鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

「避妊したけど不安」アフターピルの服用と出血と日数

      2019/10/29

「避妊したけど不安」アフターピルの服用と出血と日数

アフターピルについて知っていますか?ピルなら聞いた事があるけれど…という方も多いのではないでしょうか?アフターピルを服用したあと避妊に成功すると出血があります。日数は大体早くて3日だそうです。まだまだ知名度の少ないアフターピルですが、今回は、出血や日数また、副作用についても調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ブレーカーが頻繁に落ちるようになった!原因と対策は?

ついうっかり電気を使いすぎると落ちてしまうブレーカー。夜の暗...

余ったシチューやカレーの保存方法とリメイク料理!

小さな子供からお年寄りまで、幅広い年代層の人に人気のあるメニ...

男だって自分で作る楽しい料理!

最近は男性でも料理を作る方が増えてますよね。ある調査によると...

トイレ掃除はどこからすると効果的なのか?!

みなさんはトイレ掃除、どこから掃除していますか?実はトイレに...

観葉植物でおしゃれ部屋を作る! 初心者向けの種類と方法!

つい人を呼びたくなるような、自慢したいほどおしゃれな部屋って...

色々な作業に音楽を聴いて集中する方法!

作業ってなかなか長くできるものではないですよね。数十分・数時...

猫と死別。悲しくても最後の挨拶をしましょう。

かつてはペットといえば犬が代表格でしたが、最近では飼われてい...

腹痛、しかも激痛・吐き気もある。どんなことが考えられる?

「おなかが痛い」という経験は誰しもあるはずです。食当たりかも...

癒しを与えてくれるメダカ。その産卵時期はいつ?

かつては小川によく見かけられたメダカですが、今ではその姿を見...

点滴でできたむくみを簡単に解消する方法!

点滴を受けた後に、むくみができて、体が重くなったりしたことは...

郵便局に転居届を!一人暮しの第一歩

家を出て一人暮しを始めるのは不安と期待が入り混じっているので...

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

生理予定日を過ぎて妊娠検査薬は使える?陰性と陽性の判断は

妊娠を希望していると妊娠しているかどうか早く妊娠検査薬を使い...

母子家庭で子供がアルバイトする場合の注意点は何?

父子家庭よりも母子家庭の方が多い理由は、離婚により母親が親権...

病院で「大切な証明書」である診断書がもらえない

誰だって好きで風邪をこじらせたり、精神面を患ったりしているワ...

男性用スカートは民族衣装だけ?おしゃれなの履き方と体験談

男性がスカートを履くとおかしい?伝統衣装のキルトスカートは男...

人が死ぬ前に感じる予感や予兆の3パターン

知ってる人が死ぬかもしれないといった予感や死ぬ直前の予兆を知...

親の介護が必要になったら姉妹の場合どうしたらいい?

自分も年をとりますが、当然親も年をとります。いずれは親の介護...

落ち込んだ時に聴くだけで実現?恋が叶う音楽?!

「○○の曲を聴いたら両思いになれる!」とか「○○の曲を着信音...

スポンサーリンク


アフターピルの出血について|日数は3日後程度

アフターピルの服用後、早ければ3日後くらいで出血が起こります。
この出血は「消退出血」といい、アフターピルでホルモンの調節をして子宮内膜を剥がしたことによる出血のことを指します。
生理も剥がれた子宮内膜による出血ですが、自然なものか、ピルによってかを区別する為に消退出血と呼びます。
消退出血が起こるのは、一般的に3日〜3週間と言われていています。
1週間以内に消退出血が起こる人が多いようですが、個人差があります。
一つの目安として、3週間が経過しても出血がなければ市販の妊娠検査薬か、病院で妊娠検査してみましょう。
消退出血の量は、排卵日によっても左右されるものです。
アフターピルの服用が排卵日の直後だと、剥がれ落ちる子宮内膜が少ないので出血量は少なく、排卵日から日数が経過していれば普段の生理と同量程度の出血があるようです。

消退出血は緊急避妊に成功した印ですが、生理が終わったばかりだと、この消退出血がないという場合があります。
また、緊急避妊をした時期によっては、なかなか消退出血が起こらない事例もあります。
出血しない=緊急避妊に失敗とは断定できませんが、このような場合、緊急避妊に失敗した例があります。
服用から3週間経過しても消退出血が起こらない時は、妊娠検査をしましょう。

引用元-アフターピル の出血はいつまで続くの?

アフターピルってなに?

緊急避妊薬はアフターピルまたはモーニングアフターピルなどとも呼ばれており、下記のような場合に使用されます。

・性交渉の時にコンドームを使用しなかった
・性交渉の時にコンドームが破れたor途中で外れた
・性交渉の時にコンドームを着けずに膣外射精をした

このような状況が思いあたり、さらに妊娠を望まない場合には緊急避妊薬の服用が必要となってきます。また強姦などの凶悪な事件を含め性交を強要され避妊ができなかったというケースにも、この緊急避妊薬が用いられます。
緊急避妊薬の避妊率はとても高く、望まない妊娠を防ぐことができますが、効果は100%ではありません。
また、服用方法が間違っていたりきちんとした用量が服用できなかった場合は避妊効果が得られない可能性があります。

引用元-緊急避妊薬(アフターピル)とは?仕組みや効果、副作用や費用まとめ [ママリ]

性行為後72時間以内に緊急避妊薬を服用することで、緊急避妊薬に含まれる女性ホルモンが排卵を遅らせたり、着床を防ぐ働きをします。また子宮内膜への着床を阻害する効果もあり避妊することができます。
緊急避妊薬は定期的に飲む事で徐々に排卵を抑制する、低容量ピルとは違います。ホルモンバランスを急激に変化させることで効果を発揮する薬なのです。

引用元-緊急避妊薬(アフターピル)とは?仕組みや効果、副作用や費用まとめ [ママリ]

初めて緊急避妊薬を服用した場合は下記のような副作用の症状が出やすくなります。ただ、ほとんど場合、副作用は数日ほど経過すれば自然と治まります。
・吐き気・嘔吐
・頭痛
・生理痛のような腹痛
・めまい・眠気
・血栓症
・不正出血
服用後、2時間以内に嘔吐してしまった場合、再度薬の服用が必要になる場合があります。服用後の嘔吐に関する詳細は、処方してもらう医師に十分に確認しましょう。

引用元-緊急避妊薬(アフターピル)とは?仕組みや効果、副作用や費用まとめ [ママリ]

アフターピルの出血は、避妊成功の証

アフターピル服用後に3日〜3週間程度で生理程度の出血があれば避妊成功と言えます。これを「消退出血」といいます。
消退出血は子宮内膜をはがし着床をさせないようにすることで起こるため、妊娠の可能性があった人だけに限らず、アフターピルを使用すれば全員に見られる症状です。
また、出血が見られても妊娠による着床出血という可能性もあります。判断するポイントとしては、個人差はあるものの着床出血は気づかない人もいるほど少量です。生理で見るような赤い血ではなく、血が混じった茶色おりものが一般的です。

引用元-アフターピルとは?性行為後でもできる避妊法!?

3週間経っても出血が見られない場合は、 妊娠の可能性があるため妊娠検査薬で調べるなどの確認が必要です。
出血量が少ない場合も、市販の妊娠検査薬で良いので確認すると確実でしょう。

引用元-アフターピルとは?性行為後でもできる避妊法!?

アフターピルを使用すると「服用しなければ来るはずだった、本来の生理予定日」というものはなくなります。
排卵前や排卵期にアフターピルを服用すれば、月に2回生理が来ることもあります。
排卵後に服用した場合は、本来の予定日に生理が来ることが多いです。この場合は、アフターピルによって引き起こされる生理と自然な生理が一緒に起きていることになります。
アフターピルを服用した場合、本来の予定日より遅く生理が来ることはほぼありません。予定日よりも遅くなった場合は、着床出血など、妊娠によって起きた出血の可能性がありますので、妊娠していないか要検査です。

引用元-アフターピルとは?性行為後でもできる避妊法!?

アフターピル|受精卵が着床するまでの日数

性行為で受精していたとして、受精卵が子宮にたどり着いて着床するまでに1週間から10日ほどかかります。
それまでに、子宮内の内膜をはがし、着床できなくさせなければなりません。
アフターピルを飲んでから、内膜が剥がれて消退出血(生理)が起こるまでに早くて3日ほどかかります。
72時間(3日間)後の服用で、消退出血が起こるまでに3日、とすると、日数的に受精卵の着床を防ぐのにはギリギリといったところですね。
このことを考えれば、なぜ72時間以内で、その中でも早ければ早いほうが良いという理由がわかるかと思います。

ただ、アフターピルには、内膜をはがすようにホルモンを調節する働きだけでなく、排卵日がまだの場合は、排卵日を遅らせたりする働きもあります。
性行為をした日が排卵日に当たっていれば、72時間以内が望ましいですが、排卵日前だった場合は、72時間以降でも服用することで排卵日を遅らせられれば、体内で生き残っている精子が卵子と出会う可能性は低くなります。

引用元-アフターピルは72時間過ぎたら効果はないですか?? – 120時間までで、7… – Yahoo!知恵袋

アフターピルの出血以外の副作用

アフターピルによって女性ホルモンが体内に入ると、体に様々な副作用が起こる可能性があります。
軽い症状であれば、頭痛やめまい、胸の張りなどですが、吐き気や嘔吐などの症状が出る場合もあり、特に嘔吐した時に薬も一緒に吐いてしまうと避妊効果が薄れてしまうので、また再度薬を服用する必要がありますが、あらかじめ処方してもらった婦人科で一緒に吐き気止めをもらうか、あるいはもらえなかった場合には市販の車酔い用の吐き止めでも効果があります。
また、希に血栓ができやすくなることもありますが、喫煙者でない場合にはそんな恐れる副作用ではありません。ただ、タバコの喫煙が習慣になっている人の場合は、アフターピルの服用期間だけは喫煙を控えるか完全に禁煙してしまうことをおすすめします。
タバコを吸うと、タバコに含まれるニコチンが血管を収縮させる作用により血管が細くなることで、アフターピルの副作用の血栓が出来やすくなる作用を相まって詰まりやすくなり、血栓症になるリスクが上昇します。
そのため、処方箋をもらう婦人科に最初に喫煙について相談するようにしましょう。
副作用が続くのは、1日か長くても2日ほどで収まる人が多いようですが、中には1週間も長く続く人もいるので、あまりに副作用がひどい場合にはもう一度婦人科で診てもらうようするのが望ましいでしょう。

引用元-アフターピルの副作用

まとめ

アフターピルは「避妊率99.9%」を謳っている低容量ピルとは違い、あくまで緊急避難用である為効果は低容量ピルのそれより少し下がります。「アフターピルを飲んだからもう大丈夫!」と考えるのではなく、「まだ分からない」と考えておく方が飲み忘れも防げますし、有事の際に医療機関に相談に行く等の対処が迅速になります。このように、アフターピルは絶対に妊娠を回避出来る訳ではないので、注意深く経過観察をして行きましょう。

twitterの反応


https://twitter.com/tword6422/status/761906095862407168


https://twitter.com/oyasumimeiko/status/797750850256932864


https://twitter.com/pill_co/status/787659478514610176


https://twitter.com/Sy0k0_/status/745219486119137280

 - 健康 美容

ページ
上部へ