鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

パリへの個人旅行に母娘で行くおススメプラン!

      2019/10/29

パリへの個人旅行に母娘で行くおススメプラン!

海外旅行に行きたいという願望はあっても、なかなか行動に起こせない人も多いのではないでしょうか。行ってみたいけどどこに行っていいのかわからない、初めて、または不慣れな海外旅行が不安という声もあると思います。

そこで、母娘で行っても楽しめるおススメのパリ旅行をご紹介します!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

猫と死別。悲しくても最後の挨拶をしましょう。

かつてはペットといえば犬が代表格でしたが、最近では飼われてい...

腹痛、しかも激痛・吐き気もある。どんなことが考えられる?

「おなかが痛い」という経験は誰しもあるはずです。食当たりかも...

癒しを与えてくれるメダカ。その産卵時期はいつ?

かつては小川によく見かけられたメダカですが、今ではその姿を見...

点滴でできたむくみを簡単に解消する方法!

点滴を受けた後に、むくみができて、体が重くなったりしたことは...

郵便局に転居届を!一人暮しの第一歩

家を出て一人暮しを始めるのは不安と期待が入り混じっているので...

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

生理予定日を過ぎて妊娠検査薬は使える?陰性と陽性の判断は

妊娠を希望していると妊娠しているかどうか早く妊娠検査薬を使い...

母子家庭で子供がアルバイトする場合の注意点は何?

父子家庭よりも母子家庭の方が多い理由は、離婚により母親が親権...

病院で「大切な証明書」である診断書がもらえない

誰だって好きで風邪をこじらせたり、精神面を患ったりしているワ...

男性用スカートは民族衣装だけ?おしゃれなの履き方と体験談

男性がスカートを履くとおかしい?伝統衣装のキルトスカートは男...

人が死ぬ前に感じる予感や予兆の3パターン

知ってる人が死ぬかもしれないといった予感や死ぬ直前の予兆を知...

親の介護が必要になったら姉妹の場合どうしたらいい?

自分も年をとりますが、当然親も年をとります。いずれは親の介護...

落ち込んだ時に聴くだけで実現?恋が叶う音楽?!

「○○の曲を聴いたら両思いになれる!」とか「○○の曲を着信音...

住所の丁目の漢字の部分「郵便」と「公的文書」は違う

「町丁名」って聞いたことありますか?住所の丁目の部分が漢数字...

「住所の構造には意味がある」住所の丁目と番地と号

住所を書く時に省略していることってありませんか?例えば○丁目...

基本は『家族で移動』本籍地の転籍と住所の地番と番地

本籍地は転籍自由で国内どこに置いても問題がありません。ただし...

「遠方のサイトのない店で買い物」現金の郵送を着払いで?

買い物を通販でする時、店が送料を負担してくれる場合があります...

犬用ステロイド注射の副作用&注意点と病気に対する効果

犬の病気治療などに使われるステロイド注射。どんな効果があって...

灼熱の金魚注意報?!水槽の水温を下げるにはどうしたらいい?

暑い夏、涼しげな水の中で気持ちよく泳いでいるかと思えばわが家...

スポンサーリンク


●パリへ母娘で旅行するならこれがおススメ!

旅慣れた人ならば個人旅行もいいですが、そうでない場合は、フライトとホテルを選んで後は自由行動のできるフリーのパッケージツアーが安心で楽チンです。フライトは迷わず直行便で。それでも約12時間のフライトになるのでかなり疲れます。できれば到着時間を考慮して選びたいところ。例えば午後着の便ならその日はホテルでゆっくり休憩、次の日から行動するなど、旅の疲れを最低限にすることができます。あとツアーならば空港に着いたら送迎バスでホテルまで送り届けてもらえるのでとても安心。広くて分かりにくいシャルル・ド・ゴール空港を歩くのは気力と体力を使います。人に任せられるところはお任せしちゃいましょう。

引用元-【保存版】親子で旅しよう♪ナビ的パリ親子旅行のすすめ | パリナビ

エアーはJALかAFの直行便をお勧めします。ANAはターミナル1ですので、帰り免税店でのショッピングは期待できません。
パリは10回ほど行っておりますが、いつもオペラ付近に宿をとります。
コンコルド・サンラザールは古いですが趣あり設備が整っていてお勧めです。
オペラ・マドレーヌは徒歩圏と立地が便利なのが魅力。メトロ・RERの駅もすぐです。
お母様とご一緒とのことですので、疲れた日はデパートでお惣菜を買ってホテルで食べるもよし、オペラ付近の日本食屋さんでテイクアウトも可能ですよ。
SNCFの駅と隣接していますので雑多ではありますが、治安もさほど心配ないです。
コンコルドラファイエットは近代的ですし、空港からAFバスで一本と便利ですが、観光地は地下鉄(駅はホテル直結)で動かないといけません。
空港からはAFバスでモンパルナスかポルトマイヨー、もしくはロワシーバスでオペラですが、場合によってはそこからまたタクシーですので(スーツケース引いて歩くのはお勧めしません。学生さんなら別ですが)
初パリならば空港からタクシーに乗られた方が賢明だと思います。

引用元-母娘 初パリ旅行/オススメ航空会社、ホテルは? : 旅行・国内外の地域情報 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

●パリへ母娘で旅行に行くベストシーズンは?

フランスの6月は暑くなく、さわやかで日も一年中で最も長く日没は10時を過ぎるので一日の行動範囲がうんと広がります。(当然ですが夏至を過ぎると、どんどん日が短くなり気温は6月と同じでも、日長時間が違うので秋はダメ)

7月は14日を過ぎるとバカンスモードになり、お店がだんだん閉まってきて、8月は閉店だらけで(ブティックだけでなくマルシェやパン屋さんまで)最悪です。列車なども7月14日を境に間引き運転になり、通常の2/3程度になります。

そして6月なら航空運賃も最低だと思います。

私は6月には東部のストラスブールに行きました。本当に良かったです!!

引用元-フランス旅行、おすすめの時期は? : 旅行・国内外の地域情報 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

12月に入るとパリ中のあちらこちらで見かけるようになるのが、マルシェ・ド・ノエル=クリスマス市です。一番有名なのは何と言ってもシャンゼリゼ通りのマルシェでしょう。凱旋門からコンコルド広場まで、並木を彩るイルミネーション、そして道の両側にずらりと並んだ楽しくて可愛らしいお店たち。ここを歩くだけでも、たっぷりクリスマス気分が味わえ、おみやげが沢山見つかること請け合いです。
このマルシェ・ド・ノエルの楽しみは、ショッピングばかりではありません。様々な食べ物、飲み物の屋台もあるのが、食いしん坊にとっては嬉しいところ。外の寒い中で食べるのがまたオツです。

引用元-パリのクリスマス事情 | パリナビ

●パリで母娘旅行する際に注意することとは

日本人、特に年配の観光客はお金持ち、しかも現金を沢山持ち歩いている、という印象がパリにはあります。残念なことですが、最近は本当にアジアからの観光客を狙ったスリや引ったくりが多いのが事実です。このような犯罪者から身を守るためには、まず、高そうなカバンや装飾品を身に着けない、現金はなるべく持ち歩かない(カードで買えるものはカードを利用)、カバンは必ずちゃんと閉まるものをたすき掛けにする、などでかなり防げます。
あと、観光地や道などで親子写真など撮りたくなるものですが、なるべくあかの他人にシャッターを頼むのはやめましょう。親切に声をかけてくる人には用心です。こういうと世知辛い感じがしますが、一応踏まえた上で人を見て判断してくださいね。

引用元-【保存版】親子で旅しよう♪ナビ的パリ親子旅行のすすめ | パリナビ

治安の悪い地区では観光客、とりわけ日本人は大変目立ち、格好のターゲットとなってしまいます。ちゃんとバッグを斜め掛けにしたり気を付けていても、ナイフで切られ盗まれたという人にも会いました。ですので、18、19、20区のホテルは安くても絶対に避けてください。

お勧めの地区は観光やショッピングにも便利なパリの中心部1区、6区、7区、8区辺りでしょうか。 また、公共の交通機関、特に便利なメトロ(地下鉄)の駅に近いかも確認しましょう。 安全な地区でも、人通りの少ない小さな通りをかなり歩かなければいけないホテルは、お勧めしません。

引用元-フランス パリの治安の悪い地区と旅行中の注意点 – 旅行Latte

レストランやホテルでは、置き引きに気を付けてください。日本では席を取るために荷物を置いたりしますが、これは絶対にタブー。「取ってください」と言ってるようなものです。トイレに立つ時も持っていくか、連れの人に見ててもらいましょう。

引用元-フランス パリの治安の悪い地区と旅行中の注意点 – 旅行Latte

●パリの旅行を母娘で楽しむ穴場スポット!

パリにあるアーケード街パサージュ。今回はツアーで行ったわけではないのでパ
サージュにも個人的な興味から足を運びました。
パサージュは屋根の付いたアーケード街ということもあって、
雨がよく降るパリにおいて雨宿りをしながらも
ショッピングを楽しむことができる空間として非常に重宝します。

またパサージュ内の店舗というのもデザイン性の高い雑貨品などを扱っている店が多く
歩いて回るだけでも楽しむことができます。

引用元-オススメのフランス旅行  治安・ホテルなど 体験口コミ  | オススメ海外旅行の治安.com

サントシャペル

パリのノートルダム寺院の近くで、同じくシテ島にあります。小さなチャペルなので外見は地味ですが、このタイプでは世界一と言われるステンドグラスがあります。

最寄駅は4号線のシテ駅です。

まず入ってすぐは普通の教会なのですが、左右にある小さな階段を上って2階に行くとそこは別世界です!

晴れた日には日が差し込んで、それこそ天国と思われるような光景が広がります。筆者としては、ノートルダム寺院のバラ窓よりずっと素晴らしいと思います。

最高裁判所と同じ敷地内にあるため、セキュリティチェックを受けてからでないと入れません。入場料は8ユーロとちょっと高めですが、その価値はあると思います。ミュージーアムパスを持っている人はそれが使えます。

引用元-パリで訪れてほしい!穴場的スポット3選 | トラベルノート〈フランス旅行編〉

●パリで旅行を楽しむための豆知識

フランス語が話せなくても、お店に入るときは必ず「Bonjour」、出るときは「Au revoir(さようなら)」を言うこと!フランスで気持ちよく買い物or食事をしたいなら、挨拶が大切です。あとは、よくデパートなどでドアから出ようとすると、先に開けた人がドアを開けて待っててくれる人がいるので、気持ちよく「Merci」と言ったり、人込みでぶつかったときに「Perdon」と言えると、コミュニケーションが少しでも取れて、嬉しい気持ちになると思います。

また、親切度は人によりけりです。とてつもなく親切な人もいれば、すごく不親切な人もいます。事務的な手続きでさえ、この人はOKだったのに、あの人はだめ、という具合にあたりはずれがあるので、人に関してはあまり期待をせずに行くほうが無難だと思います。そして、何かあっても、「フランスってこんなもんか」と気楽に考える心のゆとりが大切です。それと、フランスはストライキの多い国です。電車、メトロ、飛行機はもちろん、私の経験では、ルーブルがストライキで開館しない、ということもありました。

あとは最後に、フランスのトイレは有料です。そして、街で見つけるにはなかなか苦労することが多い!メトロの駅にもトイレはあまりありませんし、デパートでさえ日本のようなきれいなトイレにはお目にかかれません。ですので、食事をした時・トイレを発見したときには、必ずトイレに行っておくことをお勧めします。カフェには必ずトイレがありますが、大抵地下に降りていきます。

いろいろと気をつける面ばかりになりましたが、これからの季節、パリは気候もよくなりますし、きっと楽しい旅ができる街だと思うので、あまり気負わずに楽しんできてくださいね。

引用元-フランス、パリ。おすすめ場所と心構え、体験談教えて下さい – 海外旅行(全般) | 教えて!goo

まとめ

パリは華やかなイメージもありますが、治安が悪い地域やスリが多かったりもするので、特に母娘で観光しているとより気を付けた方がいいですね。また、行ったことがない人は自由時間が1日あるツアーを組んでいくと安心安全です。

twitterの反応


https://twitter.com/mamamamakitty/status/102022474576822272


https://twitter.com/KakeruKuzuha/status/652801141864984577
https://twitter.com/ichi_hey/status/652778777919950848″

 - 旅 旅行

ページ
上部へ