鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

視力の低下が40代から急激に起こる原因は?

      2017/09/12

視力の低下が40代から急激に起こる原因は?

40歳(40代)に到達すると、急激な視力低下に直面し、あまりの視力の衰えに愕然とする人が多いようです。体力的な衰え、視力低下に限らず、運動能力の低下、深夜作業や徹夜ができない(若い頃はできたが、今では翌日にもろ影響)など身体全般にわたって限界を感じ始めるのもこの年代が多いと思います。それではなぜ40代で現れやすいのでしょうか?調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

生理予定日を過ぎて妊娠検査薬は使える?陰性と陽性の判断は

妊娠を希望していると妊娠しているかどうか早く妊娠検査薬を使い...

母子家庭で子供がアルバイトする場合の注意点は何?

父子家庭よりも母子家庭の方が多い理由は、離婚により母親が親権...

病院で「大切な証明書」である診断書がもらえない

誰だって好きで風邪をこじらせたり、精神面を患ったりしているワ...

男性用スカートは民族衣装だけ?おしゃれなの履き方と体験談

男性がスカートを履くとおかしい?伝統衣装のキルトスカートは男...

人が死ぬ前に感じる予感や予兆の3パターン

知ってる人が死ぬかもしれないといった予感や死ぬ直前の予兆を知...

親の介護が必要になったら姉妹の場合どうしたらいい?

自分も年をとりますが、当然親も年をとります。いずれは親の介護...

落ち込んだ時に聴くだけで実現?恋が叶う音楽?!

「○○の曲を聴いたら両思いになれる!」とか「○○の曲を着信音...

住所の丁目の漢字の部分「郵便」と「公的文書」は違う

「町丁名」って聞いたことありますか?住所の丁目の部分が漢数字...

「住所の構造には意味がある」住所の丁目と番地と号

住所を書く時に省略していることってありませんか?例えば○丁目...

基本は『家族で移動』本籍地の転籍と住所の地番と番地

本籍地は転籍自由で国内どこに置いても問題がありません。ただし...

「遠方のサイトのない店で買い物」現金の郵送を着払いで?

買い物を通販でする時、店が送料を負担してくれる場合があります...

犬用ステロイド注射の副作用&注意点と病気に対する効果

犬の病気治療などに使われるステロイド注射。どんな効果があって...

灼熱の金魚注意報?!水槽の水温を下げるにはどうしたらいい?

暑い夏、涼しげな水の中で気持ちよく泳いでいるかと思えばわが家...

極寒の金魚注意報?!水槽の水温はヒーターで調節した方が?

金魚は冬になると冬眠をするので、それに備えるため秋はエサをし...

『迷う転籍』本籍と住所が違うと手間取る手続き〜

就職すると同時に県外に転出した人の場合、本籍地を就職先の県に...

仮病・アリバイ工作厳禁!一週間入院する病気には何がある?

病気で入院や手術をしなければならないことは、誰にでも起こり得...

がま口、長財布を買い替えよう!人気のブランドは?!

がま口や長財布、二つ折り財布といろいろあるけれど、新年に今ま...

NHK契約を拒否したい!持家に来る勧誘員撃退法

持家にやってくるNHKのしつこい勧誘で、そろそろ契約しなけれ...

スポンサーリンク


40代の視力低下の原因「老眼」

一言で言えば、物を正確に見るために必要なレンズの調整能力の低下です。その結果、「老眼で近くの物が見えにくくなる」という症状に表れます。

具体的には、レンズにあたる水晶体が弾力を失い、硬直(硬くなる)してしまい、いざ物を見ようとしても、水晶体の厚さを調節することができず、ピントが合わなくなる現象です。

老眼を簡単にチェックする方法としては、「40cm離して新聞や本などが読めなければ老眼」が非常にわかりやすいです。

引用元-40代の視力低下の原因:視力低下 原因

40代の視力低下の原因「白内障」

症状としては、「目がかすむ」、「まぶしい」などがあります。その結果、「視力低下」につながるのが、白内障の特徴になります。

具体的な白内障になるメカニズム(原因)としては、レンズにあたる水晶体が白く濁り、物がかすんでよく見えなかったり、視力が低下したりします。

何故、水晶体が白く濁ってしまうのか?

主な原因としては、水晶体のタンパク質の変性と言われています。

引用元-40代の視力低下の原因:視力低下 原因

視力低下の原因は?40代増加する加齢黄斑変性症 その予防法は

加齢黄斑変性症は、加齢に伴って発症しやすくなる病気です。老化は避けられない現象なので完全に予防することは難しいかもしれません。ただし、もともと日本には少なく、食文化の欧米化が原因で増加し始めた病気なので、若いうちから食生活に気をつければ発症を予防する効果が期待できます。

肉食を控え、野菜をたっぷり食べるのがおすすめです。また抗酸化作用のある栄養素を意識して摂取すると、加齢黄斑変性症を予防することができると言われています。抗酸化作用のあるビタミンA・C・E、ルテインを摂取しましょう。

引用元-40代以上の視力低下に注意!増加する加齢黄斑変性症を防ぐには | 健康生活

40代の視力低下の原因は運動不足?

直筋が緊張状態に陥ると遠視に、緊張が斜筋に生じた場合は近視を引き起こします。

近くのものを見続けたり、長時間のテレビ、ゲーム、パソコン作業によって、眼に負担をかけることで眼精疲労を引き起こします。また、眼に悪い習慣や慢性の疲労、全身の衰弱や長期間の心配事、そのほか神経をいらだたせる出来事などの理由で、眼を動かす筋肉を緊張します。

この、眼筋の緊張が視力低下の原因になります。

私たちは日常生活で姿勢正しく暮らしていますと疲れないのですが
楽で崩れた姿勢で暮らしています
と、かえって疲労を感じやすいのです。

それは、崩れた姿勢をとることによって、肉体のバランスが狂うからなのです。バランスの狂いが疲労を増幅させるということです。また、ひじを突いて本を読んだり、寝転んでテレビを見たりすると、見ているものへの距離が左目と右目に差が生じて、視力に左右差が現われます。(左右差は不同視と言います。)

ガチャ目(不同視)になると、片方の眼ばかり使うことになるので、ますます視力低下が進行します。視力が低下し始めたら、悪い生活習慣を改善し、眼に安らぎを与えてあげましょう。

引用元-視力低下原因の9割が、運動不足によるもの|40代主婦の魔女ワーク

40代の視力低下の防止策は?

40代から発症することが多い老眼は水晶体のピント調節機能の柔軟性が失われることで発症しますので、柔軟性を失わないためにも柔軟性を回復させるためにも眼球運動が大切になります。

眼球運動は目を左右、上下、時計回り・反時計回りにゆっくり動かしてみる簡単な運動で大丈夫ですので、パソコンや本、テレビなどを見続けた後に目のストレッチとしてやってみると良いですよ。

また目の老化を防ぐためにも栄養素の補給も大切です。

目の老化を防ぐ栄養素としてはブルーベリーに多く含まれているアントシアニンという色素成分を補給するのが良いです。アントシアニンは強い抗酸化作用がありますので、目の老化による様々な目の障害や病気を予防する効果が期待出来ます。

眼球運動、栄養素の補給以外では紫外線対策を取り入れてみましょう。

引用元-40代における視力低下の本当の原因は?? | ブルーベリーサプリ効果.com【疲れ目・眼精疲労対策】

まとめ

老眼は老化によって引き起こされるのですが発症する時期は個人差があり、30代前半から発症する方もいますし、50代以降になってから発症する方もいます。誰もが避けられないことかもしれませんね。目にも休息を与えてあげましょう。

twitterの反応


https://twitter.com/harunohidamari/status/644388113918242816


https://twitter.com/Fibrodysplasia/status/556337606326116352


https://twitter.com/nakajimado/status/533519596657967104


 - 健康 

ページ
上部へ