鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

イヤホンとヘッドホン。どんな違いがあるの?

      2017/09/12

イヤホンとヘッドホン。どんな違いがあるの?

最近、イヤホンがとてもつけやすくなりましたよね。

ジョギングしながらでも、通勤・通学中でも本当に便利です。

今日は、イヤホンとヘッドホンの違いについてまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

生理予定日を過ぎて妊娠検査薬は使える?陰性と陽性の判断は

妊娠を希望していると妊娠しているかどうか早く妊娠検査薬を使い...

母子家庭で子供がアルバイトする場合の注意点は何?

父子家庭よりも母子家庭の方が多い理由は、離婚により母親が親権...

病院で「大切な証明書」である診断書がもらえない

誰だって好きで風邪をこじらせたり、精神面を患ったりしているワ...

男性用スカートは民族衣装だけ?おしゃれなの履き方と体験談

男性がスカートを履くとおかしい?伝統衣装のキルトスカートは男...

人が死ぬ前に感じる予感や予兆の3パターン

知ってる人が死ぬかもしれないといった予感や死ぬ直前の予兆を知...

親の介護が必要になったら姉妹の場合どうしたらいい?

自分も年をとりますが、当然親も年をとります。いずれは親の介護...

落ち込んだ時に聴くだけで実現?恋が叶う音楽?!

「○○の曲を聴いたら両思いになれる!」とか「○○の曲を着信音...

住所の丁目の漢字の部分「郵便」と「公的文書」は違う

「町丁名」って聞いたことありますか?住所の丁目の部分が漢数字...

「住所の構造には意味がある」住所の丁目と番地と号

住所を書く時に省略していることってありませんか?例えば○丁目...

基本は『家族で移動』本籍地の転籍と住所の地番と番地

本籍地は転籍自由で国内どこに置いても問題がありません。ただし...

「遠方のサイトのない店で買い物」現金の郵送を着払いで?

買い物を通販でする時、店が送料を負担してくれる場合があります...

犬用ステロイド注射の副作用&注意点と病気に対する効果

犬の病気治療などに使われるステロイド注射。どんな効果があって...

灼熱の金魚注意報?!水槽の水温を下げるにはどうしたらいい?

暑い夏、涼しげな水の中で気持ちよく泳いでいるかと思えばわが家...

極寒の金魚注意報?!水槽の水温はヒーターで調節した方が?

金魚は冬になると冬眠をするので、それに備えるため秋はエサをし...

『迷う転籍』本籍と住所が違うと手間取る手続き〜

就職すると同時に県外に転出した人の場合、本籍地を就職先の県に...

仮病・アリバイ工作厳禁!一週間入院する病気には何がある?

病気で入院や手術をしなければならないことは、誰にでも起こり得...

がま口、長財布を買い替えよう!人気のブランドは?!

がま口や長財布、二つ折り財布といろいろあるけれど、新年に今ま...

NHK契約を拒否したい!持家に来る勧誘員撃退法

持家にやってくるNHKのしつこい勧誘で、そろそろ契約しなけれ...

スポンサーリンク


 

イヤホンとヘッドホンの違い

「イヤホンと言うと昔からある『インナーイヤー型』のものを指します。ここ数年は通称『カナル型』と呼ばれる『密閉インナーイヤー型』が主流となりつつあります」
最近のイヤホンはカナル型に代表されるように出力部が細くて小さくなり、その分耳の奥まで入れられるので音漏れを防止できる。そのようなタイプのイヤホンが最近増えているのだ。

「イヤホンは持ち運びに便利というのが一番の特徴ですが、筐体が小さいためヘッドホンのような余裕のある音量、音質を確保することが難しい部分もあります」

さて、ヘッドホンはどうか。耳全体に載せるように装着する「耳載せ型」と、イヤパッドで耳をすっぽり覆う「耳覆い型」に大別される。「耳載せ型」は薄型形状が可能でポータブルヘッドホンのスタンダードな形状のひとつ。一方「耳覆い型」は音モレ防止に効果的で、筐体に充分な容積がある。そのため、ドライバーも大型のものを使用できるので、豊かな音場を楽しめる。

で、結論。前述した「余裕のある音量、音質」 これがキーワードだ。
具体的には音量が大きく音域が広い(とくに低音部)という意味。
「ユニット、筐体が小さいと大音量出力は難しく、やはり低音は出にくくなります」
イヤホンとヘッドホンの音の違いはこれが一番大きいということ。

ただ、近年はiPodの影響で小型で携帯に便利なイヤホンが注目され、それとともにユニットのスペックの向上や材質、形状の改良が進み、以前よりも音質は全体的にかなり向上しているそうだ。

引用元-−-エキサイトニュース

仕事で使う場合はイヤホンとヘッドホンのどっちがいいの?

仕事上、比較的大きい音を聞かなければなりません。
大きい音が耳に悪いというのは聞きますが、仕事なので聞かなければなりません(嫌なら仕事を辞めるしかない)。
そこで、ヘッドホンで聞くか、イヤホンで聞くか、どちらで聞こうかと迷っています。

もし同じ大きい音を聞くのであれば、耳に比較的優しいのは、どちらなのでしょう?
どうせなら、耳に与えるストレスを軽減してあげたいと思います。

引用元-−-OKWave

仕事で使う場合イヤホンとヘッドホンのどっちがいいかの回答

歪みの少ない音の方が聴き疲れしません。

イヤホンよりヘッドホンの方が振動板が大きいので低音域の混変調歪みが少ないし、マグネットも大きいから磁気歪みによる音質低下が少ないです。

一般的にヘッドホンの方が許容入力が大きく、能率が高いので、大きい音で聴くにはイヤホンよりもヘッドホンの方が再生能力に余裕があるから歪みも少なく有利です。

私は長時間(8時間〜18時間程度)周囲の物音を遮断して音をモニターしながら仕事をする場合がありますが、ヘッドホンでは普通に長時間仕事できますが、イヤホンでは外れないようにイヤピースを耳孔に押し込んでいるので、数時間で耳孔そのものが少し痛くなってきます。

引用元-−-OKWave

ハイレゾって?

ハイレゾ音源とは?
ハイレゾとはハイレゾリューション(高解像度)のことです。
「ハイレゾ音源」とは、CDを超えてよりマスターが持っている情報量に近い高解像度の音源(データ)のことを指します。
CDよりも情報量の多いハイレゾ音源ではきめ細やかな音になり、CDでは再生できない空気感と臨場感を表現する事ができます。
ハイレゾ音源データは、スタジオで録音されたそのままの音源に近いので、ハイレゾ対応プレーヤーで再生すると、
ボーカルの息づかいやプレイヤーの立ち位置まで、リアルな臨場感と立体感を得ることができます。

引用元-−-VICTOR STUDIO HD-Music

 

耳を包み込むようなヘッドホン独特の感覚重視。お手軽価格で音楽を楽しみたい方にオススメ

装着方式  オーバーヘッド ヘッドバンドを頭の上に乗せ、耳をはさみ込むようにして使うタイプです。

コード長  1.5m以上 ある程度の広さでの使用を考慮して、1.5m以上としています。各製品のスペックを確認し、ご自身に適した長さの製品を選択してください。

価格  3,000〜10,000円 現在主流となっている価格帯のうちの一つである10,000円以下のコストパフォーマンス重視のモデルで絞り込んでいます。

引用元-−-価格.com

音漏れの少なさ・遮音性重視。お手軽価格のイヤホンで音楽を楽しみたい方にオススメ

装着方式  カナル型 耳の穴に深く差込んで使うタイプです。耳がふさがれる独特のフィット感が苦手という方や、ケーブルがこすれる音を気にする方もいます。遮音性が高いため、歩行中の使用は注意が必要です。

コード長  1.5m以上 ある程度の広さでの使用を考慮して、1.5m以上としています。各製品のスペックを確認し、ご自身に適した長さの製品を選択してください。

価格  3,000〜10,000円 現在主流となっている価格帯のうちの一つである10,000円以下のコストパフォーマンス重視のモデルで絞り込んでいます。

引用元-−-価格.com

イヤホン・ヘッドホン難聴とは?

難聴になってしまう原因は色々とありますが、イヤホン・ヘッドホン難聴は騒音性難聴の種類の1つです。大きな音で頻繁に継続的に音を聞き続けるのが発症の原因です。

ライブやゲームセンターなど音が大音量で流れている場所に行くと、たまに耳がジーンとなって聞こえにくくなりますが、それが治らなくなった状態になります。

【自覚症状】
日に日に音量が小さく感じるようになる。
音楽を聴いている時と後に耳鳴りがする。
耳の奥の痛みや頭痛を感じる事がある。
何も付けていないのに聴力が落ちている気がする。←危険な状態です!

【騒音性難聴の主な原因】

◆大きな音を聴く
聴く音が大きければ大きいほど耳にダメージが与えられます。100デジベルの音を15分以上聴くと難聴になると言われています。100デシベルの音は列車が通過するときの高架下の音の大きさと同じくらいです。

◆長い時間音を聴く
例え適切な音量で音楽を聴いていたとしても、長時間音を聞き続いていると聴力の感覚細胞が傷つけられてしまう事になります。なので、イヤホンを付けたまま寝るのは危険な行為なので注意が必要です。

◆周波数が高い音を聴く
周波数の高い音ほど耳に負担がかかりやすいです。スピーカーなどで聞くのと比べてイヤホンとヘッドホンの音は、周波数が高いので長時間聴き続けると耳に大きな負担をかけてしまいます。

引用元-−-何でもない、調べもの。

まとめ

やはり、この分野もかなりの種類の商品があるようです。それぞれTPOに応じて合うものが見つかるとよいですね。
病気の恐れもありますので、上手に使いましょう。

引用元-−-

twitterの反応

https://twitter.com/toshi20vvv/status/577372342227050496
https://twitter.com/_2ox_/status/577102364999462917
https://twitter.com/aprico_610/status/577096376141524995
https://twitter.com/MoniShinan0/status/576796500702842881


https://twitter.com/pore2sa2/status/576262448765747200


https://twitter.com/AlkaliNekton/status/576215991044038656

 - 住居 diy 家電

ページ
上部へ