鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

子供の言葉が話せる時期について

      2018/08/24

子供の言葉が話せる時期について

子育てをしていて気になる子供の成長として、子供の言葉かと思います。いつごろ言葉を発するのかその時期について、子供の言葉に関して大事なポイントをまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ポリエステル素材の洗濯方法は?ドライクリーニングに出すべき?

ポリエステル素材の洗濯はどのようにされていますか?扱いやすく...

エビ水槽の掃除の仕方 !

エビに限らず、どんな生き物でも水槽で飼育している以上は水槽の...

「シワアイロン 顔用」とは?使い方やおすすめなどについて !

シワアイロンと聞いて一番に思い浮かぶのは衣服に使うアイロンか...

日帰り登山であったら便利なおすすめグッズをご紹介!

登山専門店をのぞいてみると様々なメーカーから登山につかえる便...

ブレーカーが頻繁に落ちるようになった!原因と対策は?

ついうっかり電気を使いすぎると落ちてしまうブレーカー。夜の暗...

余ったシチューやカレーの保存方法とリメイク料理!

小さな子供からお年寄りまで、幅広い年代層の人に人気のあるメニ...

男だって自分で作る楽しい料理!

最近は男性でも料理を作る方が増えてますよね。ある調査によると...

トイレ掃除はどこからすると効果的なのか?!

みなさんはトイレ掃除、どこから掃除していますか?実はトイレに...

観葉植物でおしゃれ部屋を作る! 初心者向けの種類と方法!

つい人を呼びたくなるような、自慢したいほどおしゃれな部屋って...

色々な作業に音楽を聴いて集中する方法!

作業ってなかなか長くできるものではないですよね。数十分・数時...

猫と死別。悲しくても最後の挨拶をしましょう。

かつてはペットといえば犬が代表格でしたが、最近では飼われてい...

腹痛、しかも激痛・吐き気もある。どんなことが考えられる?

「おなかが痛い」という経験は誰しもあるはずです。食当たりかも...

癒しを与えてくれるメダカ。その産卵時期はいつ?

かつては小川によく見かけられたメダカですが、今ではその姿を見...

点滴でできたむくみを簡単に解消する方法!

点滴を受けた後に、むくみができて、体が重くなったりしたことは...

郵便局に転居届を!一人暮しの第一歩

家を出て一人暮しを始めるのは不安と期待が入り混じっているので...

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

生理予定日を過ぎて妊娠検査薬は使える?陰性と陽性の判断は

妊娠を希望していると妊娠しているかどうか早く妊娠検査薬を使い...

母子家庭で子供がアルバイトする場合の注意点は何?

父子家庭よりも母子家庭の方が多い理由は、離婚により母親が親権...

病院で「大切な証明書」である診断書がもらえない

誰だって好きで風邪をこじらせたり、精神面を患ったりしているワ...

スポンサーリンク


子供が言葉を話す時期①

生後2ヶ月頃になると、赤ちゃんは機嫌が良い時に「アー」「ウー」などと声を出すようになります。これを「クーイング」と言い、クーイングによりあかちゃんは言葉を話すための発声練習をしています。あやすと声を出して笑うようにもなり、赤ちゃんの笑顔に癒されますね。
この時期の赤ちゃんは、ママやパパがしゃべるのを聞いて色々な言葉を覚えていきます。赤ちゃんからの返事はなくても、赤ちゃんに語りかけてあげましょうね。

引用元-赤ちゃんがしゃべる時期は何歳?発達の流れ6段階と夢占い – マーミー

生後4ヶ月を過ぎた頃から、喃語や奇声を発するようになる赤ちゃんも出てきます。初めの頃は「アーウー」「アウアー」など、母音だけの喃語から始まり、次に、「バーバー」「マムマム」など子音を含む喃語へと発達していき、生後8ヶ月頃が最も喃語を多く話す時期と言われ、徐々に喃語から意味のある1語に移行していきます。
また、「キー」「キャー」など、赤ちゃんによって奇声の種類は様々です。耳や体が発達したこの時期の赤ちゃんは、自分が奇声を発することができることに気づき、自分の声を聞いて楽しんで遊びで発していることもありますが、ママの注意を引くことが目的になっていることもあります。

引用元-赤ちゃんがしゃべる時期は何歳?発達の流れ6段階と夢占い – マーミー

生後10ヶ月頃になると、赤ちゃんはママやパパの話す言葉をある程度理解できるようになります。まだ、意味のある言葉をしゃべることができない子が多いのですが、色々な言葉を理解して、しゃべる準備をしている時期と言えるでしょう。言葉を理解しているので「○○持ってきて」と言うと、言われた通りのものを持って来てくれるようにもなります。
指差しで自分の意思を伝えようとすることも増え、徐々に喃語を話すことが少なくなっていきます

引用元-赤ちゃんがしゃべる時期は何歳?発達の流れ6段階と夢占い – マーミー

子供が言葉を話す時期②

赤ちゃんも1歳を過ぎると体の成長とともに言葉の理解がさらに発達してきます。ママとの一体感が生まれてくるのがこの頃からではないでしょうか?
「行くよ」と言って手を差し出すと手を握ったり、名前を呼んだら顔を向けたりと言葉がどのように赤ちゃんの中で発達しているかがよくわかります。
会話をする相手の表情や言い方によって、相手が何を言っているかキャッチすることができます。つまり相手が「楽しい」や「怒っている」などの雰囲気を判断できるようになります。
また状況に合わせたお決まりのジェスチャーなども理解することができるようになります。次第に子供は言葉とジェスチャーのつながりを覚え、少しずつ自分の意思を伝える手段として身についていきます。

引用元-赤ちゃんが言葉を話す時期!いつから話してどう発達していくの? | にちいろ

子供が言葉を話す時期③

子供が、2歳になる頃には、子供自身がしゃべれなくても、親の言葉を理解するようになります。
この「言葉を理解する」ということが、とても大切です。
子供は、理解した言葉からしゃべれるようになるので、まずは、言葉を理解させてあげるようにしましょう。

引用元-2歳児の言葉の発達〜上手な言葉の教え方〜

幼児に言葉を理解させる時に重要なのが、「ボディーランゲージ」です。
ただ言葉を教えるより、指をさして、「りんごだよ」など、言葉を教えると良いでしょう。
また、身近なものや、子供の好きなものの方が覚えやすいので、好きな食べ物や、キャラクターの名前などから言葉を教えると、子供が言葉を理解しやすくなります。
2歳児は、とても言葉を覚えやすい時期です。
なかなか言葉を話し始めなかったとしても焦ることなく、子供の好きなものや興味を示すものから、少しずつ、楽しく言葉を教えてあげましょう。

引用元-2歳児の言葉の発達〜上手な言葉の教え方〜

子供とのコミュニケーションが大切

赤ちゃんが言葉を発するのは、必ずそれに見合った心の成長があります。心が発達し、言葉の必要性を感じたり、何かを伝えたいと感じることで本能的に言葉が口から発せられます。
赤ちゃんは生まれてすぐには自分に手や足があることもわかりません。その存在を知ることで少しずつ動かしていけるようになるのです。
言葉も同じで、最初は声を出せることにも気づいておらず、お母さんが反応してくれることで理解していくのです。
そして心が成長していく中でやってみよう伝えたいという気持ちが芽生え、その手段が言葉をしゃべるという動作につながっていきます。

引用元-年齢順で見る赤ちゃんの言葉の発達 生後0ヶ月?11ヶ月・1歳・2歳・3歳の特徴を知ろう [ママリ]

子供が少しでも早くしゃべれるようになるために、一生懸命絵本を読んであけたりするお母さんもいます。絵本の読み聞かせはもちろん大切なことですが、それが赤ちゃんが早く話し始める直接的な原因にはなりません。
子供に早く言葉を覚えてほしいと思ったら、大切な要素は2つあります。
・毎日のコミュニケーションと遊びの中で育てる
・離乳食を進めていき、口や顎を発達させる
赤ちゃんが一番早く言葉を覚えるきっかけは、最も近くにいる両親から学ぶことです。両親の間に会話が多いと、その子供はしゃべるのは早いともいいます。
子供は言葉を覚えようとするのではなく、毎日の親とのコミュニケーションや遊びの中で自然と身についていくのです。
また、離乳食を進めれば、それだけ顎や歯、舌など口全体が発達していきます。そうすればより言葉を発しやすくなります。離乳食は手を抜かず、しっかりと食べさせることが大切ですね。

引用元-年齢順で見る赤ちゃんの言葉の発達 生後0ヶ月?11ヶ月・1歳・2歳・3歳の特徴を知ろう [ママリ]

子供の言葉が早い?遅い?

月齢が近いほかの赤ちゃんと比べて言葉の出始めが遅かったり、声を発しようとしなかったりすると、親としては心配になりますよね。ただし、言葉の発達の遅れは、個人差によります。身体的な成長や運動機能の発達に大きな遅れがなく、身の回りの音にも反応して大人の言うことは理解しているようなら心配いりません。遅かれ早かれ言葉が出るようになるので大丈夫ですよ。このように言葉の発達が遅れることを「発達性の言語遅滞」と呼び、長い場合は3歳頃まで様子を見ることもありますが、その後の知能発達に影響を与えるものではないので安心してくださいね。

引用元-赤ちゃんの言葉はいつから?発達過程は?時期の早い・遅いはある? – こそだてハック

極まれにではありますが、難聴のような聴力障害や精神的な発達の遅れが影響して言葉の発達が遅れる可能性があります。軽い難聴があれば発音そのものが不明瞭なまま改善されなかったり、なかなか2語文に進まなかったりするケースが見られます。難聴の度合いが強いと、親の声がけにも反応が見られないのでズレを感じる場合がほとんどです。音に対する反応が鈍く、難聴の可能性が考えられる場合には、検査設備の整った総合病院の小児科や耳鼻科で聴性脳幹反応検査(ABR)を受ければ、言葉を発せない子でも聴覚の異常を見つけることができます。
そのほか、神経の発達に問題を抱えている可能性や自閉症、脳性麻痺などが原因になる可能性もゼロではありません。言葉の発達が遅れ気味で、音への反応が鈍かったり、周囲への関心が薄かったりする特徴があれば、小児科か耳鼻科の専門医に相談してみましょう。

引用元-赤ちゃんの言葉はいつから?発達過程は?時期の早い・遅いはある? – こそだてハック

まとめ


離乳食を楽しく進めるのが言葉の発達にもよさそうですね。言葉は個人差があるので、あまり心配しないようにして下さいね。でも、気になる事があれば病院で相談してみましょう。

twitterの反応


https://twitter.com/Sugurin_/status/777733000515596292
https://twitter.com/Note4DailyLife/status/777328915626852352


https://twitter.com/altodax0622/status/768243337715261441

 - 学問 教育 子育て

ページ
上部へ