鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

      2017/09/12

インフルエンザウイルスの除菌にアルコールは有効?

毎年インフルエンザが大流行して困ってしまいますよね。インフルエンザ対策に有効なのは予防接種はもちろんですが、様々な理由により、受けられない時もあります。お家でできるインフルエンザ対策にアルコールは有効なのか、などを調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

重曹を置くだけでなぜ消臭できるの?計り知れない重曹パワー !

お掃除の定番アイテムの一つになっている重曹。テレビや雑誌、コ...

目がゴロゴロする時の対処方法!

ふとした瞬間に目がゴロゴロすることありませんか?目にゴミが入...

作るのが楽しい料理なら盛り上がりもUP!鉄板料理はコレ!

料理は女性がやるものという認識が薄れてきている昨今ですが、料...

ポリエステル素材の洗濯方法は?ドライクリーニングに出すべき?

ポリエステル素材の洗濯はどのようにされていますか?扱いやすく...

エビ水槽の掃除の仕方 !

エビに限らず、どんな生き物でも水槽で飼育している以上は水槽の...

「シワアイロン 顔用」とは?使い方やおすすめなどについて !

シワアイロンと聞いて一番に思い浮かぶのは衣服に使うアイロンか...

日帰り登山であったら便利なおすすめグッズをご紹介!

登山専門店をのぞいてみると様々なメーカーから登山につかえる便...

ブレーカーが頻繁に落ちるようになった!原因と対策は?

ついうっかり電気を使いすぎると落ちてしまうブレーカー。夜の暗...

余ったシチューやカレーの保存方法とリメイク料理!

小さな子供からお年寄りまで、幅広い年代層の人に人気のあるメニ...

男だって自分で作る楽しい料理!

最近は男性でも料理を作る方が増えてますよね。ある調査によると...

トイレ掃除はどこからすると効果的なのか?!

みなさんはトイレ掃除、どこから掃除していますか?実はトイレに...

観葉植物でおしゃれ部屋を作る! 初心者向けの種類と方法!

つい人を呼びたくなるような、自慢したいほどおしゃれな部屋って...

色々な作業に音楽を聴いて集中する方法!

作業ってなかなか長くできるものではないですよね。数十分・数時...

猫と死別。悲しくても最後の挨拶をしましょう。

かつてはペットといえば犬が代表格でしたが、最近では飼われてい...

腹痛、しかも激痛・吐き気もある。どんなことが考えられる?

「おなかが痛い」という経験は誰しもあるはずです。食当たりかも...

癒しを与えてくれるメダカ。その産卵時期はいつ?

かつては小川によく見かけられたメダカですが、今ではその姿を見...

点滴でできたむくみを簡単に解消する方法!

点滴を受けた後に、むくみができて、体が重くなったりしたことは...

郵便局に転居届を!一人暮しの第一歩

家を出て一人暮しを始めるのは不安と期待が入り混じっているので...

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

スポンサーリンク


インフルエンザとはどんな病気?

インフルエンザはインフルエンザウイルスに感染する事によって起こるわたしたちにとって最も身近な病気のひとつです。

インフルエンザウイルスは、A型、B型、C型に大きく分類され、この内大きな流行の原因となるのはA型とB型です。

主な症状は38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛などの全身症状です。それらと併せて普通の風邪と同じように、のどの痛み、鼻汁、咳などの症状も見られます。子供ではまれに急性脳症、お年寄りの方や免疫力の低下している方は肺炎を伴うなど、重症になる事もあります。

主な感染経路は接触感染と飛沫感染です。空気感染も成立すると考えられていますが、密室などでウイルスが濃密になった場合やウイルス自体が更なる変質をした場合など限られた状況以外では感染の可能性は低いようです。

日本では例年12月〜3月頃に流行しますが、9月や5月頃にも確認されています。

引用元-インフルエンザとは | 家庭の感染予防対策アイテム-インフル・ノロetc.-

アルコール除菌はインフルエンザウイルスに有効?

インフルエンザウイルスは、ご存知のとおり非常に強い感染力を持つウイルス。一方で、消毒には弱いウイルスです。

インフルエンザウイルスを包むエンベロープという膜は石鹸やアルコールに弱いため、インフルエンザウイルスはアルコール消毒で簡単に殺菌できるのです。

このエンベロープという膜があるかないかはウイルスによって異なるので、アルコール消毒といえども、あらゆるウイルスを殺菌できるわけではありません。

でも、少なくともアルコールがインフルエンザウイルスに対して強力な殺菌効果を持っていることは明らか。インフルエンザの予防対策として、アルコール消毒は効果の高い方法です。

引用元-インフルエンザ予防対策のアルコール消毒って、本当に効果あるの?

アルコール除菌の使い方

アルコール剤を使用する際は濃度低下により効果が薄まってしまうので濡れている物は必ず十分に乾かしてから使用するという事を忘れないでください。

それから手などの人体に使用する場合は必ず医薬品もしくは医薬部外品のアルコール剤を使用しましょう。医薬品や医薬部外品以外のアルコール剤がたくさん販売されていますが、薬事法により人体への消毒目的での使用は医薬品もしくは医薬部外品以外認められていません(人体以外の物に関しては問題ありません)。

手の消毒などにアルコール手指消毒液(ヒビスコールSHやウエルパス手指消毒液0.2%)を使用する場合は手をしっかり乾かした後に適量を手に受け手指消毒液が十分に乾くまで丁寧に擦り込みましょう。

引用元-アルコール除菌・消毒剤の使い方と注意点

アルコール除菌液の作り方

アルコール消毒液はドラッグストアで買う事が出来ますが、自作する事も可能です。

まず用意するのは無水エタノール。

これは15℃の状態でアルコール濃度99.5%です。

これと精製水を、7対3の割合で混ぜれば70%の濃度のアルコール消毒液が出来上がる訳です。

「これをそのまま使用した方が、濃度が高いから効き目があるんじゃないのか?」と思われそうですが、実はアルコールは濃度が高ければ高いほど蒸発しやすく、インフルエンザウイルスに浸透する前に蒸発してしまうのです。

せっかく効き目が高くても効く前に蒸発しては意味がない……という訳で、水分を混ぜて安定させます。

そして、効き目と揮発性を考慮した濃度が70%なのです。

引用元-【インフルエンザと消毒液】効果のある消毒液の簡単な作り方と注意点 | 健康診断と人間ドックドットコム

アルコール除菌使用の注意点

何よりアルコール消毒のメリットは、ハイター等の自亜塩素系消毒液と違い、色々な場所に使用出来るというメリットがあります。

何より手洗いの後の消毒に使えるのも大きな所ですね。

ポイントとして念入りに使う事が求められ、出来れば床を拭いたりするなら二度拭きをしておくと更に効果的です。

ですがアルコールアレルギーで皮膚が赤くなってしまう人、手荒れが酷い人はご使用をお控え下さい。

消毒するという事は、決して人体に無害とは言い切れないのです。

そのままだと手が荒れるので、手洗いの後に念入りにケアをする。

直接は無理でも、手袋をして感染が予想される箇所の消毒や掃除に使う。

自分や家族にあった消毒方法で、インフルエンザから身を守りましょう。

引用元-【インフルエンザと消毒液】効果のある消毒液の簡単な作り方と注意点 | 健康診断と人間ドックドットコム

まとめ

インフルエンザにアルコールは有効だと示されていますね。しかし皮膚などに悪影響を及ぼす場合があるので、保湿などのケアを並行して行うことが重要です。風邪を引かない様にアルコール消毒など、家庭での予防対策を実施してみてはいかがでしょうか。

twitterの反応


https://twitter.com/Beagleline_CHEN/status/699773349841383424


https://twitter.com/Matsushita1971/status/698320768514416641


https://twitter.com/KDTIT/status/696316459954212864

 - 健康 

ページ
上部へ