鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

風邪で病院にかかった時の料金はいくら?

      2018/08/24

風邪で病院にかかった時の料金はいくら?

風邪気味だから早いうちに病院で診てもらうと思うものの、いくらかかるのかと思うと億劫だったりしますよね。けれども悪化してからでは薬代も高くつくのではないか?などと心配もでてきます。ということで今回は風邪で病院にかかった時の料金について調べてみました!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

生理予定日を過ぎて妊娠検査薬は使える?陰性と陽性の判断は

妊娠を希望していると妊娠しているかどうか早く妊娠検査薬を使い...

母子家庭で子供がアルバイトする場合の注意点は何?

父子家庭よりも母子家庭の方が多い理由は、離婚により母親が親権...

病院で「大切な証明書」である診断書がもらえない

誰だって好きで風邪をこじらせたり、精神面を患ったりしているワ...

男性用スカートは民族衣装だけ?おしゃれなの履き方と体験談

男性がスカートを履くとおかしい?伝統衣装のキルトスカートは男...

人が死ぬ前に感じる予感や予兆の3パターン

知ってる人が死ぬかもしれないといった予感や死ぬ直前の予兆を知...

親の介護が必要になったら姉妹の場合どうしたらいい?

自分も年をとりますが、当然親も年をとります。いずれは親の介護...

落ち込んだ時に聴くだけで実現?恋が叶う音楽?!

「○○の曲を聴いたら両思いになれる!」とか「○○の曲を着信音...

住所の丁目の漢字の部分「郵便」と「公的文書」は違う

「町丁名」って聞いたことありますか?住所の丁目の部分が漢数字...

「住所の構造には意味がある」住所の丁目と番地と号

住所を書く時に省略していることってありませんか?例えば○丁目...

基本は『家族で移動』本籍地の転籍と住所の地番と番地

本籍地は転籍自由で国内どこに置いても問題がありません。ただし...

「遠方のサイトのない店で買い物」現金の郵送を着払いで?

買い物を通販でする時、店が送料を負担してくれる場合があります...

犬用ステロイド注射の副作用&注意点と病気に対する効果

犬の病気治療などに使われるステロイド注射。どんな効果があって...

灼熱の金魚注意報?!水槽の水温を下げるにはどうしたらいい?

暑い夏、涼しげな水の中で気持ちよく泳いでいるかと思えばわが家...

極寒の金魚注意報?!水槽の水温はヒーターで調節した方が?

金魚は冬になると冬眠をするので、それに備えるため秋はエサをし...

『迷う転籍』本籍と住所が違うと手間取る手続き〜

就職すると同時に県外に転出した人の場合、本籍地を就職先の県に...

仮病・アリバイ工作厳禁!一週間入院する病気には何がある?

病気で入院や手術をしなければならないことは、誰にでも起こり得...

がま口、長財布を買い替えよう!人気のブランドは?!

がま口や長財布、二つ折り財布といろいろあるけれど、新年に今ま...

NHK契約を拒否したい!持家に来る勧誘員撃退法

持家にやってくるNHKのしつこい勧誘で、そろそろ契約しなけれ...

スポンサーリンク


風邪で病院に払う料金は(質問)

風邪で医院にかかった場合の「実際に支払う金額」をおしえてください。
保険料3割負担です。

もちろん医院によっても、症状によっても数値に大小がでてくるとは思いますが、大体で結構です。薬店で薬を買と1000円くらいですみますよね。。
でも、医院での費用が安いなら、医院にいきたいんです。

引用元-風邪で医院に行くと支払う金額は大体いくら? – 病気 | 【OKWAVE】

風邪で病院に払う料金は(回答)

初診であれば、初診料として600円〜1000円ぐらい取るトコもあります。
初診で大体2000〜3000円、薬代で1000円くらいかな?多分、もう少し安くなる場所も有ります。
実績で診察1600円、薬800円くらいだったかな?

薬は、医療用と市販医薬品では医療用の方が効果が高い(よく効く)し、安いです。薬代も1週間程度出るけど薬店の医薬品は、種類によるけど2・3日で1000円超えますよね!
何の薬飲んでるかでも違うけど・・・
効果・単価から見て医院での費用が安いと思います。

引用元-風邪で医院に行くと支払う金額は大体いくら? – 病気 | 【OKWAVE】

風邪の医療費 診療報酬

病院の会計はすごく大雑把に表すと、

基本料 + 指導料

この合計で計算できる。

基本料:診察を受ければ必ず請求される料金で初診料や再診料がこちらに該当します。
指導料:診察を受けて検査や処置や指導受けると追加でかかるオプション料金です。

今回は風邪の診察なので聴診器当てて、舌ベラ見せて、問診で終わりと仮定します。
簡単な検査や処置は基本診療料(初診料や再診料)に含まれます。
つまり、聴診器当てて、舌ベラをみるだけなら全て基本料に含まれており追加の指導料は発生しません。
ただし、今回は、処方箋を発行してもらい調剤薬局に持っていくので処方箋の発行料は別途かかります。

では、細かい点数を見て行きましょう。

初診料
診療所・病院:282点

最初に診察してもらうときは初診料をとられます。同じ病気で2回め以降の診察を受けるときには再診料をとられます。
当然両方を同時にとられることはありません。

再診料
診療所:72点
病院200床未満:72点
病院200床以上:73点

ちなみに、小児だったり、夜間や早朝だったりすると割増の加算があるけど、ここでは細かいことは考えずに風邪の初診ってことで282点で計算する。

処方せん料
通常68点
7種類以上の内服薬のとき40点

処方せん料も小児や抗癌剤なんかで加算があるんだけど、今回は大人の一般的な風邪薬です。
風邪薬なのでよっぽどの風邪じゃない限りは7種類以上にはならないですね。

ということで、一般的な68点で計算します。

それでは、病院の会計を計算します。

初診料(282点) + 処方せん料(68点)= 350点

とても、簡単ですね。病院の会計は、なんら処置や検査をしなければ、だいたい350点です。

引用元-風邪の医療費は1回6000円。診療報酬と調剤報酬を計算してみた。

風邪の医療費 調剤報酬

調剤薬局の会計は処方箋の内容によってかわるので、一般的なかぜ薬の処方箋(架空)で計算します。

かぜ薬だから、せき、鼻水、のどの痛みってとこかな。必要かどうかはわからないが抗生剤もいれときます。

処方例
PL顆粒 3g
メジコン 6錠
毎食後 5日分

クラリス 2錠
朝夕食後 5日分

薬局の会計を大雑把に言うと、

基本料 + 技術料 + 薬剤料

この3つの合計で計算できます。
基本料:病院と同じで処方箋を受け付けたら必ずとられる受付料金です。
技術料:薬の作成、薬の説明、薬の管理なんかに基づいて請求される点数。
薬剤料:それぞれの薬の値段です。当然、安いクリスもあれば高い薬もあります。

では、順番に見ていきます。

まずは基本料から、基本料は薬局の設備によって異なります。
ジェネリック医薬品を沢山備蓄して沢山使用して、ジェネリック医薬品の推進に貢献している薬局は基本料が高いです。
また、24時間体制や夜間の電話対応や備蓄品目数なんかの一定の要件を満たしている薬局は基本料が高いです。
これらの要件をなんら満たしていないごくごく普通の薬局の基本料は41点です。

引用元-風邪の医療費は1回6000円。診療報酬と調剤報酬を計算してみた。

次は、技術料です。
技術料には、薬を管理する薬剤服用歴管理指導料というのがあり、これは絶対にとるので計算に入れます。
薬局では医師のカルテに相当するものとして薬歴という患者それぞれの情報をまとめた帳簿をつけています。
これに基づいて患者さんに薬を渡すわけです。
その管理料は、お薬手帳をつかって管理している場合は41点、お薬手帳なしの場合は34点です。

引用元-風邪の医療費は1回6000円。診療報酬と調剤報酬を計算してみた。

この他に、薬を準備するための調剤料もかかります。
調剤料は、服用時点ごとに日数に応じた点数を算定するので、

毎食後の薬5日分で、25点
朝夕食後の薬5日分で、25点

薬の数は関係ありません、飲み方と日数に応じて点数が決まります。

最後に薬剤料ですね。

今回の薬の値段はPL顆粒15gとメジコン30錠とクラリス10錠の合計で110点です。
(所定単位ごとに1日分を5捨5超入して5倍)

さぁ、これで今回のかぜ薬の会計が計算できます。

基本料(41点) + 薬剤服用歴管理指導料(41点) + 調剤料(25点)×2 + 薬剤料(110点)= 242点

引用元-風邪の医療費は1回6000円。診療報酬と調剤報酬を計算してみた。

風邪で点滴、いくらかかる?

風邪を引いた際にかかる点滴代金は平均1000円から3000円ほどです。
なぜ、平均という呼び方をして料金に幅がるのかというと風邪にも症状が人によって異なりますし、風邪ウイルスによって使用する抗生物質ものことなるからです。

基本的に病院から処方されるお薬や治療においては今は、「点数」を採用しています。
よくお薬を処方してもらった時に、何点という点数を見かけることがあると思います。
その点は、1点を10円として換算しております。
そのため、治療にかかった費用は、その点数を見れば素人の方でもその金額を理解することができます。
もちろん、保険に加入していると3割負担をしてくれます。
点滴においても保険が適用されます。
それは、国民保険であれ健康保険であり保険を適用することができます。
風邪を引いた際には、症状によってブドウ糖を使用したり、抗生物質を使用したり生理食塩水を使用するなど体に不足している栄養分を直接血管に注入して行うち両方であり、1000円から3000円がお薬や診療代の総合的平均値です。

引用元-風邪で点滴をすると料金はいくらくらい? | ウェルデポ

市販薬と医療用医薬品の違い

病院でもらう薬は、医療用医薬品と呼ばれ、病院で医師に診察を受け、処方されないと手にすることはできません。
ドラッグストアなどの薬店で買う薬は「一般用医薬品」、俗に大衆薬・市販薬などと呼ばれていますが、専門的に表現するとOTC医薬品とも言います。医師の診察を受けなくても、自分で購入できます。(あたりまえですね)

引用元-市販薬と医療用医薬品の違い|知りたい!市販薬

OTC薬(市販薬)の特徴
OTC医薬品(市販薬)は医療用医薬品と同様の成分が使われていますが、リスクを避けるために、成分の量は医療用医薬品の半分とか3分の1程度に抑えられています(一部の商品では、医療用と成分量が同じものもあります)。
また、お医者さんでもらう薬の場合は、風邪を例に例えると「総合感冒薬」などは処方されません。
医療用のお薬は基本的に単味剤と言って、一つの錠剤に一つの成分が入っていますので、症状に応じて複数の医薬品を処方します。
一方、OTC医薬品(市販薬)では、一つの錠剤の中にいくつかの成分が配合されていて、いくつかの症状に効くように作られている事が多いのが特徴です。
総合風邪薬が良い例ですね。熱や咳・鼻水など複数の症状に効く成分が一つにまとめられています。

OTC医薬品は、効き目がマイルドであるとの表現をする事ができますが、最近ではスイッチOTCと呼ばれる薬が登場しています。
スイッチとは、転用の意味で、医療用医薬品を市販薬にほとんどそのまま転用している医薬品と言う意味になります。
多くの患者さんに長く使われてきた医療用医薬品で、「薬局で、市販しても良い」と承認された薬のことです。
元々は医療用医薬品なため、効き目がシャープです。

引用元-市販薬と医療用医薬品の違い|知りたい!市販薬

医療費を減らすポイント

医療機関に支払う医療費も、ちょっとした心がけで節約することができるのです。
節約といっても、具合が悪いのに受診せずに我慢するということではありません。
ここでは医療費節約のポイント、すなわち上手に受診して医療費の無駄を減らすコツをご紹介します!

医療費を減らす5つのポイント

1.「かかりつけ医」をもとう!
できるだけ家の近所に「かかりつけ医」をもち、かぜなど日常よくある病気のときは、まずは「かかりつけ医」を受診しましょう。

2.ハシゴ受診は体とお金の負担が大きい
病気やけがの治療中に、自分の判断だけで受診先を変える「ハシゴ受診」は、身体的にも経済的にも大きな無駄につながるのでやめましょう。

3.時間外受診は割増料金になる
休日や夜間に救急対応してくれる医療機関は医療費が「割増料金」になることをご存じですか?
やむを得ない場合を除き時間外受診は控えましょう。

4.意外に高い子どもの医療費
医療費の単価は大人も子どもも基本的には同額ですが、乳幼児の場合は加算がつくものがあります。

5.子どもを病院に連れて行くか迷ったら救急相談へ
軽い症状で受診が必要かどうか迷ったときは、まずは「小児救急電話相談」を利用しましょう。

引用元-医療機関のかかり方で上手に節約! | お役立ち情報 | 全国健康保険協会

まとめ

受診するなら早めの方が経済的かも知れませんね。

twitterの反応


https://twitter.com/yamashita_mgc/status/724001278381060096

 - 健康 美容

ページ
上部へ