鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

子供の安全を見守る携帯はGPSが心強い

      2017/09/12

子供の安全を見守る携帯はGPSが心強い

子供の安全を見守るには携帯が便利ですね。

GPS機能付ならさらに安心なのではないでしょうか。

いろんな種類があります。性能など調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

生理予定日を過ぎて妊娠検査薬は使える?陰性と陽性の判断は

妊娠を希望していると妊娠しているかどうか早く妊娠検査薬を使い...

母子家庭で子供がアルバイトする場合の注意点は何?

父子家庭よりも母子家庭の方が多い理由は、離婚により母親が親権...

病院で「大切な証明書」である診断書がもらえない

誰だって好きで風邪をこじらせたり、精神面を患ったりしているワ...

男性用スカートは民族衣装だけ?おしゃれなの履き方と体験談

男性がスカートを履くとおかしい?伝統衣装のキルトスカートは男...

人が死ぬ前に感じる予感や予兆の3パターン

知ってる人が死ぬかもしれないといった予感や死ぬ直前の予兆を知...

親の介護が必要になったら姉妹の場合どうしたらいい?

自分も年をとりますが、当然親も年をとります。いずれは親の介護...

落ち込んだ時に聴くだけで実現?恋が叶う音楽?!

「○○の曲を聴いたら両思いになれる!」とか「○○の曲を着信音...

住所の丁目の漢字の部分「郵便」と「公的文書」は違う

「町丁名」って聞いたことありますか?住所の丁目の部分が漢数字...

「住所の構造には意味がある」住所の丁目と番地と号

住所を書く時に省略していることってありませんか?例えば○丁目...

基本は『家族で移動』本籍地の転籍と住所の地番と番地

本籍地は転籍自由で国内どこに置いても問題がありません。ただし...

「遠方のサイトのない店で買い物」現金の郵送を着払いで?

買い物を通販でする時、店が送料を負担してくれる場合があります...

犬用ステロイド注射の副作用&注意点と病気に対する効果

犬の病気治療などに使われるステロイド注射。どんな効果があって...

灼熱の金魚注意報?!水槽の水温を下げるにはどうしたらいい?

暑い夏、涼しげな水の中で気持ちよく泳いでいるかと思えばわが家...

極寒の金魚注意報?!水槽の水温はヒーターで調節した方が?

金魚は冬になると冬眠をするので、それに備えるため秋はエサをし...

『迷う転籍』本籍と住所が違うと手間取る手続き〜

就職すると同時に県外に転出した人の場合、本籍地を就職先の県に...

仮病・アリバイ工作厳禁!一週間入院する病気には何がある?

病気で入院や手術をしなければならないことは、誰にでも起こり得...

がま口、長財布を買い替えよう!人気のブランドは?!

がま口や長財布、二つ折り財布といろいろあるけれど、新年に今ま...

NHK契約を拒否したい!持家に来る勧誘員撃退法

持家にやってくるNHKのしつこい勧誘で、そろそろ契約しなけれ...

スポンサーリンク


子供用携帯に実装されている機能は?

各携帯電話会社は、子供に携帯電話を持たせる理由として多い「防犯対策」を最優先に、子供を守るための子供向け携帯電話を発売しています。付属の防犯ブザーが使われると自動で保護者の電話に発信したり現在の居場所を通知したりする機能を備えているほか、電源がオフになったことを通知する機能を装備した機種もあります。またGPS機能で子供が今どこにいるのかを即座に調べたり、スケジュール機能を持ち合わせて自動で確認してくれたりするサービスもあるなど、子供向けの携帯電話を使うと安全・安心重視の手厚いサービスが利用できるようになっています。その上、生活防水対応や電池が簡単に外れない設計、夜道でも安心のライトが備わっているのも特徴です。
このほか、以降に挙げるような子供の利用環境を整備する便利な機能やサービスが用意されています。
中には、「子供はすぐに大きくなるから飽きずに使えるように」と、大人と同じ携帯電話端末を与える保護者もいますが、それでは子供に携帯電話を持たせる本来の理由からは逸れてしまいます。また、「子供向け携帯電話は幼稚で嫌だ」と言う子供もいるかもしれません。理由があって買い与えることをしっかりと説明する必要があります。

引用元-−-キッズパトロール

子供用携帯の比較

・通話ができないタイプ(みまもりGPS)

まず、通話ができないものだと、Softbank201ZのみまもりGPSがあります。これは貴重品の見守りなどにも利用している人もいるようで、自分の指定している範囲以外に移動すると検知してメールが届くようになっています。子どもの居場所を位置情報つきメールで知らせてくれます。たとえば、「家に帰ったら通知を受ける」など、指定した居場所やエリアへの出入りを検知してメールが送信されます。防犯ブザーつきのように見える丸いストラップは、落としにくさを追求したデザインのようですね。

・通話ができるタイプ

キッズケータイはあらかじめ登録された番号に電話をかけることができます。auは10件まで、DoCoMoワンタッチ発信キーで4件Softbankの202Zもワンタッチ発信で3件登録ができます。着信についても制限があります。ママのほかにも家族の電話番号を設定しておくとよいですね。
わが家ではSoftbankのキッズケータイを使わせています。電話がかかってきて出られなかった場合、位置情報がついた着信通知メールがショートメールで届きます。私が出られずに、リピートして発信してくれるので、次の優先番号をパパにしているとパパに発信するような仕様になっています。

・メールができるタイプ

DoCoMo HW-01 Dとau mamorino3。
キッズケータイから、あらかじめ用意された定型文を選んで、かんたんな文章メールを送ることができます。機種によっての違いはありますが「迎えにきて」、「電車にのりました」、など、よく利用するものが上に表示されます。自由入力も対応しており、子どもの成長に合わせ、漢字設定や予測変換なども設定できます。(mamamorino3は通話とGPS機能にすることも可能です)

・駆けつけサービス

各社とも、何かあったときのために、警備員駆けつけ系のサービスがオプションで付けられます。auの場合、ALSOKの駆けつけサービスがあり、月額の使用料が無料か定額を選べます。DoCoMoの場合はSECOなどと、駆けつけ料金については別途金額が1時間毎にかかります。

・オプションでGPSも

各キャリア毎に別途のサービスがあり、位置を検索したい側のママの携帯電話に、オプションとして位置検索を申し込むことで利用できます。Softbankなら「位置ナビ」に加入申込みする必要があります。料金はSoftbankの場合、月額使用料300円に検索利用料が5円/回かかります。DoCoMoやauも同様に別途月額使用料と検索料がかかります。

引用元-−-キャリア・マム

GPSのみのサービス

「今日は帰りが遅いなぁ」「今どこにいるの?」などお子さんの居場所を知りたいと思うことはありませんか? 防犯ブザーは持たせているけど、やっぱり心配・・・
そんな時、おすすめするのが位置情報サービスです。
位置情報サービスは手持ちのケータイやパソコンに、子供の居場所を地図上に表示してくれる防犯システムです。
子供用の防犯ケータイでも位置検索ができるものもありますが、小学生にはまだ持たせたくない、また学校がケータイの持込を禁止している場合もあると思います。

位置情報サービスでできること

緊急時に駆けつけてくれる

位置情報サービスは子供の居場所の確認だけでなく、緊急時にボタンを押すとケータイにメールで知らせる機能や、専門の対処員が駆けつけてくれるサービス(ココセコム)もあります。

通話やメール・ネットは無し

位置情報サービスは通話やメール機能が無く、ネット接続もできないので携帯電話で問題になっている有害サイトの閲覧や、不特定な相手との接触で子供が犯罪に巻き込まれるといったリスクもありません。

引用元-−-子供を守る!防犯ブザー・位置情報サービス

GPS機能のデメリット

GPS位置情報サービス。
実は、、、 サービスエリアがあるんです。
GPSと言えども、どこでも位置情報が分かるという訳ではないんです。
サービスエリア内でなければ、位置情報の検索は出来ません。
また、特定の専用端末の、ガードマンの現場急行についても、
通常の巡回が実施できない地域や私有地内などには行くことが出来ません。
GPS位置情報サービスには、圏外があるんです。
しかも、このGPS位置情報サービスは、
子どもの犯罪(誘拐・連れ去り)が発生してしまった時の効果は高いですが、犯罪を前もって防ぐ抑止力としては、あまり期待できません。
「GPS位置情報サービスがあるから安心」っと過信すると、そこに落とし穴が生れてしまいます。

引用元-−-子どもの防犯研究所

GPS機能の未来像

トロントにほど近い場所にあるLaipac Tech社は1999年の創業で「Locate to Protect(守るための場所を特定する)」を標榜するGPSトラッキング関連製品のベンダーである。
車両などのトラッキング用ハードウェアやアプリケーションも扱っているが、目立つのはブレスレット・ロケーターと名付けられた腕時計型のGPS機器S-911である。
アシステッドGPS(A-GPS)と呼ばれるGPSに携帯基地局の場所情報を補助(アシスト)に使って測位精度を上げる技術(iPhoneで使われていることで知られるようになった)を組み込んだ機器は、
法執行機関や医療機関からの要求条件を満たすべく設計されたということで、防水はもとより、モーションセンサーや暗号化、省消費電力化(1回の充電で40時間以上)が図られ、
主に子供や老人の保護、単独作業者の保護、犯罪者の自宅監禁、仮出所のモニタリングなどを想定している。
この腕時計は、単なる位置情報通知装置ではなく、音声通話とデータ通信機能のある簡易電話機にもなっており、スピーカーとマイク内蔵で、電話帳も蓄積できる。
緊急時にはワンボタンで登録済みの番号に電話をかけ、携帯の電波が届かない場所では、ログデータを蓄積する機能なども備えている。システムインテグレーター向けには、ADK(アプリケーション開発キット)のセットも提供されている。
もちろん、無理に取り外せば、センターに警報が送られてしまうし、予め決めておいた仮想的な壁(バーチャル・フェンス)から出たり入ったりすると警報が送られる。現在は、登録済みのルートを通って仮釈放中の人物が自宅と職場を往復できるようにするジオ・ゾーン(Geo-Zone)機能を開発中とのことである。

引用元-−-WirelessWireNews

まとめ

今や子供に携帯を持たせるのは当たり前の時代になりました。子供の安全を見守ることができるGPS機能ですが、盲点もあるのですね。
犯罪に巻き込まれないよう携帯だけに頼らず気をつけたいものです。

引用元-−-

twitterの反応


https://twitter.com/tebetanmama/status/603890599872323585″

 - 子育て 子供 教育

ページ
上部へ