鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

香港の夜景が大気汚染で見られない?!

      2017/09/12

香港の夜景が大気汚染で見られない?!

香港と言えば100万ドルの夜景として有名ですよね。しかしその100万ドルの夜景も、今や大気汚染の影響で100万ドルとは呼べないのだとか。そんな香港の大気汚染と夜景の現状について調べてみました!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

重曹を置くだけでなぜ消臭できるの?計り知れない重曹パワー !

お掃除の定番アイテムの一つになっている重曹。テレビや雑誌、コ...

目がゴロゴロする時の対処方法!

ふとした瞬間に目がゴロゴロすることありませんか?目にゴミが入...

作るのが楽しい料理なら盛り上がりもUP!鉄板料理はコレ!

料理は女性がやるものという認識が薄れてきている昨今ですが、料...

ポリエステル素材の洗濯方法は?ドライクリーニングに出すべき?

ポリエステル素材の洗濯はどのようにされていますか?扱いやすく...

エビ水槽の掃除の仕方 !

エビに限らず、どんな生き物でも水槽で飼育している以上は水槽の...

「シワアイロン 顔用」とは?使い方やおすすめなどについて !

シワアイロンと聞いて一番に思い浮かぶのは衣服に使うアイロンか...

日帰り登山であったら便利なおすすめグッズをご紹介!

登山専門店をのぞいてみると様々なメーカーから登山につかえる便...

ブレーカーが頻繁に落ちるようになった!原因と対策は?

ついうっかり電気を使いすぎると落ちてしまうブレーカー。夜の暗...

余ったシチューやカレーの保存方法とリメイク料理!

小さな子供からお年寄りまで、幅広い年代層の人に人気のあるメニ...

男だって自分で作る楽しい料理!

最近は男性でも料理を作る方が増えてますよね。ある調査によると...

トイレ掃除はどこからすると効果的なのか?!

みなさんはトイレ掃除、どこから掃除していますか?実はトイレに...

観葉植物でおしゃれ部屋を作る! 初心者向けの種類と方法!

つい人を呼びたくなるような、自慢したいほどおしゃれな部屋って...

色々な作業に音楽を聴いて集中する方法!

作業ってなかなか長くできるものではないですよね。数十分・数時...

猫と死別。悲しくても最後の挨拶をしましょう。

かつてはペットといえば犬が代表格でしたが、最近では飼われてい...

腹痛、しかも激痛・吐き気もある。どんなことが考えられる?

「おなかが痛い」という経験は誰しもあるはずです。食当たりかも...

癒しを与えてくれるメダカ。その産卵時期はいつ?

かつては小川によく見かけられたメダカですが、今ではその姿を見...

点滴でできたむくみを簡単に解消する方法!

点滴を受けた後に、むくみができて、体が重くなったりしたことは...

郵便局に転居届を!一人暮しの第一歩

家を出て一人暮しを始めるのは不安と期待が入り混じっているので...

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

スポンサーリンク


深刻な香港の大気汚染

香港は大気汚染がひどく、2010年の3月21日には大気汚染の指数が1995年に記録をとり始めて以来最悪となる400を突破した。ちなみに香港では、指数が100を超えると汚染の度合いが「非常に高い」となり、200を超えると「深刻」な状況とされ、気管支炎などの呼吸器系の病気が目立って増える状態となる。
指数400というのは、1㎡に600から700の粒子状物質が浮遊している状態で、世界保健機構が定める許容基準の12〜14倍の悪さにあたる。
大気汚染の原因として、中国北部で発生する黄砂現象が大きく影響することもあるが、それを除いても通例基準を大幅に上回る悪さで、その主な原因は道路上の車両から排出される排気ガスである点を当局が指摘している。香港旅行を考えている人は、とりあえず大気汚染に対する対策を取った方がよさそうだ。

引用元-香港 – Wikitravel

今では薄汚れたスモッグの街

香港といえば100万ドルの夜景、夜景といえばここビクトリアピーク。
でも実のところ100ドルぐらいしか値打ちがありません。私に言わせれば100ドル出すのも惜しいぐらいです。かつて ”東洋の真珠” などと謳われた香港も、今では薄汚れたスモッグの街になり果ててしまいました。特に大気汚染は深刻で毎日天気予報で汚染指数を流すほどです。

そんな街ですから夜景がきれいに見えるはずもなく、おまけに雨が降ると霧にすっぽり覆われてしまいます。絵葉書やビデオに出てくるシーンはなかなか見れません。夕方雨が降ってなおかつ霧が出ないという条件付きで10万ドルぐらいでしょうか。
夜景ならここよりチムサーチョイプロムナードをお薦めします。そこは見下ろすことはできませんがほとんど180度夜景という絶好の場所です。あとスターフェリーから眺める夜景もなかなかいいと思いますよ。

引用元-ビクトリアピーク

夜景がキレイに見える日が少ない

ここでは、「シンフォニー・オブ・ライツ」という、光のショーを見ることができるのです。
20時から13分間毎日行われるショーは、ヴィクトリアハーバーの対岸のビルや建造物がサーチライトを放ち、楽しげな音楽に合わせてナレーションが入るというもの。
なんですが、上空がずいぶんガスっていて美しさ半減と言ったところでした。
香港って、大気汚染のせいでもやがかかっていることが多く、夜景がキレイに見える日が少ないんだとか。

引用元-香港・マカオ(出国〜香港上陸編) | 使い道のない風景 〜Useless Landscape〜

香港/大気汚染の中の夜景

休日出勤で帰りが遅くなったので、久しぶりに歩いて帰宅することにしました。
海沿いの遊歩道を散歩がてらのんびり…と考えていたのですが、今日は土曜日だったので、もの凄い観光客が夜景スポットに繰り出しています。

圧倒的に多いのが大陸からの観光客、その次に韓国人、日本人の順番でしょうか?
香港スターの手形が埋め込んである「星光大道」も、あまりの人で沈んでしまいそうです

歩いて帰ろうとしたことを後悔しましたが、バス停まで戻るのも面倒なので、人の隙間を縫うように帰りました。
楽しそうな観光客の中を、無表情で黙々と歩いていたのが私です

しかし、せっかくの夜景も霞がかって、はっきりしません。
これが最近有名になってきた工場煤煙による「公害」なんです。
東京の空気が汚いとか言われてますが、香港に比べたら、富士山の頂上みたいに新鮮です。

引用元-香港/大気汚染の中の夜景 | Skytrainの香港駐在日記 – 楽天ブログ

大気汚染の香港夜景を綺麗に撮る

ガスってて、奥の光が光が全く撮れません...
でもせっかく香港まで来ているので、限りなく良い写真が撮りたいですよね。
こういうシチュエーションで一番の解決方法。
それは夜景を白黒で撮る事です。
色鮮やかな夜景を白黒で撮るなんて邪道じゃないかと思うかも知れませんが、意外と誤摩化しが効くんです。

引用元-大気汚染のヒドい香港で、100万ドルの夜景を綺麗に撮る方法

ガスっていなくても夜景を白黒で撮るのって意外と雰囲気が出やすいんです。
ガスってる100万ドルの夜景を綺麗に撮る方法、それは白黒撮影でした。

引用元-大気汚染のヒドい香港で、100万ドルの夜景を綺麗に撮る方法

まとめ

もはや大気汚染は香港だけの問題じゃないですよね。

twitterの反応

https://twitter.com/june9646/status/570562758216851456


https://twitter.com/m_kyohei/status/300739944731791360″

 - 旅 旅行

ページ
上部へ