鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

心臓のバクバクが止まらない、どんな病気の可能性がある?

      2017/09/12

心臓のバクバクが止まらない、どんな病気の可能性がある?

心臓がドキッとすることは比較的誰にでもあると思いますが、バクバクが定期的に起こりおさまらないと心配になりますよね。どんな病気が考えられるのか、原因とあわせて調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ブレーカーが頻繁に落ちるようになった!原因と対策は?

ついうっかり電気を使いすぎると落ちてしまうブレーカー。夜の暗...

余ったシチューやカレーの保存方法とリメイク料理!

小さな子供からお年寄りまで、幅広い年代層の人に人気のあるメニ...

男だって自分で作る楽しい料理!

最近は男性でも料理を作る方が増えてますよね。ある調査によると...

トイレ掃除はどこからすると効果的なのか?!

みなさんはトイレ掃除、どこから掃除していますか?実はトイレに...

観葉植物でおしゃれ部屋を作る! 初心者向けの種類と方法!

つい人を呼びたくなるような、自慢したいほどおしゃれな部屋って...

色々な作業に音楽を聴いて集中する方法!

作業ってなかなか長くできるものではないですよね。数十分・数時...

猫と死別。悲しくても最後の挨拶をしましょう。

かつてはペットといえば犬が代表格でしたが、最近では飼われてい...

腹痛、しかも激痛・吐き気もある。どんなことが考えられる?

「おなかが痛い」という経験は誰しもあるはずです。食当たりかも...

癒しを与えてくれるメダカ。その産卵時期はいつ?

かつては小川によく見かけられたメダカですが、今ではその姿を見...

点滴でできたむくみを簡単に解消する方法!

点滴を受けた後に、むくみができて、体が重くなったりしたことは...

郵便局に転居届を!一人暮しの第一歩

家を出て一人暮しを始めるのは不安と期待が入り混じっているので...

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

生理予定日を過ぎて妊娠検査薬は使える?陰性と陽性の判断は

妊娠を希望していると妊娠しているかどうか早く妊娠検査薬を使い...

母子家庭で子供がアルバイトする場合の注意点は何?

父子家庭よりも母子家庭の方が多い理由は、離婚により母親が親権...

病院で「大切な証明書」である診断書がもらえない

誰だって好きで風邪をこじらせたり、精神面を患ったりしているワ...

男性用スカートは民族衣装だけ?おしゃれなの履き方と体験談

男性がスカートを履くとおかしい?伝統衣装のキルトスカートは男...

人が死ぬ前に感じる予感や予兆の3パターン

知ってる人が死ぬかもしれないといった予感や死ぬ直前の予兆を知...

親の介護が必要になったら姉妹の場合どうしたらいい?

自分も年をとりますが、当然親も年をとります。いずれは親の介護...

落ち込んだ時に聴くだけで実現?恋が叶う音楽?!

「○○の曲を聴いたら両思いになれる!」とか「○○の曲を着信音...

スポンサーリンク


急に動悸がする、心臓がドキドキ・バクバクする原因!病気の可能性は?

不正脈やめまいを併発していないか?

動悸が感じられたら、脈を確認してみましょう。激しい動悸でパニックにならないように落ち着いて、手首や首筋で脈拍のリズムの乱れや拍数を確認してみてください。

正常な脈拍数は1分間に50~90回です。脈が速くなり、その後遅くなってめまいがあるようなら、除脈頻脈症候群の疑い、脈が遅くなり息切れやむくみがあるなら房室ブロック、脈がスキップしたり抜け、胸の辺りがもやもやするようなら期外収縮、急に脈が速くなりドキドキして急に治まる場合は発作性上室性頻脈が考えられます。

発作性上室性頻脈の場合、長く続くとめまいや呼吸困難なども起こり、酷い時には失神することもあります。

動悸、脈のリズムの乱れ、胸が躍るような感じのする発作性心房細動は代表的な不整脈の一つで、全身に血液を送り出すポンプの役割をしている心房に異常が起こり、脈と脈の間隔が不規則になり速くなるため、ドキドキとした動悸がおこります。

この不整脈は高血圧が原因となるのですが、そもそも高血圧の原因はストレスや運動不足、睡眠不足、お酒の飲みすぎなどです。心不全、脳梗塞などの誘引となるので、生活習慣の改善が必要になってきます。

引用元-急に動悸がする、心臓がドキドキ・バクバクする原因!不整脈や心疾患の可能性は?

朝起きたら心臓がバクバクする…これは病気の可能性あり!?

寝起きの動悸から考えられる病気

1、自律神経失調症

寝起きの動悸から考えられる病気の中でも、多くの方がかかっていると予測されるのが自律神経失調症です。自律神経失調症とは、交感神経と副交感神経からなる、自律神経のバランスがとれなくなっている状態です。
 
自律神経失調症になると、急に心臓の鼓動が早まることもあります。寝起きの動悸もそのひとつと考えられます。
 
2、バセドウ病

バセドウ病とは、甲状腺の働きが過剰に活発化する病気で、寝起きの動悸が症状のひとつとして出てきます。
 
バセドウ病のその他の症状には、汗をかきやすい、体重が減る、高血圧などがあるので、注意してみてみてください。
 
3、心臓病

動悸があると、まず考えるのは、心臓病ではないでしょうか。実際に、寝起きの動悸をともなう心臓病には、心筋炎や心房粗動などさまざまな病気があります。バセドウ病のように、ほかに顕著な症状が出ない場合もあり、見わけるのは難しいです。
 
寝起きの動悸の原因となる病気には、心臓病、バセドウ病などがあります。多くの場合は、自律神経失調症と考えられます。
 
バセドウ病の場合には、体重の減少や高血圧など、ほかの症状も出ます。
心臓病では、ほかの症状があまり出ません。

引用元-朝起きたら心臓がバクバクする…これは病気の可能性あり!?[カラダノート] 症状や対処法・予防や治療の方法など20000件以上

心臓が急にドキドキしてしばらく続く・・・どんな病気?

普段から元気で何も問題ないけれど、時々そのような短時間の症状が何度かあったという方です。緊急対応しなければならない心臓病だとは思いませんが,いずれ重い脳卒中になったり、生命に関わる重大な心臓病が背後に隠れていることがあります。症状の重症度と病気の重症度が必ずしも一致しない怖さがあるのもこの病気の特徴です。この心臓病なら、必ず一度は専門医の診察を受けしっかり調べましょう。

■症状の軽重と病気の軽重が関連しないので、最初に正しい診断が非常に大切

この心臓病で最も重要な事は、症状の軽い重いと、病気の軽い重いが関連しない場合があることです。一見軽い症状に見えても極めて危険なもの、症状が非常に辛くて重症のように見えても、それほどでもない不整脈といった具合です。ですから非常に稀ですが、症状が軽いからと甘く見ているととんでもなく、突然死となる場合があるのがこの病気の恐ろしさです。

そのために、この病気ではどのタイプの不整脈なのか、早めに病名を確定することが最も重要なのです。病名を判断するために検査を、病名が決まったら、その後の治療は担当医と相談しながら進めます。

引用元-心臓病・高血圧 | ◆107 心臓病 「急にドキドキして、しばらく続く」 これはどんな病気? | けやき坂クリニック | 栃木県鹿沼市

心臓がバクバクして辛い!悪い病気?

心臓の動悸は、不安神経症(パニック障害)の代表的な症状になります。
突然、心臓がドキドキしたり、バクバクするという、いわゆる動悸が起こり、このまま死んでしまうのではないかという不安を感じる形を取ることが多いです。よく言われる「パニック発作」も、この心臓神経症から来ていると考えて良いと思います。また、心臓神経症の場合は、対人恐怖症などの場合とは違い、直接的な「死の恐怖」から起こる症状だと言えます。

症状

心臓がドキドキする
呼吸が早くなる、息苦しい
身体や手足の震え・しびれ
吐き気、腹部の嫌な感じ
胸の痛みや喉が詰まった感じ
めまい、ふらつき
寒気または、ほてり
自分が自分でない感じ・離人感
狂ってしまう事の心配
死の恐怖

パニック発作が1 回だけ起こり、その後、2度と起こらないケースもありますが、その場合は、パニック障害とは診断されません。パニック障害と診断されるためには、以下のことが1カ月間以上持続する、という条件を満たす必要があります。

予期しないパニック発作が繰り返し起こる。 発作が起こるのではないかという心配、発作の結果(心臓発作など) についての心配、発作と関連する行動の大きな変化など。

症状が出た当初は身体の異常を調べるべく内科などにかかることになると思いますが、パニック障害の診断や治療は精神科(精神神経科)や心療内科が専門です。受診をお勧めします。

引用元-心臓がバクバクして辛いです。悪い病気でしょうか? – 心臓がバクバクして辛いです。… – Yahoo!知恵袋

人前で話そうとすると緊張し心臓がバクバクする!対処法は?

神経症というものは今言った事が原因で発症しています。神経症は自分の心に無知な処から発症しています。

その事を解消するのには、方法が有ります。症状、或いは不安というものを解消しようとしない事です。神経症は症状を「治したい」という心の働きが「症状を作っています」或いは発症させています。

神経症には様々な症状が有ります、ですがその原因は症状が出た事によって社会生活が円滑に行かなくなってしまい、その症状を無くしたい、或いは症状を「毛嫌い」してしまいます。この心の働きが『症状を固定』させています。

従って神経症の完治を望むのならば、症状は「『不問』という事になります。症状に係わっていたならば一生かかっても治らないと言う事になります。神経症の完治を望むならばやり方が有ります。

症状を相手にして、良くなった、悪くなったと言う心の働きそのものが神経症というものを発生させる原動力になっていると言う事を忘れないで下さい。

引用元-緊張すると心臓がバクバク、動悸が。。。 – メンタルヘルス 解決済 | 教えて!goo

まとめ

心臓がバクバクする時がどんな状況なのか観察し、脈拍など測れるなら自分でも確認ができますね。病気の疑いがあることも事前に分かっていると受診のときに役立ちそうです。

twitterの反応


https://twitter.com/Et_117_Sh/status/716140388851929088


https://twitter.com/keiji_omi/status/716328884262678528
https://twitter.com/yusyaikamatu/status/717194625740484609
https://twitter.com/tomoka_pcy1127/status/717205086695473155


https://twitter.com/ars__yu_kko01/status/717382730279858176
https://twitter.com/necocateen/status/717579771186515969

 - 健康 

ページ
上部へ