鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

仕事でミスをして、不安で仕方がないとき。

      2017/09/12

仕事でミスをして、不安で仕方がないとき。

仕事でミスをしていないか

毎日不安な人が少なくないようです。

不安で眠れなくなってしまったり、

体調を崩してしまったり。

そうした不安を解消する方法について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

重曹を置くだけでなぜ消臭できるの?計り知れない重曹パワー !

お掃除の定番アイテムの一つになっている重曹。テレビや雑誌、コ...

目がゴロゴロする時の対処方法!

ふとした瞬間に目がゴロゴロすることありませんか?目にゴミが入...

作るのが楽しい料理なら盛り上がりもUP!鉄板料理はコレ!

料理は女性がやるものという認識が薄れてきている昨今ですが、料...

ポリエステル素材の洗濯方法は?ドライクリーニングに出すべき?

ポリエステル素材の洗濯はどのようにされていますか?扱いやすく...

エビ水槽の掃除の仕方 !

エビに限らず、どんな生き物でも水槽で飼育している以上は水槽の...

「シワアイロン 顔用」とは?使い方やおすすめなどについて !

シワアイロンと聞いて一番に思い浮かぶのは衣服に使うアイロンか...

日帰り登山であったら便利なおすすめグッズをご紹介!

登山専門店をのぞいてみると様々なメーカーから登山につかえる便...

ブレーカーが頻繁に落ちるようになった!原因と対策は?

ついうっかり電気を使いすぎると落ちてしまうブレーカー。夜の暗...

余ったシチューやカレーの保存方法とリメイク料理!

小さな子供からお年寄りまで、幅広い年代層の人に人気のあるメニ...

男だって自分で作る楽しい料理!

最近は男性でも料理を作る方が増えてますよね。ある調査によると...

トイレ掃除はどこからすると効果的なのか?!

みなさんはトイレ掃除、どこから掃除していますか?実はトイレに...

観葉植物でおしゃれ部屋を作る! 初心者向けの種類と方法!

つい人を呼びたくなるような、自慢したいほどおしゃれな部屋って...

色々な作業に音楽を聴いて集中する方法!

作業ってなかなか長くできるものではないですよね。数十分・数時...

猫と死別。悲しくても最後の挨拶をしましょう。

かつてはペットといえば犬が代表格でしたが、最近では飼われてい...

腹痛、しかも激痛・吐き気もある。どんなことが考えられる?

「おなかが痛い」という経験は誰しもあるはずです。食当たりかも...

癒しを与えてくれるメダカ。その産卵時期はいつ?

かつては小川によく見かけられたメダカですが、今ではその姿を見...

点滴でできたむくみを簡単に解消する方法!

点滴を受けた後に、むくみができて、体が重くなったりしたことは...

郵便局に転居届を!一人暮しの第一歩

家を出て一人暮しを始めるのは不安と期待が入り混じっているので...

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

スポンサーリンク


ミスをしていないか不安(質問)

20代女性、事務職です。
私は元々とてもおっちょこちょいなため、仕事でのミスを防ぐために必ず確認をするようにしています。
そのせいか段々とミスは減ってきたのですが、今度は何度確認しても間違っているのではないかと不安が拭えなくなりました。
確認した時に指差し確認してこれで大丈夫だと思っても、時間が経つと確認した時の自分の記憶が信用できません。
逆に作業に没頭しすぎて、その時の記憶がぷつんと抜けていることさえあります。
実際、たまにミスをした時にその時の行動を振り返っても、なぜミスをしたか全く思い出せないのです。

一時期は、自分がした行動「この書類を誰に渡した、この作業をしたなど」を、小さなメモ帳に逐一書いていたことさえありました。

引用元-−-OKWave

事実、減ったとはいえたまにミスがあるわけですから、自分のことが信用出来ません。
上司からは、「確かに時折ミスはあるが、物覚えがよくてすぐにこなせるから重宝している」と評価を頂いています。
しかし自分では自信がなく、
自分のいないところで、自分のミスで周りの人が少しでも困ったり、手間取ったりするのが怖くて仕方ありません。
自分で失敗して、その責を全て自分で背負って自分だけ苦労するのは構わないのですが…

仕事中も仕事の後も、休みの日でさえ「なにかミスはなかったか?」という重いに囚われて苦しいです。

引用元-−-OKWave

ミスをしていないか不安(回答)

ずっと仕事をする限り小さなミスは必ずおこります
小さなミスぐらいは いつか必ずおこることを前提に考えないと何をやってもつらいだけですよ

人から認められたい、人から批判されたくないという意識が強すぎることはありませんか?
もともとおっちょこちょいということですので、ミスはほかの人と同じレベルに維持するぐらいにとどめ
致命的なミスだけしないように気をつけましょう

寧ろ 業務改善など今より仕事をよくすることで 周囲から認めれられるように意識を切り替えてはいかがでしょう

引用元-−-OKWave

原因の追求

仕事でミスばかりなら、メモをとってみよう

仕事でミスばかりする人が一番できていないこと。
それは、原因の追求です。
特に同じミスを繰り返す人が出来ていない事と言えば、ミスした内容ばかりを覚えようとしている事です。

まず、ミスした内容をスマホやメモ帳に書きましょう。
これは、すぐに出来るのであれば、すぐにメモしましょう。
そして、次の日の出勤前にそのメモを読む。

これの繰り返しをするだけです。
昨日ミスした内容のみを次の日に確認することで、確実にあなたはミスの少ない人へと変わっていけます。
スポーツや勉強と同じで、コツコツと積み重ねることが大事です。

ミスばかりだからといって、一日で全てのミス内容を覚えようとしても、はっきりいって難しいでしょう。
焦らずに、まずは目の前の一つ一つのミスをなくしていく。
これだけで、1ヶ月もあればミスは激減するのです。

引用元-−-会えない時間の男性心理

失敗で落ち込み過ぎてしまう人へ

「1つの失敗=自分の全てが悪い」とは思わない

「失敗した→自分はどうしようもない人間だ」と、1つの失敗で自分に悪い全体評価を下していませんか。人間ですから、失敗するのは当たり前。失敗したからといって、あなたの人格すべてが非難されるわけではありません。
これは正当な思考ではないことを覚えておいて。必要以上に自分で自分を追い詰めないようしましょう。

本当に大切なのは失敗後のフォロー

誰しも失敗はします。本当に大切なのは、「失敗後のフォロー」。あなたがいくらドン底まで落ち込み、1日中反省し続けても、結局相手に示せるのは「行動のみ」。落ち込むより、「自分ができる最大限の行動」に全力を尽くしましょう。
精一杯誠意を尽くし、きちんと反省したら、以後同じようなことをしないよう気を付ける。実際に、これ以上のことはできないのです。

必ず1つ学んで自分のものにする

失敗するということは、「必ず学ぶものがある」ということです。教訓を見つけ、学び、自分のものにできるか? ここでその後の相手との信頼関係や、自分の成長が180度変わります。失敗したら、最低1つは教訓を見つけるようにしましょう。
大事なのは「思考と感情の取捨選択」。余計な感情や思考はシャットダウンし、今できることや信頼関係の回復、自分の成長に重点をおきましょう。

引用元-−-女子力アップCafe Googirl

“悩む”と“考える”を区別する

仕事でミスをするとくよくよ悩んだり、仕事の能率が落ちたり、同じミスを繰り返したりすることってありませんか?
失敗を引きずらないようにするためには、“悩む”と“考える”を区別することが必要だといいます。

<「悩む」とは、思いわずらうこと。
「考える」とは、筋道を立てて頭を働かせ、自分なりの結論や解決策を導き出すこと。
悩んでいるうちは、同じことをぐるぐると思い巡らせているだけで、時間だけが過ぎていきます。同じ失敗をくり返さないためにどうするか、と考えることで、次の一歩が踏み出せるのです。>
失敗して気持ちが落ち込むことは誰にでもありますが、くよくよするだけでは失敗を肥やしにすることはできません。実りのない悩みから抜け出すためには、自分が“悩んでいる”のか“考えている”のか自身を客観的に見つめてみましょう。

単に“悩んでいる”だけの自分に気付いたら、思考を一旦ストップさせて目の前の仕事に集中してみるのもいいかもしれませんね。

引用元-−-WooRis(ウーリス)

自分が自分の一番のよき理解者に

自分が一番のよき理解者になってあげ、不安になっている自分を許し、励ましてあげて欲しいのです。

・失敗を恐れる自分を許そう。
・人の目が気になっている自分を許そう。
・罪悪感や後悔など過去の自分を否定的に思うことをやめ、自分の成し遂げたいい部分を褒めよう。
・毎日仕事に通っている自分は、よくがんばっている。
・嫌なことがあっても投げ出さないでがんばっている。

そして、たまには仕事のことから離れゆっくりすることも大事です。自分のために時間をもってもいいのです。
家族で過ごしたり、遊びに出かけるなど全く別の環境の中に入ることで、自分のことを見つめなおすことができ、自分を大切にすることで、心の余裕が生まれ違う方向性の物の見方もでてきます。

引用元-−-エキサイトお悩み相談室

まとめ

時にはミスもあると受け入れることが大事なのかなと思いました。

引用元-−-

twitterの反応


https://twitter.com/kmegane02/status/614049503235153921
https://twitter.com/hiroki0917/status/613830027755458561″

 - 仕事 経済

ページ
上部へ