鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

足の甲を打撲したあとに痛みが引かなかったら・・・

      2017/09/12

足の甲を打撲したあとに痛みが引かなかったら・・・

日常生活を送る中でうっかり足の甲に物を落としたり、転んだりして打撲を負うことがありますよね。歩けるから大丈夫と思って放置していると痛みが引かないこともありますが、実は骨折していたということもあり得ます。打撲した時の対処法について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

猫と死別。悲しくても最後の挨拶をしましょう。

かつてはペットといえば犬が代表格でしたが、最近では飼われてい...

腹痛、しかも激痛・吐き気もある。どんなことが考えられる?

「おなかが痛い」という経験は誰しもあるはずです。食当たりかも...

癒しを与えてくれるメダカ。その産卵時期はいつ?

かつては小川によく見かけられたメダカですが、今ではその姿を見...

点滴でできたむくみを簡単に解消する方法!

点滴を受けた後に、むくみができて、体が重くなったりしたことは...

郵便局に転居届を!一人暮しの第一歩

家を出て一人暮しを始めるのは不安と期待が入り混じっているので...

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

生理予定日を過ぎて妊娠検査薬は使える?陰性と陽性の判断は

妊娠を希望していると妊娠しているかどうか早く妊娠検査薬を使い...

母子家庭で子供がアルバイトする場合の注意点は何?

父子家庭よりも母子家庭の方が多い理由は、離婚により母親が親権...

病院で「大切な証明書」である診断書がもらえない

誰だって好きで風邪をこじらせたり、精神面を患ったりしているワ...

男性用スカートは民族衣装だけ?おしゃれなの履き方と体験談

男性がスカートを履くとおかしい?伝統衣装のキルトスカートは男...

人が死ぬ前に感じる予感や予兆の3パターン

知ってる人が死ぬかもしれないといった予感や死ぬ直前の予兆を知...

親の介護が必要になったら姉妹の場合どうしたらいい?

自分も年をとりますが、当然親も年をとります。いずれは親の介護...

落ち込んだ時に聴くだけで実現?恋が叶う音楽?!

「○○の曲を聴いたら両思いになれる!」とか「○○の曲を着信音...

住所の丁目の漢字の部分「郵便」と「公的文書」は違う

「町丁名」って聞いたことありますか?住所の丁目の部分が漢数字...

「住所の構造には意味がある」住所の丁目と番地と号

住所を書く時に省略していることってありませんか?例えば○丁目...

基本は『家族で移動』本籍地の転籍と住所の地番と番地

本籍地は転籍自由で国内どこに置いても問題がありません。ただし...

「遠方のサイトのない店で買い物」現金の郵送を着払いで?

買い物を通販でする時、店が送料を負担してくれる場合があります...

犬用ステロイド注射の副作用&注意点と病気に対する効果

犬の病気治療などに使われるステロイド注射。どんな効果があって...

灼熱の金魚注意報?!水槽の水温を下げるにはどうしたらいい?

暑い夏、涼しげな水の中で気持ちよく泳いでいるかと思えばわが家...

スポンサーリンク


足の甲に強い痛みを感じる場合の治療法

足の甲に強い痛みを感じる場合の治療法について確認しておこう。

まず足の甲に違和感を感じるような場合は既に患部に炎症を生じている可能性がある為、応急処置治療としてまずアイシング処置を行う。

アイシング処置を行なうと痛みは一時的に緩和されるが、そこで運動は再開せずにその日は安静を保つように心がける事が大切。

もし痛みの引いた次回の練習時に痛みが再発するようであれば、やはり疲労骨折の可能性が検討される為、速やかに整形外科でレントゲン検査を受けるようにしよう。

また既に足の甲に腫れが見られるケースや痛みがかなり強いような場合は直ぐに運動を中断し、やはり骨折の有無を確認する為に病院の診察を受ける事が大切である。

病院では運動の継続が許可されるケースもあるが、運動制限の指導を受けるケース、そして直ちに運動を中断し治療を開始すべきケース等、症状の程度によって治療方針の指導を受けることになる。

実際の治療では安静を保ちながら症状の回復を見込む自然治癒力を根底とする治療が基本となり手術などを行なう事はまずない。

レントゲンで明らかに骨折がはっきりと映るケースではギプス固定を行なう事もあるが、多くは安静を中心とした保存療法による治療を行なう事になる。

引用元-【図解】中足骨疲労骨折|足の甲の痛みの原因と治療法

足の甲に打撲を負ったら早急な対応を

打撲とはそもそもどんな状態なのか?

足の甲に打撲を負ってしまう。そんな経験をしたことがある人は多いかもしれませんよね。テーブルの上にあったお皿を落としてしまって、足の甲に直撃した。ドアの角に思いっきりぶつけてしまったなど、生活のふとしたときにやってしまうものです。
 
打撲とは強い衝撃によって、皮下組織が破壊されることで痛みや内出血などを起こす症状です。ぶつけた時、細胞はぼろぼろになってしまっているのです。また、血管が破れた、もしくは損傷箇所を治すために血液が多大に流れるために内出血を起こします。
 
患部は大きく腫れ紫色に変色し、痛みを伴うのが打撲の一般的な症状です。このため、打撲を負ってしまったときの早急な対応が今後の治療期間を決めるといっても過言ではないのかもしれません。

引用元-足の甲に打撲を負ったら気をつけるべき2つのこと

足の甲の痛みが引かない時にはすぐに病院へ

打撲、骨折は基本的には同じ症状を発症します。赤く腫れたり、痛みを伴うなどです。判断が難しいのですが、一つだけそれらを見極めるものがあります。それは受傷後の回復期間です。
 
打撲によって足の甲の腫れを発症しても、数日程度、長くても1週間程度で治まります。しかし、骨折の場合いつまでも腫れは治まらず、痛みが長引いてしまうという特徴があります。
 
このためいつまで経っても治らない、痛みが引かないといった場合は骨折の可能性があります。そのような場合は、すぐに病院に行って、レントゲンなどの精密検査を受けることをおすすめします。

引用元-足の甲に打撲を負ったら気をつけるべき2つのこと

足の甲を打撲したら放置しない

打撲は腫れや内出血を起こしますが、見た目からは症状のひどさはわかりませんよね。ですが、時として骨折等を起こしていることもあり、きちんとした処置をする必要があります。
 
そのため、まず第一は症状を放置せず、きちんと対処するようにしてください。では、具体的な対処法にはどのようなことがあるのでしょうか?
 
足の甲に限らず、打撲の場合アイシングが効果的です。患部に保冷剤を当て、冷やしてあげるようにしてください。腫れや痛みが引くまできちんと処置してあげましょう。

引用元-足の甲の打撲をしたときに注意すべき3つのコト « 40代からの生活習慣病との付き合い方

足の甲の打撲をしたとき、痛みが続いたら骨折を疑う

痛みが続いたら骨折を疑う

骨折にはいろいろな種類があります。足の甲をぶつけた時に激痛が走ることもあれば、ズキズキと痛みが続くようなことがあります。特に気をつけなければならないのは後者で、理由は症状が軽いと判断して放置してしまい治療が遅れるためです。
 
歩けないほど痛みが走れば、本能的にやばい!と感じるでしょう。しかし、痛みが少ないとき、単なる打撲と判断し、痛みがあるけど大丈夫と思ってしまうこともまた危険なことなのです。
 
いつまでも痛みが引かなかったりしたら、それは骨折、特にひびが入っているかもしれません。レントゲンを撮り、きちんとした治療を受けることをオススメします。
 
○どんなときも注意を払う
足の甲の打撲が起こったとき、それをどう判断するかが大切です。痛みが少なければ心配はないかもしれませんが、一方で痛みが続くようでしたら一応検査を受けたほうがいいでしょう。
 
足は一生使うもの。足の甲の打撲だからといって処置を怠らないようにしてくださいね。

引用元-足の甲の打撲をしたときに注意すべき3つのコト « 40代からの生活習慣病との付き合い方

まとめ

足が不自由だと部屋の中はもちろん、外出する上で億劫になりますし社会生活がスムーズにいかないことだらけになってしまいますよね。上記のことを踏まえて早く社会復帰できるといいですね。

twitterの反応


https://twitter.com/Keihilton/status/576289012035371008


https://twitter.com/Ladymayhem666/status/618826956188954624


https://twitter.com/yunao/status/615453727210639361


https://twitter.com/ryooo428/status/505333742718550016

 - 健康 

ページ
上部へ