鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

猫との生活:寝る部屋は分ける?分けない?

      2017/09/12

猫との生活:寝る部屋は分ける?分けない?

猫を飼いたいと考えている方、猫が生活する部屋のことはどう考えていますか?寝室で一緒に寝る?それとも部屋を分ける??今回は猫と生活する中で考えなければならない「お部屋」について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

生理予定日を過ぎて妊娠検査薬は使える?陰性と陽性の判断は

妊娠を希望していると妊娠しているかどうか早く妊娠検査薬を使い...

母子家庭で子供がアルバイトする場合の注意点は何?

父子家庭よりも母子家庭の方が多い理由は、離婚により母親が親権...

病院で「大切な証明書」である診断書がもらえない

誰だって好きで風邪をこじらせたり、精神面を患ったりしているワ...

男性用スカートは民族衣装だけ?おしゃれなの履き方と体験談

男性がスカートを履くとおかしい?伝統衣装のキルトスカートは男...

人が死ぬ前に感じる予感や予兆の3パターン

知ってる人が死ぬかもしれないといった予感や死ぬ直前の予兆を知...

親の介護が必要になったら姉妹の場合どうしたらいい?

自分も年をとりますが、当然親も年をとります。いずれは親の介護...

落ち込んだ時に聴くだけで実現?恋が叶う音楽?!

「○○の曲を聴いたら両思いになれる!」とか「○○の曲を着信音...

住所の丁目の漢字の部分「郵便」と「公的文書」は違う

「町丁名」って聞いたことありますか?住所の丁目の部分が漢数字...

「住所の構造には意味がある」住所の丁目と番地と号

住所を書く時に省略していることってありませんか?例えば○丁目...

基本は『家族で移動』本籍地の転籍と住所の地番と番地

本籍地は転籍自由で国内どこに置いても問題がありません。ただし...

「遠方のサイトのない店で買い物」現金の郵送を着払いで?

買い物を通販でする時、店が送料を負担してくれる場合があります...

犬用ステロイド注射の副作用&注意点と病気に対する効果

犬の病気治療などに使われるステロイド注射。どんな効果があって...

灼熱の金魚注意報?!水槽の水温を下げるにはどうしたらいい?

暑い夏、涼しげな水の中で気持ちよく泳いでいるかと思えばわが家...

極寒の金魚注意報?!水槽の水温はヒーターで調節した方が?

金魚は冬になると冬眠をするので、それに備えるため秋はエサをし...

『迷う転籍』本籍と住所が違うと手間取る手続き〜

就職すると同時に県外に転出した人の場合、本籍地を就職先の県に...

仮病・アリバイ工作厳禁!一週間入院する病気には何がある?

病気で入院や手術をしなければならないことは、誰にでも起こり得...

がま口、長財布を買い替えよう!人気のブランドは?!

がま口や長財布、二つ折り財布といろいろあるけれど、新年に今ま...

NHK契約を拒否したい!持家に来る勧誘員撃退法

持家にやってくるNHKのしつこい勧誘で、そろそろ契約しなけれ...

スポンサーリンク


猫と生活する部屋、飼う前に環境を確認しよう!

部屋の中には危険がいっぱい
部屋の中のどういったものが猫を飼う上で危険になってくるのかというと、ありとあらゆるものと考えて正解です。人間目線で作られた家具家電は猫にはどれも危険なものばかりです。
大きな家具や家電を猫の届かないところに置くことは難しいですが、工夫次第で猫への危険度が軽減されます。
コード類などは猫が噛んでしまうだけでなく、感電してしまう危険もあるのでカバーをつけたり、猫の届かないところでまとめたりしてすっきりさせておくことが大事です。扇風機やヒーター、ストーブなども猫が直接触れると危険なのでカバーなどを浸けることをオススメします。

猫専用スペースを作って空間を分ける
身体能力の非常に優れた猫は私たちの思わぬようなところにまでジャンプして飛び乗ってしまうことがあります。リビングルームの棚の上やテーブルの上などは猫が上ってくることも覚悟しておく必要があります。
しかし、さすがにキッチンの食器棚の上などを猫に飛び乗られては衛生面で気になってしまいますよね。猫が動き回って大丈夫な空間とダメな空間の区別をしっかりつけ、ダメな空間には猫が上がれないように工夫することが大事です。
それと同時に猫が思う存分動き回れるような環境を整えてあげましょう。

引用元-猫を飼っている方、必見!猫を飼うための環境づくりについて | ペット生活

猫との同居、赤ちゃんがいる場合は特に病気に注意!

猫から感染するトキソプラズマの感染症
トキソプラズマ感染症は猫からうつる感染症です。
赤ちゃんが直接トキソプラズマ感染症に感染する可能性は低いですが、妊娠中にママが感染すると赤ちゃんが障害を持って生まれてくる可能性が高くなります。
全ての猫がトキソプラズマに感染しているとは限りませんが、猫を飼っているママは念の為動物病院でトキソプラズマ感染症の検査を受けさせましょう。

猫アレルギーの発症
猫アレルギーになる可能性は誰にでもあります。猫アレルギーになってしまうのは猫の毛などに含まれるアレルゲンが原因とされています。
人間の体にはアレルゲンの許容量が決まっています。その許容量を超えるとアレルギーを発症します。赤ちゃんの頃から猫と生活していると、そうでない人と比べて猫アレルギーを発症しやすいと言われています。

引用元-赤ちゃんと猫の同居で気をつけよう!猫アレルギーや猫の毛に注意☆ [ママリ]

子供と猫の同居、アレルギー対策には猫と寝る部屋は分ける?

【衛生面】喘息やアレルギーを防ぐポイント

1.寝る場所は別々に
子どもは寝ている時間が大人よりも長く、床に落ちているペットの毛を吸いやすいので、赤ちゃんとペットの寝る場所は別々にしましょう。

2.空気清浄機で空気をきれいに
空気清浄機を使うことで、ペットの毛や毛についているダニ、アレルゲン物質をなくすことができます。空気清浄機は、できるだけつけているようにしましょう。

3.掃除、洗濯はしっかりと
ぬいぐるみやカーテン、布団はペットの毛がつきやすいのでこまめに掃除、洗濯するようにしましょう。特にぬいぐるみと布団は子供が触ることが多いので、念入りにお手入れしたいですね。手で払うだけではなく、粘着テープがついたクリーナーや水でぬれた手で取ると毛をしっかりとることができます。犬や猫は季節によって毛が生え変わる品種もいるので、抜けやすい時期には特に気を配りたいですね。

引用元-ペットを飼うと子供にメリットいっぱい!実践方法と注意点とは? – こそだてハック

猫飼いの人に聞く、猫と寝る部屋は分ける?分けない?

寝るときだけ猫と別々にしている方いらっしゃいますか?猫は寂しがらないでしょうか?またそのような環境に慣れますか?

引用元-寝るときだけ猫と別々にしている方いらっしゃいますか?猫は… – Yahoo!知恵袋

うちは同じ部屋で、寝る時だけゲージに入れています。前は一緒に寝てたんですが、夜中に突然運動会が始まることがあるので、ゲージに入れることにしました。
初日だけは嫌がりましたが、2日目からは大人しく寝るようになりました。

引用元-寝るときだけ猫と別々にしている方いらっしゃいますか?猫は… – Yahoo!知恵袋

うちは寝室にネコを入れません。昔は一緒に寝ていましたが、布団の上でウンコしやがったのでそれ以来出入り禁止にしています。
ネコ達は夜はリビングで固まって寝ているようで寂しがることはありません

引用元-寝るときだけ猫と別々にしている方いらっしゃいますか?猫は… – Yahoo!知恵袋

猫の部屋をケージにして分ける時に気をつけることは?

高さのあるゲージを用意する
ゲージはできるだけ広く、そして必ず高さのあるゲージを用意します。
猫は上下運動をしないとストレスが溜まる生き物で、高い上にジャンプしてそこから下を眺めているだけでストレス解消できます。
1階はトイレ、2階は寝床、3階は遊び場というように分けておくと猫もストレスを感じにくいです。

5時間以上ゲージに閉じ込めない
猫をずっとゲージの中で飼うことは不可能です。
子猫のころからしつけたとしても、外に出たがりますし、健康状態にもよくありません。
一人暮らしで仕事で5時間以上家を空けるという場合は、猫をゲージ飼いするという選択肢はなくしましょう。
部屋の1室を開放するなど、広い環境を猫に用意しなければ飼うことはできません。
もしずっとゲージに閉じ込めた場合は、もちろん猫は寿命が短くなってしまいます。
ストレスも解消できない、自由に動けない環境が続くなら、当然そうなりますよね。

人がいる間はゲージに入れない
お家に帰ってきたらすぐにゲージから出して、めいっぱい遊んであげましょう。
猫じゃらしやボールなどで運動不足を解消して、いっぱいなでなでしてあげてください。
ゲージに閉じ込められているストレスはかなり大きいので、夜中も好きにさせておいて、一緒にべッドで寝るようにしましょう。
猫は夜行性と言われていますが、人と一緒に生活していると夜ぐっすり眠るようになります。

引用元-これだけは守って!猫をケージ飼いするときの6つのルール | 猫になりたい〜猫☆パラダイス〜

まとめ

長毛種の猫は特に換毛期に抜ける毛が多く、掃除を怠るとアレルギーなどの原因になってしまうことが多いようです。猫を飼う場合は、こまめな掃除が大事。そして元々花粉症などのアレルギーを持っている人は念のため、寝る部屋は分けたほうがよさそうです。

twitterの反応


https://twitter.com/sakuralira626/status/787693202060873728


https://twitter.com/minimini528/status/780448488844689408

 - 動物 植物 ペット

ページ
上部へ