鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

樹脂とプラスチックの違いはどんなところ!?

      2017/09/12

樹脂とプラスチックの違いはどんなところ!?

樹脂とプラスチックは似ているみたいですが、混同して違いが分からないので調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

生理予定日を過ぎて妊娠検査薬は使える?陰性と陽性の判断は

妊娠を希望していると妊娠しているかどうか早く妊娠検査薬を使い...

母子家庭で子供がアルバイトする場合の注意点は何?

父子家庭よりも母子家庭の方が多い理由は、離婚により母親が親権...

病院で「大切な証明書」である診断書がもらえない

誰だって好きで風邪をこじらせたり、精神面を患ったりしているワ...

男性用スカートは民族衣装だけ?おしゃれなの履き方と体験談

男性がスカートを履くとおかしい?伝統衣装のキルトスカートは男...

人が死ぬ前に感じる予感や予兆の3パターン

知ってる人が死ぬかもしれないといった予感や死ぬ直前の予兆を知...

親の介護が必要になったら姉妹の場合どうしたらいい?

自分も年をとりますが、当然親も年をとります。いずれは親の介護...

落ち込んだ時に聴くだけで実現?恋が叶う音楽?!

「○○の曲を聴いたら両思いになれる!」とか「○○の曲を着信音...

住所の丁目の漢字の部分「郵便」と「公的文書」は違う

「町丁名」って聞いたことありますか?住所の丁目の部分が漢数字...

「住所の構造には意味がある」住所の丁目と番地と号

住所を書く時に省略していることってありませんか?例えば○丁目...

基本は『家族で移動』本籍地の転籍と住所の地番と番地

本籍地は転籍自由で国内どこに置いても問題がありません。ただし...

「遠方のサイトのない店で買い物」現金の郵送を着払いで?

買い物を通販でする時、店が送料を負担してくれる場合があります...

犬用ステロイド注射の副作用&注意点と病気に対する効果

犬の病気治療などに使われるステロイド注射。どんな効果があって...

灼熱の金魚注意報?!水槽の水温を下げるにはどうしたらいい?

暑い夏、涼しげな水の中で気持ちよく泳いでいるかと思えばわが家...

極寒の金魚注意報?!水槽の水温はヒーターで調節した方が?

金魚は冬になると冬眠をするので、それに備えるため秋はエサをし...

『迷う転籍』本籍と住所が違うと手間取る手続き〜

就職すると同時に県外に転出した人の場合、本籍地を就職先の県に...

仮病・アリバイ工作厳禁!一週間入院する病気には何がある?

病気で入院や手術をしなければならないことは、誰にでも起こり得...

がま口、長財布を買い替えよう!人気のブランドは?!

がま口や長財布、二つ折り財布といろいろあるけれど、新年に今ま...

NHK契約を拒否したい!持家に来る勧誘員撃退法

持家にやってくるNHKのしつこい勧誘で、そろそろ契約しなけれ...

スポンサーリンク


樹脂製とプラスチック製との違い

樹脂は 合成樹脂(人工的)と 天然樹脂(天然採取)に分けられます。

この合成樹脂の中でも熱すると溶けるもの(熱可塑性樹脂)と硬くなるもの(熱硬化性樹脂)に分類でき
現在はこの熱可塑性樹脂を広く【プラスチック】と言ってます。

代表的な熱硬化性樹脂にはエポキシ樹脂やポリイミドなどがあります。

引用元-樹脂製とプラスチック製との違い – 化学 | 【OKWave】

合成樹脂とはプラスチックの事

合成樹脂
合成樹脂とはプラスチックの事です。
合成樹脂とは、大きく分けると

熱可塑性樹脂と熱硬化樹脂に分けられます。

違いは熱に対する性質の違いで、熱可塑性樹脂は熱を加えると柔らかく成り,冷やすと硬さを戻します。熱硬化樹脂は熱を加えると硬さがでます。冷やしても硬さは戻りません。

熱可塑性樹脂は、この性質を利用して、自由に成形加工が出来ます。
この違いは構造に違いが有ります。

熱可塑性:直鎖状分子構造
熱硬化樹脂:3次元網目状構造

樹脂の種類
熱可塑性樹脂
ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリ塩化ビニール、ポリ酢酸ビニール、ポリスチレン
アクリル、ABS、AS、アクリル、ポリカーボネート

熱硬化樹脂
フェノール樹脂,尿素樹脂、メラミン樹脂,エポキシ樹脂、ナイロン樹脂、アルキッド樹脂、ウレタン樹脂、ポリエステル樹脂

引用元-合成樹脂(プラスチック)

金属を樹脂化するメリット~プラスチックとの一番の違いは重量

軽量化 (金属の約半分以下の重さに!)

何と言っても金属とプラスチックの一番の違いは、その重量にあります。

その差は、プラスチックが1~2前後であるのに対し、鉄や銅などは8~9で、4分の1~10分の1。 
軽い金属で有名なアルミニウムは約3なので、2分の1くらい、ということで明らかな差があります。

即ち、金属部品をプラスチック化するということは、従来に比べて重量を半分以下に抑えられるという大きなメリットがあります。 

また、軽量化は、機器を動かす動力(エネルギー)が小さくても可能であるため省エネルギー効果をもたらします。

引用元-金属を樹脂化するメリット|金属部品をプラスチックにチェンジ

樹脂(プラスチック)の歴史概要

樹脂
樹脂(resin)とは元来、植物から得られるものを指すのですが、良く似た性質を持つ物質を合成できるようになっり、それらも樹脂と呼ばれたことから、天然の樹脂を天然樹脂、人工的に合成されたものを合成樹脂と呼んで区別するようになりました。
天然樹脂は樹木の皮から分泌される樹液に含まれる不揮発性の固体または半固形体の物質で、天然ゴム等があります。
合成樹脂は人工的に合成される天然樹脂と良く似た性質を持つ物質で、単に樹脂といった場合には合成樹脂を指すことが多くなっています。
樹脂には加熱成型した後で、再度加熱すれば柔らかくなり元の形に戻る「可塑性を持つ物質」をプラスチック(plastic)といい、このような性質を持つ樹脂を熱可塑性樹脂といい、一方、加熱し固化したものは再度加熱しても溶けないものを熱硬化性樹脂(Thermosetting resin)といいます。
プラスチックは元々は「可塑性を持つ物質」を指すのですが、合成樹脂を指すことが多くなっています。
合成樹脂で作った繊維のことを合成繊維といい、その繊維を糸にして布を織ったものなども合成繊維といいます。

引用元-樹脂(プラスチック)の歴史概要

熱硬化性と熱可塑性の樹脂~プラスチックの分類・違い

プラスチックは高分子化学物の総称で、石炭や石油(ナフサ)を主原料とする合成高分子化合物と天然ゴムなどの天然高分子化合物があります。熱硬化性樹脂と熱可塑性樹脂に分類されます。

熱硬化性樹脂

熱を加えることによって、網目状に構造が変化(架橋構造形成)して脆くなります。溶剤等への耐性は向上します。このグループには、メラミン樹脂、フェノール樹脂、不飽和ポリエステル樹脂、ウレタン樹脂などがあります。

熱可塑性樹脂

熱を加えることによって軟化し自由に形が変えられます。このグループには、アクリル樹脂、塩化ビニル樹脂、ポリプロピレン、ポリカーボネート、PET樹脂などが含まれます。

引用元-プラスチック材の種類、特徴、アクリル樹脂板

まとめ

金属を樹脂製に変えることのメリットは軽量であることでした。プラスチックの中にもいろいろある中で一般的には熱可塑性の樹脂がプラスチックと呼ばれるものとわかりました。ただ違いは明確でないところもあるので、人によってどれをプラスチックと認識するかが異なっているように思いました。

twitterの反応


https://twitter.com/d7emfhp2/status/602092883122884608


 - 雑学

ページ
上部へ