鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

旦那(嫁)が子供をたたく・・しつけとしてアリ?ナシ?

      2018/10/15

旦那(嫁)が子供をたたく・・しつけとしてアリ?ナシ?

しつけと称して、旦那や嫁が子供をたたくのを目撃した時、あなたはどうしますか?子供を育てていく上で、叩くのは正しいしつけ方なのでしょうか?今回は子供をたたいて叱ることによる影響について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ポリエステル素材の洗濯方法は?ドライクリーニングに出すべき?

ポリエステル素材の洗濯はどのようにされていますか?扱いやすく...

エビ水槽の掃除の仕方 !

エビに限らず、どんな生き物でも水槽で飼育している以上は水槽の...

「シワアイロン 顔用」とは?使い方やおすすめなどについて !

シワアイロンと聞いて一番に思い浮かぶのは衣服に使うアイロンか...

日帰り登山であったら便利なおすすめグッズをご紹介!

登山専門店をのぞいてみると様々なメーカーから登山につかえる便...

ブレーカーが頻繁に落ちるようになった!原因と対策は?

ついうっかり電気を使いすぎると落ちてしまうブレーカー。夜の暗...

余ったシチューやカレーの保存方法とリメイク料理!

小さな子供からお年寄りまで、幅広い年代層の人に人気のあるメニ...

男だって自分で作る楽しい料理!

最近は男性でも料理を作る方が増えてますよね。ある調査によると...

トイレ掃除はどこからすると効果的なのか?!

みなさんはトイレ掃除、どこから掃除していますか?実はトイレに...

観葉植物でおしゃれ部屋を作る! 初心者向けの種類と方法!

つい人を呼びたくなるような、自慢したいほどおしゃれな部屋って...

色々な作業に音楽を聴いて集中する方法!

作業ってなかなか長くできるものではないですよね。数十分・数時...

猫と死別。悲しくても最後の挨拶をしましょう。

かつてはペットといえば犬が代表格でしたが、最近では飼われてい...

腹痛、しかも激痛・吐き気もある。どんなことが考えられる?

「おなかが痛い」という経験は誰しもあるはずです。食当たりかも...

癒しを与えてくれるメダカ。その産卵時期はいつ?

かつては小川によく見かけられたメダカですが、今ではその姿を見...

点滴でできたむくみを簡単に解消する方法!

点滴を受けた後に、むくみができて、体が重くなったりしたことは...

郵便局に転居届を!一人暮しの第一歩

家を出て一人暮しを始めるのは不安と期待が入り混じっているので...

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

生理予定日を過ぎて妊娠検査薬は使える?陰性と陽性の判断は

妊娠を希望していると妊娠しているかどうか早く妊娠検査薬を使い...

母子家庭で子供がアルバイトする場合の注意点は何?

父子家庭よりも母子家庭の方が多い理由は、離婚により母親が親権...

病院で「大切な証明書」である診断書がもらえない

誰だって好きで風邪をこじらせたり、精神面を患ったりしているワ...

スポンサーリンク


旦那(嫁)が子供をたたいて叱る。効果はあるの?

迷惑な行為をしている子どもを注意するとき、何回言っても聞かないから、最初は軽く叩いてしまったとします。
最初はびっくりしたり、痛みから子どもはその行為を一度はやめると思います。
親も『しまったなぁ』最初は思うかもしれません…
しかし、また同じような場面になったとき、最初と同じように叩いてやめさせようとした…
子どもは以前のように言う事を聞いてくれない。
そうすると、前回よりももっと強い痛み、強い力で叩かないといけなくなってしまうのです。

引用元-子どもを叱る時叩くのはダメ!しつけの価値観や叱り方は夫婦で統一 | もっちーのブログ

叩いてやめさせるのは一時的なもので、本質的に『いけないことだからやめなくてはいけない』という肝心な部分は子どもは分かりません。
子どもの為に何一つメリットはありませんよ。

引用元-子どもを叱る時叩くのはダメ!しつけの価値観や叱り方は夫婦で統一 | もっちーのブログ

子供をたたく育児。子供はどう育つ?影響は?

体も心も傷がつく
子供を叩いてしまったとき、一番に気にすべきは子供の身体が怪我をしていないかどうかです。年齢にもよりますが子供の身体は大人よりも小さく、骨格も未熟です。叩いたことで思わぬ怪我をすることはありますし、叩いた拍子に点灯して家具などに体をぶつける危険性もあります。
そしてもう一つ、心配すべきは心の傷です。パパやママは子供にとって特別な存在で、一番の信頼を寄せる対象です。大好きなパパやママに叩かれたことは、体の痛み以上に子供の心にダメージを与え、自分には価値がないという間違った考えを植え付けてしまうリスクがあるのです。

引用元-子供を叩くと親に返ってくる!将来を脅かす5つの悪影響 – マーミー

自分が悪かったことを理解できない
子供は自分が弱いことを知っていて、乱暴に扱われることにはものすごく怯えます。そのためパパやママが大きな声を出して叩けば、従順になって言うことを聞きますが、それは一時的なものです。こどもは「叩かれるのがイヤ」だから「いうことを聞く」だけに過ぎないのです。
子供の悪い行動をやめさせたいのなら、子供がしっかりと自分の悪いことを自覚する必要がありますが、叩かれた子供は叩かれたということだけが印象に残って、「自分が悪かった」という大事なことを理解することができません。そのため、何度でも同じことを繰り返し、周りのイライラをさらにあおってしまうのです。

引用元-子供を叩くと親に返ってくる!将来を脅かす5つの悪影響 – マーミー

旦那も叩かれて育った?暴力は連鎖する?

子供を虐待してしまう親…そんな人間の心の奥を探ってみると子供の頃に親から虐待を受けていたというケースは非常に多いんです。
こうして暴力は不幸にも連鎖してしまうんです。食い止めることが出来ないのでしょうか?
悪いことをしてしまいそれを暴力で抑え込まれた子供は、自分のその悪い行動だけでなく心まで抑え込まれてしまいます。その行動の裏にある気持ちは全く無視されているわけです。

引用元-笑顔を取り戻そう!子供を叩くのをやめたいママにお薦めの深呼吸法 | MARCH(マーチ)

受け入れてもらうこと無く育ってしまった子供は自分を理解してもらうという経験がないために、他人とうまく関係を築くことが出来ません。
結果的に友達が出来ずに引きこもってしまう、自分の中にたまったモヤモヤを吐き出すことが出来ずに犯罪に手を出してしまうといった問題行動が生まれてしまいます。

引用元-笑顔を取り戻そう!子供を叩くのをやめたいママにお薦めの深呼吸法 | MARCH(マーチ)

自分の周りにいる存在に対して思い通りにならないと暴力を使ってどうにかしようとしてしまうんですね。自分がそうされて育ってきたわけですから。

引用元-笑顔を取り戻そう!子供を叩くのをやめたいママにお薦めの深呼吸法 | MARCH(マーチ)

1,2歳の子供をたたくのは特に危険!その理由は?

1,2歳の子供はまだまだ言葉が分かっていません。ですので、「叩いてでも分からせた方が良いのでは?」と思ってしまうかもしれません…。
しかし、叩くのは絶対にNGなのです。その理由についてお話しします。
ポイントは次の3つあります。
・何がいけないのか伝わらない
親がしつけと称して叩く事は、子供に恐怖心を植え付けてしまい、考える力を奪ってしまいます。「何がいけなかったのか?」が伝わらない為に、「叩かれるからやらない」という考え方の子供に育ってしまいます。

・叩いても良いと勘違いしてしまう
子供が他の子を叩いた時など、同じ痛みを知ってもらう為に叩いた方が良いと思うかもしれません。しかしこれは逆効果で、「悪いことをしたら、相手を叩いても良い」というメッセージを与えてしまいます。相手の心の痛みを伝える努力が必要です。

・親がエスカレートする可能性がある
叩くというしつけをし始めると、今後もずっと叩くかなければなりません。子供が痛みに慣れてしまい、さらに強く叩く…というように、親の行為がエスカレートする可能性があります。子供は親にされたことを真似るので、他の人に乱暴することになるかもしれません。

引用元-[1,2歳]子供のしつけで叩くはNG!叩かない育児の極意5ヶ条

たたく育児から卒業!効果的な叱り方とは?

感情まかせの理不尽な叱り方は論外だが、不測の事態が懸念されるとき、子供を危険から学ぶためについつい厳しく叱ってしまいがちだ。こうしたとき、専門家が推奨する効果的な叱り方は、「行為の結果」として待ち構えている「罰」を子供に対して明示することだ。例えば、「家族で外出時に一人でどこかに行ったらすぐに帰宅する」などといったルールを示し、子供にも口に出してそのルールを言わせる。それでも一人でどこかに行こうとしたときには、「なるほど、もうお家に帰ることにしたのね」と冷静に言って聞かせ、帰宅をする。この方法は、口頭で注意したり、叩いたりするよりも子供の学習効果が高いそうだ。子供がまだ幼く、この方法が通用しない場合には、親がしっかりと監督をして子供を危険から守る他ない。

引用元-子供を叩いてはいけない理由 |

まとめ

子供が言うことを聞かない、危険なことをしようとする、というようなことがあると、つい手が出てしまうという気持ちもわからなくはありませんが、しつけとして必要なのは「どうしていけないことなのか」を理解することのようです。手が出そうになったら一旦深呼吸をして、子供に「何がいけないのか」をわかるように伝えることが必要なんですね。

twitterの反応


https://twitter.com/chami019/status/260984836381110272

 - 学問 教育 子育て

ページ
上部へ