鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

ピアノは習い事の定番ですが果たしてその効果は?

      2017/09/12

ピアノは習い事の定番ですが果たしてその効果は?

子どもの習い事の定番であるピアノですが

ピアノを習うことによって

もたらされる効果は果たして

どんなものなのか調べてみました!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

生理予定日を過ぎて妊娠検査薬は使える?陰性と陽性の判断は

妊娠を希望していると妊娠しているかどうか早く妊娠検査薬を使い...

母子家庭で子供がアルバイトする場合の注意点は何?

父子家庭よりも母子家庭の方が多い理由は、離婚により母親が親権...

病院で「大切な証明書」である診断書がもらえない

誰だって好きで風邪をこじらせたり、精神面を患ったりしているワ...

男性用スカートは民族衣装だけ?おしゃれなの履き方と体験談

男性がスカートを履くとおかしい?伝統衣装のキルトスカートは男...

人が死ぬ前に感じる予感や予兆の3パターン

知ってる人が死ぬかもしれないといった予感や死ぬ直前の予兆を知...

親の介護が必要になったら姉妹の場合どうしたらいい?

自分も年をとりますが、当然親も年をとります。いずれは親の介護...

落ち込んだ時に聴くだけで実現?恋が叶う音楽?!

「○○の曲を聴いたら両思いになれる!」とか「○○の曲を着信音...

住所の丁目の漢字の部分「郵便」と「公的文書」は違う

「町丁名」って聞いたことありますか?住所の丁目の部分が漢数字...

「住所の構造には意味がある」住所の丁目と番地と号

住所を書く時に省略していることってありませんか?例えば○丁目...

基本は『家族で移動』本籍地の転籍と住所の地番と番地

本籍地は転籍自由で国内どこに置いても問題がありません。ただし...

「遠方のサイトのない店で買い物」現金の郵送を着払いで?

買い物を通販でする時、店が送料を負担してくれる場合があります...

犬用ステロイド注射の副作用&注意点と病気に対する効果

犬の病気治療などに使われるステロイド注射。どんな効果があって...

灼熱の金魚注意報?!水槽の水温を下げるにはどうしたらいい?

暑い夏、涼しげな水の中で気持ちよく泳いでいるかと思えばわが家...

極寒の金魚注意報?!水槽の水温はヒーターで調節した方が?

金魚は冬になると冬眠をするので、それに備えるため秋はエサをし...

『迷う転籍』本籍と住所が違うと手間取る手続き〜

就職すると同時に県外に転出した人の場合、本籍地を就職先の県に...

仮病・アリバイ工作厳禁!一週間入院する病気には何がある?

病気で入院や手術をしなければならないことは、誰にでも起こり得...

がま口、長財布を買い替えよう!人気のブランドは?!

がま口や長財布、二つ折り財布といろいろあるけれど、新年に今ま...

NHK契約を拒否したい!持家に来る勧誘員撃退法

持家にやってくるNHKのしつこい勧誘で、そろそろ契約しなけれ...

スポンサーリンク


習い事はピアノだけでいい

子どもの習い事といえば、昔はそろばん、習字、ピアノが主流でした。
現在ではすっかり多様化し、圧倒的人気はスイミング。
そしてピアノ、英会話、体操、リトミック、サッカー・・・と続きます。
今も昔も「ピアノ」は人気の習い事ですね。

脳科学者の澤口俊之氏は「習い事はピアノだけでいい」と提唱しておられます。
初めて聞いた人は「えっ・・・そんな極端なw」と驚くかもしれません。

この話が有名になったのは、さんまの「ホンマでっか!?TV」の特番で羽野晶紀さんが
「子どもの習い事が多すぎてかわいそう。絞るとしたら何がいいか?」と質問したのに対し、
澤口氏が「ピアノをやらせて下さい。他の習い事はしなくていいです。
ピアノは指を使う、暗記をする、先を読む・・・これらが脳の働きを高めます。
キレにくく、頭の良い子になります」と回答したことから。

あまりにもきっぱり!と答えられたので、ゲストもギャラリーも「えーーーーっ?!」とびっくり。
スタジオは騒然となりました。

引用元-−-Museの音楽雑記帳

習い事の王道なぜピアノを習う?

ピアノと言えば、今も昔とかわらず王道の習いごとではあるのですが、テレビ番組『ホンマでっかTV』の中で、脳科学者の澤口俊之先生が“習い事をさせるならピアノがいい”“ピアノが脳にいい”と発言されたことは、あらためてピアノが注目されるきっかけにもなりました。そして、子育てママたちの間でもたちまち話題に!でも、“脳にいい”とはどういうことなのでしょうか?そこで、澤口先生に“ピアノが脳に及ぼす効果”について詳しくお話を伺いました。

ピアノは脳機能をまんべんなく育て“地頭”をよくする
「現在、学術的に証明されている限りにおいて、ピアノほど脳にいい習い事はありません」と、きっぱり言いきる澤口先生。その理由についてさらにお聞きすると、
「まず、ピアノを習えばピアノに必要なスキルが身につくのは言うまでもないですね。しかし、ピアノが他の習い事と違うのは、それだけに留まらない万能性があるからなんです」

スキルのほかに、いったいどんな効果があるのでしょうか?

「人というのは、夢をもち、その夢をかなえるべく努力して成功し、幸せな人生を送りたい(あくまでも主観的な成功)…だれもがそう願うものですね。そして、そういう人生を送るためには、IQ(一般的知能)よりもHQ(人間性知能)という知能が重要と証明されているのですが、さまざまな習い事や余暇の過ごし方の中でも、すべての実験においてダントツにHQが向上するという結果を出しているのがピアノの稽古なんです」

いきなりHQという耳慣れない言葉が出てきましたが、HQとは?

「簡単に言えば、“人間らしい人生を送るための脳力”のことで、夢や目的に向かって適切に行動する能力“未来志向的行動力”と、理性・思いやり・協調性を身に付けてうまく生きる能力“社会関係力”です。つまり、HQの向上は、夢の実現や社会的成功、良好な恋愛や結婚生活、さらには運動能力や器用さ、言語能力、IQの向上にまでも繋がるんです」

引用元-−-mamatenna

ピアノを習わせることによる効果

音楽に関する効果

まず、ピアノが子供の習い事として向いている点として、とっつきやすさが挙げられます。ピアノは鍵盤を押すだけで確実に音の出る楽器で、鍵盤の配列もわかりやすく、バイオリンやトランペットなどに比べると、初心者から楽しめます。
ピアニストを目指している場合以外でも、ピアノを習うことにはメリットがあります。

・楽譜が読めるようになる
・音感、リズム感が育つ
・ほかの楽器の習得も比較的容易になる
・将来、ピアノの技能が求められる仕事につける
・将来、趣味でピアノを楽しむことができる

ピアノを習うことで自然に音感やリズム感が育ち、楽譜を読めるようになるので、他の楽器の習得も容易になります。また、保育士など、ピアノの技能が求められる職業もありますし、大人になってからピアノを趣味として楽しみたい人もいるでしょう。
ピアノの習得は大人にからなってからでは、子供のうちに始めるよりは困難です。

学習能力についての効果

ピアノの練習には、一般的な学習能力の向上についても優れた効果があります。

・読解力、集中力、反射神経、記憶力、持続力が高まる
・両手を使うことによる、バランスの良い脳のトレーニングになる

ピアノを弾く時には、楽譜を見て、音・リズム・強さなどを理解し、左右の手の指と右足を別々に動かし、メロディを耳で確認する、という一連の動作をします。この複雑な一連の動作は、学習の基礎トレーニングとしてとても優れているのです。
楽譜を見てメロディを理解するためには読解力が、その通りに鍵盤を弾くためには反射神経が、さらに耳で確認するために集中力が必要です。発表会やコンクールでは暗譜の演奏が基本なので、暗譜の練習を通じて記憶力もつけることができます。
繰り返し練習することで、持続力も高まります。左右の手を別々に動かすことは、右脳も左脳も刺激し、バランスのよい脳のトレーニングになります。ピアノの練習によって鍛えられた学習能力は、学校での勉強にも役立つことでしょう。

引用元-−-いくしぇあ

ピアノには情操教育の効果!?

情操教育というのは、感情や情緒を育み、個性的な心の働きを豊かにするための教育を指します。ピアノには、子供の心理教育においても効果があるのです。
子供に習い事を始めさせたいと考えられる頃には、まだ3歳〜6歳であるお子様がほとんどだと思います。その時期にピアノを習わせることは、とても意味があることなのです。

子供に目標が持たせることができる

ピアノのレッスンを通して、子供に何かしらの目的意識が生まれてきます。「この曲に合格をもらいたい」そんな些細な目標こそが子供の自発性を引き出します。それを保護者の方が応援してあげることで、子供の目標を共同注視することができます。

達成の喜びを家族で分かち合える

ピアノの素敵なところは「発表する場」があることです。子供は緊張感を味わいながらも、今まで練習を重ねてきた成果を出そうとします。
そして、上手に演奏が出来たとき(=目標を達成できたとき)、家族がほめてあげることで喜びを分かち合うことができます。

反復の習慣(=忍耐力)がつく

新しい曲を先生からもらい、子供は再び練習を始めます。子供の頃からこのような習慣をつけておくことは、将来的に受験勉強などで粘り強く勉強をしなければならないときの手助けになります。
反復の習慣により、目標に対しての忍耐力をつけることができ、自然と強い意思を持てるようになるのです。

引用元-−-子供に習わせたいNo.1ピアノの魅力4つ | ピアノ教室のサイタ

ピアノを習う上で一番大切なこと

ピアノを習う上で、一番大切なことがあります。
(どのお稽古事でも、言える事なのですが・・・)

それは、お子さんが楽しんでピアノのレッスンをしているかどうか?

これが、もし嫌々だったり、義務感で続けているようなら
せっかくの脳トレも、生きる力を身に着けることも
半減し、才能を伸ばすことができません。

子供は正直なので、楽しいことは、進んでやりますし
楽しむことにより、脳の中のドーパミンという物質が出るため
脳の活性化につながります。

まずは、ピアノに興味があるか?
ピアノを習いだしたら、楽しんでレッスンしているか?

くれぐれも、押しつけにならないよう
お子さんの気持ちをイチバンに、考えてあげてくださいね^^

引用元-−-Otama Journal☆幸せの種

まとめ

愉しんで習うのであればとても素晴らしい習い事だったのですね♪

引用元-−-

twitterの反応


https://twitter.com/orange_lily1127/status/567247726501322752


https://twitter.com/ustudio224/status/543348336028155905


https://twitter.com/___morun/status/489807031360954368″

 - 学問 勉強 サイエンス

ページ
上部へ