鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

双子ちゃんの出産のベストな週数はいつ?

      2017/09/12

双子ちゃんの出産のベストな週数はいつ?

単胎妊娠でも10カ月という期間は大変期間です。

双子ちゃんともなるとママはさらに慎重に生活を送らなければなりません。

少しでも長くお腹の中で大きくなって欲しい!そう思うママは多いはずです。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

生理予定日を過ぎて妊娠検査薬は使える?陰性と陽性の判断は

妊娠を希望していると妊娠しているかどうか早く妊娠検査薬を使い...

母子家庭で子供がアルバイトする場合の注意点は何?

父子家庭よりも母子家庭の方が多い理由は、離婚により母親が親権...

病院で「大切な証明書」である診断書がもらえない

誰だって好きで風邪をこじらせたり、精神面を患ったりしているワ...

男性用スカートは民族衣装だけ?おしゃれなの履き方と体験談

男性がスカートを履くとおかしい?伝統衣装のキルトスカートは男...

人が死ぬ前に感じる予感や予兆の3パターン

知ってる人が死ぬかもしれないといった予感や死ぬ直前の予兆を知...

親の介護が必要になったら姉妹の場合どうしたらいい?

自分も年をとりますが、当然親も年をとります。いずれは親の介護...

落ち込んだ時に聴くだけで実現?恋が叶う音楽?!

「○○の曲を聴いたら両思いになれる!」とか「○○の曲を着信音...

住所の丁目の漢字の部分「郵便」と「公的文書」は違う

「町丁名」って聞いたことありますか?住所の丁目の部分が漢数字...

「住所の構造には意味がある」住所の丁目と番地と号

住所を書く時に省略していることってありませんか?例えば○丁目...

基本は『家族で移動』本籍地の転籍と住所の地番と番地

本籍地は転籍自由で国内どこに置いても問題がありません。ただし...

「遠方のサイトのない店で買い物」現金の郵送を着払いで?

買い物を通販でする時、店が送料を負担してくれる場合があります...

犬用ステロイド注射の副作用&注意点と病気に対する効果

犬の病気治療などに使われるステロイド注射。どんな効果があって...

灼熱の金魚注意報?!水槽の水温を下げるにはどうしたらいい?

暑い夏、涼しげな水の中で気持ちよく泳いでいるかと思えばわが家...

極寒の金魚注意報?!水槽の水温はヒーターで調節した方が?

金魚は冬になると冬眠をするので、それに備えるため秋はエサをし...

『迷う転籍』本籍と住所が違うと手間取る手続き〜

就職すると同時に県外に転出した人の場合、本籍地を就職先の県に...

仮病・アリバイ工作厳禁!一週間入院する病気には何がある?

病気で入院や手術をしなければならないことは、誰にでも起こり得...

がま口、長財布を買い替えよう!人気のブランドは?!

がま口や長財布、二つ折り財布といろいろあるけれど、新年に今ま...

NHK契約を拒否したい!持家に来る勧誘員撃退法

持家にやってくるNHKのしつこい勧誘で、そろそろ契約しなけれ...

スポンサーリンク


双生児とは?

双生児(そうせいじ)は同じ母親の胎内で同時期に発育して生まれた2人の子供である。
いわゆる双子(ふたご)のことであり、多胎児の中では一番多い。多胎児の一種である。
受胎時の受精卵の数により、一卵性双生児と二卵性双生児に大別される。

引用元-双生児 – Wikipedia

週数からみる出産の呼び名

・妊娠40週0日が分娩予定日
・妊娠37週0日から41週6日までが正期産(正常な時期の出産)

・妊娠42週0日以降が過期産(正常より遅い出産)
・妊娠22週0日から36週6日が早産(正常より早すぎる出産)

引用元-妊娠週数あれこれ

双子は早産になることが多い

A.双子の場合、平均出産週数は35週。早産になるケースがほとんどです。
最も大きな原因は、子宮のキャパシティを超えた容量が入っているため子宮内の内圧が高まり、
早産にいたるのではないかと考えられています。双子の場合、赤ちゃん1人の平均体重は2200g。
2人分で4400gにもなるので、それだけの重さのものが子宮に入っていると考えれば、かなりの負担がかかっているはずです。

引用元-出産産褥期のQ&A – gooベビー

双子の出産方法

自然分娩と帝王切開、一般的には帝王切開のほうが母体への負担が高く、
大きな問題がない限りは自然分娩をすすめられますし、そちらを希望するお母さんも多いと思います。

ただし、双子の出産方法としては帝王切開のほうが一般的です。
産院の方針もありますし、お母さんの希望も検討したうえで、母体と赤ちゃんの安全を最優先し、
出産方法を決定しますが、双子の出産は全て帝王切開にしている産院も多いです。
双子の場合は帝王切開のリスクより、自然分娩の方がリスクが大きいためです。

自然分娩の場合、双子同士の身体やヘソの緒が絡みあうことでの分娩停止や、
片方を出産後に胎位が変わり逆子になってしまうことによる分娩停止、
子宮が伸展しすぎるためいきみが不十分になりやすい等のリスクがあげられます。
母子の安全を第一に考えると、帝王切開のほうが、かえって負担もリスクも少なくてすむのです。

帝王切開といっても、一人一人取り出すので、双子だからといって、大きくお腹を切開するわけではなく、
1人の場合と変りません。双子の出産のほうが子宮が大きくなっているので、かえって出産時間が短くなる場合も多いようです。

もちろん双子の自然分娩を推奨する病院もあるので、どうしても自然分娩で生みたい、
という場合はそうした病院を探すことも可能です。ただし、万が一の場合は緊急で帝王切開に切り替えることになるので、
十分な設備やスタッフのいる施設を選ぶことになります。病院の方針もチェックして、
安全に希望を叶えてくれる病院を選んで下さいね。

引用元-双子の出産方法|双子の育児相談室

双子のベストな出産時期の週数は36〜37週

双子の出産方法については、病院や医師によって方針がかなり違います。
私は、胎盤が一つしかない「一絨毛膜二羊膜」「一絨毛膜一羊膜」の場合は必ず帝王切開。
胎盤が二つある「二絨毛膜二羊膜」も基本は帝王切開ですが、赤ちゃんの胎位の条件が合って、
出産に自信のある経産婦さんには「経膣分娩の可能性もあります」と伝えています。
双子の分娩時期ですが、単胎妊娠の場合、39〜40週に産むことがお母さんと赤ちゃんのリスクが
最も低く理想的ですが、双子の場合、妊娠週数が進むにつれておなかの中で赤ちゃんが
突然亡くなってしまう例が増えてくるのです。データの上からも、一番赤ちゃんのリスクの少ない36〜37週頃に産ませたい。
計画的に分娩を行なうために帝王切開になりやすいのです。
また、二番目に産まれる赤ちゃんの健康を守るため。最初に産まれてくる赤ちゃんは、帝王切開でも経膣分娩でも大きな差はありませんが、二人目の赤ちゃんは経膣分娩の場合、生まれるまでに時間がかかった場合には状態が悪いというデータがあります。あとから出てくるので、生まれるまで時間がかかり、酸欠になりやすいのです。
双子の分娩方法については、かかりつけの医師とよく相談しておきましょう。

引用元-双子ママの妊娠生活と出産・育児|プレママタウン

まとめ

出産はいつ始まるかわからないものですが、双子の場合にはしっかり計画をたて安全に出産できるように主治医としっかり相談したいですね。

twitterの反応


https://twitter.com/nao7053/status/121009814158573569


 - 子育て 子供 教育

ページ
上部へ