鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

親知らずが虫歯になると臭いがひどくなる?!

      2017/09/12

親知らずが虫歯になると臭いがひどくなる?!

親知らずは生える人と生えない人といて、必ずないと困るものではない歯ですね。というよりもあると虫歯になりやすく臭いの原因となることも指摘されているのです。親知らずが臭いの原因となっている場合の対策についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

重曹を置くだけでなぜ消臭できるの?計り知れない重曹パワー !

お掃除の定番アイテムの一つになっている重曹。テレビや雑誌、コ...

目がゴロゴロする時の対処方法!

ふとした瞬間に目がゴロゴロすることありませんか?目にゴミが入...

作るのが楽しい料理なら盛り上がりもUP!鉄板料理はコレ!

料理は女性がやるものという認識が薄れてきている昨今ですが、料...

ポリエステル素材の洗濯方法は?ドライクリーニングに出すべき?

ポリエステル素材の洗濯はどのようにされていますか?扱いやすく...

エビ水槽の掃除の仕方 !

エビに限らず、どんな生き物でも水槽で飼育している以上は水槽の...

「シワアイロン 顔用」とは?使い方やおすすめなどについて !

シワアイロンと聞いて一番に思い浮かぶのは衣服に使うアイロンか...

日帰り登山であったら便利なおすすめグッズをご紹介!

登山専門店をのぞいてみると様々なメーカーから登山につかえる便...

ブレーカーが頻繁に落ちるようになった!原因と対策は?

ついうっかり電気を使いすぎると落ちてしまうブレーカー。夜の暗...

余ったシチューやカレーの保存方法とリメイク料理!

小さな子供からお年寄りまで、幅広い年代層の人に人気のあるメニ...

男だって自分で作る楽しい料理!

最近は男性でも料理を作る方が増えてますよね。ある調査によると...

トイレ掃除はどこからすると効果的なのか?!

みなさんはトイレ掃除、どこから掃除していますか?実はトイレに...

観葉植物でおしゃれ部屋を作る! 初心者向けの種類と方法!

つい人を呼びたくなるような、自慢したいほどおしゃれな部屋って...

色々な作業に音楽を聴いて集中する方法!

作業ってなかなか長くできるものではないですよね。数十分・数時...

猫と死別。悲しくても最後の挨拶をしましょう。

かつてはペットといえば犬が代表格でしたが、最近では飼われてい...

腹痛、しかも激痛・吐き気もある。どんなことが考えられる?

「おなかが痛い」という経験は誰しもあるはずです。食当たりかも...

癒しを与えてくれるメダカ。その産卵時期はいつ?

かつては小川によく見かけられたメダカですが、今ではその姿を見...

点滴でできたむくみを簡単に解消する方法!

点滴を受けた後に、むくみができて、体が重くなったりしたことは...

郵便局に転居届を!一人暮しの第一歩

家を出て一人暮しを始めるのは不安と期待が入り混じっているので...

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

スポンサーリンク


親知らずは虫歯になりやすく臭いが強くなって初めて気づく!?

口臭の元となりやすい親知らず

親知らずは、思春期後半から20歳以降に生え始めることが多く、親が気づかない間に生えるということで、親知らずと呼ぶらしいです。

この、親知らずが、意外と口内にトラブルを起こしやすい歯なのです。

たとえば、生えた場所によっては、ほかの歯を圧迫して歯並びを崩し、かみ合わせを狂わせて、歯周病や歯肉炎などの原因になったり、まっすぐに生えずに、痛みを与えたりもします。

特に口臭に関係するのは、その磨きにくさです。一番奥の磨きにくいところに生えてくる上に、歯が低く生えるため、歯ブラシが満足に届かないことが殆どです。

また、親知らずの表面は歯ブラシが届きにくいうえに、歯肉に覆われていたりして、非常に磨きにくいことが多く、歯垢が溜まりやすく、細菌などの温床にもなります。

そのようなことから、一番虫歯になりやすい歯でもあります。しかも、よく気にしていないと鏡などで見えないことも多いため、虫歯になったのにも気づきにくいです。

そして、知らない間に、虫歯が進行し、神経を侵し始め、強い口臭や痛みをだしはじめるのです。

ほとんどの人は、このように、口臭もさることながら、痛みも出始めてから、やっと親知らずが虫歯になったことに気づきます。そして、そのような場合、抜歯での対応が多くなります。

口臭が、虫歯が原因で起こっている場合は、親知らずが原因のものが意外と多いのです。

引用元-口臭には親知らずが関係するのでしょうか? | 口臭対策!口臭予防!くちくさ博士の口臭サプリメント徹底ランキングで口臭の原因と臭い対策!

親知らずが臭いを発生するのは虫歯が原因!?

親知らずが臭う原因は、まず虫歯によるものが考えられます。対処法ですが、親知らずが縦にまっすぐ生えていて、虫歯も軽度であり、隣の歯にも特に影響をしないと判断された場合は、虫歯の治療をします。 そして、その後、また虫歯にならない様にきちんと歯磨きをして、歯垢がつかないようにしなければなりません。これで口臭がなくなれば、虫歯そのものが原因だったということになります。

ただ親知らずがひどく臭う場合は、虫歯そのものが原因ではない可能性もあります。 ひどく臭うのは、やはりそれだけ細菌が繁殖しているという事なので、まずご自分の親知らずがどんな状態かを知る必要があります。

引用元-もう悩まない!親知らずが臭い原因と対策をまとめました! | どくらぼ

虫歯による口臭ってどんな臭い?

虫歯が原因の口臭のにおい

虫歯が原因の口臭は、魚が腐ったような、チーズが腐ったような、と例えられるように、食べ物の腐敗する臭いがします。臭いの原因になるのは、虫歯になると歯の一部が欠けたり、穴が開いたりすることによってその穴の中に食べかすが詰まり、そのまま腐ることで発するガスの腐敗臭が臭いとなるからです。

また、ひどい虫歯の場合は、神経が死んだ腐敗臭がしてきます。歯根膜炎と呼ばれる状態の虫歯です。こうなると、とても強烈な臭いを発します。

強い腐敗臭が続いている場合には、虫歯の可能性が高いのですが、虫歯ではない場合もあります。口臭が腐敗臭かつ、口の奥にネバネバした粘液がよく溜まる、苦味がある場合には、もしかしたら、膿栓が原因の口臭かもしれません。定期検診を利用して確認してみましょう。

引用元-虫歯による口臭ってどんな臭い?虫歯による口臭の原因6つ

親知らずを抜いて臭いを断つ!!

親知らずが原因による口臭を何とかするには、親知らずを抜くしかありません。

歯は本来残すべきもの、これは絶対です。しかし、親知らずだけは例外です。ひょっとしたら、何百年後という遠い将来、人間には親知らずは生えないかもしれません。そういう存在なのです。だから現在では、生えない人もいますし、生えても真っすぐな人は少ないです。少ししか生えなかったり、向きが斜め、真横だったり、歯茎の下に潜ったまま変な方向にはえて隣の奥歯をおしてしまったり。。。ですので、悪影響を与える可能性が低い生え方をしている親知らずでない限り、本来は10代〜20代前半と比較的早い時期に親知らずを抜いておいたほうがよいのです。親知らずが口臭の原因ならば、根本的な解決方法は抜歯しかありません。

抜歯、つまり、歯を抜くということは、恐怖ですよね。想像するだけで痛いです。歯を抜いて、痛みと腫れがひかなくて地獄のような日々を過ごした人が身近にいたのなら尚更でしょう。でも、ちょっと安心して下さい。痛くない抜歯方法はあります。抜歯は技術力が問われますので、歯を抜く場合は、お住まいの地域の歯医者さん情報をよく調べてみましょう。痛みなく歯を抜いてくれた、抜いた後も全然平気だった、そのような歯医者さんはきっとあると思います。

引用元-歯科医師ブログ » 口臭の原因となる親知らず

口の中を清潔にしてから親知らずを抜歯すると痛みが少ない!!

抜歯の前に自分で出来る痛くない抜歯法

お口の中を清潔にした状態で親知らずを抜歯すると痛みを少なくできます

お口の中は無菌状態にはできませんが、細菌が多い状態で抜歯すると、傷口から細菌が多く入り腫れや痛みの原因になります。また、ブラッシングをしっかりして歯ぐきを引き締めておくと、傷口の治りが早く抜歯した後の穴が早くとじます。例えば歯ぐきが腫れ、痛みが強い状態で抜歯すると腫れが強く麻酔が効きにくく、出血が止まりづらいので、歯を抜いた後、痛みや腫れが出やすいです。抜歯前にブラッシングやクリーニングをしっかりしておくと痛みが少なくできます。

健康な状態で親知らずを抜歯すると痛みを少なくできます

お口の中は無菌にすることができないため、親知らずを抜いた後は必ず、抜いた穴に細菌が入ります。抜いた穴には血液がたまり、白血球などが入ってくる細菌と戦い、骨に感染することを防ぎます。疲れや寝不足などで抵抗力が低下している時に親知らずの抜歯をすると治るまでに時間がかかり、痛みが続きます。抵抗力が高い健康な時に親知らずを抜歯した方が痛みを少なくできます。

引用元-親知らずの痛くない抜歯法

まとめ

親知らずは狭い空間に無理やり生えてくるために虫歯ができやすいのですね。臭いがひどいと周りにも迷惑になりますし、症状が進行すると痛みにも耐えられなくなります。虫歯予防のブラッシングはもちろんのこと、早めに抜いてしまうのも良い方法と言えますね。

twitterの反応


https://twitter.com/uAxRu__deg/status/613964684748722177


https://twitter.com/KoUTa_ic2/status/671518177507983363


 - 健康 

ページ
上部へ