鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

1歳の足に適切な靴の選び方とサイズ

      2018/05/03

1歳の足に適切な靴の選び方とサイズ

赤ちゃんが産まれてなんやかんやであっという間、1歳頃にはよちよち歩きが始まりますね。たいていの家庭では、ファーストシューズなるものを購入することが多いかと思いますが、1歳頃の足のサイズはいったいどれくらいなのでしょう。今回は、1歳の足のサイズや、適切な靴の選び方を調べてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

生理予定日を過ぎて妊娠検査薬は使える?陰性と陽性の判断は

妊娠を希望していると妊娠しているかどうか早く妊娠検査薬を使い...

母子家庭で子供がアルバイトする場合の注意点は何?

父子家庭よりも母子家庭の方が多い理由は、離婚により母親が親権...

病院で「大切な証明書」である診断書がもらえない

誰だって好きで風邪をこじらせたり、精神面を患ったりしているワ...

男性用スカートは民族衣装だけ?おしゃれなの履き方と体験談

男性がスカートを履くとおかしい?伝統衣装のキルトスカートは男...

人が死ぬ前に感じる予感や予兆の3パターン

知ってる人が死ぬかもしれないといった予感や死ぬ直前の予兆を知...

親の介護が必要になったら姉妹の場合どうしたらいい?

自分も年をとりますが、当然親も年をとります。いずれは親の介護...

落ち込んだ時に聴くだけで実現?恋が叶う音楽?!

「○○の曲を聴いたら両思いになれる!」とか「○○の曲を着信音...

住所の丁目の漢字の部分「郵便」と「公的文書」は違う

「町丁名」って聞いたことありますか?住所の丁目の部分が漢数字...

「住所の構造には意味がある」住所の丁目と番地と号

住所を書く時に省略していることってありませんか?例えば○丁目...

基本は『家族で移動』本籍地の転籍と住所の地番と番地

本籍地は転籍自由で国内どこに置いても問題がありません。ただし...

「遠方のサイトのない店で買い物」現金の郵送を着払いで?

買い物を通販でする時、店が送料を負担してくれる場合があります...

犬用ステロイド注射の副作用&注意点と病気に対する効果

犬の病気治療などに使われるステロイド注射。どんな効果があって...

灼熱の金魚注意報?!水槽の水温を下げるにはどうしたらいい?

暑い夏、涼しげな水の中で気持ちよく泳いでいるかと思えばわが家...

極寒の金魚注意報?!水槽の水温はヒーターで調節した方が?

金魚は冬になると冬眠をするので、それに備えるため秋はエサをし...

『迷う転籍』本籍と住所が違うと手間取る手続き〜

就職すると同時に県外に転出した人の場合、本籍地を就職先の県に...

仮病・アリバイ工作厳禁!一週間入院する病気には何がある?

病気で入院や手術をしなければならないことは、誰にでも起こり得...

がま口、長財布を買い替えよう!人気のブランドは?!

がま口や長財布、二つ折り財布といろいろあるけれど、新年に今ま...

NHK契約を拒否したい!持家に来る勧誘員撃退法

持家にやってくるNHKのしつこい勧誘で、そろそろ契約しなけれ...

スポンサーリンク


1歳の足の平均的なサイズとは

成長の早い子供の足ですから、靴を定期的に買い換えるのは負担になることもあるでしょう。小さくなった靴を無理やり履かせる親は少ないですが、「すぐ大きくなるからもったいない」と大きめの靴を購入する親は多いもの。
サイズの合わない大きな靴は、靴の中で足が滑ってしまい靴先に足指がぶつかり圧迫されます。この状態はきつい小さな靴を履くよりも足指にダメージを与え、柔らかい子供の足指が変形する原因になってしまいます。
また1cm大きいサイズの子供靴を履かせると、大人のサイズにすると何と3〜4サイズも大きい靴を履くことになります。

引用元-大きめの子供靴は足の骨が変形させることも 子供靴選びの5つのポイント|cuta [キュータ]

メーカーによって違いがありますが、子供靴を選ぶおおよその目安はこちらです。
■6ヵ月から1歳半…11〜13cm
■1歳半から2歳 …12〜14cm
■2歳から3歳  …13〜15cm
■3歳から4歳  …14〜16cm
■5歳から6歳  …17〜18cm
■6歳から7歳  …19〜20cm
繰り返しますが、このサイズはあくまでも目安です。足のサイズは個人差が大きいので、必ず試着してから子供靴を購入しなければなりません。

引用元-大きめの子供靴は足の骨が変形させることも 子供靴選びの5つのポイント|cuta [キュータ]

1歳の足のサイズの測り方

あれ?こないだ買ったのにもう靴が入りづらくなってる!
子供の成長って、とっても早いですよね。
親としては「またお金が飛んでいく〜」と嘆きたくなりますが、靴のサイズが合っていないと成長や運動の妨げになったり、歩き方が変になったりしてしまうので、子供のためにきちんとしたサイズの靴を買ってあげることが大切なんです。

引用元-子供靴のサイズ 選び方と平均は?測り方をチェック! | Mama search

かかとをしっかりと固定し、縦の線に足の人差し指を合わせて測ります。
足の幅を測る時は、親指の関節部分の一番出ているところと、小指の関節で一番出ているところの長さを測ります。
あくまでも目安ですが、これでサイズの確認ができます。
正確なサイズを測るなら、お店の機械で測ってもらいましょう。
お店の人に測ってもらうと、足のサイズはもちろんのこと、足の幅や甲の高さも見てもらえます。
そして、そのサイズにあった靴を教えてもらえるので失敗がありません。
お時間に余裕のある時は、足を運んでみてくださいね。

引用元-子供靴のサイズ 選び方と平均は?測り方をチェック! | Mama search

1歳の足に適切な靴を選ぶ際のポイント①

子どもの足長は2歳半頃までは半年で約1cm、それ以降は半年で約0.5cmのペースで大きくなっていきます。だからといって大きすぎる靴は禁物! サイズが合ってないと靴の中で足が動いてしまい、歩き方まで悪くなってしまいます。半年に1度は測り直し、成長に合った靴を履かせるようにしてくださいね。

上手なシューズ選びは?
・足指が蹴りだしやすいようにつま先があがっている
・柔らかな足を守るためにすっぽり包み込むデザイン
・足首の骨がまっすぐ成長するようにかかとに適度な硬さがある
・いつもピッタリサイズである

引用元-5ヶ月〜1歳半ごろ | 赤ちゃんのくつえらびのポイント | ベビカム

ふだんばき
軽くて柔らかな合皮素材で足に負担をかけないものを。夏場なら、はだしで履いてもむれにくいメッシュ素材などがオススメ。赤ちゃんがつまづいたりしないように、ソールが滑りにくいつくりになっていたり、かかとが補強されているものをえらんであげてください。

おでかけ
かわいらしい刺しゅうやアップリケ付のデザインでおでかけ気分を楽しく演出してみては。1歳くらいまでなら、おしゃれ用や防寒を主体に考えても大丈夫ですよ。

引用元-5ヶ月〜1歳半ごろ | 赤ちゃんのくつえらびのポイント | ベビカム

1歳の足に適切な靴を選ぶ際のポイント②

間違った靴を選ぶと、足はもちろん、ヒザや腰の病気につながったり、内臓の働きに影響を与えることもあります。また、足の健康は体や頭脳の発育のためにも重要です。
歩いたり、走ったり、運動することで筋肉が収縮と緩和を繰り返し、血液の循環を助けるのです。子供の健やかな成長のために足のサイズをきちんと測り、下記の点に注意し愛情を持った靴選びをしてください

引用元-子供の足のための知識|靴の選び方|靴について|MoonStar

よちよち歩き
骨の正常な発達、つまずき防止に重点をおいた靴選びをしてください。立ち姿勢で足にフィットするものを選んでください。素材はやわらかく足になじむもの、底もかたすぎず靴底の前約3分の1あたりで曲がるものを選びます。デザインは柔らかい関節を保護するために、足首のくびれまで深さがあること、かかと部分も補強されたものがよいでしょう。サイズは靴を履いてかかとを合わせて、指先に7〜10ミリ程度ゆとりがあるのが適当です。
また、親指が反り返る余裕も必要です

引用元-子供の足のための知識|靴の選び方|靴について|MoonStar

とことこ歩き
1歳から2歳にかけて歩き方がかわります。変化時期は子供によって違います。とことこ歩きになると運動量も増え、汗をかきやすくなるため通気性、吸湿性の良い素材をえらびます。デザインはきちんとフィットして脱げにくいものを選びます。サイズは靴にかかとを合わせて履き、つま先に7〜10ミリのゆとりが理想。

引用元-子供の足のための知識|靴の選び方|靴について|MoonStar

1歳の足に適切な靴を選ぶ際の疑問点

ファーストシューズ選びでよくある疑問

買い替えの時期は?頻度はどれくらいですか?
成長に個人差はありますが、平均3ヶ月に一度サイズを確認してみましょう。
つま先の余裕が5mm以下になっていたらサイズチェンジの時期です。
歩くのが上手になって、たくさん歩くようになってくると歩き方も変わってくるため、この頃も買い替えの時期と言えるでしょう。

靴が大きいのですが中敷きを入れても大丈夫ですか?
赤ちゃんのインソールは足を保護したり、履きやすさを考えて作られています。その上に中敷きをしてしまうと靴の機能を発揮できなくなってしまいます。
又、靴の中でインソール同士が噛み合わずにズレてしまうと不安定になりますのでおススメ出来ません。靴が小さくなってきた時にインソールを外してしまうのもおススメ出来ません。

お下がりの靴でも履かせていいの?
どのくらい履いたものなのか、程度にもよりますが・・・
インソールやミッドソールのクッション性やアウトソールが減少している可能性があります。
又、歩き方も人それぞれなので癖がついているとバランスを崩しやすく転倒の原因になりますのでおススメ出来ません。

サンダルを履かせても大丈夫なの?
 ファーストシューズにサンダルはおススメ出来ません。サンダルは露出が多いので、足を保護するのに適さないためです。
歩くのに慣れた頃であれば、通気性も良いのでシーンに合わせて履かせてあげて良いでしょう。サンダルもヒールガードがあるものがおススメです。

引用元-ファーストシューズの選び方10のポイントとサイズの測り方 – マーミー

まとめ

子供の成長はあっという間ですよね。特に1歳はまだまだ手がかかり、時間が過ぎるのが早く感じますよね。でも、足のサイズを正しく測り、適切な靴を選ぶことは子供の成長にとても重要なんですね。是非参考にしてみて下さい。

twitterの反応

https://twitter.com/key_3days/status/739437851796856832


https://twitter.com/hh_harrn25/status/645098650088042497

 - 学問 教育 子育て

ページ
上部へ