鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

世界で起きている不思議としか言いようのない出来事!

      2017/09/12

世界で起きている不思議としか言いようのない出来事!

私たちの暮らすこの広い世界にはまだまだわからないこと、知らないこと、そして不可解なことがたくさんあります。その中でも不思議としか言いようのない出来事を集めてみました!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

重曹を置くだけでなぜ消臭できるの?計り知れない重曹パワー !

お掃除の定番アイテムの一つになっている重曹。テレビや雑誌、コ...

目がゴロゴロする時の対処方法!

ふとした瞬間に目がゴロゴロすることありませんか?目にゴミが入...

作るのが楽しい料理なら盛り上がりもUP!鉄板料理はコレ!

料理は女性がやるものという認識が薄れてきている昨今ですが、料...

ポリエステル素材の洗濯方法は?ドライクリーニングに出すべき?

ポリエステル素材の洗濯はどのようにされていますか?扱いやすく...

エビ水槽の掃除の仕方 !

エビに限らず、どんな生き物でも水槽で飼育している以上は水槽の...

「シワアイロン 顔用」とは?使い方やおすすめなどについて !

シワアイロンと聞いて一番に思い浮かぶのは衣服に使うアイロンか...

日帰り登山であったら便利なおすすめグッズをご紹介!

登山専門店をのぞいてみると様々なメーカーから登山につかえる便...

ブレーカーが頻繁に落ちるようになった!原因と対策は?

ついうっかり電気を使いすぎると落ちてしまうブレーカー。夜の暗...

余ったシチューやカレーの保存方法とリメイク料理!

小さな子供からお年寄りまで、幅広い年代層の人に人気のあるメニ...

男だって自分で作る楽しい料理!

最近は男性でも料理を作る方が増えてますよね。ある調査によると...

トイレ掃除はどこからすると効果的なのか?!

みなさんはトイレ掃除、どこから掃除していますか?実はトイレに...

観葉植物でおしゃれ部屋を作る! 初心者向けの種類と方法!

つい人を呼びたくなるような、自慢したいほどおしゃれな部屋って...

色々な作業に音楽を聴いて集中する方法!

作業ってなかなか長くできるものではないですよね。数十分・数時...

猫と死別。悲しくても最後の挨拶をしましょう。

かつてはペットといえば犬が代表格でしたが、最近では飼われてい...

腹痛、しかも激痛・吐き気もある。どんなことが考えられる?

「おなかが痛い」という経験は誰しもあるはずです。食当たりかも...

癒しを与えてくれるメダカ。その産卵時期はいつ?

かつては小川によく見かけられたメダカですが、今ではその姿を見...

点滴でできたむくみを簡単に解消する方法!

点滴を受けた後に、むくみができて、体が重くなったりしたことは...

郵便局に転居届を!一人暮しの第一歩

家を出て一人暮しを始めるのは不安と期待が入り混じっているので...

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

スポンサーリンク


揃って生まれ変わってきた双子

1957年5月5日イギリス。ノーサンバーランド州ヘクサムの街での出来事だ。とある女性の車が対向車線を越えて、歩道にまで乗り上げた。調べによれば、彼女は大量の薬品を摂取していて、意識は朦朧状態にあった。また、養育権をめぐる裁判に敗れて、2人の子どもを失ったばかりだった。事故後、女性は精神病院に収容されたという。

この事故は、3人のこどもたちを死に至らしめた。かれらは日曜学校に向かう途中だった。
11歳のジョアンナと、6歳になるジャクリーンの姉妹、そして彼らの友人1人が死亡した。

引用元-ポロック家の生まれかわりの双子 — 死んだ姉妹が転生した奇跡と前世のしるし

自慢の仲良し姉妹の不慮の死に、両親は深くうちひしがれた。とくに、父親のジョン・ポロックは、悲しみから、死んだ愛娘たちがまだ生きていて、そばにいるよう感じられてならなかったという。その後、彼は、姉妹が天国にいるヴィジョンを得た

引用元-(2ページ目)ポロック家の生まれかわりの双子 — 死んだ姉妹が転生した奇跡と前世のしるし

■帰ってきた姉妹
それから8カ月すると、フローレンスは妊娠した。ジョンはこれを「生まれかわりの双子」だと固く信じて疑わなかった。そして事実、1958年10月4日、彼女は一卵性双生児子を出産した。彼らは女児で、ジェニファーとジリアンと名づけられた。
やがてフローレンスもまた、この双子が、亡き姉妹の生まれかわりだと信じるようになる。いや、信じざるをえない現象が次々に起きたのだ。

■ジェニファーの額と腰のアザ
はじめに夫妻が気づいたのは、ジェニファーの額のアザだった。ジャクリーンは2才のとき、三輪車から転げ落ちた。このせいで、額から鼻までつづくアザが残っていたのだ。さらに、ジェニファーには左の腰にもアザが見られた。額と腰のアザは大きさといい、場所といい、死んだジャクリーンのアザとまったく一致していた。

■オモチャの名を知る双子
次に紹介するエピソードは、夫妻が双子が生まれかわりであることを確信したものだ。2才前後になったジェニファーとジリアンは、突然、あるオモチャを要求するようになったという。

それは、亡くなった姉たちの人形で、双子が知るはずのないもの代物だった。というのも、夫妻はそれまでただの一度も、人形はおろか、死んだ姉たちについても口にしたことがなかったからだ。いぶかしげな表情で、人形をさし出す両親の前で、双子は事もなげにこう言った。

「こっちがメアリーで、そっちはスーザンよ」。

かれらは、ジョアンナとジャクリーンが人形につけた名前を知っていたのだ。

引用元-(2ページ目)ポロック家の生まれかわりの双子 — 死んだ姉妹が転生した奇跡と前世のしるし

奇怪な出来事 オーランメダン号

1948年、航行中のシルバースター号はインドネシア・マラッカ海峡で一つの無線信号を受信した。

その無線信号はインド・ジャカルタに向かって航行中だったオランダ船籍の商船オーラン・メダン号からの物であり、この船の無線技士と思われる人物からであった。

彼は、船員のほとんどが死亡したこと、そして自分自身も死の危機に瀕していることなどを伝え、無線は途中で切れてしまった。

不審に思ったシルバースター号はオーラン・メダン号に近づき船員を乗り込ませると、オーラン・メダン号の乗組員たちは恐怖におののくような凄まじい形相で倒れている死体が山のようにあったという。

死体は人間だけでなく犬までもが死体となって発見された。

まるで死の直前にこの世の物とは思えない恐ろしいものを見たかのような表情をしていた遺体であったが、その遺体のどこを調べてみても外傷らしき傷は何一つなかった。

それどころか、この船、オーラン・メダン号自体全くの無傷であったのである。

ますます不審に思ったシルバースター号の乗組員たちが船内の調査をしようとしたその時、オーラン・メダン号は激しい爆発音とともに炎上しシルバースター号の乗組員たちは撤退を余儀なくされた。

乗組員たちの撤退後、激しく炎上したオーラン・メダン号の船体は傾き、多くの乗組員たちの亡骸を乗せた船体は海の底に沈んでいった。

後日、調査がなされたが詳しい沈没原因などは特定されず『何らかの突発的要因による』として片づけられた。

引用元-■幽霊船オーラン・メダン号|乱丸の不思議?

不思議?!不死身の身体を持つ男

『奇蹟の男(Miracle Man)』そう題打たれて紹介されていたのは、とあるオランダ人の男の話だった。記事は次のようにはじまる。「苦難の時、””奇蹟の男””は兆しと驚きを示すため、メッセージを携えてやってくる。先週から、スイスのチューリッヒは””奇蹟の男””の話題で持ちきりだ。毎晩毎晩、コルソにある町一番の音楽ホールでは、35歳のオランダ人が観衆たちを魅了しているのだ。男の名はミリン・ダヨ。その奇蹟の男は毎晩ステージの上に立ち、剣やら槍を、生きたまま胸に突き立てているというのだ!」

引用元-X51.ORG : ミリン・ダヨ – 不死身の身体を持つ””奇蹟の男””

当時、ダヨのパフォーマンスを目の当たりにした目撃者の一人は、ダヨの事を次のように回想する。
「ミリン・ダヨは上半身裸のまま、部屋の真ん中に静かに立っていた。すると彼の後ろに立っていた助手がダヨの背後に近寄って、力任せに背中へ剣を突き立てた。丁度彼の腎臓のあたりだった。みんなただ息を飲んだ。実験に経ちあった医師も、生徒たちも、ただ口をポカンと空けていた。疑いようもなく、確かに長さ80cmの剣(フェンシング用のフルーレ)が、彼の背中から突き刺さっていたんだ。その先端は手幅より長く、彼の胸から突き出していた!でも血は一滴も流れていなかった。実験に立ちあった医師たちもこんなことは一度も見たことがない、という様子だった…。」

引用元-X51.ORG : ミリン・ダヨ – 不死身の身体を持つ””奇蹟の男””

世界の不思議!首なしで生きた鶏

1945年9月10日、コロラド州・フルータで農家として暮らしていたロイド・オルセンさんと妻のクララさんは、自分たちの農場で鶏の屠殺(とさつ)を行っていました。オルセンさんが手斧で鶏の首をはね、クララさんが清掃するという作業を担当していたところ、首をはねた1羽が死ぬことなく辺りを走り始めたとのこと。首を失っても動き続ける奇妙な鶏を見たオルセンさんは、ひとまず一晩様子を見ることにしましたが、翌朝になって確認したところ、首のない鶏はまだ生きていました。

引用元-首を切り落とされても18カ月間生存した「首なし鶏マイク」、持ち主のひ孫が当時を語る – GIGAZINE

ソルトレイクシティにわたったオルセンさんがユタ大学に「首なし鶏マイク」を持込んだところ、一連の検査の結果、マイクは生きていることが証明されました。その後「金になる」と踏んだホープ・ウェードさんは、オルセンさん夫婦とマイクを連れて、見世物興行のためアメリカ中を飛び回り始めます。その後「奇跡のマイク」としてLife誌など取り上げられ、マイクの知名度は国中に知れ渡り、アメリカで最も有名な鶏となったわけです。

引用元-首を切り落とされても18カ月間生存した「首なし鶏マイク」、持ち主のひ孫が当時を語る – GIGAZINE

世界の出来事 殺人椅子?!

その椅子の名前は「バズビーズチェア」。
イギリスのノース・ヨークシャー州で1702年に絞首刑にされた、殺人者トーマス・バズビーが生前に愛用していた椅子である。

生前のバズビーは貨幣贋造者で大酒飲みだったといわれていて、村の美女であるエリザベス・オーティと結婚したが、彼女の父親であるダニエルは結婚に反対していた。
そしてある日バズビーが自宅に戻ると、義父のダニエルがバズビーのお気に入りの椅子に座っているのを見つける。ダニエルは娘を家に連れ帰るためにここにいると告げたが、バズビーはこれを拒否し、ダニエルを絞め殺してしまった。
バズビーはこの殺人により絞首刑となり、その生涯を終えた。

バズビーの死後、この椅子は妻が家財道具を処分した一環で「バズビー・ストゥープ・イン(2012年に閉鎖)」というパブに置かれることになった。ちなみにこのパブの名前は、処刑されたバズビーからつけられたものだという。

パブに置かれた椅子は、それが元殺人犯のものであること、持ち主が絞首刑になったことなどから呪いがかけられていると噂になり、酔った勢いで座る者が後を絶たなかった。

しかし信じられないことに、この椅子の呪いは本当だった。

引用元-都市伝説の怖い話「バズビーズチェア」|恐怖の泉

24歳のある空軍パイロットは、仲間たちと酒を飲んでいた時に
「俺はそんな呪いなんて信じないよ。」
と言い出し、椅子に座ってみせた。
そしてその数時間後、彼は交通事故に遭って亡くなってしまう。

とある建築作業員は仲間が止めるのもきかず「バズビーズチェア」に座り、その翌日屋根から足を滑らせて地上に転落。首の骨を折って命を落とした。

その後もパブに置かれ続けた椅子には面白がって座る者が続き、1972年までに61人が座り、病気や事故などの原因で極めて短期間で死亡した。
バズビーズチェアは、現在では地元の「サースク博物館」に所蔵され、二度と誰も座ることがないよう天井から吊り下げられて展示されている。

引用元-都市伝説の怖い話「バズビーズチェア」|恐怖の泉

まとめ

世界中にはまだまだ不思議な出来事が眠っていそうですね!

twitterの反応


https://twitter.com/oosugisakaeroc1/status/673541448738865152


https://twitter.com/SQ_Kudari/status/672162850933207041
https://twitter.com/maple_ple/status/671986306734419968


 - 雑学

ページ
上部へ