鳳凰の羽が皆様のお役に立ちますように!

鳳凰の羽

お酒に強いかの判断はどこから??

      2017/09/12

お酒に強いかの判断はどこから??

一緒に飲んでいると不思議なくらい飲める人っていますよね。お酒に強い・弱いはどこから判断できるのかを調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

排卵日・高温期の数え方って?

赤ちゃんが欲しい方にとって一番気になるのが排卵日ではないでし...

「好印象がキー」履歴書の封筒の住所や番地まで手を抜かない

履歴書は特別なものです。入社への一歩目です。封筒の住所の番地...

生理予定日を過ぎて妊娠検査薬は使える?陰性と陽性の判断は

妊娠を希望していると妊娠しているかどうか早く妊娠検査薬を使い...

母子家庭で子供がアルバイトする場合の注意点は何?

父子家庭よりも母子家庭の方が多い理由は、離婚により母親が親権...

病院で「大切な証明書」である診断書がもらえない

誰だって好きで風邪をこじらせたり、精神面を患ったりしているワ...

男性用スカートは民族衣装だけ?おしゃれなの履き方と体験談

男性がスカートを履くとおかしい?伝統衣装のキルトスカートは男...

人が死ぬ前に感じる予感や予兆の3パターン

知ってる人が死ぬかもしれないといった予感や死ぬ直前の予兆を知...

親の介護が必要になったら姉妹の場合どうしたらいい?

自分も年をとりますが、当然親も年をとります。いずれは親の介護...

落ち込んだ時に聴くだけで実現?恋が叶う音楽?!

「○○の曲を聴いたら両思いになれる!」とか「○○の曲を着信音...

住所の丁目の漢字の部分「郵便」と「公的文書」は違う

「町丁名」って聞いたことありますか?住所の丁目の部分が漢数字...

「住所の構造には意味がある」住所の丁目と番地と号

住所を書く時に省略していることってありませんか?例えば○丁目...

基本は『家族で移動』本籍地の転籍と住所の地番と番地

本籍地は転籍自由で国内どこに置いても問題がありません。ただし...

「遠方のサイトのない店で買い物」現金の郵送を着払いで?

買い物を通販でする時、店が送料を負担してくれる場合があります...

犬用ステロイド注射の副作用&注意点と病気に対する効果

犬の病気治療などに使われるステロイド注射。どんな効果があって...

灼熱の金魚注意報?!水槽の水温を下げるにはどうしたらいい?

暑い夏、涼しげな水の中で気持ちよく泳いでいるかと思えばわが家...

極寒の金魚注意報?!水槽の水温はヒーターで調節した方が?

金魚は冬になると冬眠をするので、それに備えるため秋はエサをし...

『迷う転籍』本籍と住所が違うと手間取る手続き〜

就職すると同時に県外に転出した人の場合、本籍地を就職先の県に...

仮病・アリバイ工作厳禁!一週間入院する病気には何がある?

病気で入院や手術をしなければならないことは、誰にでも起こり得...

がま口、長財布を買い替えよう!人気のブランドは?!

がま口や長財布、二つ折り財布といろいろあるけれど、新年に今ま...

NHK契約を拒否したい!持家に来る勧誘員撃退法

持家にやってくるNHKのしつこい勧誘で、そろそろ契約しなけれ...

スポンサーリンク


お酒に強い人とは

アルコールの分解酵素があるか否かです。

お酒に酔うというのは、お酒の摂取量がアルコールの分解酵素の働きを超えて血中のアルコール濃度があがったことを指します。

アルコールの分解酵素がある人は、飲んでも分解されるので、結果として多くのアルコールを摂取することができます。

逆に無い人は、飲んだ分だけ血中のアルコール濃度が上がっていきますので、少ない量で酔ってしまいます。

アルコールの分解酵素の有無は遺伝で決定します。

これは後天的に変わることはなく、努力次第でどうなるわけでもないので、よく飲み会で「慣れれば強くなる」という人がいますが、そんな事はありません。

もう少し詳しく言うと、お酒の弱い人は、アルコール分解酵素が無いのではなく、この酵素活性が遅い人(低活性型)と、無い人(非活性型)の2種類にいます。

低活性型と非活性型がいるのはモンゴロイドのみで、コーカソイドやネグロイドには低活性型と非活性型はいないそうです。

引用元-お酒に強い、弱いがありますが、その線引きはどこから? | キニガク!気になる雑学 キュレーションメディア

お酒が強い人と弱い人の違いとは

アルコールの分解に必要なALDHには、アセトアルデヒドが増えないと働かないタイプ(ALDH1)、少量のアセトアルデヒドでもせっせと分解するタイプ(ALDH2)の2つのタイプがあり、お酒を飲んだときは、ALDH2が主に働きます。そして、このALDH2は次の3つに分類できます。

1:お酒に強い人⇒「高活性型」ALDHの働きが強いタイプ
気持ちよく酔うことができます。日本人では56%しか持ち合わせていないいっぽうで、欧米人はすべての人に備わっており、そのため欧米人には「お酒をまったく飲めない」という人がいません。

2:お酒に弱い人⇒「低活性型」ALDHの働きが弱い人
有毒のアセトアルデヒドが溜まってしまうので、すぐに気持ちが悪くなってしまいます。日本人の約38%がこのタイプです。

3:お酒を全く飲めない人⇒「不活性型」ALDHの働きが全くない人
お酒を全く受け付けることができません。日本人の約6%がこのタイプです。

引用元-日本人の45%は”お酒に弱い”!? 「飲める人」と「飲めない人」の違い&簡単チェック法(1/2) – ウレぴあ総研

お酒に強いかは個人差がある

遺伝のほかに、体内の水分量や体重の差による個人差もあります。以下のように、男女差、年齢差、体格の差などによって、お酒に強い体質の人でもかなりの差が生じることがわかっています。

・男女差…女性は一般的に、男性よりもお酒に弱いと考えられます。体内の水分量が男性よりも少ないことや、体格や肝臓が男性より小さいことによると考えられます。

・年齢差…高齢者は若者に比べて体内の水分量が少ないため、お酒に弱いと考えられます。

・体格の差…体格の良い人の方が一般的に肝臓も大きいため、代謝速度が速く、お酒に強いと考えられます。また、アルコールは脂肪に溶けにくいので、体脂肪率の高い人は低い人より体に占める水分の割合が低くなり、血中アルコール濃度が高くなると考えられます。

引用元-お酒に強い人、弱い人 | 知っておこう!上手な飲み方、付き合い方 | サッポロビール

お酒に強いかは遺伝子検査で分かる?!

アルコールは、主に肝臓で2つの酵素の働きにより、2段階で代謝されます。この2つの酵素とは、アルコール脱水素酵素(ADH2)と、アルデヒド脱水素酵素(ALDH2)です。これらの酵素の遺伝子のわずかな違いにより、アルコールを代謝する能力が異なることがわかっています。

アルコール代謝関連遺伝子検査では、このADH2とALDH2の遺伝子の型を調べます。これらの遺伝子を調べるとお酒に対するあなたの適応能力を知ることができ、体質に合ったお酒との付き合い方がわかります。

引用元– Wak-Navi 体質遺伝子検査キット/アルコール代謝関連遺伝子検査について

お酒に強いかはパッチテストで

アルコールのついたパッチテープを皮膚につけると、皮膚にあるカタラーゼにより、アルコールが酸化され、アセトアルデヒドが生成します。パッチテストで皮膚が赤くなるのは、アセトアルデヒド脱水素酵素ALDH2の活性が低い、もしくは欠損しているために、アセトアルデヒドの蓄積で毛細血管が拡張するためです。一方、ALDH2の活性が高ければ、アセトアルデヒドは速やかに代謝されるので、赤くはなりません。

アルコールを飲んだ場合には、アルコールとアセトアルデヒドの代謝は大部分が肝臓で行われますが、皮膚に適用した場合は、局所の代謝が重要になります。肝臓ほどではありませんが、皮膚にもALDHが存在するのです。こうした理由によって、アルコールパッチテストによって、アルコールを受け付ける体質か、そうでないか判定できるのです。

引用元-

まとめ

お酒に強いかを判断するには色々な手段があるみたいですね。お酒に強い人も健康に気を付けて上手にお酒と付き合っていけるといいですね。

twitterの反応

https://twitter.com/asan0i/status/703254615127490560
https://twitter.com/su_yakiimo/status/701029834261032960
https://twitter.com/fourskm/status/698712763393142785


https://twitter.com/kwzim/status/665836471861964800
https://twitter.com/moonsakura0226/status/664431867844653056


https://twitter.com/marioppapi/status/656797581377277952

 - 生活 暮らし 食

ページ
上部へ