鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

インフルエンザの検査で正しく診断されるのはいつから?

      2017/09/12

インフルエンザの検査で正しく診断されるのはいつから?

寒い時期に突然高熱が出たり、身体の節々が痛みだしたりして、まず考えるのは『インフルエンザ』ではないでしょうか?明らかにインフルエンザではないか?と思って診察してもらったのに陰性だったという場合もあるようですが、インフルエンザの検査が正しく診断される時期というのはいつからなのでしょうか?インフルエンザとその検査・診断について調べてみました!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

生理予定日を過ぎて妊娠検査薬は使える?陰性と陽性の判断は

妊娠を希望していると妊娠しているかどうか早く妊娠検査薬を使い...

母子家庭で子供がアルバイトする場合の注意点は何?

父子家庭よりも母子家庭の方が多い理由は、離婚により母親が親権...

病院で「大切な証明書」である診断書がもらえない

誰だって好きで風邪をこじらせたり、精神面を患ったりしているワ...

男性用スカートは民族衣装だけ?おしゃれなの履き方と体験談

男性がスカートを履くとおかしい?伝統衣装のキルトスカートは男...

人が死ぬ前に感じる予感や予兆の3パターン

知ってる人が死ぬかもしれないといった予感や死ぬ直前の予兆を知...

親の介護が必要になったら姉妹の場合どうしたらいい?

自分も年をとりますが、当然親も年をとります。いずれは親の介護...

落ち込んだ時に聴くだけで実現?恋が叶う音楽?!

「○○の曲を聴いたら両思いになれる!」とか「○○の曲を着信音...

住所の丁目の漢字の部分「郵便」と「公的文書」は違う

「町丁名」って聞いたことありますか?住所の丁目の部分が漢数字...

「住所の構造には意味がある」住所の丁目と番地と号

住所を書く時に省略していることってありませんか?例えば○丁目...

基本は『家族で移動』本籍地の転籍と住所の地番と番地

本籍地は転籍自由で国内どこに置いても問題がありません。ただし...

「遠方のサイトのない店で買い物」現金の郵送を着払いで?

買い物を通販でする時、店が送料を負担してくれる場合があります...

犬用ステロイド注射の副作用&注意点と病気に対する効果

犬の病気治療などに使われるステロイド注射。どんな効果があって...

灼熱の金魚注意報?!水槽の水温を下げるにはどうしたらいい?

暑い夏、涼しげな水の中で気持ちよく泳いでいるかと思えばわが家...

極寒の金魚注意報?!水槽の水温はヒーターで調節した方が?

金魚は冬になると冬眠をするので、それに備えるため秋はエサをし...

『迷う転籍』本籍と住所が違うと手間取る手続き〜

就職すると同時に県外に転出した人の場合、本籍地を就職先の県に...

仮病・アリバイ工作厳禁!一週間入院する病気には何がある?

病気で入院や手術をしなければならないことは、誰にでも起こり得...

がま口、長財布を買い替えよう!人気のブランドは?!

がま口や長財布、二つ折り財布といろいろあるけれど、新年に今ま...

NHK契約を拒否したい!持家に来る勧誘員撃退法

持家にやってくるNHKのしつこい勧誘で、そろそろ契約しなけれ...

スポンサーリンク


検査・診断できる期間は(質問)

インフルエンザの検査について、熱が出てから何時間経ったら陽性反応が出るんでしょうか?

熱が出て、病院に行ったらとりあえず今は陰性で、まだ陽性に達していないだけかもしれないという診断でした。
お医者さんは、インフルエンザにかかっていても発熱して○時間経たないと陽性反応が出ないことがある〜と言っていましたが、何時間と言っていたか忘れてしまいました。

引用元-インフルエンザの検査について、熱が出てから何時間経ったら… – Yahoo!知恵袋

検査・診断できる期間は(回答)

インフルエンザの迅速検査キットはメーカーによっても最良の検査精度を得られる時間は異なります。

基本、発熱後12時間経てば良い検査結果が得られるとされているのですが、実際の診療現場で感じているのは、発熱後18時間経過したほうが結果が出やすいですね。これは採取した粘液中のウイルスの量に比例して検査結果の精度が変わる為です。

24時間経てばより結果が出やすいかも知れませんが抗ウイルス薬は発症後48時間以内に飲まないと効果がありませんから治療が遅れてしまいます。

そのため、検査は発熱後18時間くらいが最適ではないかと思っています。

もちろん18時間にこだわらなくても、高熱で苦しい時は発熱後の時間にかかわらず受診するようにしてください。

引用元-インフルエンザの検査について、熱が出てから何時間経ったら… – Yahoo!知恵袋

インフルエンザと風邪との違い

インフルエンザは普通のかぜとは異なり、突然の38℃以上の「高熱」や、関節痛、筋肉痛、頭痛などの他、全身倦怠感、食欲不振などの「全身症状」が強く現れるのが特徴です。

インフルエンザの症状は?
インフルエンザウイルスに感染した場合、約1〜3日の潜伏期間の後、インフルエンザを発症します。続く約1〜3日では、突然の38℃以上の「高熱」や全身倦怠感、食欲不振などの「全身症状」が強く現れます。

やや遅れて、咳(せき)やのどの痛み、鼻水などの「呼吸器症状」が現れ、腰痛や悪心(吐き気)などの「消化器症状」を訴えることもあります。通常は、10日前後で症状が落ち着き、治癒します。

普通のかぜとはどう違うの?
普通のかぜは1年を通してみられますが、インフルエンザは季節性を示し、日本では例年11〜12月頃に流行が始まり、1〜3月にピークを迎えます。かぜの多くは、発症後の経過がゆるやかで、発熱も軽度であり、くしゃみやのどの痛み、鼻水・鼻づまりなどの症状が主にみられます。

これに対し、インフルエンザは高熱を伴って急激に発症し、全身倦怠感、食欲不振などの「全身症状」が強く現れます。関節痛、筋肉痛、頭痛も現れます。また、インフルエンザは、肺炎や脳炎(インフルエンザ脳炎)などを合併して重症化することがあります。

引用元-インフルエンザの症状〜症状、かぜとの違い〜|インフル・ニュース

インフルエンザチェックリスト

インフルエンザかも知れないと思う時には、次のチェック項目で確認してみましょう。

Q1、急に38℃以上の熱が出た
Q2、全身の関節や筋肉が痛い
Q3、頭が痛い
Q4、全身のだるさがある
Q5、咳や喉の痛み、鼻水の症状がある
Q6、身近な人がインフルエンザにかかっている
Q7、室内の空気が乾燥している
Q8、睡眠不足
Q9、通勤や通学でバスや電車に乗り、人混みの中にいる
Q10、帰宅後、うがいや手洗いをしていない

「はい」の数が多いとインフルエンザの可能性が高いので、病院に行き、診察を受けるようにしましょう。

引用元-インフルエンザと風邪の症状のココが違う!見分け方のポイント | 健康大学

インフルエンザ検査のタイミング

検査のタイミングが重要な理由

インフルエンザにかかったかどうかの判断は、ほとんどの医療機関が「迅速診断キット」を使って行います。これは、のどや鼻から摂取した粘液を調べ、ウイルスを検出するキットで、だいたい15分以内に結果を出せる優れものです。

ただし結果が素早く出る反面、精度に多少難があり、インフルエンザの感染初期だと陽性反応にならない場合があります。これはウイルスの数量によって結果を出すキットの性質によるもので、ウイルスの数が少ない感染初期は陰性となる可能性があるのです。

ですが、インフルエンザウイルスは驚異的なスピードで増殖します。1つのウイルスに感染すると、8時間後には100個程に増殖し、1日経つ頃には約百万個にまで増殖すると言われています。あまりにもウイルスが増えてから病院にいくと、症状緩和の機会を逃してしまううえ、体調もかなり悪化してしまいます。

引用元-インフルエンザ検査をするタイミングとは | ヘルスケア大学

検査をするベストなタイミング

では、どのタイミングで検査をすれば良いのでしょうか。

具体的には、インフルエンザ発症後12〜24時間以上経過してからが頃合いです。しかし、抗インフルエンザ薬が有効なのはインフルエンザの症状が出てから48時間以内なので、発症後2日以上経ってから検査しても、抗インフルエンザ薬の効果が低下してしまいます。遅すぎても早すぎてもタイミングを逸してしまうことになります。

引用元-インフルエンザ検査をするタイミングとは | ヘルスケア大学

発症後の復帰の目安

一般的には、インフルエンザ発症前日から、発熱して5日間は、鼻やのどからウィルスを排出するといわれているため、その期間は外出を控える必要があります。

学校保健安全法では「発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児にあっては、3日)を経過するまで」をインフルエンザによる出席停止期間としています。

ただし、病状により学校医その他の医師が「感染のおそれがない」と認めたときは、この限りではありません。

引用元-インフルエンザの初期症状は!?かかった場合の5つの対処法と治療薬 | いしゃまち

知られざる”ワクチン”の罪?!

私たちにとって、もっとも身近なワクチンのひとつに、インフルエンザワクチンがあります。毎年冬になると、おおぜいの人がインフルエンザに感染することから、お年寄りや子供を中心に、受験生などにも広く接種されています。

しかし、インフルエンザワクチンは過去に予防効果がないことから、定期予防接種から外されたワクチンであることをご存じでしょうか。

毎年約3000万人に接種し続け、効果がなかったので中止せざるを得なかったのです。
科学的な検証がないままに1948年から1994年までの46年間にわたり実施されていましたが、全く有効性がないことが判明し、以後全国的なボイコット運動により中止されました。その後も効果を証明する研究結果はありません。

日本は世界で唯一、公的にインフルエンザワクチンが無効であることを証明した国なのです。

引用元-知られざる”ワクチン”の罪

まとめ

発熱してウィルスを追いだそうとしてくれる免疫力に感謝ですね!

twitterの反応


https://twitter.com/kshingo123/status/707015758258110467


https://twitter.com/ma_tsutomu/status/294026179340546048″

 - 健康 

ページ
上部へ