鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

Yahooとグーグルの無料翻訳機能、どっちが使える?

      2017/09/12

Yahooとグーグルの無料翻訳機能、どっちが使える?

外国語に翻訳できるサイトはたくさんありますが、無料で翻訳できるサイトで有名なYahooとグーグルでは、どちらがより正しく翻訳できるのでしょうか?調べてみました!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

生理予定日を過ぎて妊娠検査薬は使える?陰性と陽性の判断は

妊娠を希望していると妊娠しているかどうか早く妊娠検査薬を使い...

母子家庭で子供がアルバイトする場合の注意点は何?

父子家庭よりも母子家庭の方が多い理由は、離婚により母親が親権...

病院で「大切な証明書」である診断書がもらえない

誰だって好きで風邪をこじらせたり、精神面を患ったりしているワ...

男性用スカートは民族衣装だけ?おしゃれなの履き方と体験談

男性がスカートを履くとおかしい?伝統衣装のキルトスカートは男...

人が死ぬ前に感じる予感や予兆の3パターン

知ってる人が死ぬかもしれないといった予感や死ぬ直前の予兆を知...

親の介護が必要になったら姉妹の場合どうしたらいい?

自分も年をとりますが、当然親も年をとります。いずれは親の介護...

落ち込んだ時に聴くだけで実現?恋が叶う音楽?!

「○○の曲を聴いたら両思いになれる!」とか「○○の曲を着信音...

住所の丁目の漢字の部分「郵便」と「公的文書」は違う

「町丁名」って聞いたことありますか?住所の丁目の部分が漢数字...

「住所の構造には意味がある」住所の丁目と番地と号

住所を書く時に省略していることってありませんか?例えば○丁目...

基本は『家族で移動』本籍地の転籍と住所の地番と番地

本籍地は転籍自由で国内どこに置いても問題がありません。ただし...

「遠方のサイトのない店で買い物」現金の郵送を着払いで?

買い物を通販でする時、店が送料を負担してくれる場合があります...

犬用ステロイド注射の副作用&注意点と病気に対する効果

犬の病気治療などに使われるステロイド注射。どんな効果があって...

灼熱の金魚注意報?!水槽の水温を下げるにはどうしたらいい?

暑い夏、涼しげな水の中で気持ちよく泳いでいるかと思えばわが家...

極寒の金魚注意報?!水槽の水温はヒーターで調節した方が?

金魚は冬になると冬眠をするので、それに備えるため秋はエサをし...

『迷う転籍』本籍と住所が違うと手間取る手続き〜

就職すると同時に県外に転出した人の場合、本籍地を就職先の県に...

仮病・アリバイ工作厳禁!一週間入院する病気には何がある?

病気で入院や手術をしなければならないことは、誰にでも起こり得...

がま口、長財布を買い替えよう!人気のブランドは?!

がま口や長財布、二つ折り財布といろいろあるけれど、新年に今ま...

NHK契約を拒否したい!持家に来る勧誘員撃退法

持家にやってくるNHKのしつこい勧誘で、そろそろ契約しなけれ...

スポンサーリンク


グーグル翻訳以外で(質問)

より正確な翻訳サイト Google翻訳しか使ったことがないのですが、Google翻訳より正確な翻訳サイトを探しています。
英文→日本文に翻訳したい場合が多いので、そちらの正確さを重視して、オススメの翻訳サイトはありませんか?

引用元-より正確な翻訳サイト Google翻訳しか使ったことがないのですが、Google翻訳より… – Yahoo!知恵袋

グーグル翻訳以外で(回答)

ピンからキリまで
サイトによって苦手な文章とかありますので色々と翻訳して行った方がいいかと思います
あるサイトではこの文章はいいけどここが駄目
あるサイトでは前のサイトが出来ないとこは出来てるけどそれ以外駄目とか色々ありますから

引用元-より正確な翻訳サイト Google翻訳しか使ったことがないのですが、Google翻訳より… – Yahoo!知恵袋

そもそも機械翻訳って

みなさんも恐らく大変お世話になっているであろう、google翻訳やyahoo翻訳といった、何かしらの言語を入力したら指定した言語の翻訳結果を出力してくれるあのサービスに用いられている技術のことです。

ノータイムで入力に対する翻訳結果を吐き出してくれるあのサービス、当たり前ですが人間がレスポンスを返しているのではなく、入力に対して尤もらしい答えを機械がレスポンスしてくれています。

つまり機械翻訳とはその名の通り、人手による翻訳では無く、機械が行ってくれる翻訳のことですね!

そして、現在サービスとして提供されている機械翻訳の技術の手法としては主に、ルールベースの翻訳手法(RBMT)と統計ベースの翻訳手法の2つがあります。

引用元-Google翻訳(みたいなもの)を自作してみた。 – Qiita

Google翻訳、Yahoo!翻訳

Google翻訳は、Google社が提供する無料の翻訳サービスです。
翻訳エンジンは、Google Translatorを採用しており、英語を含む79言語の翻訳に対応しています。
対応言語の種類の豊富さに加えて翻訳の精度が高い点も特徴です。
Google社の提供するブラウザ「Chrome」を使用すると、自動的にWebページごと翻訳を行う機能もあります。

引用元-マーケティングに使えるおすすめの英語翻訳サービス9選 | 構築ツール | 知る・学ぶ | Marketing Bank (マーケティングバンク)

Yahoo!翻訳は、Yahoo!社が提供する無料の翻訳サービスです。
英語・日本語・中国語・韓国語・フランス語・ドイツ語・スペイン語・ポルトガル語・イタリア語の9か国の翻訳に対応しています。
テキスト翻訳のほか、Webサイト翻訳にも対応しています。

引用元-マーケティングに使えるおすすめの英語翻訳サービス9選 | 構築ツール | 知る・学ぶ | Marketing Bank (マーケティングバンク)

グーグル104、Yahooは9

グーグル翻訳は”104”言語に対応しています。なので日本語や英語はもちろんですが、マイナーな言葉に変換することもできるので、グローバルに活躍されている方にはこの点もオススメです。ちなみに対応言語はこれだけあります。

引用元-【決定版】おすすめ翻訳サイト比較!日本語⇄英語を中心に正確な翻訳サイトまとめ20選 | Boxilが運営するBtoBクラウドサービス・資料紹介メディア ボクシルマガジン!

yahoo翻訳の対応言語数は9です。英語・中国語・韓国語の日本でよく使われるものに、ヨーロッパの有名な言語が追加されていますね。
機能もシンプルですし、使いやすそうです。
入力文字数は、4000字となっていて、無料のサイトでこれだけの量を一度に翻訳できるサービスはそうないので、貴重なサイトです。

引用元-【決定版】おすすめ翻訳サイト比較!日本語?英語を中心に正確な翻訳サイトまとめ20選 | Boxilが運営するBtoBクラウドサービス・資料紹介メディア ボクシルマガジン!

対訳にできるYahoo翻訳

インターネット翻訳といえばGoogle翻訳の方が有名ですが、Yahoo翻訳も結構使えます。特に長文を読む場合、対訳機能とマウスオーバーで辞書が表示されるのは、見失わずに済むので便利

精度はよくわかりませんが、対訳機能で読みやすいです。テキストの文字数制限は半角4000字とiPodのノート機能と同じなので、そこそこあります。しかも辞書にリンクなので、このサイトだけで済ますこともできそうです。

引用元-無料で英語を対訳にできるYahoo翻訳の使い方

対訳のところは、単語にマウスを上に移動させると、その単語と訳した語がハイライトされます。うろ覚えの語を、軽く辞書を引く手間が省けてとっても便利です。

引用元-無料で英語を対訳にできるYahoo翻訳の使い方

徹底比較してみたら意外な結果に

有名どころで言えば、エキサイト翻訳やGoogle翻訳が有名ですが、その他にもWeblio翻訳、Infoseek翻訳、Nifty翻訳…etc、その他海外の翻訳サイトも含めると様々な翻訳サイトがあります。

近年の人工知能の進化のおかげでしょうか、これらの翻訳サイトはどれも使いものにならないということを除けば、非常に優秀な翻訳サービスです。しかし、結局どれが一番いいのか?気になったので調べてみました。

引用元-どの無料翻訳サイトが一番正確なのか徹底比較してみたら意外な結果に | トリビアルニュース

ルール説明

挑戦者

1.Google翻訳
2.エキサイト翻訳
3.Yahoo翻訳
4.Weblio翻訳
5.Infoseek 翻訳
6.Bing翻訳
7.Nifty 翻訳
8.FreshEYe 翻訳

注目はGoogleの人工知能で膨大な語彙力で他を圧倒するGoogle翻訳、みんな大好きエキサイト先生、複数のパターンの翻訳結果を表示できるWeblio翻訳といったところでしょうか。

採点基準
4個の英文をそれぞれ翻訳してもらい、それぞれについて10点満点で判定します。最終的に最も得点の高いサイトが最強の翻訳サイトということになります。

引用元-どの無料翻訳サイトが一番正確なのか徹底比較してみたら意外な結果に | トリビアルニュース

集計結果

1位Nifty翻訳 35点
2位FreshEye翻訳 22点
3位Bing翻訳 21点
4位Google翻訳 20点
5位Yahoo翻訳 19点
5位Weblio翻訳 19点
5位Infoseek翻訳 19点
8位エキサイト翻訳 12点

意外な結果になりました。全くのダークホースNifty先生がダントツで、みんな大好きエキサイト先生がぶっちぎりのビリとは…

今回は短い文章が主でしたので、少なくとも短文を訳す場合には圧倒的にNifty翻訳が優秀ということがわかりました。まぁサンプルが少ないのでこれが絶対に正しいというわけではないのであしからず。

引用元-どの無料翻訳サイトが一番正確なのか徹底比較してみたら意外な結果に | トリビアルニュース

まとめ

複数の翻訳サイトを組み合わせて使うと良いのかも知れませんね。

twitterの反応


https://twitter.com/__chnxst4/status/719344255529984001


https://twitter.com/vuitton_t/status/714458740045385730
https://twitter.com/Fe3if2fa8kE/status/713354892451000321

 - 雑学

ページ
上部へ