鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

パリ観光に適した服装って?

      2017/09/12

パリ観光に適した服装って?

パリへの観光旅行に行く際、どんな服装がよいのでしょうか?季節にもよると思いますが、どこへ観光に行くのかによっても違ってくるかと思います。また一日の気温差も大きいようですので現地に行って困らないようにしたいものですよね。

そこでパリの気候と適した服装について調べてみました!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ブレーカーが頻繁に落ちるようになった!原因と対策は?

ついうっかり電気を使いすぎると落ちてしまうブレーカー。夜の暗...

余ったシチューやカレーの保存方法とリメイク料理!

小さな子供からお年寄りまで、幅広い年代層の人に人気のあるメニ...

男だって自分で作る楽しい料理!

最近は男性でも料理を作る方が増えてますよね。ある調査によると...

トイレ掃除はどこからすると効果的なのか?!

みなさんはトイレ掃除、どこから掃除していますか?実はトイレに...

観葉植物でおしゃれ部屋を作る! 初心者向けの種類と方法!

つい人を呼びたくなるような、自慢したいほどおしゃれな部屋って...

色々な作業に音楽を聴いて集中する方法!

作業ってなかなか長くできるものではないですよね。数十分・数時...

猫と死別。悲しくても最後の挨拶をしましょう。

かつてはペットといえば犬が代表格でしたが、最近では飼われてい...

腹痛、しかも激痛・吐き気もある。どんなことが考えられる?

「おなかが痛い」という経験は誰しもあるはずです。食当たりかも...

癒しを与えてくれるメダカ。その産卵時期はいつ?

かつては小川によく見かけられたメダカですが、今ではその姿を見...

点滴でできたむくみを簡単に解消する方法!

点滴を受けた後に、むくみができて、体が重くなったりしたことは...

郵便局に転居届を!一人暮しの第一歩

家を出て一人暮しを始めるのは不安と期待が入り混じっているので...

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

生理予定日を過ぎて妊娠検査薬は使える?陰性と陽性の判断は

妊娠を希望していると妊娠しているかどうか早く妊娠検査薬を使い...

母子家庭で子供がアルバイトする場合の注意点は何?

父子家庭よりも母子家庭の方が多い理由は、離婚により母親が親権...

病院で「大切な証明書」である診断書がもらえない

誰だって好きで風邪をこじらせたり、精神面を患ったりしているワ...

男性用スカートは民族衣装だけ?おしゃれなの履き方と体験談

男性がスカートを履くとおかしい?伝統衣装のキルトスカートは男...

人が死ぬ前に感じる予感や予兆の3パターン

知ってる人が死ぬかもしれないといった予感や死ぬ直前の予兆を知...

親の介護が必要になったら姉妹の場合どうしたらいい?

自分も年をとりますが、当然親も年をとります。いずれは親の介護...

落ち込んだ時に聴くだけで実現?恋が叶う音楽?!

「○○の曲を聴いたら両思いになれる!」とか「○○の曲を着信音...

スポンサーリンク


パリのベストシーズンは(質問)

今年の10月中旬にパリに行ってきました。
バレエやオペラ、ルーブル・オルセーなど、すっかりパリの虜になりました。
来年も再訪したいのですが、5月末か9月中旬を考えています。
皆さんのおすすめの季節を教えてください。

引用元-『パリのベストシーズンは?』 – Q&A詳細 – フォートラベル

パリのベストシーズンは(回答)

ハイシーズン7月 8月は最高ですよ(^O^) 革命記念で盛り上がります!!!!
雨も降らず晴ればっかです。 セーヌ川沿いにビーチが出来ます!!!!

引用元-『パリのベストシーズンは?』 – Q&A詳細 – フォートラベル

8回程フランス周遊し、帰国時に北駅周辺の宿を2-4泊程度してREPでCDG空港に向いますが、5月連休、6月、7月、10月と訪問した結果、昼間時間が長く天候に恵まれた6月、7月(少し暑いですが)がBest Seasonと思います。
然し、5月には郊外に行くと菜の畑全体が黄色く広がり始めて遠方の古びた教会を見ると思わず、写真を撮りたくなる風景ですし、10月のなると紅葉で落ち着いた風情や哀愁を感じる時期でもあり、あのワイン祭りや収穫祭も開催されて美味しいジビエ料理も始まり目的により、異なるかも知れません。
一般的には初夏の季節がベスト・シーズンとなります、夜21時過ぎまで明るく行動範囲が広がるので、短期間で多く観光するには都合よいのでは・・
バレエやオペラを鑑賞したい場合は金曜、土曜を現地滞在する日程すれば可能でしょう。

引用元-『パリのベストシーズンは?』 – Q&A詳細 – フォートラベル

6月下旬と9月のシルバーウィークに行ったことがあります。
6月は極たまに一瞬のスコールがありましたが、基本的には暑いので
寒がりな私は精力的に歩き回ることが出来てとてもよかったです。
9月中旬〜下旬は季節の変わり目で、運がよければ夏・秋・初冬といろんな気候が楽しめます。
(実際は冬とまではいかないけど、寒がりな私には急な気温の変化にそれぐらい寒く感じました)
ノースリーブを着ていたかと思えば、次の日にはピューっと枯れ葉が舞い、急に冷え込み次第にマフラーの人が現れ始めるという
一週間ちょっとの滞在なのに驚きの気候の変化でビックリしました。
三寒四温な感じだと思うので運ですけどね。

引用元-『パリのベストシーズンは?』 – Q&A詳細 – フォートラベル

パリに行くときの服装

春が実感できるのは、4月中旬頃から。4月、5月は、寒い日も多く、まだセーターやジャケットが必要です。
6月は、梅雨もなく、日は長く、最高のシーズン。暑くなく、寒くなくといったところ。といっても、よほどの暑がりの人でないかぎり、半袖1枚などでは過ごせません。羽織るものを持って行ってください。

7月、8月には最高気温が30度を越えることもありますが、寒暖の差が大きく、朝晩は冷えることもあります。昼間の暑さもさらっとした感じです。
関東以南に住む人が、夏の北海道旅行に行くことをイメージしてください。長袖のカーディガンを持って行きますよね。夏のパリに行く人もそんなイメージで。

9月になると、はやくも秋の気配。9月後半には、保温性のあるアウターが必要です。それでも10月ころまでは、外を歩くのも苦にならない気候ですが、11月に入ると、しっかりとした防寒対策が必要になります。
日は短くなり、曇りがちの天気に。
街全体がグレーっぽくなっていきます。

12月以降は底冷えの寒さ。出来る限りの防寒対策を行ってください。暖かくて、かさばらない、機能性のインナーは、旅行に重宝します。1月、2月は、大寒波の襲来による大雪で空港閉鎖、などのニュースも入ってくるので、この時期に旅行に行く人は、マメに海外ニュースをチェックしましょう。
日本の北国と同様、宿泊施設など屋内の防寒対策は万全ですが、観光で外を歩く際に、石畳の街並の寒さが身に染みます。

3月は、日も延びて来て、日差しも明るくなってきます。それまで、日照時間の短い長い冬を過ごしてきたパリの人々にとっては、テンションが上がっていく時期のようですが、実際はまだまだ寒く、日本人的には冬だと思ったほうがいいです。

引用元-パリの気温と服装_メルシーパリ.ネット

パリ観光する際の服装アドバイス

パリの天気は不安定

パリは一週間を通しても一日を通しても、天気が安定していません。秋冬に共通してあったのが、突然の雨に降られるということでした。
折り畳みの傘は必需品です。

寒暖差対策

寒暖の差に対応できるように、脱ぎ着しやすいカーディガンやストールを準備するのがおすすめです。
また10月の旅行なら、その年の気温変化によるところですが、ライナー付きのトレンチコートなど、しっかりした上着を用意した方がいいと感じました。。
温暖な春と夏でも、天気の急変に備えて準備しましょう。

紫外線

秋は寒い日はジャケットを着ていても震えるくらい寒かったですが、晴れた日はぐっと気温があがり、肌がじりじりするような紫外線の強さも感じました。
夏の紫外線はそれ以上です。日焼け対策をしましょう。

冬の防寒

街歩きをするのがメインの時は、完全防寒をおすすめします。

引用元-パリの天気は不安定!体験談と服装選びのアドバイス | トラベルノート〈フランス旅行編〉

パリ観光に持って行く服

パリの街中での基本的な服装

「食事は、気軽な雰囲気のお店に行きます」「高級ブランドショッピングの予定はありません」という人であれば、服装であまり悩まなくても大丈夫。ごく日常的な普段の服装でOKです。
例えば日本で、電車に乗って美術館や映画館に行く時や、友達と話題の場所に遊びに行く時などに、どんな服を着て行くかイメージしてみましょう。
それは人によって、「Tシャツにジーパン」かもしれないし、「カットソーにスカート」かもしれません。
露出の多い服装は控えた方が無難(特に宗教的な場所ではNG)ですが、注意点といえば、そのくらい。
基本的にはどんな格好でも問題ないと思います。
ただし、のんびり寛ぐのが目的のビーチリゾートなどと違って、パリでの観光はどうしても「見学」になることが多いです。広い美術館の中を歩き回ったり、石畳の街を歩いたりすると、けっこう疲れます。
靴だけは、歩きやすくて、足の負担を軽減してくれるようなもので行くことをおすすめします。

高級ブティックなどに行く場合

「せっかくパリまで行くのだから、高級ブランド店で買い物したり、ランクの高いレストランで食事をしてみたい」という人は、意識してきれい目の服を持って行くと良いでしょう。 服に合う靴とバックも忘れずに!
私の友人が、某ブランド店へ ワンピース+パンプス姿で買い物に行ったら、前回の旅行で Tシャツ・ジーパン+スニーカーで行ったときより、明らかに対応が良かったということを話してくれました。
お店のスタッフは、ある程度、お客さんを見た目で判断します。それは、このお店に限らず、どこでもそういうものなのだと思います。 訪ねるお店の格に合わせた服装をすることは、相手に対する礼儀です。こちらが相手に敬意を表した結果、相手も丁寧に接してくれるということなのだと思います。

引用元-パリに持っていく服_メルシーパリ.ネット

現地に溶け込みたい場合

現地人化したい人には、シンプル&シックな系統の服装がおすすめです。

黒、白、ベージュなどのベーシックな色で、ごくシンプルな形のニットやシャツにジーパン、靴はバレエシューズのようなフラットなもの。
バッグはブランド品ではなく、かといって いかにも旅行者風の斜めがけバッグでもなく、OLさんの通勤用といった感じの、ごく普通の肩掛けタイプ。
そんな感じの服装だったら、街なかでもメトロでも周囲に溶け込めると思います。

引用元-パリに持っていく服_メルシーパリ.ネット

まとめ

自分の行きたい季節や観光先をはっきりさせると良さそうですね。

twitterの反応


https://twitter.com/LicacoSeta/status/93942849388814336″

 - 旅 旅行

ページ
上部へ