の洗濯はどのようにされていますか?扱いやすく...

エビ水槽の掃除の仕方 !

エビに限らず、どんな生き物でも水槽で飼育している以上は水槽の...

「シワアイロン 顔用」とは?使い方やおすすめなどについて !

シワアイロンと聞いて一番に思い浮かぶのは衣服に使うアイロンか...

日帰り登山であったら便利なおすすめグッズをご紹介!

登山専門店をのぞいてみると様々なメーカーから登山につかえる便...

ブレーカーが頻繁に落ちるようになった!原因と対策は?

ついうっかり電気を使いすぎると落ちてしまうブレーカー。夜の暗...

余ったシチューやカレーの保存方法とリメイク料理!

小さな子供からお年寄りまで、幅広い年代層の人に人気のあるメニ...

男だって自分で作る楽しい料理!

最近は男性でも料理を作る方が増えてますよね。ある調査によると...

トイレ掃除はどこからすると効果的なのか?!

みなさんはトイレ掃除、どこから掃除していますか?実はトイレに...

観葉植物でおしゃれ部屋を作る! 初心者向けの種類と方法!

つい人を呼びたくなるような、自慢したいほどおしゃれな部屋って...

色々な作業に音楽を聴いて集中する方法!

作業ってなかなか長くできるものではないですよね。数十分・数時...

猫と死別。悲しくても最後の挨拶をしましょう。

かつてはペットといえば犬が代表格でしたが、最近では飼われてい...

腹痛、しかも激痛・吐き気もある。どんなことが考えられる?

「おなかが痛い」という経験は誰しもあるはずです。食当たりかも...

癒しを与えてくれるメダカ。その産卵時期はいつ?

かつては小川によく見かけられたメダカですが、今ではその姿を見...

点滴でできたむくみを簡単に解消する方法!

点滴を受けた後に、むくみができて、体が重くなったりしたことは...

郵便局に転居届を!一人暮しの第一歩

家を出て一人暮しを始めるのは不安と期待が入り混じっているので...

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

スポンサーリンク


高齢者の不正出血:不正出血とは

不正出血とは正常時以外の生理や排卵期以外でのタイミングで起こるもので、個人差はあるものの、おりものに薄く血が混じったり、茶褐色だったり、黒っぽかったりします。1日で終わることもあれば長期に渡って症状が続くこともあり、出血量や痛みの有無などは個人差があります。
不正出血には、膣や子宮、卵巣などに何らかの異常があり起こる「器質性出血」と思春期や更年期にホルモンバランスが不安定であることが原因の「機能性出血」などがあります。子宮体がんの可能性があるのは、不正出血が「器質性出血」であった場合です。
また、おりものに多少の血が混ざっていることも不正出血です。ですから、少量だからと放置しておくと病気のサインを見逃すことにもなるので、安易に自己判断することはやめましょう。また、病院で診察を受ける際に、基礎体温表をつけている場合には排卵の有無などが分かります。

引用元-生理以外の不正出血がキーワードとなる子宮体がん

高齢者の不正出血:閉経後の出血の原因

閉経後の出血は、不正出血といい生理の出血とは違うので、子宮や膣、卵巣などが傷ついて出血している可能性が考えられます。
一体どのようなことが閉経後の出血の原因となっているのでしょうか?
子宮がん
閉経後の出血で怖いのは、子宮がんの可能性があるということです。更年期に入ってから、毎年婦人科検診を受けているという女性の割合は非常に少なくなっています。
また、子宮がんは高齢になればなるほど発症率が高くなっている病気の一つです。万が一のことを考えて、すぐに婦人科受診をするのが一番いい方法です。

老人性膣炎
閉経後はおりものも少なくなるので、細菌が繁殖しやすい状態です。これに加えて、風邪や体調を崩してしまうと、一気に増殖し「老人性膣炎」になり、出血することがあります。
不正出血が起こった前後に体調を崩していた場合は、膣炎が原因の出血である可能性もあるので、早めに治療を受けるようにしましょう。

引用元-閉経後の出血の原因は生理?少量、鮮血、腹痛・下腹部痛どれが危険?

高齢者の場合、お薬による不正出血も考えられます。精神・神経科のお薬や狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、高血圧などで処方される血液をさらさらにするお薬を飲んでいると出血しやすくなることがあります。受診される際は、現在、服用されているお薬を必ず伝えるようにしてください。

引用元-ウィズたからづか|閉経後の不正出血

高齢者の不正出血:子宮の構造と子宮がん

子宮は、骨盤に守られるように女性の下腹部にあり、洋梨を逆さまにしたような形をしています。
膣につながる部分が、子宮頸部、赤ちゃんができると出産までとどまる部分が子宮体部です。
子宮がんには、がんができる場所によって、「子宮頸がん」と「子宮体がん」がありますが、原因も発祥のメカニズムも全く異なるがんです。
子宮頸がんが多く発生するのは、子宮頸部の入り口である外子宮口のあたりです。がん細胞の増殖はゆっくりで、正常な細胞が浸潤がんになるのに5?10年以上かかるといわれています。そのため、定期的に検診を受ければ、がんになる前の段階で見つけることが可能です。
子宮体がんは、「子宮内膜がん」ともいわれるように、子宮内膜に多く発生します。内膜は生理のときにはがれてしまうので、閉経前に子宮体がんが発生することはまれだといわれています。年齢別にみた発生率(罹患率)は、40歳代後半から増加して50歳代から60歳代にピークを迎え、その後減少しています。

引用元-子宮がんの基礎知識 | 日本対がん協会

高齢者の不正出血:子宮体がん

子宮体がん
子宮頸がんによる死亡率が減少する一方で、最近急激に増えているのが子宮体がんです。これは、赤ちゃんを育てる子宮の内側をおおう内膜に発生するがんです。
以前は、子宮がんの85%以上は子宮頸がんと言われていましたが、最近では体がんの比率がじわじわと増加しています。これは、食生活の欧米化、とくに脂肪の摂取量の増加が関係しているのではないかとされています。
子宮体がんは、性交渉とは関係がなく、女性ホルモン(エストロゲン)と関係が深いがんです。妊娠経験のない人や無排卵などの排卵障害のあった人、また肥満や糖尿病、高血圧の人もホルモンバランスが崩れて子宮体がんになりやすい傾向があると指摘されています。食生活の欧米化や肥満が体がん増加に関係していると言われるのも、ひとつにはエストロゲンという女性ホルモンが、脂肪に溶けて存在しているためです。また、閉経後は、卵巣からのエストロゲンの分泌は停止しますが、卵巣や副腎から分泌されるアンドロゲン(男性ホルモン)は、脂肪細胞でエストロゲンに変化します。これも、閉経後の子宮体がんの発生に関係しているのかもしれません。
発症も、50歳前後に多いのですが、最近は閉経後の子宮体がんが増加していますから、閉経後も子宮がん検診が必要です。

引用元-子宮がん

子宮体がんで行われる検査

子宮内膜細胞診:ブラシでこすれた細胞を調べる
婦人科の検査は、内診台に乗っての検査が主になります。子宮内膜細胞診とは、子宮の中に細いブラシのような器具を挿入して、粘膜をこすって細胞を採取する検査になります。そのブラシに付着した細胞を検査に提出し、顕微鏡で癌細胞があるかどうかを調べる検査になります。
ただ、子宮内膜細胞診だけでは、はっきりと診断がつかない場合もあります。そのため、自分が受けた検査が何の検査なのかを知って、結果を見ることも大切になります。

子宮内膜組織診:子宮体癌の確定診断になる検査
子宮体癌に欠かせない検査の一つだといわれている検査です。細いスプーンやチューブのような器具を用いて、異常がありそうな部分の内膜を削り取ったり吸引したりして、子宮内膜の組織の一部を採取して検査に出します。
顕微鏡で、その組織が正常な子宮内膜なのか、炎症なのか、良性腫瘍なのか、悪性腫瘍である子宮体癌なのかを調べます。一般的には、子宮内膜細胞診で異常が指摘されたときに、行われる検査になるそうです。

引用元-子宮体癌は不正出血がサイン?意外と知らない症状と検査方法を徹底解説!|WELQ [ウェルク]

まとめ


不正出血があった場合は放置せず、早めに病院に行った方がよさそうです。閉経したから大丈夫と思わず、子宮がん検診を受けましょう。

twitterの反応


https://twitter.com/DDd77613142/status/799599367317385216


https://twitter.com/__md__r/status/775350207651295232

 - 健康 美容

ページ
上部へ