鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

愛猫のがん…抗がん剤で治る?治療の費用はいくらかかる?

      2017/09/12

愛猫のがん…抗がん剤で治る?治療の費用はいくらかかる?

猫の死因の多くを占めるがん。人間よりも進行が早いといわれており、実際にがんで愛猫を亡くしたという人も多いでしょう。高額な医療費に治療をあきらめるケースもあると聞きます。そこで猫のがんと治療費について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

腹痛、しかも激痛・吐き気もある。どんなことが考えられる?

「おなかが痛い」という経験は誰しもあるはずです。食当たりかも...

癒しを与えてくれるメダカ。その産卵時期はいつ?

かつては小川によく見かけられたメダカですが、今ではその姿を見...

点滴でできたむくみを簡単に解消する方法!

点滴を受けた後に、むくみができて、体が重くなったりしたことは...

郵便局に転居届を!一人暮しの第一歩

家を出て一人暮しを始めるのは不安と期待が入り混じっているので...

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

生理予定日を過ぎて妊娠検査薬は使える?陰性と陽性の判断は

妊娠を希望していると妊娠しているかどうか早く妊娠検査薬を使い...

母子家庭で子供がアルバイトする場合の注意点は何?

父子家庭よりも母子家庭の方が多い理由は、離婚により母親が親権...

病院で「大切な証明書」である診断書がもらえない

誰だって好きで風邪をこじらせたり、精神面を患ったりしているワ...

男性用スカートは民族衣装だけ?おしゃれなの履き方と体験談

男性がスカートを履くとおかしい?伝統衣装のキルトスカートは男...

人が死ぬ前に感じる予感や予兆の3パターン

知ってる人が死ぬかもしれないといった予感や死ぬ直前の予兆を知...

親の介護が必要になったら姉妹の場合どうしたらいい?

自分も年をとりますが、当然親も年をとります。いずれは親の介護...

落ち込んだ時に聴くだけで実現?恋が叶う音楽?!

「○○の曲を聴いたら両思いになれる!」とか「○○の曲を着信音...

住所の丁目の漢字の部分「郵便」と「公的文書」は違う

「町丁名」って聞いたことありますか?住所の丁目の部分が漢数字...

「住所の構造には意味がある」住所の丁目と番地と号

住所を書く時に省略していることってありませんか?例えば○丁目...

基本は『家族で移動』本籍地の転籍と住所の地番と番地

本籍地は転籍自由で国内どこに置いても問題がありません。ただし...

「遠方のサイトのない店で買い物」現金の郵送を着払いで?

買い物を通販でする時、店が送料を負担してくれる場合があります...

犬用ステロイド注射の副作用&注意点と病気に対する効果

犬の病気治療などに使われるステロイド注射。どんな効果があって...

灼熱の金魚注意報?!水槽の水温を下げるにはどうしたらいい?

暑い夏、涼しげな水の中で気持ちよく泳いでいるかと思えばわが家...

極寒の金魚注意報?!水槽の水温はヒーターで調節した方が?

金魚は冬になると冬眠をするので、それに備えるため秋はエサをし...

スポンサーリンク


猫もがんになる!?猫がかかりやすいがんは?

高齢猫になれば、犬や人間と同じように腫瘍ができやすくなります。腫瘍とは、細胞が本来の規則に従わず増殖し、異常な組織を形成したものをいいます。腫瘍には良性と悪性のものがあり、腫瘍が転移せず、命に関わるおそれの少ないものを良性腫瘍、腫瘍が全身に転移して、命に関わるおそれのあるものを悪性腫瘍といいます。さらに悪性腫瘍のうち、上皮組織(皮膚、消化管、呼吸器道)から発生したものを「がん(癌)」、非上皮組織(血管、リンパ管、神経組織など)から発生したものを「肉腫」といいます。したがって、一般に良性腫瘍を「がん(癌)」と呼ぶことはありません。

引用元-猫のがん(癌、ガン)とは?リンパ腫や乳がんに要注意 | 猫の健康を考える | Petwell(ペットウェル)

ガンの中でも猫に多いのはリンパ腫や乳ガン

リンパ腫は猫に最もよくみられるガンで、若い猫に発生するものと高齢猫に発生するものに分けられます。

発生してから1、2ヶ月で命を落とすこともあるほど進行が早く、若い猫では胸腺型リンパ腫が多く、高齢の猫では消化管型リンパ腫が多くなっています。

乳ガンは避妊手術をしていれば避けられる病気といわれていますが、乳腺腫瘍になる猫の8割以上が悪性の乳ガンを発症してしまいます。

引用元-猫に増えるガン。猫にガンが多い理由と猫のガンの種類について | ペット生活

なお、ネコにリンパ・増血器系腫瘍が多い原因の一つには、ネコが白血病ウィルスにかかりやすいことにある(犬の約10倍)。地域的に白血病ウィルスの多いところでは、ネコ同士のケンカで伝染したり、親から感染したりする。ふだんからワクチン投与などの予防手段を取っておくべきである。

引用元-猫-がん

猫のがん治療法

・手術療法
外科手術によってがん細胞を除去してしまう方法です。腫瘍が大きく、また限局的に存在しているときに効果を発揮します。短期間で大幅に腫瘍を取り除くことができ、副作用が少ない反面、外見や運動機能を損なってしまうこともあります(手足や顎の切断など)。また麻酔や手術に伴う合併症で死亡してしまう危険性もゼロではありません。

・化学療法・薬物療法
ガン細胞だけがもつ特異的な標的物質などをターゲットにして抗がん剤が投与されます。化学療法によって腫瘍が根治することはまれですが、ガン細胞の分裂や増殖を抑制することで犬や猫の生活の質(QOL)を維持する効果は十分にあります。一方、骨髄抑制や脱毛といった副作用があったり、投与を重ねれば重ねるほど治療効果が薄くなるというデメリットもあります。

・放射線療法
患部に体外及び体内から照射する治療法です。放射線がもつ、「細胞分裂の盛んな細胞に対する殺傷効果が大きい」という特性を利用しています。つまり細胞分裂が盛んなガン細胞により大きな影響を与えるというわけです。化学療法よりもガン細胞に対する効果が高く、また外科療法では対処できない脳や心臓といった部位にも対応できるというメリットがあります。その反面、全身麻酔が必要でコストが高いといったデメリットもあります。

・免疫療法
免疫機構をコントロールし、ガン細胞を特異的に攻撃するように仕向ける治療法です。他の療法の後、体内に残ってしまった腫瘍を根絶する際に効果を発揮します。具体的にはマクロファージの活性化、インターロイキンの調整、サイトカインの産生促進などです。

・代替療法
マッサージ、ハーブ、動物用の鍼灸など、科学的手法に頼らない治療法です。

引用元-猫のガンについて~症状・原因・種類・治療法など猫の癌に関する基礎知識

猫の抗がん剤治療、費用はいくらぐらいかかる?

自分のケースでは以前飼っていた猫は、
10歳のときに腫瘍が見つかり、
近所の獣医師→大学病院での治療、
結局治ることはなくそのまま…。
総額は40万弱でした。

引用元-猫の病院費用が高額だった方、教えてください。 : 生活・身近な話題 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

治療をする場合は、ガンの種類にもよりますが、原発の腫瘍を手術で取るか、抗がん剤でガンを小さくしていって転移を防ぐ。というような治療になります。
金額は病院によって違いますのでなんとも言えません。
だいたいの目安として40万~50万くらい見ておけば、2,3ヶ月の治療費はまかなえるのではないかと思います。

引用元-飼い猫がガンになったら治療費はどれくらいかかるんでしょうか? – 積極的… – Yahoo!知恵袋

病院などによって治療費も千差万別だが、手術の場合、数万~数十万が一般的でさうr。抗がん剤は人と同じものを投与する。保険適用外のため、1回の投与で2~3万円かかる。

手術後の治療に数回の投与されることが標準的であるがリンパ腫だけは長期に渡って抗がん剤の投与が推奨(すいしょう)されている。

引用元-★ペットのガンの急増 最前線の治療と治療費とは?(゚ロ゚;)!! : 知識の泉 Haru’s トリビア

高額の費用が掛かる抗がん剤治療…ペット保険で備えよう

ペット保険とは

ペット保険とは、加入しているペットが病気やケガで動物病院で診療を受けた場合、支払金額の一部を保険会社が負担してくれるサービスです。保険によってはガンやそのほかの手術も補償しています。

引用元-猫のペット保険、種類とかしこい選び方 (全文) [猫] All About

ペット保険は全国の動物病院で利用できます

基本的にどのペット保険も、保険会社に直接加盟していない動物病院を利用しても補償が受けられます。加盟病院であれば窓口で支払うときに補償が受けられるものや、必要書類を揃えて保険会社に提出し認められると後日補償料が支払われるなど、保険会社によって違いがあります。

引用元-猫のペット保険、種類とかしこい選び方 (全文) [猫] All About

知っておきたいがん補償特約

ではそもそもペットのがんについてもペット保険の対象となるのでしょうか。これについてはほとんどのペット保険において、がんも補償対象としています。

ただ、保険加入時においてすでに発症していたがんについては通常補償されませんので、気をつけましょう。がんのリスクを減らすためにはペット保険に早期に加入していることが大切です。

さらに、知っておきたいのががん補償特約です。保険商品によっては負担の多いペットのがん治療に備えて、がんの補償を厚くしているものがあり、たとえばがんと診断されれば一時金として5万円程度支給されたりするケースがあります。

このようながん補償特約についても知っておきたいですね。

引用元-ペット保険(犬猫の保険)でがん対策。がん特約も知っておこう | ペット保険を口コミから比較

愛猫のがんを予防・早期発見するためにはどうしたらいい?

最も重要なのは、適正体重を保つこと、肥満をさせないこと、及び早期に行う不妊手術(卵巣子宮摘出術、精巣摘出術の実施(妊娠する必要のない犬猫の場合)です。 また健康予防プログラムによる癌の予防検診により、早期発見のための診断を行うことです。これらには、7歳までは年に1回、8歳以上は年に2回の検診が必要です。

引用元-犬猫の癌(腫瘍)について

がんを早期発見するために

 
愛犬、愛猫にいつもと違う様子が見られたら、放置せず、動物病院に行くことを心がけましょう。がんは予防することが難しいので、早期発見が最良かつ唯一の対策です。そのためには、毎日のスキンシップを欠かさず、体にしこりやおできがないか確認する、猫は定期的に体重を量り、体重減少に注意することが重要です。特に元気な時と比較して、体重が20%以上減少した場合は必ず獣医師にご相談下さい。がんに限らず、大きな病気が潜んでいる可能性があります。なお、猫や小型犬の体重測定には、成人用体重計ではなく、新生児用体重計(10-50g単位での計量が可能)があると便利です。

引用元-どうぶつの腫瘍疾患について調査 | 特集 | ペット保険の加入は「アニコム損害保険株式会社」

まとめ

入院治療をすると数十万はかかるものなんですね。大切な愛猫をがんから守るために、予防と早期発見に努めて下さい!

twitterの反応


https://twitter.com/kawasakicat/status/410686220931330049


https://twitter.com/P_gra3/status/421493007292973056


 - 動物 植物 ペット

ページ
上部へ