鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

仕事でのミスが続く要因とは?

      2017/09/12

仕事でのミスが続く要因とは?

仕事でうっかりミスをしてしまったことはありませんか?特にミスが続いてしまった時は誰でも落ち込んでしまうと思います。今回は仕事でのミスが続く要因についてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

生理予定日を過ぎて妊娠検査薬は使える?陰性と陽性の判断は

妊娠を希望していると妊娠しているかどうか早く妊娠検査薬を使い...

母子家庭で子供がアルバイトする場合の注意点は何?

父子家庭よりも母子家庭の方が多い理由は、離婚により母親が親権...

病院で「大切な証明書」である診断書がもらえない

誰だって好きで風邪をこじらせたり、精神面を患ったりしているワ...

男性用スカートは民族衣装だけ?おしゃれなの履き方と体験談

男性がスカートを履くとおかしい?伝統衣装のキルトスカートは男...

人が死ぬ前に感じる予感や予兆の3パターン

知ってる人が死ぬかもしれないといった予感や死ぬ直前の予兆を知...

親の介護が必要になったら姉妹の場合どうしたらいい?

自分も年をとりますが、当然親も年をとります。いずれは親の介護...

落ち込んだ時に聴くだけで実現?恋が叶う音楽?!

「○○の曲を聴いたら両思いになれる!」とか「○○の曲を着信音...

住所の丁目の漢字の部分「郵便」と「公的文書」は違う

「町丁名」って聞いたことありますか?住所の丁目の部分が漢数字...

「住所の構造には意味がある」住所の丁目と番地と号

住所を書く時に省略していることってありませんか?例えば○丁目...

基本は『家族で移動』本籍地の転籍と住所の地番と番地

本籍地は転籍自由で国内どこに置いても問題がありません。ただし...

「遠方のサイトのない店で買い物」現金の郵送を着払いで?

買い物を通販でする時、店が送料を負担してくれる場合があります...

犬用ステロイド注射の副作用&注意点と病気に対する効果

犬の病気治療などに使われるステロイド注射。どんな効果があって...

灼熱の金魚注意報?!水槽の水温を下げるにはどうしたらいい?

暑い夏、涼しげな水の中で気持ちよく泳いでいるかと思えばわが家...

極寒の金魚注意報?!水槽の水温はヒーターで調節した方が?

金魚は冬になると冬眠をするので、それに備えるため秋はエサをし...

『迷う転籍』本籍と住所が違うと手間取る手続き〜

就職すると同時に県外に転出した人の場合、本籍地を就職先の県に...

仮病・アリバイ工作厳禁!一週間入院する病気には何がある?

病気で入院や手術をしなければならないことは、誰にでも起こり得...

がま口、長財布を買い替えよう!人気のブランドは?!

がま口や長財布、二つ折り財布といろいろあるけれど、新年に今ま...

NHK契約を拒否したい!持家に来る勧誘員撃退法

持家にやってくるNHKのしつこい勧誘で、そろそろ契約しなけれ...

スポンサーリンク


仕事のミスが多い人と少ない人

仕事で失敗ばかり。仕事でミスしてばかり。

人はもちろん失敗する生き物ですし、
仕事をしていますと、失敗が重なる時はあります。

不調な時はとことんまで不調で、そのような精神状態では、
さらに緊張して、ミスが連続してしまうことになります。

特に自分に自信がない人は、ちょっとしたミスも多く、
又ミスが増えることによって、ますます自信がなくなり、
仕事で失敗が続く悪循環に陥ってしまいます。

仕事で失敗しにくい方法は、とにかくひたすら
繰り返して行い、身にしみるくらいのレベルに
到達することです。

つまり、時間がかかることになります。

人間には慣れという習性があり、複雑で
失敗しやすい業務を行っていたとしても、
延々と繰り返すことで、素早く正確に
出来るようになってきます。

しかし、とは言えいかに慣れることにより
仕事で失敗が少なくなるとはいえ、
根本的に失敗が多い人、少ない人が
いることは事実。さてその違いはどこから
来るのでしょうか。

そこで重要な要素は、「集中力」と言うことと、
「思い込みを捨てる」ということになります。

仕事で失敗が少ない人の特徴は、何と言っても
集中力が高いことがあげられます。

そして、集中力は途切れるものであることを
良く知っています。

引用元-仕事で失敗ばかり(仕事でミスを減らす方法とは)

良い環境は仕事のミスを減らせる!?

集中できる環境を作ろう

集中することによって、イメージはよりパワフルになり、成果もより良い結果になります。仕事に集中できる環境を作りましょう。
・他の作業が入らない時間帯を作る
・デスクの周囲の整理・整頓を行う

積極的に仕事に取り組もう
積極的になれない仕事の場合、成功を強く望んでも、本心はそう思っていないことが多いと思います。その仕事が新たなキャリアや大きな成功につながっていることをイメージしてください。

そして積極的に仕事に取り組むあなたをイメージしてください。良い印象のイメージを持つことにより、良い結果を引き寄せることができるでしょう。

事前準備を大切にしよう

準備万端の状況で仕事に取り掛かれることで、良い結果を強くイメージすることができます。また、同じような準備や知識・経験を必要とする他の仕事にも良い結果を与えます。

・初対面の方と会う前に業界のニュースや企業・人物の情報を検索する
・会議に参加する際は事前に資料に目を通し、不明点などをまとめておく

など、前提となる知識・情報の習得を常に意識しましょう。

引用元-引き寄せの法則で、仕事の失敗を劇的に減らす9つの方法 – ザ・チェンジ

ミスが続くのを事前に対策

仕事の完了までの流れをイメージしよう

小さな仕事でも、準備から完了報告まで何ステップもの作業があります。段階ごとに

・行わなければならないこと
・その手順

などをまとめ、その流れの成功をイメージしましょう。そして、ステップが完了する都度にチェックを入れることで、小さな達成感を感じることができます。たとえ小さな達成感でも、積み上げれば大きな満足となり、成功への実感を確かにすることができます。

事前にリスクと対策を検討しよう
仕事の流れをイメージすると成功を阻む問題点が出てくることがあります。その場合、事前に問題点とその対策を検討しましょう。対策を検討する際は、その問題の発生頻度・発生時の影響も考慮してください。

発生頻度が極端に低い、あるいは発生時の影響が小さい問題については検討からはずしてよいかもしれません。発生頻度が高く、影響が大きいと思われる問題点の対策を十分に練ることによって、万が一、その問題が発生した場合でも、あなたはすぐ有効的な対策を行うことができます。

「どうしたら〜ができるか」を意識しよう

問題が発生した時にその原因を追究するあまり、多くの「できない理由」をあげることがあります。否定的なことを考えることは、あなたが望む結果を引き寄せはしないでしょう。

問題の原因に対して「どうしたら〜ができるか」を考えることで成功へのイメージが高まり、思いもかけない解決策を引き寄せるかもしれません。

引用元-引き寄せの法則で、仕事の失敗を劇的に減らす9つの方法 – ザ・チェンジ

仕事のミスをする人としない人

今回は、ミスについての話をします。

仕事をしていると、あの人はミスが多い。あるいは、ミスが少ない。
そんな風に周囲から言われていることがあります。ミスという言葉は、どのようなコンテクストで使われているのかによってその意味はことなりますが、今回は、使われるシーンとしては仕事に限定し、ミスの定義として丁寧で正確ではなく仕事が雑であるとの定義の上で考えてみたいと思います。

実際にしょっちゅうミスばかりしている人としない人とがいます。ミスが多いかは、ある程度性格も関係していると思います。緻密なことに向いている人と、非常におおざっぱなことに向いている人というのは確かにあるようです。また、処理能力の高い人はもともとミスが少ないという傾向があります。
だからといっても、ミスが多いのはもともとの性格や能力だからしょうがない。そういって済ませてしまってはいけません。

それでは誰もあなたと仕事をしたいと言ってくれる人がいなくなります。

仕事をする以上、ミスは少ない方がいいのです。

引用元-仕事のミスをビックリするほど無くす方法を考えた:日経ビジネスオンライン

仕事のミスの時ほど大切なのはリカバリー力

いつも「ミスをしないように!」と、気を張りつめて、完ぺき主義で毎日8時間以上も働き続けるには、65歳までは長すぎるのかもしれません。

気を張りつめて仕事して、それが原因で体調を壊したり、精神的にウツになったりしていては、65歳まで働き続けることが出来ませんよね。

いつも「ミスをしないように!」と、気を張りつめて、完ぺき主義で毎日8時間以上も働き続けるには、人間の人生は長すぎるのかもしれませんね。

社会人の仕事は、短距離走ではなく、数十年続くマラソンでもありそうです。ですから、上手い具合に手を抜いてやらないと、逆に途中で力尽きてしまうこともあるでしょう。

仕事で気を張りつめて、完ぺき主義で毎日8時間以上も働き続けた結果、まだまだ定年前なのに、肉体的にも精神的にも病気になって、休職や退職する人もいるそうです。

ですから大切なのは「ミスをしないこと」もそうですが、「ミスをカバー出来ること」・・とも言えそうです。
仕事でミスしても、そのミスをカバーできるのなら、問題もありませんよね。

引用元-仕事をする上で大切なこと

まとめ

長い仕事生活でミスをしない人はいないと思います。ミスが続く原因を考え、対策をすることでミスを減らし、自信をつけたいですね。

twitterの反応


https://twitter.com/yuchin5296/status/703419039847096320


https://twitter.com/_mogura19/status/700922868658413569″

 - 仕事 経済

ページ
上部へ