鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

皮膚にできたのは白血病の症状の赤い斑点かも?

      2017/09/12

皮膚にできたのは白血病の症状の赤い斑点かも?

放射能の問題もあり、甲状腺トラブルをはじめ血液のガンである白血病を恐れている方も少なくないようです。そうした不安の中、皮膚に赤い斑点ができて調べてみると白血病の症状のひとつであることがわかった時には動揺してしまいますよね。ですが皮膚にできた赤い斑点は本当に白血病なのでしょうか?他に原因は考えられないのでしょうか?白血病と赤い斑点について調べてみました!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

ブレーカーが頻繁に落ちるようになった!原因と対策は?

ついうっかり電気を使いすぎると落ちてしまうブレーカー。夜の暗...

余ったシチューやカレーの保存方法とリメイク料理!

小さな子供からお年寄りまで、幅広い年代層の人に人気のあるメニ...

男だって自分で作る楽しい料理!

最近は男性でも料理を作る方が増えてますよね。ある調査によると...

トイレ掃除はどこからすると効果的なのか?!

みなさんはトイレ掃除、どこから掃除していますか?実はトイレに...

観葉植物でおしゃれ部屋を作る! 初心者向けの種類と方法!

つい人を呼びたくなるような、自慢したいほどおしゃれな部屋って...

色々な作業に音楽を聴いて集中する方法!

作業ってなかなか長くできるものではないですよね。数十分・数時...

猫と死別。悲しくても最後の挨拶をしましょう。

かつてはペットといえば犬が代表格でしたが、最近では飼われてい...

腹痛、しかも激痛・吐き気もある。どんなことが考えられる?

「おなかが痛い」という経験は誰しもあるはずです。食当たりかも...

癒しを与えてくれるメダカ。その産卵時期はいつ?

かつては小川によく見かけられたメダカですが、今ではその姿を見...

点滴でできたむくみを簡単に解消する方法!

点滴を受けた後に、むくみができて、体が重くなったりしたことは...

郵便局に転居届を!一人暮しの第一歩

家を出て一人暮しを始めるのは不安と期待が入り混じっているので...

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

生理予定日を過ぎて妊娠検査薬は使える?陰性と陽性の判断は

妊娠を希望していると妊娠しているかどうか早く妊娠検査薬を使い...

母子家庭で子供がアルバイトする場合の注意点は何?

父子家庭よりも母子家庭の方が多い理由は、離婚により母親が親権...

病院で「大切な証明書」である診断書がもらえない

誰だって好きで風邪をこじらせたり、精神面を患ったりしているワ...

男性用スカートは民族衣装だけ?おしゃれなの履き方と体験談

男性がスカートを履くとおかしい?伝統衣装のキルトスカートは男...

人が死ぬ前に感じる予感や予兆の3パターン

知ってる人が死ぬかもしれないといった予感や死ぬ直前の予兆を知...

親の介護が必要になったら姉妹の場合どうしたらいい?

自分も年をとりますが、当然親も年をとります。いずれは親の介護...

落ち込んだ時に聴くだけで実現?恋が叶う音楽?!

「○○の曲を聴いたら両思いになれる!」とか「○○の曲を着信音...

スポンサーリンク


白血病とは?

白血病は血液のがんです。血液細胞には赤血球、血小板、白血球がありますが、これらの血液細胞が骨髄でつくられる過程で、がんになります。がん化した細胞(白血病細胞)は、骨髄内で増殖し、骨髄を占拠してしまいます。そのため、正常な血液細胞が減少し、貧血、免疫系のはたらきの低下、出血傾向、脾臓(血液を貯蔵しておく臓器)の肥大などの症状があらわれます。
日本では、1年間に人口10万人あたり、男性で10.6人、女性で7.4人の割合で白血病と診断されています(2010年のデータ*)。
白血病は、がん化した細胞のタイプから「骨髄性」と「リンパ性」に分けられ、さらに病気の進行パターンや症状から「急性」と「慢性」に分けられます。

引用元-白血病ってどんな病気? | 種類別がん情報 | がんを学ぶ

白血病の種類と分類

●腫瘍化した細胞の種類による分類

白血病は、腫瘍化した細胞の種類によって、以下のように分けられる。

・骨髄性白血病
顆粒球系の細胞が腫瘍に変化した状態を骨髄性白血病という。顆粒球には、好中球、好酸球、好塩基球が存在する。

・リンパ性白血病
リンパ球の系細胞が腫瘍に変化した状態をリンパ性白血病という。

●腫瘍化した細胞の形態による分類

腫瘍化した細胞の形態によって、白血病は、以下のように分けられる。

・急性白血病
腫瘍化を起こした細胞が、幼若な段階の細胞である白血病を急性白血病という。

・慢性白血病
腫瘍化した細胞のほとんどが成熟している、もしくは、さまざまな成熟段階の細胞が腫瘍化している白血病を慢性白血病という。

引用元-白血病の分類・症状

白血病の症状は?

急性白血病の症状

白血病には主に、“急性白血病”“慢性骨髄性白血病”“慢性リンパ性白血病”の3種類があります。
自分の体に起こる症状によって、白血病の種類は異なるのです。
たとえば、“急性白血病”の場合、出血しやすくなる傾向があります。
ちょっと角に当たっただけでアザができる、ケガをしたときの出血がひどい、鼻血が止まらないなど、さまざまな症状が起こるでしょう。
特に、何もしていないのにアザがあちこちにできた場合は要注意です。
アザが治りにくい症状も急性白血病の特徴になります。
また、ほかにも、貧血や発熱などの症状も出てくるでしょう。
頭痛・吐き気・嘔吐(おうと)・骨や筋肉の痛みなども症状の中に入っているので注意してくださいね。

引用元-白血病の症状や原因・生存率について〜早期発見をするための基礎知識〜

慢性骨髄性白血病の場合

慢性骨髄性白血病の場合は、初期症状や自覚症状がわかりにくい特徴を持っています。
そのため、なかなか初期段階で気づく人は少ないでしょう。
しかし、はっきりとした症状はあるのです。
慢性骨髄性白血病になると起こる症状は、全身のだるさやおなかの膨張、体重減少になります。
いつもと同じ量のご飯を食べたのに、体重が急激に落ちた人は要注意です。
体調不良でもないのにだるさがぬけない、おなかが常に膨らんでいる状態が続く場合も病院に行った方がいいでしょう。
慢性骨髄性白血病は、必ず、数年後に急性へ移行します。
急性に移行することを“急性転化”と言い、急に症状が悪化するのです。

引用元-白血病の症状や原因・生存率について〜早期発見をするための基礎知識〜

慢性リンパ性白血病の場合

リンパ節の腫れが現れたとき、“慢性リンパ性白血病”になっている可能性があります。
リンパ節が腫れていても痛みを感じないのが、慢性リンパ性白血病の特徴です。
慢性の白血病になりますが、ゆっくり症状が進行します。
最初はリンパ節が腫れ、次に、免疫力が低下するでしょう。
食欲もなくなり始め、体重減少や全身のだるさを覚えます。
また、寝汗がひどく、微熱が発生する場合もあるので注意しなければなりません。
急性転化はありませんが、全身のだるさや体重減少が現れたときは、白血病がある程度進行していると思っておいてください。

引用元-白血病の症状や原因・生存率について〜早期発見をするための基礎知識〜

赤い斑点は白血病の症状のひとつ

白血病の症状として赤い斑点ができることがよくあります。これは血小板の減少が原因です。
通常であれば小さな血管が破れた時に、血小板が破れた部分に集まって固まることで出血をある程度食い止めてくれ、
周囲の血液が固まり、破れた部分を修復してくれます。

●血小板
血小板が基準値よりも少なくなると、血管の破れた部分を修復できず、突然鼻血が出たり、歯茎から出血したり、青あざができるようになります。
基準値の5分の1程度まで減少すると、毛細血管も弱くなり、皮膚や粘膜にハリで刺した後のような赤い斑点が現れるようになります。

●アレルギー性の病気
このことから赤い斑点ができることは、白血病の症状のひとつとされているのです。
ただし、これらの症状は白血病だけに見られる症状ではなく、アレルギー性の病気など他の病気でも発症することがあります。
その為、赤い斑点ができたからと言って白血病と考える必要はありません。

また、白血病には色々な症状がありますので、ひとつの症状だけで自己判断するのではなく、全体的な状況を見てみて、
どうしても不安であれば病院で検査を受ける方が賢明です。
赤い斑点ができるようになってしまった場合には、可能性があるとだけ考えるようにしましょう。

引用元-白血病症状赤い斑点について解説

白血病以外の痒みのない赤い斑点

老人性血管腫
血管腫にはさまざまな種類がありますが、その中でも「老人性血管腫」というものが赤い斑点のように出やすいです。
これは赤いほくろのような見た目で、かゆみなどの症状はほとんどなく大きさもさまざまです。
「老人性」という言葉で、高齢者の方にしか発症しないと思われるかもしれませんが、
これは年齢を重ねることが発症するということをあらわしています。
したがって20代の若い方でも発症する可能性は十分にあるので注意してください。

引用元-腕にポツポツと赤い斑点が!かゆみがあるか要チェック!

血小板減少性紫斑病
血小板減少性紫斑病(けっしょうばんげんしょうせいしはんびょう)は難病で原因はまだ明らかになっていません。
何らかの影響により血小板が著しく少なくなってしまうことにより発症します。
血小板というのは、血液を固める作用を持つ血中に含まれる成分で、私たちがすり傷をつくってしまったときのかさぶたを作ってくれる成分でもあります。
つまり、この血小板が少なくなってしまうと出血しても固まりにくくなってしまいます。
軽い刺激を受けて、血管が破れ、内出血を起こしてしまうと、これがなかなか止まらなくなり、赤い斑点のようにあらわれることがあるのです。

引用元-腕にポツポツと赤い斑点が!かゆみがあるか要チェック!

赤い斑点で内出血してるような?

足に赤い斑点で内出血してるみたいな感じ
赤い斑点の正体は血液中の赤血球によるもので、血管が何らかの原因で破れたことにより内出血をしたと考えられます。
例えば考えられる病気の一つに、うっ血性皮膚炎というものがあります。赤い斑点、内出血の症状に加えてむくみがでる事も特徴です。
血行不良が原因で発症する病気ですので、立ち仕事の多い方や下半身の血の巡りが悪くなる妊婦や高齢者によくみられます。
症状を改善するには、第一に血の巡りを良くすることです。足を高くして寝たり、むくみをとる靴下を履いたり、マッサージをしたりと色々工夫してみてください。
そして、2.3日経っても症状がよくならない場合は必ず病院へ行ってください。放置して悪化してしまうと他の合併症を起こしかねません。

引用元-足に赤い斑点で内出血があっても痒くない場合はどんな病気なの? | 健康って大事!

まとめ

慌てず騒がずじっくり観察するか病院に行く方が良さそうですね。

twitterの反応

https://twitter.com/jasmine7aikatwi/status/484540459956461569


https://twitter.com/aikokupgr/status/461851893761703936
https://twitter.com/sayulionmomo/status/249432080084267008


https://twitter.com/xxxmii19xxx/status/640125722942509056

 - 健康 美容

ページ
上部へ