鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

術後に腹水が溜まってしまう 症状はどんな風になるの?

      2017/09/12

術後に腹水が溜まってしまう 症状はどんな風になるの?

術後に腹水が溜まってしまう症状とは、どんな状態なのでしょうか?なんの病気の手術でなるのか調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

生理予定日を過ぎて妊娠検査薬は使える?陰性と陽性の判断は

妊娠を希望していると妊娠しているかどうか早く妊娠検査薬を使い...

母子家庭で子供がアルバイトする場合の注意点は何?

父子家庭よりも母子家庭の方が多い理由は、離婚により母親が親権...

病院で「大切な証明書」である診断書がもらえない

誰だって好きで風邪をこじらせたり、精神面を患ったりしているワ...

男性用スカートは民族衣装だけ?おしゃれなの履き方と体験談

男性がスカートを履くとおかしい?伝統衣装のキルトスカートは男...

人が死ぬ前に感じる予感や予兆の3パターン

知ってる人が死ぬかもしれないといった予感や死ぬ直前の予兆を知...

親の介護が必要になったら姉妹の場合どうしたらいい?

自分も年をとりますが、当然親も年をとります。いずれは親の介護...

落ち込んだ時に聴くだけで実現?恋が叶う音楽?!

「○○の曲を聴いたら両思いになれる!」とか「○○の曲を着信音...

住所の丁目の漢字の部分「郵便」と「公的文書」は違う

「町丁名」って聞いたことありますか?住所の丁目の部分が漢数字...

「住所の構造には意味がある」住所の丁目と番地と号

住所を書く時に省略していることってありませんか?例えば○丁目...

基本は『家族で移動』本籍地の転籍と住所の地番と番地

本籍地は転籍自由で国内どこに置いても問題がありません。ただし...

「遠方のサイトのない店で買い物」現金の郵送を着払いで?

買い物を通販でする時、店が送料を負担してくれる場合があります...

犬用ステロイド注射の副作用&注意点と病気に対する効果

犬の病気治療などに使われるステロイド注射。どんな効果があって...

灼熱の金魚注意報?!水槽の水温を下げるにはどうしたらいい?

暑い夏、涼しげな水の中で気持ちよく泳いでいるかと思えばわが家...

極寒の金魚注意報?!水槽の水温はヒーターで調節した方が?

金魚は冬になると冬眠をするので、それに備えるため秋はエサをし...

『迷う転籍』本籍と住所が違うと手間取る手続き〜

就職すると同時に県外に転出した人の場合、本籍地を就職先の県に...

仮病・アリバイ工作厳禁!一週間入院する病気には何がある?

病気で入院や手術をしなければならないことは、誰にでも起こり得...

がま口、長財布を買い替えよう!人気のブランドは?!

がま口や長財布、二つ折り財布といろいろあるけれど、新年に今ま...

NHK契約を拒否したい!持家に来る勧誘員撃退法

持家にやってくるNHKのしつこい勧誘で、そろそろ契約しなけれ...

スポンサーリンク


胃がんの手術後の腹水症状

手術後にお腹が張る原因としては、腸管の中にガスがたまる、腹腔内に腹水がたまるなどが考えられます。手術後は、食べ物などと一緒に口から飲み込んだ空気や、消化の過程で発生したガスが、腸からうまく吸収されにくくなります。そのため、腸管にガスがたまってしまい、おなかが張ったり、おならがたくさん出るようになります。

この症状は次第に改善していきますが、食事のときにはなるべく空気を一緒に飲み込まないように注意することも大事です。ガスがたまりやすいのは、胃にたまったガスをうまくげっぷとして出せなくなることも、影響しています。

腹水がたまる原因としては、食事が思うようにとれず低タンパク質状態になるなど、栄養状態が悪い場合、また、胃がんが腹腔内に播種として再発している場合などが考えられます。

引用元-手術後お腹が痛み、膨れているが大丈夫か? | がんサポート

肝臓がんの腹水症状

腹水とは、お腹の臓器と臓器の隙間である「腹腔」の中にたまる水のことです。

ただの水ではなく患者さんの血管やリンパから染み出したもので、タンパク質や電解質といった栄養分が含まれています。

健康な人でも、常に数十ミリリットルの腹水はたまっており、主に腸が動く際に潤滑油のような役割を果たしています。

通常は再び吸収されて一定の量を維持しているのですが、病気など何らかの原因によって吸収される分よりたまる分のほうが多くなると、腹腔内臓器や肺などが圧迫されて苦しい症状が出てきます。

肝臓がんの腹水の場合、もっとも多いのは血中の「アルブミン」というタンパク質が少なくなることで起こるものです。

アルブミンは肝臓で作られ、血中の水分を一定に保つ作用があるのですが、肝機能が低下することによって吸収する力が弱まり、腹水がたまりやすくなります。

引用元-肝臓がんと腹水 | 肝臓がんのき・ほ・ん

肝臓手術後の合併症

● 胆汁漏

肝臓は胆汁を産生している臓器なので肝臓を切ったところからは胆汁が漏れてきます。もちろん、漏れないような処置を施して手術を行っていますが、それでも手術後に漏れてくることあります。通常はドレーン(排液管)留置を続けることによって自然におさまります。(1〜2ヶ月かかることがあります)

● 胸水

横隔膜のすぐ下の肝臓を手術しますので、横隔膜を介して炎症が波及して胸(特に右側)に水が溜まることがあります。胸水の量が多く呼吸に悪影響を及ぼしている場合は、針を刺して胸水を抜く処置を行うこともあります。

● 腹水

手術後にお腹の中に水が溜まることがあります。肝機能が低下にともなって腹水は増加します。とくに術前から肝機能不良の方の場合、手術による影響でさらに肝機能が低下しますので、それに伴って大量に腹水が出るときがあります。利尿剤(尿をだす薬)を投与したり、ドレナージ(腹水を抜く)などしたりします。多くの場合は、日数が経つと自然になくなることがほとんどです。

引用元-手術の危険度や合併症:肝臓の病気と治療 | 東京医科歯科大学肝胆膵外科

術後でなくても腹水は溜まる

腹水はお腹の中に貯まります。
お腹の中は、内臓が背骨を中心に後ろ側にくっついており、その表面を腹膜(ふくまく)という膜がおおっています。その腹膜は、上下左右の端で折り返して、お腹の壁の裏側(へその裏側)をおおっていて、全体として袋の形をしています。この中には、病気がなくても数十ミリリットルの腹水が常にあり、お腹の中で腸が動く時に潤滑油の働きをしています。腹水は腹膜から少しずつ出てきて、再び腹膜から吸収され、通常は一定の量を保っています。

ところが何らかの原因で、できる腹水よりも吸収される腹水の方が少なくなると、次第に腹水の量が増えてきます(黄色で示してあるのが腹水)。腹水が多くなると、お腹の中の内臓や上にある肺を圧迫して、苦しい症状が出てきます。「お腹が張る」「みぞおちが苦しい」「息が苦しい」などの症状が現れることがあります。

引用元-腹水の説明

腹水症状の治療

腹水の治療は、原因や症状によりさまざまです。
原因が取り除ける場合(細菌の感染など)には、原因の治療を行います。そうでない場合は、腹水で苦しくならないように、いくつかの治療がおこなわれます。

もっとも多く治療に使われるのは、利尿剤です。利尿剤というのは、尿を多くする薬です。血液の中の水分を尿に出すことで血液のアルブミンなどを濃くして、腹水の水分がより多く血管の中に戻ってくるように働きます。

利尿剤を使っても腹水が増えてくる場合には、腹壁を刺して直接腹水を抜く(腹腔穿刺―ふくくうせんし)治療をします。以前は「腹水はできるだけ抜かない方がいい」と言われ続けていましたが、米国を中心とした多くの大規模比較試験(信頼できる結果が得られる調査方法)で、利尿剤よりも腹腔穿刺の方が、安全かつ確実に腹水による症状を楽にするという結果が出ています。それらの報告を受けて2000年頃に米国で出されたまとめでは、「腹水をできるだけ抜かずに我慢した場合と、苦しくなる前に抜いた場合を比較すると、抜いた方が命の長さもQOL(生活の質)も良くなった」とされています。

腹水を大量に抜いたあとは、腹水が抜けたことで血管から腹水側に水分が移動しやすくなります。急激に移動すると、血管の中の水分が足りなくなって、脱水状態になります。これを防ぐためには、抜く腹水の量1リットルあたり6~10グラムのアルブミンを点滴で補充することが有効といわれています。

腹水の貯まる原因ががんの場合には、腹腔内(腹膜の袋の中)に抗がん剤を入れる治療が、腹水を減らすのに効果があることがあります。

引用元-腹水の説明

まとめ

「腹水が貯まるなんて、私だけなのでは?」→腹水が貯まる人は珍しくありません。調査によって幅はありますが、たとえばがん患者であれば全体の15~50パーセントの人に腹水が見られると報告されています。あまり人に言いふらしたりしないので気がつかないだけで、腹水が貯まる人はたくさんいるようです。

twitterの反応


https://twitter.com/8y_u8/status/603009823865577473


 - 健康 

ページ
上部へ