鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

エジソンの発明?晩年の霊界通信機とは?

      2017/09/12

エジソンの発明?晩年の霊界通信機とは?

知らない人はいない世界の発明家トーマス・エジソン。84歳まで生きたエジソンの晩年の発明には『霊界通信気』というものが存在するそうですが、科学とは対照的な感じがする霊界との通信・・・それは一体どういうことなのでしょうか?どういった経緯で発明されたのでしょうか?エジソンの晩年の発明について調べてみました!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

生理予定日を過ぎて妊娠検査薬は使える?陰性と陽性の判断は

妊娠を希望していると妊娠しているかどうか早く妊娠検査薬を使い...

母子家庭で子供がアルバイトする場合の注意点は何?

父子家庭よりも母子家庭の方が多い理由は、離婚により母親が親権...

病院で「大切な証明書」である診断書がもらえない

誰だって好きで風邪をこじらせたり、精神面を患ったりしているワ...

男性用スカートは民族衣装だけ?おしゃれなの履き方と体験談

男性がスカートを履くとおかしい?伝統衣装のキルトスカートは男...

人が死ぬ前に感じる予感や予兆の3パターン

知ってる人が死ぬかもしれないといった予感や死ぬ直前の予兆を知...

親の介護が必要になったら姉妹の場合どうしたらいい?

自分も年をとりますが、当然親も年をとります。いずれは親の介護...

落ち込んだ時に聴くだけで実現?恋が叶う音楽?!

「○○の曲を聴いたら両思いになれる!」とか「○○の曲を着信音...

住所の丁目の漢字の部分「郵便」と「公的文書」は違う

「町丁名」って聞いたことありますか?住所の丁目の部分が漢数字...

「住所の構造には意味がある」住所の丁目と番地と号

住所を書く時に省略していることってありませんか?例えば○丁目...

基本は『家族で移動』本籍地の転籍と住所の地番と番地

本籍地は転籍自由で国内どこに置いても問題がありません。ただし...

「遠方のサイトのない店で買い物」現金の郵送を着払いで?

買い物を通販でする時、店が送料を負担してくれる場合があります...

犬用ステロイド注射の副作用&注意点と病気に対する効果

犬の病気治療などに使われるステロイド注射。どんな効果があって...

灼熱の金魚注意報?!水槽の水温を下げるにはどうしたらいい?

暑い夏、涼しげな水の中で気持ちよく泳いでいるかと思えばわが家...

極寒の金魚注意報?!水槽の水温はヒーターで調節した方が?

金魚は冬になると冬眠をするので、それに備えるため秋はエサをし...

『迷う転籍』本籍と住所が違うと手間取る手続き〜

就職すると同時に県外に転出した人の場合、本籍地を就職先の県に...

仮病・アリバイ工作厳禁!一週間入院する病気には何がある?

病気で入院や手術をしなければならないことは、誰にでも起こり得...

がま口、長財布を買い替えよう!人気のブランドは?!

がま口や長財布、二つ折り財布といろいろあるけれど、新年に今ま...

NHK契約を拒否したい!持家に来る勧誘員撃退法

持家にやってくるNHKのしつこい勧誘で、そろそろ契約しなけれ...

スポンサーリンク


発明王エジソンの生い立ち

エジソンは製材所を経営する父サミュエル・オグデンJr・エジソンと、宣教師の娘で、小学校教師の経験を持つ母ナンシー・エリオット・エジソンの7番目の子供として1847年2月11日にオハイオ州で誕生した。
祖先は150年前にオランダから移住して、アメリカ・カナダ独立戦争を戦っている。

祖父は102歳の長寿で、超人的努力を可能にした健康な肉体も84歳の長寿もそのDNAによるものだ。

エジソンは優秀な児童ではなくADHD(注意欠陥・多動性障害)であったという話は良く知られている。

「なぜ」を連発し、1+1=2と教えられても鵜呑みにする事が出来ず、1個の粘土と1個の粘土を合わせたら、大きな1個の粘土なのになぜ2個なのと先生に質問して、「エジソンの頭は腐っている」と言わせてしまったと言う。

そのため、小学校に入学するもまもなく退学させられ、母ナンシーが教えることになったのですが、その事が発明王エジソンを誕生させる事になるのです。

引用元-発明王エジソン

主な発明品

1.株式相場表示機

エジソン、株式相場表示機で大儲け

1869年に株式相場表示機を発明(実際には以前からあったものを大幅に改良)。この特許が4万ドルで買い取られる。本人は5000ドルで売るつもりだったらしいが、当初の想定の8倍で売れたことに心臓が止まるかと思うほど驚いたらしい。

引用元-【発明家】トーマス・エジソン 【発明品】一覧 | LAUGHY [ラフィ]

2.蓄音機

エジソン、蓄音機を発明

1877年に蓄音機の商品化で名声を獲得する。音を記憶する装置自体はその20年程前に別人によって発明されていたが、エジソンなどの改良によって音の再生もできるようになり普及する。広義での蓄音機の発明はエジソンによるもの。

引用元-【発明家】トーマス・エジソン 【発明品】一覧 | LAUGHY [ラフィ]

3.電話機

電話機の実質の発明はエジソン!?

通説では電話機の発明者は別人とされているが、炭素粒を用いたカーボンマイクの採用や誘導コイルによる送話距離を伸ばしたのはエジソンだ。電話機の発明を巡っては多くの人と争った。

引用元-【発明家】トーマス・エジソン 【発明品】一覧 | LAUGHY [ラフィ]

発明王エジソンの晩年

エジソンが白熱電球の改良研究を行っていた1883年、最愛の妻メリーが病気で帰らぬ人となってしまいます。その後、エジソンは再婚を期に長年親しんだメンローパークからウェストオレンジに研究の場を移し、更なる研究を続けたのです。

このウェストオレンジ研究所への移転と同時に、「エジソン・ゼネラル・エレクトリック」社を設立しています。この会社は後にエジソンの手を離れ「ゼネラル・エレクトリック」社、通称GE社として名を残しています。

引用元-【発明王エジソンの足跡を追う】

霊界通信機の研究
エジソンは常々、「発明に関するひらめきは宇宙から送られてくる」といった発言をしていました。

エジソンは魂というものは宇宙を構成するエネルギーであると考え、自分のひらめきとは魂が送ったメッセージなのだと考えていたのです。つまり、エジソンはユング心理学が言うところの「集合的無意識」が魂の持っていた記憶であると考えていたのです。つまり、エジソンが考えていた霊や霊界というものは怪しいものではなく、「人はどこへ行くのか、そして記憶や経験というものはどうなるのか」という疑問を自らの力で解き明かすための過程であったのです。

引用元-【発明王エジソンの足跡を追う】

人工ゴムの開発
ゴムはかつて、ごく一部の地域でしか栽培・採取できないものでしたがイギリスの植物学者たちによって東南アジアでの栽培が可能になりました。しかし、ゴムの需要が自動車の普及などで爆発的に増加したことで、天然ゴムだけでは供給を賄うことができなくなったのです。

最晩年のエジソンは友人で自動車王のフォードたちと協力してゴムノキ以外の植物でゴムを作る研究に取り組んだのです。研究には成功したものの、石油からゴムを合成する技術が開発されたことでエジソンの人工ゴムの生産は途中で打ち切られることになりました。

引用元-【発明王エジソンの足跡を追う】

晩年のオカルト研究

エジソンには超自然的、オカルト的なものに魅せられていたという一面もあった。ブラヴァツキー夫人やバート・リーズの降霊術を信じていて、ブラヴァツキー夫人の開く神智学会に出席したこともある。また、来世を信じ、後半生は死者と交信する電信装置 (Spirit Phone) を研究していた。ただし、あくまでエジソンは合理主義者を自負しており、1920年代を通じて常に自由思想家協会を支持していた。

引用元-トーマス・エジソン – Wikipedia

エジソンは、「人間の魂もエネルギーである」と考え、「宇宙のエネルギーの一部である」と考えていた。「エネルギーは不変なので、魂というエネルギーは人間の死後も存在し、このエネルギーの蓄積こそが記憶なのだ」と考えていた。エジソンの言によれば、自分の頭で発明をしたのではなく、自分自身は自然界のメッセージの受信機で、「宇宙という大きな存在からメッセージを受け取ってそれを記録することで発明としていたに過ぎない」のだという。

引用元-トーマス・エジソン – Wikipedia

エジソン晩年の研究の最大の謎

「死後の世界や霊との通信機械」・・・エジソンが晩年に発明攻略に挑戦した、この機械は本当に実現できる確かな理論に基づいた代物なのでしょうか?

「そんなこと、出来る筈がない・・・」という気持ちと「いや、あの数々の不可能を可能にしてきたエジソンが確信をもって開発していたのだから、ホンモノかも?」という2つの気持ちが交錯しています。

それでは、このはっきり言って、かなり無茶な話を、エジソンと同時代の偉人達はどう感じていたのか?

まず、エジソンの発明における最大のライバルであるグラハム・ベル。

実はグラハム・ベルも又、「考えることによって電気と同じパワーが生成される。例えて言うと、脳細胞は電池の役目も果たしていて、その電池が電流を神経内に流すようなもの」ということを主張しており、この「考える」ためのエネルギーということに関しては、エジソンと似た考えをしていた・・・ということです。

また、「自動車の世紀」の育ての親、あのヘンリー・フォードもまたエジソンを敬愛してやまない一人でしたが、この「死後の世界や霊との通信機械」についての話をエジソンからさんざん聞かされてきたようです。

通常、そんな怪しい話を持ちかけられたら、「変なヤツ」とばかりに逃げてしまいそうなものですが、フォードは逃げるどころか、晩年のエジソンの屋敷の隣に自分の別荘を建て、さらには、この「死後の世界や霊との通信機械」に対してかどうかはわかりませんが、多額のお金を融資したりしていま

上記2つの話から考えると、エジソンの話は本当だったのでは?と考えたくなります。というのも、偉くなった人というのは、それなりの人を見る目が養われたりしています。

もしエジソンの話がどう考えても「嘘八百」としか思えなかったとしたら、あのフォードが融資まで実行するでしょうか?

引用元-晩年のエジソンと同時代の偉人たちは、死者との交信をどう考えていたのか???:エジソン晩年の研究の最大の謎!エジソンコードを解明せよ!

まとめ

奥さんを感じたかったのでしょうか?であればロマンチックです♪

twitterの反応


https://twitter.com/yoshida_showkai/status/671216744523001856


https://twitter.com/subetenotisiki/status/649480178561773568


https://twitter.com/loaobo/status/607537804243918848″

 - 雑学

ページ
上部へ