鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

新婚カップルの共働きの場合、家事分担はどうする?

      2018/10/15

新婚カップルの共働きの場合、家事分担はどうする?

結婚のスタートと共働きのスタート、

慣れるまでやはり戸惑うこともあるでしょう。

今回は、新婚の共働きの家事や家計についてまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

生理予定日を過ぎて妊娠検査薬は使える?陰性と陽性の判断は

妊娠を希望していると妊娠しているかどうか早く妊娠検査薬を使い...

母子家庭で子供がアルバイトする場合の注意点は何?

父子家庭よりも母子家庭の方が多い理由は、離婚により母親が親権...

病院で「大切な証明書」である診断書がもらえない

誰だって好きで風邪をこじらせたり、精神面を患ったりしているワ...

男性用スカートは民族衣装だけ?おしゃれなの履き方と体験談

男性がスカートを履くとおかしい?伝統衣装のキルトスカートは男...

人が死ぬ前に感じる予感や予兆の3パターン

知ってる人が死ぬかもしれないといった予感や死ぬ直前の予兆を知...

親の介護が必要になったら姉妹の場合どうしたらいい?

自分も年をとりますが、当然親も年をとります。いずれは親の介護...

落ち込んだ時に聴くだけで実現?恋が叶う音楽?!

「○○の曲を聴いたら両思いになれる!」とか「○○の曲を着信音...

住所の丁目の漢字の部分「郵便」と「公的文書」は違う

「町丁名」って聞いたことありますか?住所の丁目の部分が漢数字...

「住所の構造には意味がある」住所の丁目と番地と号

住所を書く時に省略していることってありませんか?例えば○丁目...

基本は『家族で移動』本籍地の転籍と住所の地番と番地

本籍地は転籍自由で国内どこに置いても問題がありません。ただし...

「遠方のサイトのない店で買い物」現金の郵送を着払いで?

買い物を通販でする時、店が送料を負担してくれる場合があります...

犬用ステロイド注射の副作用&注意点と病気に対する効果

犬の病気治療などに使われるステロイド注射。どんな効果があって...

灼熱の金魚注意報?!水槽の水温を下げるにはどうしたらいい?

暑い夏、涼しげな水の中で気持ちよく泳いでいるかと思えばわが家...

極寒の金魚注意報?!水槽の水温はヒーターで調節した方が?

金魚は冬になると冬眠をするので、それに備えるため秋はエサをし...

『迷う転籍』本籍と住所が違うと手間取る手続き〜

就職すると同時に県外に転出した人の場合、本籍地を就職先の県に...

仮病・アリバイ工作厳禁!一週間入院する病気には何がある?

病気で入院や手術をしなければならないことは、誰にでも起こり得...

がま口、長財布を買い替えよう!人気のブランドは?!

がま口や長財布、二つ折り財布といろいろあるけれど、新年に今ま...

NHK契約を拒否したい!持家に来る勧誘員撃退法

持家にやってくるNHKのしつこい勧誘で、そろそろ契約しなけれ...

スポンサーリンク


 

家事の分担は?

1. モメたくないなら→きっちりと役割分担を決める
あらかじめ担当する家事をしっかり分けるのもひとつの方法です。
お互いの仕事量や得手不得手を考慮して担当を決められますし、2人で決めたルールなら公平感もあります。
お互いのライフスタイルと、こなせる家事の量を考えて分担を決めましょう。

リアルエピソード

先輩アドバイス:役割を分けて家事をこなす
■ご飯を作るのは私、食器などの洗い物は夫。洗濯して干すのは私、たたむのは夫という風に役割によって分担しています。(20代後半女性)

先輩アドバイス:お互いが得意分野を担当する
■相手がかなり几帳面なので、整理整頓や洗濯物の干し方などにこだわりがあります。私は適当なので、お互いのストレスを軽減するためにそれぞれの得意分野を担当するようにしています。(20代後半女性)

2. 臨機応変にできるなら→その都度出来る人がやる

特に役割分担をせず、その時にできる方が家事を担当するようにしている人も多いようです。
担当を決めなくてもお互いが協力し合って家事をこなしていけるのも理想的。
日々の生活で時間のある時に出来ることを見つける習慣をつけていくと、お互いに快適に過ごせそうですね。

リアルエピソード

先輩アドバイス:出来る人が出来ることをする!
■出来る方が出来ることをするというスタンスでいます。帰りが早いのが私なので夕飯のしたくは私がやりますが、休日は夫が作ってくれます。(20代後半女性)

先輩アドバイス:疲れている人を休ませてあげる
■自然に「その日疲れている方」を楽にさせるようにしています。私が仕事で夫が休みの日なら、家事炊事は夫が全てやってくれます。(30代後半女性)

引用元-−-みんなの結婚術

家計費は?

平野「毎月決まった金額を負担しあうので不公平感が少なく、一緒に家計を運営している実感があります。それぞれの収入を生活費、家庭のための貯蓄、自分のおこづかいの3つにわけて管理するといいでしょう。このお金の流れのしくみを一度作ってしまえば、その後の管理もラクになります」

また、一方に家計管理を任せきりにせず、夫婦ともに関心を持つことも大事とのこと。もし、パートナーが家計に無関心なら、昇給などお金に動きがある時期を見計らって相談するのがいいようです。

平野「お金の話は早めにしておかないと、どんどん話しにくくなってしまいます。家計は、あくまでもふたりで運営するものです。不満があれば抱え込んだりせず、きちんと話し合って乗り越えていくようにしましょう」

引用元-−-All about

おこずかいは?

おこづかいの金額の決め方ですが、給与差を反映させたりする必要は特にないのだとか。あくまでも、ふたりの「精神的な平等感」がポイントになるのだそうです。

平野 「基本的には、おこづかいは夫婦同額でかまわないと思います。一方より家計における金銭的な負担が少ないと感じたら、その分家事を多めに引き受けるなど、お互いに平等だと感じられるように調整すれば大丈夫。もちろん、同額にこだわることもありません」

また、「おこづかいの金額を決めても、お互いに給与額を知らないから、けっこう自由に使えるかも」と、こっそり思った方もいるかもしれません。でも、ふたりで家計を運営していく以上、双方の給与や貯蓄額を知らないのは望ましくないと、平野さんはいいます。

平野 「結婚後は、世帯全体でお金を考える必要があります。家庭の経済状況を正確に把握していなかったら、マイホーム購入も、こどもの教育費も、具体的に相談できないですよね。貯蓄を隠していることで、しなくてもいいローンを組むことになってしまうかもしれません。まだ打ち明けていないというご夫婦は、マイホーム購入などのライフイベントを考え始めた時にでも、ぜひオープンにしてください」

引用元-−-All about

 

相手のやり方を否定しない?

共働きの場合、お互い仕事があり会社があるので、日々、違う文化の中に生きています。
そのため「過去の文化の違い」+「リアルタイムでの文化の違い」があります。
家事だけでなく、休日の過ごし方、平日の夜のテンションなどなど。それぞれの生活スタイル、やり方があります。
しかもどちらも「仕事」であり「会社」なので、どちらかのスタイルに合わせることは困難ですよね。

とはいえ、一緒の家にいる夫婦、「合わせる」ことが必要になることやどちらかが折れなければならない事もあります。
ときに、そのことでケンカになりそうなときのルールとして、お互い、一つだけ心しておくと、いいことがあります。

「相手(のやり方)を否定しない」こと。
「尊重」とまではいかなくても、否定をしないで聞き入れてる姿勢があれば、話はおかしな方向へむかいにくいです。

引用元-−-nanapi

ベッドルームには、何も置かない?

悲しいかな、日本の夫婦の1/3はセックスレスといわれています。
セックスがすべてではありませんが、大切なコミュニケーションの一つ。二人で夜を楽しむのも、新婚生活の楽しみの一つですよね。

しかし共働きの二人が、いざ生活を始めると、
「仕事で疲れてできない」
「平日夜遅いので相手に迷惑をかけたくない」
「休日はゆっくりしたい」など、

なんだかんだでセックスを避けがちになったりします。「いつでもできるしなー」と思ったりもします。
もちろんそこで無理にでもしろなんて言いませんが、せめて二人で寝るベッドルームに入ったら二人のコミュニケーションを妨げるモノは置かない方が得策です。
パソコンやラジオ、テレビなんてもってのほか。できたら漫画や本も少量にしたほうがいいかもしれません。
もし相手がそれらに夢中になっていたら「それを遮ってまで。。」となってしまいますよね。
それらはリビングで楽しむとして、ベッドルームに入ったら、相手と自分だけ。
そのときくらいは、相手との存分にコミュニケーションをとり、したくなった時はセックスする。ちょっとしたことですが、お互いの距離が離れていくのを防ぐ、一つの手だと思います。

引用元-−-nanapi

まとめ

お互いに好きになって、成り立った結婚です。それまで考えてもみなかったトラブルが生じることもあるかもしれません。二人三脚をイメージすると解決するのでは?

引用元-−-

twitterの反応

https://twitter.com/tontonchon/status/583067836676853760


https://twitter.com/akie_F/status/270001838651232256

 - 生活 暮らし

ページ
上部へ