鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

何を持って行ったらいいの!?パリ旅行におすすめの靴!

      2017/09/12

何を持って行ったらいいの!?パリ旅行におすすめの靴!

ファッションの都パリへ旅行するときに悩むのが服装ですよね。特に靴ははかさばるのでたくさんは持っていけません。

そこで、パリの観光やお買いもの、ディナーにぴったりの靴について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

生理予定日を過ぎて妊娠検査薬は使える?陰性と陽性の判断は

妊娠を希望していると妊娠しているかどうか早く妊娠検査薬を使い...

母子家庭で子供がアルバイトする場合の注意点は何?

父子家庭よりも母子家庭の方が多い理由は、離婚により母親が親権...

病院で「大切な証明書」である診断書がもらえない

誰だって好きで風邪をこじらせたり、精神面を患ったりしているワ...

男性用スカートは民族衣装だけ?おしゃれなの履き方と体験談

男性がスカートを履くとおかしい?伝統衣装のキルトスカートは男...

人が死ぬ前に感じる予感や予兆の3パターン

知ってる人が死ぬかもしれないといった予感や死ぬ直前の予兆を知...

親の介護が必要になったら姉妹の場合どうしたらいい?

自分も年をとりますが、当然親も年をとります。いずれは親の介護...

落ち込んだ時に聴くだけで実現?恋が叶う音楽?!

「○○の曲を聴いたら両思いになれる!」とか「○○の曲を着信音...

住所の丁目の漢字の部分「郵便」と「公的文書」は違う

「町丁名」って聞いたことありますか?住所の丁目の部分が漢数字...

「住所の構造には意味がある」住所の丁目と番地と号

住所を書く時に省略していることってありませんか?例えば○丁目...

基本は『家族で移動』本籍地の転籍と住所の地番と番地

本籍地は転籍自由で国内どこに置いても問題がありません。ただし...

「遠方のサイトのない店で買い物」現金の郵送を着払いで?

買い物を通販でする時、店が送料を負担してくれる場合があります...

犬用ステロイド注射の副作用&注意点と病気に対する効果

犬の病気治療などに使われるステロイド注射。どんな効果があって...

灼熱の金魚注意報?!水槽の水温を下げるにはどうしたらいい?

暑い夏、涼しげな水の中で気持ちよく泳いでいるかと思えばわが家...

極寒の金魚注意報?!水槽の水温はヒーターで調節した方が?

金魚は冬になると冬眠をするので、それに備えるため秋はエサをし...

『迷う転籍』本籍と住所が違うと手間取る手続き〜

就職すると同時に県外に転出した人の場合、本籍地を就職先の県に...

仮病・アリバイ工作厳禁!一週間入院する病気には何がある?

病気で入院や手術をしなければならないことは、誰にでも起こり得...

がま口、長財布を買い替えよう!人気のブランドは?!

がま口や長財布、二つ折り財布といろいろあるけれど、新年に今ま...

NHK契約を拒否したい!持家に来る勧誘員撃退法

持家にやってくるNHKのしつこい勧誘で、そろそろ契約しなけれ...

スポンサーリンク


パリ旅行の靴の失敗談!

パリ旅行の目的は「美術館巡り」ではあったものの、この時の私はまだ、日本で美術展に行く時と同じような感覚でいた。

靴は、スカートにも、他のパンツスタイルにも合うような、シンプルなフラットシューズを履いて行った。(バレエシューズと通勤用パンプスの中間のようなデザインで、かかとの低いもの)

初めてのオルセー美術館訪問は、あまりにも楽しくて、とても2〜3時間で出ることなど出来ず、結局、一日館内をぐるぐる観て回ることになった。ちなみに前日には、ルーヴル美術館で、やはりイヤというほど歩いている。

履き慣れた靴ではあったけれど、底のうすい靴で連日歩き回ったため、2日目の夜にホテルに戻ると、足の小指と薬指の間に水ぶくれが出来ていた。

3日目はポンピドーセンターに朝から行く予定だったが、少しスタート時間を遅らせて、なるべく歩数を減らすように心がけた。念のために持って来ていた絆創膏で、痛いところをテーピングのようにカバーして乗り切った。

引用元-パリひとり旅日記「美術館巡りに向く靴・向かない靴」_メルシーパリ.ネット

1回目のパリ旅行は、お気に入りの合皮のストレッチロングブーツを履いていきました。
普段履いているので、靴ずれの心配もないし、おしゃれだし、雨でもへっちゃらだし。
そう思っていた私の落とし穴は、ヨーロッパの石畳です。
ヨーロッパの石畳は、石と石の隙間が空いている箇所も多くて、ブーツのヒールがひっかかるのです。
また、ヨーロッパ旅行は、道も建物の床も石造りで硬いので、足の裏に受ける反動が大きくて、すぐに痛くなります。
特に、指と土踏まずの間の部分(ここ何て呼ぶんでしょうね?)がダイレクトに衝撃を受けて、最終日には立っているのもつらい状態になってしまいました。

引用元-歩きやすくて疲れない!おしゃれな旅行靴の選び方 – ゆめのりょけん

パリ旅行に持っていく靴の選び方

検討ポイントとしては
・見栄え、場や自分の状態にあうか (日本より重視される)
・手入れ
・1日何万歩x◎日というハードな状況への対応
・雨や雪などの対応
・石畳への対応
 
底などは必ず旅行前に修理しておきましょう。

また、自分にとって1日じゅう歩きやすい靴は、とにかく1足、押さえとして必要。

また雨天用のスプレー、簡単な靴磨きは 必ず持参しましょう。

引用元-靴 [フランス・ツーリズム旅行情報局]

旅靴はスニーカーとヒールの2足を使い分けがパリスタイル
靴は歩きやすいスニーカーとヒールのある革靴の2足あるとベター。
パリの街は意外とコンパクトなサイズ。街並みを眺めながら、いろんな地区を歩いてまわることが楽しい。ただし、道路は石畳が多いので、革靴だけだとつらくなってしまうかも。スニーカーでなくても、歩きやすいローヒールの靴は持っていく方が快適に過ごせるはず。ただし、特別におしゃれをして出かける日のための靴も必ず用意していって。

引用元-【ELLE】旅靴はスニーカーとヒールの2足を使い分けがパリスタイル|エル・オンライン

観光の途中で階段を上ったり、公園や庭園ではぬかるんだ道を歩いたりすることもあるかもしれません。
一日中歩くことが多いので、足が浮腫みやすい人はサイズにも注意が必要です。
一方で、フォーマルなレストランに行くなら、それに合わせた靴も必要でしょう。
そんなわけで、計画や服装を考慮しながら、靴選びは慎重にしておきましょう。

引用元-フランス旅行に役立つ9つの必需品 – パリ旅行のしおり

イネスもおすすめ!パリといえばバレエシューズ!

★黒のバレエシューズ
これはパリに行けばたーくさんバレエシューズを売っているので現地調達も可能です。
今回私は買う予定はありませんでしたがジュネーブにて59.90フランで購入。
買ってみたら意外と便利で街歩きにはバレエシューズに限る!と思いました。
パリジェンヌのバレエシューズ率が相当高い理由がわかります。
私は黒を購入しましたが遊びで色違いを持っていても良いですよね。

引用元-旅のワードローブ パリ編①|矢部惠子のArt de Vivre「自分らしく美しく人生を愉しむ」

バレエシューズがいちばんパリで履いてたものかな。
まぁ日本でもよく履いているんですけどね。
石畳の道なので、底が薄いと
疲れるもとでもあるのかもしれませんが
いろんな格好に合うので重宝します。
ただし!冬はキケン。
底が薄いので、石畳からの冷えがモロ
上にやってきますので。

引用元-パリ歩きの靴 Bonne Nouvelle/ウェブリブログ

パリジェンヌは・・・

■ 歩かずに、走る。≪パンプスをバッグに忍ばせてスニーカーで通勤するニューヨーカーと違って、パリジェンヌは、かかとのある靴で通勤するの。私のお勧めはバレエ・シューズね≫ パリジェンヌのお気にいりは、伝説の靴ブランド、レペットRepetto、四角いバックルがついたロジェ・ヴィヴィエ Roger Vivier 、可愛いポルダーPolder やソフトレザーのスウィルデンズ les Swildens 。

引用元-イネス・ド・ラ・フレサンジュ、 パリジェンヌを語る | フランス観光 公式サイト

パリジェンヌにも人気のスニーカーは旅行にもぴったり

パリ女子が履きたおす靴=コンバースのスニーカー

カジュアル×フェミニン、定番を着崩すなどの色んな要素をミックスしたおしゃれさんが多いパリで長い間支持をあつめているコンバースのスニーカー。

引用元-トレンチ、スニーカー。パリジェンヌの定番おしゃれ技 – Locari(ロカリ)

シックな着こなしに、シューズはあえてカジュアルを選ぶのが今のパリジェンヌのトレンドの様子。グラディエーターサンダルやミュウミュウ(MIU MIU)のデコラティブスニーカーなど、個性的な上級者の足もとをチェックして。

引用元-パリのストリートスナップで見つけた、カジュアルな夏の足もとスタイル。|ファッション(流行・モード)|VOGUE JAPAN

パリジェンヌたちを見ると、断然スニーカー派の女子が多いことに気がつきます。彼女たちは自分の足に合う靴を見つけるために、何度も何度も試着をするそう。どんなに素敵なデザインでも、何時間お店にいても、少しでも気になる部分があれば買わない。「履いているうちになじむ」という甘えを断ち切る、そんな勇気も必要ですね。

引用元-これだけでオシャレ度アップ! 美しいパリジェンヌたちに学ぶ初級ファッションテク3つ | 女子力アップCafe Googirl

ハイブランドショップやディナーにはヒールのある靴を

ブランド店にありがちな相手の服装によって店員の態度が違ってくるという接客は、ヨーロッパ上流社会の常。日本にはない感覚ですが、フランス流を楽しむ気持ちで、おしゃれして出かけて行くと、きっと楽しいショッピングができることでしょう。

引用元-3/3 シャンゼリゼ・コンコルド [パリ] All About

ゴージャスなディナーでもそうでなくても、とにかくヒール。女性ですから! 今年は、黒で華奢なストラップ型が豊富。よりソワレらしくするならば、マットなバックスキンに細かに光るスタッズ付きなどを。パリのショップサイトでは「ブラックドレスに合わせるソワレ向き」と明記されています。

引用元-米澤よう子:◆パリジェンヌの着こなしルール その4◆|HAPPY PLUS(ハピプラ)

★ルブタンのヌードカラーパンプス
パリではヒールが歩きづらいのでほとんどヒールで歩いている人を見かけません。
しかしディナーの時は一時帰宅してドレスアップします。
そこでヒールのあるパンプスやサンダルが必要♪
これなら昼間、一流ホテルのティールームへ行く時にも使えるので
ビジュー付きのジミーチュウと迷ったけれど今回はパンプスを持参。

引用元-旅のワードローブ パリ編①|矢部惠子のArt de Vivre「自分らしく美しく人生を愉しむ」

まとめ

パリ旅行では、歩きやすさ・石畳対策・TPOを重視した靴選びが大切になりそうですね。お気に入りの靴で楽しい旅行になるといいですね!

twitterの反応


https://twitter.com/str_mzk/status/216899973625819136


https://twitter.com/natsumin217/status/533244946585640960

 - 旅 旅行

ページ
上部へ