鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

仏壇に供える花を栽培してみよう!

      2017/09/12

仏壇に供える花を栽培してみよう!

仏壇に毎日キレイなお花をお供えしたいですよね。でも毎日買ってくるのは金銭的にも大変です。自分で栽培したお花をお供えできたら故人もとても喜んでくれそうですね。自宅でも栽培できる仏花について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

生理予定日を過ぎて妊娠検査薬は使える?陰性と陽性の判断は

妊娠を希望していると妊娠しているかどうか早く妊娠検査薬を使い...

母子家庭で子供がアルバイトする場合の注意点は何?

父子家庭よりも母子家庭の方が多い理由は、離婚により母親が親権...

病院で「大切な証明書」である診断書がもらえない

誰だって好きで風邪をこじらせたり、精神面を患ったりしているワ...

男性用スカートは民族衣装だけ?おしゃれなの履き方と体験談

男性がスカートを履くとおかしい?伝統衣装のキルトスカートは男...

人が死ぬ前に感じる予感や予兆の3パターン

知ってる人が死ぬかもしれないといった予感や死ぬ直前の予兆を知...

親の介護が必要になったら姉妹の場合どうしたらいい?

自分も年をとりますが、当然親も年をとります。いずれは親の介護...

落ち込んだ時に聴くだけで実現?恋が叶う音楽?!

「○○の曲を聴いたら両思いになれる!」とか「○○の曲を着信音...

住所の丁目の漢字の部分「郵便」と「公的文書」は違う

「町丁名」って聞いたことありますか?住所の丁目の部分が漢数字...

「住所の構造には意味がある」住所の丁目と番地と号

住所を書く時に省略していることってありませんか?例えば○丁目...

基本は『家族で移動』本籍地の転籍と住所の地番と番地

本籍地は転籍自由で国内どこに置いても問題がありません。ただし...

「遠方のサイトのない店で買い物」現金の郵送を着払いで?

買い物を通販でする時、店が送料を負担してくれる場合があります...

犬用ステロイド注射の副作用&注意点と病気に対する効果

犬の病気治療などに使われるステロイド注射。どんな効果があって...

灼熱の金魚注意報?!水槽の水温を下げるにはどうしたらいい?

暑い夏、涼しげな水の中で気持ちよく泳いでいるかと思えばわが家...

極寒の金魚注意報?!水槽の水温はヒーターで調節した方が?

金魚は冬になると冬眠をするので、それに備えるため秋はエサをし...

『迷う転籍』本籍と住所が違うと手間取る手続き〜

就職すると同時に県外に転出した人の場合、本籍地を就職先の県に...

仮病・アリバイ工作厳禁!一週間入院する病気には何がある?

病気で入院や手術をしなければならないことは、誰にでも起こり得...

がま口、長財布を買い替えよう!人気のブランドは?!

がま口や長財布、二つ折り財布といろいろあるけれど、新年に今ま...

NHK契約を拒否したい!持家に来る勧誘員撃退法

持家にやってくるNHKのしつこい勧誘で、そろそろ契約しなけれ...

スポンサーリンク


仏壇に供えるお花:仏花とは

仏花(ぶっか)とはお仏壇やお墓に供えるお花のことです。
仏教では仏様にお供えすると良いとされる5つのアイテムを五供(ごく)と呼んでいますがお花もこの中に含まれます。

どんな花を選んでもでもいいの?
「仏前に花一輪の心がけ」という言葉が示すように、お供えとは自分の心を仏様にささげることです。なので、心をこめてお供えするのであれば基本的にはどんな花でも問題ありません。
ただし、毒のある花やトゲのあるような花、匂いや花粉がきつい花は避けたほうがよろしいでしょう。なるべく新鮮なものを心がけ、ご自分の好きな花やお庭に咲いた季節の花などをお供えすると、供物としての気持ちがよくあらわれることでしょう。
仏花としてよく用いられる花には菊、ユリ、蓮などがありますが、お花屋さんに行くとその季節の花でアレンジされた仏花が売られています。

引用元-疑問解決!仏花の供え方・選び方|仏壇・仏具|コラム|ぶつえいどうぶろぐ|仏壇・仏具専門店ぶつえいどう

仏花に使われる一般的なお花

「輪菊」「小菊」「洋菊」「カーネーション」「スターチス」「ストック」などが、メインに使われることが多くなっています。
季節によって、春にはアイリスやキンセンカ。夏にはリンドウ、グラジオラス、ケイトウなどが使われることもあります。色合いとしては、「白」「黄色」「紫」「赤」「ピンク」などが基本です。
仏壇に飾るのに、このようにしきたり、マナーもあります。あまりその点を気にしなくてよいなら、故人が好きだったお花をお供えするのが、一番喜ばれるでしょう。
バラが大好きだった、という人もいると思います。そんな時、しきたりに厳しくない家であれば、バラをお供えするのもよいでしょう。

立派な仏花ではなくても、
庭で育てているお花でもいいのです。「きれいだな、飾ったら喜んでくれそうだな」と思って、お花をお供えする気持ちが、何より大切ですから。
あまり親しくないところへの仏花や、しきたりや決まりごとを大切にしているお宅へのお供えのお花は、注意しなければなりませんが、「故人を想う気持ちを大切にする」という意味では、「難しいことを考えずに喜んでもらいたい」という心で花を贈ることが大切だと思います。

引用元-仏壇に飾る仏花について知っておきたいこと

仏壇に供えるお花の栽培

田舎に行くと、販売用の作物のほかに自宅や畑にお花をたくさん咲かせている風景をみたことがありませんか?
お花好きなんだろうな、と思っていたのですが、お花好き半分仏壇用半分なんだそうです。
田舎は本家筋が多いので、大きな仏壇があるんですよね。
当然仏花を飾りますから、お花が必要になるのです。
仏花を同じように畑やプランターで育てたい方もいらっしゃるはず。
一般的な仏花もいいですが、育てやすい花、たくさん咲く花、手入れが少なくて済む花、そんな花の方が育てていても楽しいのではないでしょうか。
種からでもいいですが、慣れていないのなら、最初は苗から始めてはいかがでしょう。
花が咲くまでの期間も短くなりますし、途中で枯らす率も苗の方が少ないです。
お友達で花好きな方がいらっしゃったら、初心者でも育てやすい苗を譲り受けるのもいいですよ。
ついでに育て方も教えていただくと助かりますね。
球根植物は花が一本しか咲かないのが難点と言えば難点ですが、失敗が少ないですよ。

引用元-仏花の栽培におススメはこれ!春のお彼岸・お盆・秋のお彼岸 – もくれんの暮らしの知恵ノート

仏壇に供える栽培しやすいお花:菊

お盆や秋のお彼岸の頃に花が咲くので、仏花として便利です。小菊の中でもスプレー菊などは可愛らしくて仏花以外にも部屋に生けても素敵です。
白や黄色だけではなく、オレンジ色やピンク、黄色と赤が混じったものなど色もたくさんあります。種からでも育てられますが、苗だと7月に咲かせたいなら4月に植えましょう。7月咲き〜11月咲きまでありますし、冬に咲く菊もあります。いわゆる仏花らしい菊ばかりではなく、ポンポンのような小さな丸い菊もあります。アレンジメントフラワーとしても楽しめます。

引用元-仏花を育ててお墓参りに持参したい!育てやすい7種を紹介 – 花咲マニアとアロマさん

キクの栽培には腐葉土や赤玉、ゴロ土を混ぜて通気性の良い土を作ります。
水やりは表面の土が乾いたら、たっぷりと与えます。少しずつ何回も水をやったり、湿っているのに水をやると根腐れしてしまうので気をつけましょう。
肥料を与える期間は、春に新芽が出る頃から蕾が見える頃までです。蕾がついたら、肥料を与えるのはやめます。
花後は枯れた茎は根本で切り、土が乾いたら水やりをします。
鉢植えの場合は一回り大きな鉢に植え替えます。
キクは病気になりやすいので、新しい土(培養土)を使います。日当たりのよい軒下などで凍結させないよう越冬させます。
病気や虫がつきやすい植物です。スプレー式の害虫・殺菌剤など月に1回くらい定期的に撒くようにします。
キクはさし芽をした方が、きれいに咲きます(さし芽とは、生育中の植物の茎や枝を切り取って用土にさして発根させ、新しい苗をつくる方法です)。
春、新芽を摘んで、新しい鉢に挿します。真夏を除く5~9月が適期です。
キクはとても丈夫で放っておいても、それなりに育ってくれるので初心者にも向いていると思います。

引用元-キク(菊)の育て方(初心者向け)

仏壇に供える栽培しやすいお花:その他

百日草を育ててみよう
百日草は種を蒔いて育てます。4〜5月に種を蒔くと、初夏から晩秋にかけて長く花が咲きます。長い間咲くので百日草という名前になりました。花の寿命が長いことから、浦島草とうも呼ばれています。お盆にも秋のお彼岸にも仏花として持って行けそうですね。
春蒔きの1年草ですが、育てやすいのでお勧めです。黄色、白、オレンジ、ピンク色の八重咲きの綺麗な花が咲きます。花持ちが良いという点でも仏花にふさわしいです。

キキョウを育ててみよう
キキョウも仏花によく使われる花です。5月頃に苗を買って植えておくと、6〜9月に花を咲かせます。種から育てることもできて、種蒔きは4月上旬が適しています。青や紫色の花が清楚で涼しげな印象を与えてくれます。
開花期間が長く、耐寒性があるので初心者でも育てやすい花です。秋の七草の1つで日本人にも馴染みの深い花です。近年はピンク色や二重咲きのキキョウもありますので、育てるのが楽しくなりそうですね。

引用元-仏花を育ててお墓参りに持参したい!育てやすい7種を紹介 – 花咲マニアとアロマさん

キンセンカを育ててみよう
秋に種を蒔いて翌春に花が咲く一年草です。9月中旬〜11月中旬に種を蒔いておくと、3月〜6月頃に花を咲かせます。春のお彼岸の仏花にふさわしいと思います。特に「フユシラズ」という品種が霜にも雪にも負けずに花を咲かせるのでお勧めです。
フユシラズも宿根草と言っても夏の暑さで枯れるので、事実上一年草のようなものです。キンセンカはオレンジ色、黄色、クリーム色の花を咲かせます。育てやすいので春のお彼岸のために備えて育てておくといいですね。

引用元-仏花を育ててお墓参りに持参したい!育てやすい7種を紹介 – 花咲マニアとアロマさん

まとめ


仏花といえばやはり菊を思い浮かべますよね。菊は初心者でも育てやすいようですし、いろいろな種類があって可愛らしい菊もあります。是非育ててお供えしてみて下さい。

twitterの反応

 - 動物 植物 ペット

ページ
上部へ