鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

離婚が子供に与えてしまう影響にはどんなことがあるの?

      2017/09/12

離婚が子供に与えてしまう影響にはどんなことがあるの?

離婚を考えた時に親として気にかかるのが子供への影響ではないでしょうか。世間では離婚は必ず子供に影響すると言われていますが、どんな影響が及ぼされるのでしょうか?取り返しのつかないことなのでしょうか?離婚が子供に与えてしまう影響について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

トイレ掃除はどこからすると効果的なのか?!

みなさんはトイレ掃除、どこから掃除していますか?実はトイレに...

観葉植物でおしゃれ部屋を作る! 初心者向けの種類と方法!

つい人を呼びたくなるような、自慢したいほどおしゃれな部屋って...

色々な作業に音楽を聴いて集中する方法!

作業ってなかなか長くできるものではないですよね。数十分・数時...

猫と死別。悲しくても最後の挨拶をしましょう。

かつてはペットといえば犬が代表格でしたが、最近では飼われてい...

腹痛、しかも激痛・吐き気もある。どんなことが考えられる?

「おなかが痛い」という経験は誰しもあるはずです。食当たりかも...

癒しを与えてくれるメダカ。その産卵時期はいつ?

かつては小川によく見かけられたメダカですが、今ではその姿を見...

点滴でできたむくみを簡単に解消する方法!

点滴を受けた後に、むくみができて、体が重くなったりしたことは...

郵便局に転居届を!一人暮しの第一歩

家を出て一人暮しを始めるのは不安と期待が入り混じっているので...

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

生理予定日を過ぎて妊娠検査薬は使える?陰性と陽性の判断は

妊娠を希望していると妊娠しているかどうか早く妊娠検査薬を使い...

母子家庭で子供がアルバイトする場合の注意点は何?

父子家庭よりも母子家庭の方が多い理由は、離婚により母親が親権...

病院で「大切な証明書」である診断書がもらえない

誰だって好きで風邪をこじらせたり、精神面を患ったりしているワ...

男性用スカートは民族衣装だけ?おしゃれなの履き方と体験談

男性がスカートを履くとおかしい?伝統衣装のキルトスカートは男...

人が死ぬ前に感じる予感や予兆の3パターン

知ってる人が死ぬかもしれないといった予感や死ぬ直前の予兆を知...

親の介護が必要になったら姉妹の場合どうしたらいい?

自分も年をとりますが、当然親も年をとります。いずれは親の介護...

落ち込んだ時に聴くだけで実現?恋が叶う音楽?!

「○○の曲を聴いたら両思いになれる!」とか「○○の曲を着信音...

住所の丁目の漢字の部分「郵便」と「公的文書」は違う

「町丁名」って聞いたことありますか?住所の丁目の部分が漢数字...

「住所の構造には意味がある」住所の丁目と番地と号

住所を書く時に省略していることってありませんか?例えば○丁目...

基本は『家族で移動』本籍地の転籍と住所の地番と番地

本籍地は転籍自由で国内どこに置いても問題がありません。ただし...

スポンサーリンク


親が離婚した子供は?

親が離婚すると子供の性格形成に何か影響ありませんか?

引用元-親が離婚すると子供の性格形成に何か影響ありませんか? – sakurasaku90… – Yahoo!知恵袋

心理学的に。
離婚した家庭で育った子供は、離婚しやすいというデータがあります。
特別、性格が歪んで育ったというわけではないです。
ただ、両親そろった家庭で育つと、自然に男女のあり方、会話、喧嘩と仲直り、意見が合わない時に譲り合う姿など父親と母親の交流や会話から、無意識に学び取ることが多いです。

それを経験せず育ってしまうと、他人と家庭を築こうとした時に色々な食い違いなどに直面した際、相手と構築するのがやや不器用というか上手くなかったりします。
交際している分には問題ないのですが、家庭を築くとなると途端に色々な問題が表面化します。

片親の家庭で育つと、母親もしくは父親の方針で家庭が回ります。
つまり単独意見しか家庭内に起こらず、意見と意見がぶつかったり、どちらかが折れたりする場面がありません。
それはとてもスムーズで円満な家庭ともみられますが、子供はそこで夫婦の在り方や構築法を学ぶ機会がなかったので自分が家庭を持った時に、他人と足並を揃えていくことが、いまいちよく解らない傾向にあります。
結果、上手くいきにくく離婚に至る数値が高いのです。

親が離婚した家庭でも、祖父母と同居だったり大人が2人以上いる環境で育つと、意見のぶつかり合いや話し合いの場面を見て育つので、離婚する確率は少し下がります。

引用元-親が離婚すると子供の性格形成に何か影響ありませんか? – sakurasaku90… – Yahoo!知恵袋

離婚が犯罪や生活態度の乱れに

おおむね小学校高学年以降の子供は、親の離婚を頭で理解できるようになりますし、自分の意見を言葉で表現する力も備わっています。
そのため、離婚についてどう思うか、どちらの親と住みたいか、転居や転校をするかなどについて、意見を言うこともあります。
一方で、離婚について理解し、表現する力があっても、親に気を遣ったり、気持ちが整理できなかったりする子供も少なくありません。
そうした子供は、自分ではどうしようもないストレスを心の中に溜め込み、犯罪(暴力、物を壊す、落書き、万引きなど)や生活態度の乱れ(夜遊び、外泊、不良交友、援助交際、不登校など)といった不適切な方法で、ストレスを発散しようとすることがあります。
また、親の離婚を経験した子供は、夫婦が円満な家庭を築くイメージを持ちにくいため、将来、結婚したときに夫または妻としての役割をうまくこなせず、離婚してしまうことも少なくありません。

引用元-離婚が子供に与える影響は? | 離婚したい人のガイドブック

離婚があたえる子供への影響

離婚をした時の、子供の反応は大きく分けると2つのパターンにわけることができます。
1つ目はなんとなく両親の間に流れる不穏な空気を感じ取って両親が離婚することはもうわかっていたというものと、2つ目は全く離婚を想定していなくて信じられないと驚くパターンです。

まず、初めにいえることとしては親の離婚が子供に与える影響が全くないということはありえないです。
どんな状況であっても両親の離婚を経験することで子供は傷ついています。その子供たちの傷をケアするのは親の義務です。
離婚を決めてしまった以上は子供に与える影響を小さくするということよりも、両親の離婚によって影響を与えられた子供たちのケアをすることを重視していくことが大切です。

引用元-離婚があたえる子供に対しての影響について

離婚はどんな状況であっても少なからず子供に影響を与えます。
その中でも一番怖いのは子供にとって離婚したことが悪影響になってしまうことです。

子供は親が思っている以上にいろいろ考えて傷ついています。
子供の心のケアをすることを考える上で子供に悪影響を与えてしまうことは知っておくべきです。

引用元-離婚があたえる子供に対しての影響について

親の離婚によるマイナスの影響

親の離婚によるマイナスとして,不安・孤独・寂しさに苦しみ,苦しむ自分を責めて自己嫌悪に悩み,
被害感に悩んでいることなどが多く述べられています。

・「自分の人生を狂わされたし,体も不自由になった」(離婚時6歳,現在25歳)

・「嫌だったことは,新しい先生が担任になるたびに,まずは母子家庭だという目で見られたこと。母子家庭であることを明かすと,人間関係に問題が生ずると思い,普通の家庭のようによそおった」(離婚時6歳,現在28歳)

・「親に心配かけないように,しっかりとしていい子を演じてきました。本当の弱い自分を異性に素直に見せることもできず,永遠に続くものはないと,一生結婚もせず,子どもも産まない人生を考えてきました。 別れてしまうのが怖かった。いずれは別れが来るものと決めつけていたので」(離婚時7歳,現在32歳)

・「社会の偏見はいまだにあると思います。自分の努力ではどうにもならないことで,あれこれ言われることは本当につらい。正直に両親の離婚を話せず嘘をついてしまい, それが積み重なってくると嘘をついた罪悪感が増してとても苦痛だった」(離婚時8歳,現在30歳)

・「羽が片方折れているような気持ちを抱えている。夫婦が傷つけ合い,子どもに悪影響を与えるなら別れて暮らした方がいい場合もあるかもしれませんが, 子どもにとって親の離婚はそれ以上に心に深く傷つくことだと思います」(離婚時24歳,現在34歳)

引用元-離婚した親と子どもの声を聴く

悪影響を最小限にする方法

親の離婚で子どもがいちばん悩んでいることは、「パパといるときはママと会いたくなり、ママといるときは、パパと会いたくなること」で、98%のこどもが感じているそうです。
小さい子どもほど、親の離婚は自分の責任だと思い込みやすく、親が口論をしている、離婚に向かっているときに「自分の世話をしてくれる人はいなくなる」不安を感じるということでした。

このような子どもの悩みに対して親がしてやれることは、とにかく、あなたを愛していると伝えること以外にないといいます。
「大好きだよ」「愛しているよ」と口で言うだけでなく、感心を持って育児をする、抱きしめる、なども有効です。

引用元-離婚が子供に与える悪影響を最小限にする方法

自分が離婚のせいにしなければ子供も親のせいにしない
子どもが自分の生い立ちをどう捉えるかは、離婚後の親の幸福度によってずいぶん違うはずです。

親が離婚を否定的に捉え、人生の汚点のように考えていたとしたら、子どもは自分の人生に困難があったとき、それを乗り越えられない理由に「親の離婚」を使うでしょう。

けれど、親が離婚について「人生の挫折」と捉え、そこから前向きに生きていくとしたら、子どもにとっての「親の離婚」は自分を成長させてくれたひとつのきっかけになるのではないでしょうか。
確かに、一度は一生添い遂げようと思った人と別れてしまうのには、人間的な未熟さなど、親として足りていない部分があるはずです。
少なくとも子どもへの影響を考えて悩んだ末に離婚を選んだということは、自分の人生も子どもの人生も、より良くしたいと願ってのことですから、そのまま夫婦でいては、成長できないと感じていたのだと思います。

引用元-離婚が子供に与える悪影響を最小限にする方法

まとめ

離婚そのものより親の不安定さが子供に影響を与える気がします。

twitterの反応


https://twitter.com/hitorisizuka223/status/797820547480502272

 - 人生 社会

ページ
上部へ