鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

背中の筋肉がむしょうに痛い!これって病気?

      2017/09/12

背中の筋肉がむしょうに痛い!これって病気?

長時間のデスクワーク、

急ぎの仕事で急激に進めてしまって休めなくって、

あらら背中がガチガチだ。

なんてシチュエーションは想像できますが、

これが筋肉痛ではなくて病気だったら話は深刻ですよね。

今回は、背中の筋肉が痛いという原因について調べました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

重曹を置くだけでなぜ消臭できるの?計り知れない重曹パワー !

お掃除の定番アイテムの一つになっている重曹。テレビや雑誌、コ...

目がゴロゴロする時の対処方法!

ふとした瞬間に目がゴロゴロすることありませんか?目にゴミが入...

作るのが楽しい料理なら盛り上がりもUP!鉄板料理はコレ!

料理は女性がやるものという認識が薄れてきている昨今ですが、料...

ポリエステル素材の洗濯方法は?ドライクリーニングに出すべき?

ポリエステル素材の洗濯はどのようにされていますか?扱いやすく...

エビ水槽の掃除の仕方 !

エビに限らず、どんな生き物でも水槽で飼育している以上は水槽の...

「シワアイロン 顔用」とは?使い方やおすすめなどについて !

シワアイロンと聞いて一番に思い浮かぶのは衣服に使うアイロンか...

日帰り登山であったら便利なおすすめグッズをご紹介!

登山専門店をのぞいてみると様々なメーカーから登山につかえる便...

ブレーカーが頻繁に落ちるようになった!原因と対策は?

ついうっかり電気を使いすぎると落ちてしまうブレーカー。夜の暗...

余ったシチューやカレーの保存方法とリメイク料理!

小さな子供からお年寄りまで、幅広い年代層の人に人気のあるメニ...

男だって自分で作る楽しい料理!

最近は男性でも料理を作る方が増えてますよね。ある調査によると...

トイレ掃除はどこからすると効果的なのか?!

みなさんはトイレ掃除、どこから掃除していますか?実はトイレに...

観葉植物でおしゃれ部屋を作る! 初心者向けの種類と方法!

つい人を呼びたくなるような、自慢したいほどおしゃれな部屋って...

色々な作業に音楽を聴いて集中する方法!

作業ってなかなか長くできるものではないですよね。数十分・数時...

猫と死別。悲しくても最後の挨拶をしましょう。

かつてはペットといえば犬が代表格でしたが、最近では飼われてい...

腹痛、しかも激痛・吐き気もある。どんなことが考えられる?

「おなかが痛い」という経験は誰しもあるはずです。食当たりかも...

癒しを与えてくれるメダカ。その産卵時期はいつ?

かつては小川によく見かけられたメダカですが、今ではその姿を見...

点滴でできたむくみを簡単に解消する方法!

点滴を受けた後に、むくみができて、体が重くなったりしたことは...

郵便局に転居届を!一人暮しの第一歩

家を出て一人暮しを始めるのは不安と期待が入り混じっているので...

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

スポンサーリンク


 

背中の筋肉はこりやすい?

胸椎のある一般的に「背中」を指す部分は、姿勢を保つ時に重要な働きをする筋肉の過度な緊張による影響を受けやすいところでもあります。
デスクワークにしても立ち仕事にしても、一生懸命に仕事を頑張った後に、背中の筋肉が張っていて硬くなっていると感じることがあります。この時に深呼吸をしてみると、あばら骨付近に筋肉がひきつれたような痛みを感じるかもしれません。
内臓を囲むようにあばら骨で構成されている「胸郭」は、腹筋や背部の筋肉、そして呼吸をする際に働く筋肉によって動くことができます。横隔膜から胸の筋肉、頚部の筋肉まで非常に多くの筋肉と密に関わっているため、各筋肉の過緊張などにより機能低下がみられると、胸郭の動きにも胸椎の機能にも影響してしまい、背部痛をおこす要因にもなりかねません。

引用元-−-All About

(軽度)筋肉疲労による背中のコリ、筋肉痛

◆症状

背中の筋肉への負荷や緊張が続くと、身体の他の部位と同じく、筋肉にコリが生じたり、筋肉痛を起こします。それほど激しい痛みはなく、「背中の筋肉が硬くなっている」「背中が重く感じる」「筋肉痛のように疼く痛み、鈍い痛みが感じられる」といった症状が見られます。

病院で診察を受けると、X線撮影による背骨の異常もなく、血液検査による内臓疾患も見当たらなければ、通常「筋筋膜痛症候群(きんきんまくつうしょうこうぐん」と診断されることが多いです。
難しい病名ですが、筋肉疲労による筋硬化、コリや痛みの症状の総称です。一般的な肩こり・腰痛などもこれに分類されます。

◆原因

背中の筋肉に負担をかける主な原因には、「過度の運動または運動不足」「肩・背中・腰回りの筋力不足」「姿勢の悪さ・長時間同じ姿勢を続ける」「腰痛」「肩こり」「背中の冷え」などがあります。

「過度の運動、運動不足」

背中の筋肉、背筋を使う運動をたくさん行うことで筋肉が疲労し、背中の痛みを引き起こします。いわゆる筋肉痛です。背筋は普段の生活でも常に使われていますが、物を引っ張ったり、持ち上げたり、前かがみの姿勢をする時に特に負荷がかかります。
若い頃から部活動などで運動をしていない、運動嫌いの人・運動不足の人ほど背筋が弱く、少しの運動で痛みが起こりやすくなります。

「肩・背中・腰回りの筋力不足」

背中の筋肉量の少ない人は姿勢を保持するだけで筋肉が疲れて背中痛や腰痛を起こします。
また、背骨は首から腰にかけて伸びており、首・背中・腰の筋肉で背骨をまっすぐにして姿勢を維持しています。首や腰の筋力が弱いと、その分を背中の筋肉でカバーしなければならず背中の筋肉が傷みやすくなります。
筋力をつけることは、単に大きな負荷に耐えられるだけでなく、筋肉の収縮作用により血行が良くなる効果も期待できるため、背中の痛みの防止に役立ちます。

「同じ姿勢の維持、姿勢の悪さ」

パソコンのデスクワーク デスクワークなどで長時間同じ姿勢をしていると、「筋肉の緊張が長時間続く」「皮膚と筋肉が圧迫され血行が悪くなる」ことから、肩や背中がこりやすくなります。肩こりの原因は、そのまま背中のこりや痛みの原因にもなります。特にパソコンを使った仕事は視神経と筋肉の緊張が長時間続き、ストレスも大きいため要注意です。
また、前かがみの姿勢など、姿勢が悪いと背筋に余計な負荷がかかり背中が傷みやすくなります。

引用元-−-『背中の痛み』全解説

 

背中の痛みの原因となる主な疾患

背中の痛みを引き起こす代表的な疾患は、椎間板へルニア、変形性脊椎症、頸椎(けいつい)の損傷(むち打ち症)など整形外科の領域の疾患が大半です。結石や胆石症、膵臓の疾患や骨粗しょう症なども背中の痛みを引き起こします。他には、風邪やインフルエンザ、腎盂腎炎(じんうじんえん)、帯状疱疹(帯状ヘルペス)など細菌やウイルスの感染によって背中の筋肉が痛むこともあります。
さらに心筋梗塞や狭心症など心臓疾患の発作では、胸に起こる痛みが背中にまで及ぶことがあります。

引用元-−-タケダ 健康サイト

背中の痛み‐対処法

1.冷やして炎症を抑える

過激な運動などで背中に急激な痛みを感じた直後や、痛みのある部分が熱を持っていると感じるときは冷やします。冷却パックやエアゾール剤、冷やすタイプのハップ剤を利用すると良いでしょう。

2.背中を温めて血行を良くする

背中の痛みの発症直後は炎症を鎮めるために冷やしますが、炎症が軽減したら血行を良くして回復を促すために、ホットパックや使い捨てカイロなどで腰を温めましょう。ぬるめのお湯にゆっくりとつかり、しっかり温めるのも効果的です。また、慢性的な腰痛を解消したいときも温めて血行を良くすると効果があります。

3.ほど良い刺激のマッサージを受ける

ほど良いマッサージは、血行を良くして回復を促す効果があります。周囲の人にマッサージをしてもらう場合や、自分で行う場合は、さする、軽く押す、もむ程度の軽い刺激に留めておくのがいいでしょう。痛みを感じるほどのマッサージは、筋肉によけいな緊張や局所的な疲労を与えたり、小さな傷をつけてしまうことがあります。

引用元-−-タケダ 健康サイト

まとめ

色々な原因で背中の痛みが起こるのですね。整形外科領域以外の病気もありますね。結石や胆石症、膵臓の疾患や骨粗しょう症などと背中の痛みも結びつくそうで…是非予備知識として覚えておきたいものです。

引用元-−-

twitterの反応


https://twitter.com/sebyousitoasobe/status/610041884132536320


https://twitter.com/ginchala1/status/610009647043342336
https://twitter.com/haruyajafar/status/609882381059690496


https://twitter.com/1850Jp/status/609358608992567296
https://twitter.com/meichinmk/status/608918569603059712
https://twitter.com/a0n9n0a3/status/608771819592491008″

 - 健康 

ページ
上部へ